国籍法改正案まとめWIKI 各国の月収一覧

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あなたなら、毎月1000万円を働かずにもらえる国があれば引越しますか?

こちらのサイトで各国の平均月収が見られます。
http://ken9sitsu.blog44.fc2.com/blog-entry-5.html
それによれば

中国の北京で約3万5000円。
韓国のソウルで約18万円。
タイのバンコクで3万2000円

日本の円高、女性の所得差別、 アメリカの生活保護は日本の半額ほどで期間限定者も多い 事などを考えると、
日本の月20万円の生活保護がいかに魅力的かわかります。
正確には子供一人につき養育費として7万円、生活保護費等と合わせ月約20万円が支給されます。
他に住宅手当、医療費、教育費、交通費まで支給されます。よって合わせて妻子に 月約30万円支払われることもありえます。

ちなみに中国大使館の下記のページを読む限り、 最貧県の平均月収は802円 となります。(2008年 12月 1日の為替レートで)
中国 西盟県 年間平均所得は669元(約1万円弱)
http://www.cn.emb-japan.go.jp/oda_j/oda050307_j.htm
彼らから見た日本の生活保護支給額は、日本人の感覚にすれば毎月1000万円になります。
「20万円もらっても物価が高いから儲からない」と意見する人もいますが、余ったお金を海外に送金する者がいるのが現状です。

歴史研究家の桜井誠は12月3日の改正案反対デモで次の様に述べた。
  • 中国の人口の95%は年収10万円以下である。
  • 中国マフィアの蛇頭(スネークヘッド)は密航の斡旋を200から300万円で行っている。
  • その相場から考えると改正案後の偽装認知の相場は100万円くらいになる

100万円渡されれば偽装認知に乗る男性は日本には何万人もいるでしょう。遺産の相続権が発生しても、遺産など残せない人や死後はどうでもいい人には関係ありません。

生活保護は20年以上に渡り受ける事も可能です。 次の記事参照。

20年間も生活保護をもらっている女性(58)が自立を促されて大騒ぎ
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/688620.html
この女性が得た額を計算すると、

 月20万 × 12ヶ月 × 20年 = 4800万円

衆議院の法務委員会では今回の法改正で3万人の子どもは国籍を得られるとの発言がありました。
さすがにその全てが20年は受けられないでしょうが、
仮に3万人が20年支給されたとしたら、合計1兆4400億円。

平成19年末における国内の外国人登録者数は215万人です。
また韓国、朝鮮からの2005年までの 帰化人数の累計は民団のサイトによれば296,168人
帰化人なら中国や韓国に残した家族でも認知できます。

1998年(平成10年)以降の年ごとの帰化許可申請者数は、約1万3000人から1万7000人の間で推移している。帰化許可申請者のうち、不許可者数は約100人から250人の間で推移しており、ほぼ99%の割合で帰化が許可されている。帰化許可者のうち、およそ6割は韓国・朝鮮籍からの帰化で占められており、およそ3割が中国籍からの帰化で占められている。2007年(平成19年、暦年)の許可帰化申請者数は16,107人で、帰化許可者数は14,680人(うち、韓国・朝鮮籍は8,546人、中国籍は4,740人、その他は1,394人)、不許可者数は260人である(出典:ウィキペディア)

さらに、子どもの数と同数の母親も国籍を取得でき、その結婚相手の男性と、その子どもにも国籍が付与されます。

以上の点を踏まえると間違いなく3万人ではすまないでしょう。

外国人、特に在日韓国人、在日朝鮮人の生活保護の受給数は次のサイトに詳しくのっています。
http://shitsumonjyo.gozaru.jp/kensyou1.html