※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天体観測


今日は待ちに待った天体観測だ。






俺の名前は須藤充。
今年、俺は苦しかった受験勉強を乗り越え、
名門東ヤンバル大学に合格したんだ。

入学式が終わり、激しいサークルの勧誘を掻き分け
俺は目的の場所へと向かった。
その場所とは、劇団「もっつぁれら」の稽古場だ。

俺は、高校で演劇部の部長を務めていたので、
大学でも演劇をやろうと決めていた。

しかし、東ヤンバル大学に数ある劇団の中から
「もっつぁれら」をなぜ選んだかというと、
そのビラの宣伝文句に惹かれたからだ。

_______________________

「てめえらの血は何色だ?」
「赤です。ボス。」
「ぬるいんじゃ!俺なんて黄色じゃ!」
「御見それいりました。」
「俺は毎日、血のションベン出しとんじゃ!」
「俺たちのションベンは透明です。ボス。」
「ションベンで出汁とったことあるか?」
「ないです。ボス。」
「俺もないワイ!」

友情と本気が混ざると血は黄色くなります。
劇団「もっつぁれら」団長 小比類巻 新一
_______________________


この言葉に一目ぼれした俺はこの「もっつぁれら」に
入団することを決めたんだ。

俺は、稽古場のドアをノックして入っていった。
するとそこには一人の男が立っていた。
「新入生か?」
「はい。まだほかの部員の方はいらっしゃってないんですか?」
「なに?てか俺一人だけど。」

俺はあせった。汗った。

「だまされた!!」という思いがこみ上げてきた。
そして、思わずそのなんちゃって団長をぶん殴った。
なんちゃって団長は鼻血を出した。
真っ赤な真っ赤な鼻血だった。
なんちゃって団長は「ごめんなさい」と言いながら失禁していた。
透き通るように透明だった。
俺は尿意をもよおしその場を去った。
























というわけで今日に至り、俺は今日天体観測をします。