国籍法改正案まとめWIKI マスコミ系抗議先

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ニュース番組と新聞のスポンサー一覧


ミッキー安川のずばり勝負 生放送 関東ローカル
ラジオ日本 AM1422kHz
パーソナリティ: ミッキー安川(横浜育ち)
放送時間:毎週 (金) 昼12:30~15:00
メールアドレス: yasukawa@jorf.co.jp
http://www.jorf.co.jp/PROGRAM/mickey.php
FAX:03-3582-1422
TEL:03-3505-1422(放送中のみ受付)
放送されるか送ってみましょう

http://www7.atwiki.jp/tvsponsor/ 
↑このサイトの左メニューから番組ごとのスポンサー一覧が見られます

【毎日新聞(変態報道)からスポンサーを降りさせた方法です】

一番効果があるのは、スポンサーへの「抗議」ではなく「問い合わせ」です。

現在マスコミ、とりわけテレビ局のスポンサーは、テレビ局の営業と
直に契約してスポット広告や番組の枠を買っているわけではなく、
間に広告代理店が入ってます。何かの番組がおかしいとして、
その番組のスポンサーに抗議しても、間の広告代理店が調整してしまいます。
翌週にはまったく別のスポンサーとなってしまい、効果がありません。
企業は、一社提供の番組をのぞき、放送の枠の一部を買っているだけで、
その番組に直接タッチしているわけではないのです(これは電通の悪知恵です)

ではどうするか。
問い合わせればいいんです。「この番組はこれこれこうなっているが、
どのような意図でスポンサードしているか、教えていただけますか?」と
問い合わせしましょう。「抗議」のように、言いっぱなしにしないこと。
これが重要です。

問い合わせをすると、その問い合わせは企業から広告代理店にゆき、
最終的には番組の制作スタッフへ行きます。視聴者からではなく、
スポンサーからの問い合わせですから、無視できません。電話で釈明することもできず、
アルバイトや外注に投げることもできず、社員が書類を作って広告代理店や
スポンサーに説明をしに行かないと行けないわけです。

天下のテレビ局の社員であっても、人間ですから一日は24時間です。
その24時間のうち、数時間をスポンサーへの釈明に費やさないといけません。
場合によっては一日がかりになるでしょう。彼らはこれを、非常に嫌がります。

質問責めにして、彼らの時間を奪いましょう。捏造する気をなくさせましょう。
これは左側の人たちが好んでやり、また効果が抜群の「叩き方」です。

【上記の方法を「大事な法案なのになぜ報道しない?」に置き換えて行いましょう。国民には「知る権利」があります。批判どころか報道すらしないのはジャーナリズムに反しています】
+ ...

週刊ダイヤモンド 12月6日号
広告収入激減 勝ち組日経も例外でなかった! いまや「宗教頼み」の民放キー局

民放連関連団体
放送倫理・番組向上機構
放送倫理機構 BPO
http://www.bpo.gr.jp/
視聴者の意見
TEL:03-5212-7333  
FAX:03-5212-7330



共同通信 お問合わせメールアドレス feed-back@kyodonews.jp
時事通信 お問合わせフォーム https://www2.jiji.com/f/enq/form.php?pid=company
NHK お問合わせフォーム https://cgi2.nhk.or.jp/css/form/web/mail_program/query.cgi
TBS03-3746-6666 ご意見フォーム https://cgi.tbs.co.jp/ppshw/contact/0030/enquete.do
日本テレビ ご意見フォーム https://www1.ntv.co.jp/staff/form.html

テレビ朝日 (03) 6406-5555 ご意見フォーム https://wws.tv-asahi.co.jp/apps/free_present/present.php?cat_id=contact&theme_id=1642


テレビ東京 ご意見フォーム https://www3.tv-tokyo.co.jp/enq/subscribe.do?id=00000B5
フジテレビ ご意見フォーム https://wwws.fujitv.co.jp/safe/red_mpl/response/res_form.cgi?type=resother&flash=1
朝日新聞 問い合わせフォーム https://se01.asahi.com/reference/form.html
読売新聞 問い合わせフォーム https://app.yomiuri.co.jp/form/
毎日新聞 問い合わせフォーム https://form.mainichi.co.jp/toiawase/index.html
西日本新聞 問い合わせページ http://www.nishinippon.co.jp/info/
中日新聞 問い合わせページ http://www.chunichi.co.jp/reference/inquiry.html
北海道新聞 ご意見メールアドレス  info@hokkaido-np.co.jp

北海道エリア

東北エリア

関東エリア
NHK/池袋営業センター/03-3984-6731
NHK/上野営業センター/03-3845-8830
NHK/新宿営業センター/03-3348-6111
NHK/多摩報道室/042-523-5328
NHK/代表/03-3465-1111
NHK/中央営業センター/03-5454-5961
NHK/西東京営業センター/042-528-6000

◆以下はNHKのHPより(受付時間:午前9時~午後10時(土・日・祝も受付)です。)
(土・日・祝も受付)
(土・日・祝も受付)

視聴者コールセンター/0570-066-066
上記番号が使えない場合/044-871-8100
FAXによるご意見、お問い合わせ/03-5453-4000


■■■各局報道関係番組 完全版■■■

NHK おはよう日本 お問い合わせ https://cgi2.nhk.or.jp/css/form/web/mail_program/query.cgi
NTV ズームイン!!SUPER >ご意見箱 http://www.ntv.co.jp/zoomin/
TBS みのもんたの朝ズバッ! >ご意見募集 http://www.tbs.co.jp/asazuba/
FUJI めざましテレビ >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/response/index.html
FUJI とくダネ! >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/response/index.html
スーパーモーニング >ご意見・ご感想  http://www.tv-asahi.co.jp/morning/
ワイド!スクランブル >投稿する http://www.tv-asahi.co.jp/scramble/
NTV リアルタイム ご意見・ご感想 http://www.ntv.co.jp/real/
TBS イブニング・ファイブ >ご意見・ご感想はこちらまで http://www.tbs.co.jp/eve5/
FUJI スーパーニュース >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/response/index.html
スーパーJチャンネル >ご意見募集 http://www.tv-asahi.co.jp/super-j/
NHK ニュースウォッチ9 >ご意見・ご要望 http://www.nhk.or.jp/nw9/
NTV NEWS ZERO >ご意見・ご情報など http://www.ntv.co.jp/zero/
TBS ニュース23 >ご意見・ご感想 http://www.tbs.co.jp/news23/
ニュースJAPAN >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/response/index.html
報道ステーション >ご意見・ご感想 http://www.tv-asahi.co.jp/hst/
NTV ズームイン!!サタデー >ご意見・ご感想はこちら http://www.ntv.co.jp/z-sat/
TBS みのもんたのサタデーずばッと >番組への連絡は http://www.tbs.co.jp/zubatto/
FUJI めざましどようび >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/b_hp/mezado/
TBS 報道特集NEXT >メールをお寄せください http://www.tbs.co.jp/houtoku/
TBS 情報7daysニュースキャスター >ネタ募集 http://www.tbs.co.jp/jouhou7/
FUJI 新報道2001 >メッセージを送る http://www.fujitv.co.jp/b_hp/shin2001/index_frame.html
NTV TheサンデーNEXT 募集  http://www.ntv.co.jp/sunday/form/index.html
TBS サンデーモーニング >ご意見番&ネタ募集 http://www.tbs.co.jp/sunday/
サンデープロジェクト >ご意見・情報募集 http://www.tv-asahi.co.jp/sunpro/
TBS 報道特捜プロジェクト 情報募集 http://www.ntv.co.jp/tokuso/
FUJI サキヨミLIVE >メッセージを送る http://wwwz.fujitv.co.jp/sakiyomi/message/index.html

法案内容の是非はともかく(賛成したら後で国民に総スカン。だから、少なくとも客観的な報道がされるはず)、報道機関として取り上げるのは義務ではないかと意見しましょう。


■■■スポンサーへの問い合わせ 基本■■■

■「この番組はこれこれこうなっているが、 どのような意図でスポンサードしているか、教えていただけますか?」と問い合わせしましょう。「抗議」のように、言いっぱなしにしてはいけません。
■製品、サービスを平素利用していることをアピールしましょう。
■国籍法改正案、二重国籍法案、外国人参政権付与法案のデメリットを紹介しましょう。
■法案が成立した後の悪影響(治安の悪化、社会給付の上昇)、貴社にとっての悪影響(日本人の購買力や国際競争力の低下、売上の減少、治安対策やクレーム対策費の上昇)を具体的に述べましょう。
■議員や地方自治体へFAXやメールをしたこと、テレビや新聞の各報道機関の窓口にFAXやメールをしたことを強調しましょう。
■にもかかわらず、テレビや新聞ではほとんど報道されない不作為を疑問にあげましょう。
■最後の手段として貴社にFAXやメールを出したことを伝えましょう。

法案の是非はともかく、報道機関の義務として少なくともこれらの法案を報道するように一言意見してくれないかとお願いしましょう。

例)
 貴社の製品をつかわせてもらっています。
 ところで、国籍法改正案が今国会で成立しそうなのをご存知でしょうか。罰則が甘く、だれでも簡単に日本人になれてしまう悪法です。もしこの法案が成立したら、今でさえ多い偽装日本人が一気に大量に増えることになります。そうなると、その人たちの社会給付のため国民の購買力も国際競争力も大幅になくなることでしょう。
 そうなると貴社の業績にも少なからず影響してくると考えるのは早計でしょうか。

 私の個人的意見は置いておいて、少なくとも新聞やテレビでこの法案について伝えるのは報道機関の義務だと考えていますが、残念ながら産経新聞とローカル放送でしか報道されません。この法案に危機感を抱く多くのネットユーザーが議員や地方自治体にFAXやメールを送り、国会で答弁も行われました。しかし、それすらも報道されません。テレビ局や新聞の各報道番組や窓口に報道してくれるようにお願いしましたが、不思議なことにまったく取り上げてもらえません。
 貴社はテレビ各局にスポンサードしておられますが、貴社はこの法案およびテレビ各局のこのような報道姿勢についてどうお考えでしょうか。よろしければお教えください。

(自分の言葉で、スポンサーの皆様に法案への不安感や報道機関の不作為、不誠実さを述べましょう。自分の言葉で伝えるということには大きな訴求力がありますので。)

■■■テレビCM放送回数上位20社(過去三ヶ月)■■■

ハウス食品 お問い合わせ http://housefoods.jp/inquiry/index.html
花王 お問い合わせ http://www.kao.com/jp/soudan/
トヨタ自動車 お問い合わせ http://toyota.jp/faq/index.html
サントリー お問い合わせ http://www.suntory.co.jp/customer/
資生堂 お問い合わせ http://www.shiseido.co.jp/customer/
日本コカコ-ラ ご意見箱   http://www.cocacola.co.jp/info/opinion/
キリンビール お問い合わせ  http://www.kirin.co.jp/customer/index.html
東宝  お問い合わせ   http://www.toho.co.jp/mail/otoiawase_top.html
キヤノン お問い合わせ    http://canon.jp/feedback/index.html  
チョ-ヤ梅酒 >お問い合わせ  http://www.choya.co.jp/
ダイハツ工業 お問い合わせ  http://www.daihatsu.co.jp/faq/index.htm
任天堂 サポート情報・その他  http://www.nintendo.co.jp/n10/index.html
KDDI お客さまサポート  http://www.kddi.com/customer/index.html
エバラ食品 お問い合わせ http://www.ebarafoods.com/inquiry/index.html 
やずや お問い合わせ https://www.yazuya.com/info/info.cgi
ミツカングル-プ お問い合わせ http://www.mizkan.co.jp/contact/index.html
アサヒビ-ル お客様相談室 http://www.asahibeer.co.jp/customer/
ユニリ-バジャパンお問合わせ http://www.nipponlever.com/resources/contactus.asp
ソニ- お問い合わせ http://www.sony.co.jp/SonyInfo/Support/
明治乳業 お問い合わせ http://www.meinyu.co.jp/inquiry/index.html
ソフトバンクモバイル お問い合わせ http://mb.softbank.jp/mb/support/3G/contact/
日本民間放送連盟 >お問い合わせ http://www.nab.or.jp/
エイベックス >お問い合わせ http://www.avex.co.jp/
武田薬品お問い合わせ入力フォーム https://www.takeda.co.jp/contact/form/jp/form/
久光製薬 お問い合わせ http://www.hisamitsu.co.jp/help/index.html
NTT Communications お問い合わせ http://www.ntt.com/contact/index.html
大正製薬   (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない
パナソニック  (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない
P&Gジャパン  (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない
興和新薬  (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない
スズキ  (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない


■■■新聞広告出稿量上位30社■■■

阪急交通社 お問い合わせ http://www.hankyu-travel.com/copyright.php
日本経済新聞社 お問い合わせ https://sch.nikkei.co.jp/nikkeinet/
JTB お問い合わせ http://www.jtb.co.jp/webmaster2.asp
興和 (お問い合わせはありません)
トヨタ自動車 お問い合わせ http://toyota.jp/faq/index.html
トヨタディーラー お問い合わせ http://toyota.jp/faq/index.html
公共広告機構 お問い合わせ http://www.ad-c.or.jp/contact/
サントリー お客様センター http://www.suntory.co.jp/customer/
日本直販 お問い合わせ http://www.666-666.jp/index.php/m/static?tpl=guide_faq_main
メディアプライス お問い合わせ https://www.e-hapi.com/contact/index.php
NTTドコモ ご意見・ご要望 http://www.nttdocomo.co.jp/support/cs/index.html
全国地方紙ECネットワーク (共同通販ショップしか出てこない)
講談社 お問い合わせ http://www.kodansha.co.jp/inquiry.html
松下電器産業 (製品に関するお問い合わせはあるが、意見窓口はない)
読売新聞社 お問い合わせ http://info.yomiuri.co.jp/contact/
KDDI お客さまサポート  http://www.kddi.com/customer/index.html
アリコジャパン お問い合わせ http://www.alico.co.jp/plan/customer.htm
小学館 お問い合わせ http://www.shogakukan.co.jp/mail/
デル(個人用HP)>Webサイトへのご意見 http://www1.jp.dell.com/content/default.aspx?c=jp&l=jp&s=dhs
毎日新聞社(毎日JP) お問い合わせ  http://mainichi.jp/info/etc/inquiry.html
朝日新聞社 お問い合わせ・ヘルプ http://www.asahi.com/reference/
日本直販レコードクラブ お問い合わせ http://www.666-666.jp/index.php/m/static?tpl=guide_faq_main
東京カルチャーセンター お問い合わせ https://www.nfa.co.jp/rakugaku/support.html
クラブツーリズム お問い合わせ http://www.club-t.com/contact/index.htm
ニチイ学館 お問い合わせ http://www.nichiigakkan.co.jp/top/question01.html
日本経済新聞デジタルメディア お問い合わせ http://www.nikkei.co.jp/digitalmedia/info/contact.html
山田養蜂場 お問い合わせ http://www.3838.com/contact/index.aspx
いいもの王国 ご意見・ご要望 https://www.iimono-059.jp/ngc/communication/goiken/F300_1.do?target=0
味の素 お問い合わせ http://www.ajinomoto.co.jp/okyakusama/
アメリカンホーム保険 お問い合わせ http://www.americanhome.co.jp/contact/index.html


■■■CM有力スポンサーのトップ&住所■■■

102-8560東京都千代田区紀尾井町6-3 ハウス食品 
代表取締役社長 小瀬 あきら

103-8210東京都中央区日本橋茅場町1-14-10
花王(株) 代表取締役社長 尾崎元規

471-8571愛知県豊田市トヨタ町1 トヨタ自動車 
取締役名誉会長 豊田章一郎

112-8701東京都文京区後楽1-4-18 トヨタ自動車東京本社 
代表取締役会長 張富士夫

大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40 サントリー 
代表取締役会長 佐治信忠

104-0061東京都中央区銀座7-5-5 資生堂 
代表取締役社長 前田新造

104-8288東京都中央区新川2-10-1 キリンビール 
社長 三宅占二

146-8501東京都太田区下丸子3-30-2 キャノン(株) 
代表取締役会長 御手洗富士夫

583-0841大阪府羽曳野市駒ヶ谷160-1 チョーヤ梅酒(株) 
代表取締役社長 金銅重弘

563-8651大阪府池田市ダイハツ町1-1 ダイハツ工業(株) 
取締役社長 箕浦輝幸

601-8501京都市上鳥羽鉾立町11-1 
代表取締役社長 岩田 聡

815-8686福岡市南区大楠1-34-16 (株)やずや 
代表取締役社長 矢頭美世子

601-8501京都市上鳥羽鉾立町11-1 任天堂 
代表取締役社長 岩田 聡

475-8585愛知県半田市中村町2-6 (株)ミツカングループ本社 
代表取締役社長 中埜又左エ門和英

130-8602東京墨田区吾妻橋1-23-1 アサヒビール 
代表取締役社長 荻田 伍

136-8908東京都江東区新砂1-2-10 明治乳業(株) 
取締役社長 浅野茂太郎

105-7317東京都港区東新橋1-9-1 ソフトバンクモバイル 
代表取締役社長 孫 正義

540-8645大阪市中央区道修町4-1-1 武田薬品工業(株) 
長谷川閑史

100-6221東京都千代田区丸の内1-11-1 久光製薬 
代表取締役社長 中冨博隆

100-8116東京都千代田区大手町2-3-1 NTT 
取締役会長 和田紀夫

170-8633東京都豊島区高田3-24-1 大正製薬 
代表取締役社長 上原 明

571-8501大阪府門真市大字門真1006 パナソニック(株)
取締役社長 大坪文雄

658-0032神戸市灘区向洋町1-17 P&Gジャパン
代表取締役社長 桐山一憲

460-8625名古屋市中区錦3-6-29 興和新薬(株)
代表取締役 三輪芳弘

108-0075東京都港区港南1-7-1 ソニー(株) 
社長 中鉢良治


ハガキや手紙でも協力を求めるもの面白い作戦かもしれません。


■■■英字紙&サイト 問い合わせ先■■■

The New York Times
nytnews@nytimes.com

The Washington Post > contact us
http://www.washpost.com/contactus.nsf/contact?OpenForm&Generic (send this message to; all news departments)


Yahoo USA
http://www.yahoo.com/ > Send Feedback(トップページ下部右側)

EurActiv.com
http://www.euractiv.com/en > contact us(トップページ下部左側)

 ぜひニューヨークタイムスとワシントンポストだけにでも、メールしてくださるようにお願いいたします。日本政府はもちろん日本のマスコミも、アメリカのクオリティペーパーの記事には敏感に反応しますので。普段日本から来ないメールが一気に来たら、日本のマスコミよりは正常な彼らは何かしら記事にしてくれると信じております。
 以下にこれが正しいかどうかわかりませんが、テンプレを作ってみました。(関心を持ってもらうために)偽装日本人による日本の危険性ではなく、偽装日本人によるテロリストの危険性に特化しました。

■■■英字紙&サイト テンプレ■■■

    (件名)
Terrorists may camouflage to enter your country with true Japanese passports(本物の日本のパスポートを持ったテロリストがあなたの国に偽装して入るかもしれません)
Terrorists with Japanese passports may invade your country(日本のパスポートを持ったテロリスがあなたの国へ侵入するかも),
Japanese government will grant passports to future-terrorists(日本政府が未来のテロリストにパスポートを与える)などなど

    (本文 1)
Ladies and Gentlemen:

A draft revision of citizenship law has been passed into law in the Diet on December 5th, 2008. This bill let all the children grant Japanese citizenship WITHOUT DNA TESTING on the condition that a man recognizes children who were born abroad as his own.
It's highly likely that some TERRORISTS CAMOUFLAGE TO ENTER your country WITH TRUE JAPANESE PASSPORTS. Japanese government hardly understands this risk. So if you would get interested this fact, please write it up to let all the world know not only for Japanese sake but also for your country's sake.
(国籍法改正法案が、2008年12月5日国会で可決されました。これによって父親が認めただけで、DNA検査無しで、外国で生まれた子供が日本人として認められます。本物の日本のパスポートを持ったテロリストがあなたの国に偽装して入る可能性が高くなります。日本政府はこの危険性についてまったく理解しておりません。もしこの事実に興味を持っていただけたら、日本のためだけではなくあなたの国のためにもこの事実を取り上げて世界中に知らせてほしいのです。)

Sincerely yours,

署名


    (本文 2)
Ladies and Gentlemen:

Anyone who wants to Japanese passport will be received it by a bill that has been passed into law in the Diet on December 5th,2008. With this bill, LACK OF DNA TESTING NOR ANY CERTICICATION, children who JUST PROCLAIM THEY ARE UNDER 20 will become new Japanese, whether, in fact, they are over 40 or not, whether they believe in God of Destrucion or not.
As we all know that Japanese passport is so reliable that custom house let them go with less examination except Japanese government. I would appreciate if you would become interested and report this risk from a variety of angles.
(2008年12月5日に可決された法案によって、日本のパスポートを望むものは誰でもそれを得られることになりました。この法案によって、DNA検査も何の証明書も必要なく、自分は20才未満だと宣言した子供はみな日本人になることができます。例え実際には40歳を超えていたとしても、たとえ破壊の神を信じていたとしても。言うまでもなく日本のパスポートは税関で検査をほとんど受けずに通過できるほど信頼性が高いのですが、日本政府はそのことに気づいていないようです。もしこれに興味を覚え、いろいろな角度から報道していただけたら幸いです。)

Sincerely yours,

署名

北陸エリア

東海エリア

関西エリア

四国エリア

中国エリア

九州エリア

沖縄エリア