※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元気な毎日を送るために



元気な毎日を送るために、
知っておいたほうがいいことを挙げます。

下宿生必見!!


マングースとコブラ、実はホモです。





さあ、ここでは下宿生必見の生活の知恵を教えたいと思います。

1.排水溝のぬめりとともに、
けんかしている友達とのわだかまりを拭い去る方法。

用意するもの:ぬめった排水溝とけんかしている友達

排水溝のぬめりはそれようの市販されてるやつで意外と簡単に取れます。
以下略


2.100円ショップの正しい利用方法

金欠の大学生にとって100円ショップは戦いのメッカです。

①店の前に立って自動ドアが開くのを待ちます。
センサーが反応しなくても癇癪起こしてはいけません。

②店内で自分が欲しいと思っているものを探します。
見つからない場合は店員に聞くのも有効手段です。

③見つけた商品をレジにもって行きます。

④店員が商品の数から金額を割り出すので、
言われた値段を支払います。

⑤最後に買い忘れたものがないことを確認し、
店を出ます。


3.路上詩人になる方法

バイトがなかなか見つからない人にとって路上は天国です。歩行者は天使です。最高ですか?最高です。ふぁっしょんへるす。

路上に座り込んで人生に疲れかけた人を探し片っ端から「あなたのために詩を書きましょう」と声をかけます。
「いくら?」と聞かれたら「いくらがいい?」と聞き返してみましょう。ここで言われた値段によって書き込む紙を使い分けましょう。
0円~100円・・・広告の裏
100円~200円・・ルーズリーフ
200円~300円・・半紙
300円~500円・・2000円札
まあこんな素人の詩に500円以上出すやつはいないでしょう。
交渉成立したら書き始めましょう。ここでは「君の顔を見てたらどんどん言葉が出てくるよ」といいつつあらかじめ用意していた詩を書きます。
以上が好きな娘をデートに誘う方法です。

ではひとつ私も詩を書いてみます。
人生に疲れた人にはクサいせりふも何でも効きますからね。

タイトル:元気出せよ

もし明日 地球が滅ぶとしよう

でも君は 足がくさい

お風呂に入ろう


名前:
コメント: