※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

鈴木 ~One of the most popular names in Japan~


日本という国に住んでいれば誰でも必ず、鈴木という名字を持つ人間に出会ったことがあるだろう。あなたが今までに出会った数々の鈴木さんを思い浮かべながら読んでほしい。



私が初めて出会った鈴木さんのあだ名は「ゾンビくん」だった。彼の隣で授業を受けていた時、どこからともなく異臭が漂ってきたことがあった。私は彼のおならではないかと疑い彼に尋ねた。「屁こいた?」彼は首を振って否定した。しかしそれがどうも信じられない。僕は彼にもう一度尋ねた。「命賭ける?」彼は自分の屁を認めた。「重い・・・。」屁一発に命の重さを知った9歳の冬。

以下、私の鈴木暦を簡潔にまとめます。

2番目の鈴木は拉致された。
3番目の鈴木は鱸。
4番目の鈴木は麗子先生の下着姿を見て鼻血を30分流した。
5番目の鈴木は大金持ちのボンボンで、麗子先生に貢いでいた。
6番目の鈴木は4番目の鈴木と結婚した麗子先生(旧姓 富田)
7番目の鈴木は5番目の鈴木と6番目の鈴木の間にできた息子。
8番目の鈴木がもしいなければ私は夢をあきらめていた。
9番目の鈴木を抱いた13番目の鈴木のあだ名は「電解液」

そして私が最も最後に出会った鈴木こそが私の父だ。
父が鈴木だと気づいたのは高2の秋。父が写真の現像を注文していたのを横目で見ていた私は衝撃の事実を知ったのだ。なんと父は「お客様名」の欄に何のためらいもなく「鈴木」と記入しているではないか!!驚きの表情を見せていた私に気づいた父は必死に弁明する。「輪廻解脱の途はたった一度の鈴木。」もう全く意味がわからない。その帰り道、途方にくれていた私に対して父は「現世に生まれしすべての鈴木の根源は森羅万象」と全く意味のわからないことを再び言った。

でも、僕、父さんの言おうとしていた意味がやっとわかったよ。父さんはイケナイ写真を撮っていたんだね。僕と同じ歳ぐらいの女の子の生まれたままの姿を写真におさめていたんだね。そりゃあ誰だって偽名を使うよ。だって、お父さん有名人だもん。輪廻という常識の範囲内での欲求は満たされなかったんだね。森羅万象という鏡を使ってイケナイものを見ていたんだね。

何を隠そう、私の父は早稲田大学大学院元教授植草K秀だ。

私は一生父を恨みます。