裏死海文書


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ゼーレが行動の指針としている書物。

ゼーレはこの書物の記述に従い、エヴァを建造し、使徒との戦いを展開していた。
この書物には、侵攻してくる使徒などについても記述されている。

『裏死海文書』とは違うが、『死海文書』の方は1947年に死海西岸の洞窟から発見された古文書である。
内容は『旧約聖書』とその『外典』、及び聖書以外の宗教文献であり、紀元前1~2世紀頃、つまりイエスの生きていた時代に書かれたものと言われている。
20世紀最大の発見と言われながら、その後45年にも渡って全面公開が遅延され続けてきた。
また、キリスト教を根本から揺るがす内容が書かれているため、故意に発表されていない文書があると云う説もある。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|