国籍法改正案まとめWIKI 入管行政と不法滞在の検証

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

入管行政と不法滞在の検証

引用元のソースはTBSニュースですが、削除されていますので2chより

【社会】 「不法滞在でも、子供が日本に定着してるなら滞在認めて」
http://www14.atwiki.jp/shinkokuseki/pages/155.html

このカルデロンのり子さんの件では法務省への署名に至った背景や経緯に関しての、
詳細が不明ですが、ニュースソース中の"アルバレス・ラニエルさん"の件から、
こういった不法滞在を経て、日本国内で生活し子供を産み・育てる過程を検証していきます。

以下引用は、アルバレス・ラニエルさんの支援団体で行われた嘆願運動の嘆願書文章です。
< 難キ連事務局から>http://members3.jcom.home.ne.jp/nankirensato/dayori.html

<署名お願い>
法務大臣 殿
東京入国管理局局長 殿
                   嘆 願 書
1、フィリピン国籍のアルバレス・ニーロ・トレンティーノ 一家を日本に住まわせてください。

2、アルバレス・ラニエルちゃんに日本で教育を受けさせてください。

夫 アルバレス ニーロ トレンティーノ、妻  アルバレス レラニー カバノス、
長女 アルバレス ラニエル カバノス 13歳、長男 アルバレス ジェロームルク カバノス4歳

このご家族は、 1990年代に夫も妻も事実とは異なった記載のパスポートにより不法入国し、
その後オーバーステイになりました。最近、テレビの報道などでご存知かと思いますが、
国外退去を迫れられ在留資格を求めているカルデロン・ノリコちゃんご一家とまったく同じケースです。
アルバレス一家も 十数年にわたり、群馬県高崎市で勤勉な労働者として堅実な家庭生活を営み、
地域との関係も円満に保って参りました。
アルバレス夫妻はオーバーステイを潔しとせず、ラニエルちゃんの就学にあたって平成14年に
入管に自主出頭し、在留特別許可の申請をしました。しかし、平成18年2月2日に「不法入国」との
理由で在特は認められず退去強制令が出されました。同時に仮放免も許可されましたが
同年5月30日、家族全員が入管出頭を命ぜられて出頭したところ、父親ニーロさんだけが収容され、
妻子は仮放免の継続となりました。約1年5ヶ月にわたる収容を経てニーロさんは仮放免許可を得て
家族の元に戻りましたが、つつましく家族4人で営んできた平和な家庭から突然父親を目の前で
収容された日のことは、ラニエルちゃんの脳裏に焼きついて、現在もトラウマになっています。
確かに、ニーロさんレラニーさんの不法入国不法滞在は日本の法律上許されることではありません。
しかし、ラニエルちゃんとジェロームルク君には何の罪もありません。彼らは日本で生まれ
日本語しか話せません。特に中学2年生のラニエルちゃんが帰国を強いられ送還されれば、
母国語で学業をすべてやり直さなければならず、彼女の教育を受ける権利、将来への希望も
まったく損なわれてしまいます。

母レラニーさんは、実にしっかりとしたしつけを子供たちに施しており、ラニエルちゃん、
ジェロームルク君も礼儀正しく、夫婦共に律儀で滑らかな日本語を話し、日本社会に円満に
溶け込んできた様子が伺われます。カトリック高崎教会にも出席を続けてニーロさん、
ラニエルちゃんは聖歌隊の奉仕も行ってきました。ラニエルちゃんは学校でコーラスのリーダーに
なるなど、学業に励み、将来は日本で医療従事者になりたいという夢を持っています。
 アルバレスさん一家4人が合法的に日本に滞在して生活できるように、どうか在留特別許可を
与えてくださいますよう、心よりお願い申し上げます。

※嘆願内容を読んだ限り、人道的文章に心を打たれます。しかし、上記赤文字強調部分にて明らかなように
1990年代より十数年にわたる不法滞在は明らかであり、こういった不法滞在者を、いわば野放しにしてきた
入管行政の怠慢は眼を覆うものがあり、新国籍法における、外国人母にも、こういった怠慢入管行政が、
かならずや、外国人母たちに、有効にはたらくことでしょう。 (ノ∀`)アチャー

カルデロン・のり子さんやアルバレス・ラニエルさんのように日本からの退去をもって、
両親の母国であるフィリピンへの帰国が 「将来への希望もまったく損なわれてしまいます。」 と断言する
この嘆願内容にはフィリピンに対する逆差別、恣意的な悪意をも感じます。
フィリピンへ帰国すると不幸になるから残留させろってフィリピン人にとっての日本は居心地が良い
ってことを証明しているのであれば、そんな不心得な根性で日本には残留していただくのはいかがなものか?
はたして、フィリピンへの帰国が不幸と定義付けられる根拠はなにか?
中学2年生のラニエルちゃんは帰国し、フィリピンの母国語で学業をすべてやり直し、日本とフィリピンの架け橋となれば、
彼女のフィリピンでの教育を受ける権利は保障され、将来への希望もまったく損なわずにすむと私は考えるのですが、
わたくし、文案まとめ人の希望的提案は間違っているのでしょうか?

いわんや、入管当局および法務省は今までの怠慢入管行政を反省し、カルデロン・のり子さんやアルバレス・ラニエルさんの
ような不幸な事案が発生することのないよう、今後、厳しく対処していただき、こういった事案に対しては、
わたくし、文案まとめ人の希望的提案 をそれぞれにうながし、該当母国と連携し、当該退去者が、
帰国後不利にならぬよう取り計らい、手厚い加護のもとあたたかく退去させることが肝要と考えます。

法務省関係各位は、ご検討くださいです。

文案まとめ人

※カルデロンのり子さん問題に対する入管広報の答え
201 :エージェント・774:2009/01/08(木) 11:03:17 ID:xR9aCmbQ
   >>183
   ■カルデロンのり子さん問題

   昨年、11月28日に入管広報に電話しました。
    結論から言うと、 「入管としては退去以外の方法はとれない」 です。

   ・2年前に法務大臣からの特別在留は認められないとしている
   ・その件で最高裁国側勝訴
   ・お子さんが小さいので、「仮放免」適用(さもなくば、収容施設送り)
   ・自主帰国が基本
   ・出頭日に帰国意思がないことを確認
   ・なので、滞在を延長したが、強制退去になるだけ
   ・マスコミの報道は偏重だ

   1/14滞在期限以降をしっかり見させていただきます。

※カルデロンのり子さん問題に関する補足
186 :文案まとめ人:2009/01/08(木) 02:05:41 ID:UHqFi4lu
   >>184
   確認です。まとめwikiの
   入管行政と不法滞在の検証
   http://www14.atwiki.jp/shinkokuseki/pages/156.html については、
    純血のフィリピン人家族の事案です。父、母、子、全てフィリピーの、です。
   純血のフィリピン人家族の"子"でさえ、世論に同情を訴えれば、
   法務当局の入管行政が揺らぐようならば、この国は終わりです。
   国籍法での罰則規定の新設も、絵に描いたモチで、粘ることもなく、
   ハーフの子の外国人母は、現地夫を呼び寄せ、不法滞在し放題、
   その間、純血不法滞在夫婦の子が、日本語環境で育ち、
   このような同情世論の署名を14,000も集め、法務大臣に突きつける様を
   TBSがテレビニュースで垂れ流す前には、水間FAX爆撃など、蟷螂の斧でしかありません。
   ですが、せっかく14,000も署名を集めた努力はみとめ、特例として、
   該当母国と連携し、当該退去者が、帰国後不利にならぬよう取り計らい、
   手厚い加護のもとあたたかく退去させることが肝要と結論付けた次第です。乙。 

188 :164 ◆aGzgb/DTYc :2009/01/08(木) 02:22:10 ID:GKmwimKH
   >>186
   リロードしていないうえ、連投規制に引っかかってしまいました。
   まとめ人さんご指摘ありがとうございます。
   書いていらっしゃる結論も妥当と考えます。

    外国人の出入国は法で定められているはずなのに、
    それが世論の感情によって左右されるのならば、
  「法治行政」の終わり=日本は一種の無法地帯=日本オワタ(AA略)ですorz

   法の存在理由の1つに、
   行政(官僚)の手足を法で縛り恣意を防ぐというものがあるのは、
   このようなことにならないためです。
   権利を与えたり、義務を免除する分には構わないではないか、
   という反論もありえます。
   けれども、
   では署名を集めたら飲酒運転で人をひき殺した者が罰を与えられなくてもいいのか?orz 

190 :文案まとめ人 ◆g.MrtWgOoA :2009/01/08(木) 02:39:15 ID:UHqFi4lu
   >>188 寝る前に、端的に
    日本という国の権力分立は、三権ではなく、四権です。
   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E6%A8%A9

   難事権力者たるもの、マスコミをあなどることなかれ!(ノ∀`)アチャー

191 :164 ◆aGzgb/DTYc :2009/01/08(木) 03:01:18 ID:GKmwimKH
   >>186,190
    第四の権力、ですね。

   そして、これは個人的意見ですが、
   マスコミが偏向しているというのもあながち間違いではないでしょう。
   また、不法滞在者を追い出すのはかわいそう、あるいは
   のり子さんに国籍を与えないのはかわいそうとか、
   世論が感情に走る面も否定できません。

   彼らが「かわいそうだから滞在させてあげて」という民意は、
   出入国管理及び難民認定法には反映されていません。
   ですが、建前にしろ法には民意が反映されているのだから、
   入管業務に従事する公務員は法を遵守する義務があるはずです
   (憲法73条1号→国家公務員法98条1項)。
   彼らがかわいそうなのであれば、署名では同法の改正を求めるべきで、
   法を無視した特別扱いを求めるべきではなかったと思うのです。

192 :文案まとめ人 ◆g.MrtWgOoA :2009/01/08(木) 03:27:13 ID:UHqFi4lu
   寝る前に気になる問いに私見を述べます。
   『法の存在理由の1つに、
   行政(官僚)の手足を法で縛り恣意を防ぐというものがあるのは、・・・』

   上記は逆に
   『法の運用に関しては、
   現場の行政裁量が現実です。(事件は現場で起こってるんだ!by青島俊作)』
   ・・・ただし、その権利を与えたり、奪ったり。義務を免除したり、課したり、
   また、刑罰を科すか、見逃すか?というそのサジかげんが、
   それを行政執行するそれぞれの個々の役人の、
   使命感や愛国心や義務感という眼に見えない物差しによって遂行されている結果が、
   この入管行政の有様であるともいえます。

    また、おそらく、入管行政の現場では、それに対応できる、
    人材も、予算も回してはもらっていないことでしょう。いいのは上だけ。 (ノ∀`)アチャー

   ※行政裁量がゆるいほうに、楽なほうに流れる、
   役人はノルマ達成の減点法が行動規範なので、積極的には取締りをしたくはないでしょう。
   愛国心から、不法滞在者を摘発!ではなく、
   通報があったから、芋づるの関係者だったから、
   点数稼ぎで・・・etc・・・で、純血フィリピンおニャの子、13歳で、今日に至る。

   田母神元航空幕僚長が主張される。
   「日本がいい国だったと思えなきゃ、自衛隊は戦えない!」
   麻生太郎の本音。
   『だったら田母神、鎌倉幕府に逝け!(※1192作ろう鎌倉幕府)』
   ってな漫才は、私の創作にしても、
   自衛隊員という制服組の役人の田母神氏のこの発言は、
   入管行政にも現出した我が国の行政(官僚)の、眼に見えにくい質としての、"志"の現状レベルを
   わかりやすい言葉で表現した迷言(※自衛隊は原則、戦っちゃダメょ!)・・・名言でもあります。

   >>191
{    あと、 左派人権派の「かわいそう理論」は弱者救済に名を借りた扇動工作の常套手段 でもあり、
    短期間に14,000もの署名を集めることが可能であった背景に、組織的な臭いを感じます。
   我々のブル氏や自民党員氏が集めたのでさえ1666であった。
   http://www14.atwiki.jp/shinkokuseki/pages/113.html
    その実力を比較したとき、彼女たちフィリピン弱者の背後には相当な組織力があるであろう 可能性は、
   指摘させていただきます。

合計: - 今日: - 昨日: -