人工進化研究所


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネルフの前身であり、また母体ともなった組織。
MAGIの完成と同時に、人員/設備を含めて全てが新組織であるネルフへと移行した。
活動内容は、零号機の開発や、MAGIの開発などであった。

恐らく、ネルフ発足に関する準備段階として用意されたダミーの組織であったのだろう。
その証拠が、この組織の名前に現れている。
対外的には、この組織は『人工進化研究所(Artificial Evolution Laboratory)』と呼ばれていたが、内部ではゲヒルンと云う名前で呼ばれていたからだ。
明確に、対外的な隠れ蓑と、実質的な研究機関とを分離する目的があったものと思われる。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|