国籍法改正案まとめWIKI 国籍法改正案推進派 賛成です。

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

国籍法改正案まとめWIKIは、スタンスとしてはあくまでも「国籍法改正案とそれに関連する法案」の問題点などを紹介する為のサイトです。
また、反対姿勢・廃止姿勢・慎重な法整備等、徹底した厳重な法制度を求める方へ、それを実現する為の手段も紹介しています。

国籍法改正案に賛成の方へ。
反対派に対しなぜ?賛成かを理解いただくように、どうぞご自由にこのページを編集しお使いください。

反対派ですが、以下に国籍法改正に賛成する意見及び、国籍法改正反対に反対する意見を紹介します。
それに対する反論はこのサイト内に散らばっています。
かなり大雑把に趣旨と反論をまとめると、
  • 最高裁の判決「不平等を是正しろ」は妥当。
反論:それが妥当だとしてみても最高裁では偽装認知については議論されていないので判決は議論が不十分。
  • 偽装認知を排除する仕組みは絶対必要だが、「今までも、改正後も」偽装認知についてザルなのは変わらない。
反論:今までは胎児偽装のみだったので規模が全く違う。
  • 偽装認知問題は放置されたままのお粗末な改正ではあるが、「不平等を是正しろ」のみ改正している本改正案は一応妥当
反論:不平等を是正する際は起こりうる問題も議論すべき。
  • 「国籍法改正に反対」するよりも「改正に、虚偽の申請排除の仕組みを盛り込む」ことを要求すべき
反論:改正自体の経緯にも問題がありすぎる。
  • 日本は法治国家なので最高裁判決には従うべき
反論:今回の最高裁の違憲判決自体が立法府の権限を侵しており違憲である可能性がある。
  • 原告の一部には国外退去命令が出そうで、法改正しか間に合う方法がなかった。簡易帰化可能だった子も他の子どもを代表して告訴したと考えるべき
反論:簡易帰化可能だった子が不可能だった子の代表をするべきではない。
  • 帰化申請の許可率がここ10年平均で99%なのだから、偽装認知、犯罪者増加を懸念しても意味がない。
反論:後で帰化申請も厳格化したほうが良いのでは。
  • 「簡易帰化可能だった」と言っても、100%許可される保障はなかった。よって提訴は妥当。
反論:現在確認中ですが、法務省が「帰化申請の許可率はほぼ99%であり、簡易帰化はさらに許可されやすい」と述べたという情報あり。そうならば「簡易帰化可能だった」という記述で問題ない。また「簡易帰化は許可まで1、2年だが、近年は短期間化している」という情報もあり。
  • 売春強要などに悪用される可能性は極めて低い。認知による売春強要の事例は無かったはずだし、戸籍に記録される危険を冒すような馬鹿なブローカーはいない。
反論:胎児認知のみだった今までとは規模が全く違う。加担する父は悪用される事を明かされないかもしれず、ブローカー自身には足が着かない。
  • 法改正後も偽装認知より偽装結婚の方が容易で圧倒的に多いはず。
反論:その通り。だからこそ合わせて法の再改正を考えるべき。

などがあるようです。

推進派の意見も紹介されているサイト



衆議院議員 河野太郎blog (国籍法改正に賛成する意見)
国籍法に関するQ&A

閑寂な草庵 - kanjaku -(国籍法改正反対に反対する意見)
記事タイトルは閲覧者を増やすための釣りで、記事を書いた人の真意ではないので注意
国籍法改正に賛成する!
国籍法改正に賛成する!その2

la_causette        
法律を仕事にしている方のようです。現在は国籍法関連の記事は書かれていません。

いしけりあそび
フィリピン母子の主任弁護士の方のようです。現在更新休止中。
本wikiからイタイ子が流れてウンザリしている模様。自重をお願いします。

近く、他の賛成派意見のあるサイトを載せます。