人造人間エヴァンゲリオン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 現存する機体とそのパイロット
  • エヴァについて
天文学的費用と、14年の歳月を費やして作られた究極の汎用人型決戦兵器。
関係者にはエヴァの略称で呼ばれることも多い。
エヴァの建造は、ネルフによって極秘裏に行われ、またその運用も同組織に任されている。
エヴァの建造、運用は、ネルフ内ではE計画と呼称されており、技術局1課の赤木リツコ博士がその責任者である。
基本的には陸戦兵器であり、単独での飛行能力は有していない。
操縦者はエントリープラグと呼ばれる円筒状のコクピットに搭乗し、エントリープラグごと、エヴァの脊髄部に挿入される。
通常は有線による電力供給により稼働。これは近接格闘を主眼とした同兵器の性格上、体内に動力源を備える危険性を重視したためである。
非常時には、ケーブルを切り離し、体内電池で活動することも可能だが、その稼働時間は極めて短く、蓄電容量の関係からフルで1分、ゲインを利用してもせいぜい5分(初号機の場合)である。
エヴァの操縦は、操縦者との脳神経結合を主として行われる。そのため、操縦者選出に関しては、A10神経とのシンクロ率ハーモニクスの適応が最重要視される。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|