※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

素直シュールスレに来てみたけれど、どんな物を書けばいいかわからない……
そんな初心者の方に「こういうのはどうよ?」といった作品を推薦したり、単純に好きだった作品を挙げる場所です。

名前欄はななしさんで構いません。
素直シュール過去ログダイジェスト?から好きな作品をさがし、コメント欄にコピペでどうぞ。




  • 98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/16(土) 16:44:14.74 ID:nR0f4Gyv0
    女「お、落ちそう……」
    椅子「ん? もうかい? 意外に早いんだな」
    女「ち、ちがう……実はさっきから保守がしたかったんです。椅子に座ったのもそのためで……」
    椅「そうか……いいこと思いついた。おまえ、俺の上で荒ぶる鷹のポーズで保守しろ」
    女「えーっ!? 折りたたみ椅子の上でですかァ?」
    椅「女はシュール! なんでもためしてみるのさ。きっといい気持ちだぜ。
    ほら、遠慮しないでやってみろよ」

    椅子はそう言うと椅子座布団をふるい落とし、安っぽく光る合成革のシートをわたしの前につきだした。
    自分の上で荒ぶる鷹のポーズをとらせるなんて、なんて椅子なんだろう……
    しかし一部破れ中のスポンジが露出した安っぽく光るシートを見ているうちに、
    そんなペットボトル先生に叱られそうなことをためしてみたい欲望が……

    99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/16(土) 16:45:09.33 ID:nR0f4Gyv0
    女「それじゃ……やります……」

    そっ……かた……かた……

    女「た……立ちました……」
    椅「ああ……つぎはポーズだ」
    女「それじゃいきます……」




    女「荒ぶる鷹アーッ!!」




    がしゃんごとんぐしゃどかばき




    椅「……」
    女「……」
    椅「……」
    女「……」
    椅「なあ」
    女「はい?」
    椅「回転椅子の野郎にキャスターまでついてるってのは――――『反則』だと思うんだ」
    女「それは……渡辺さんにアホ毛がついているようなものなんですか?」
    椅「ほくろポーカーで言えば、ロイヤルストレートパーマだ」
    女「はい」

    100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/09/16(土) 16:48:46.25 ID:nR0f4Gyv0
    女「ここで目が覚めた」
    男「……」
    女「というわけで、折りたたみスチール椅子にキャスターをつけてみた。ぜひこの上で……」
    男「おまえは俺を殺したいのか」
    女「大丈夫。わたしが受け止めるから」
    男「落ちるのはもう確定なのですね」
    女「そのまま抱き合って転がっていって、たんすの角に君の後頭部がぶつかった反動で、ちゅっ♪
    君が上でわたしが下。こう、右手で君の肩甲骨あたりを、左手で後頭部あたりを
    ぎゅ~っとやってみたい。君がわたしを抱きしめるんじゃなくて、わたしが、君を」
    男「……」
    女「……※」
    男「……(今の※は♪のつもりなんだろうか……)それ、俺が椅子の上に乗る必要なくね?」
    女「……」
    男「……」
    女「……君が何を言っているのかよくわからんのだが?」
    男「真顔ッ!?」
    -- 名無しさん (2007-01-14 18:44:30)
  • 164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/06/18(日) 00:35:26.85 ID:95LD8k7a0
    男「…おい、ほんとに大丈夫か?」
    女「……頭痛が痛い……悪寒が寒い…うーんうーん」
    男「この時期に風邪か…おとなしく寝てろな?なんかほしい物はあるか?」
    女「…いや、むしろ君が私に欲しがってほしい物はあるか?」
    男「はぁ?よく意味がわからないけど…玉子酒とか作ろうか」
    女「君にまかせるよ・・・私が欲しそうなものを持ってきてくれ」
    男「ええ?じゃあ…生姜湯!」
    女「…しょうが嫌い…」
    男「う…じゃあ…果物!リンゴとかどうだ?」
    女「いまそんな硬いもの食べたら歯茎から大出血しちゃう」
    男「柔らかいもの!バナナとか」
    女「…病人相手に何をする気だ…いやん…」
    男「こらこら!もー何が欲しいんだ言ってみろよ」
    女「私の欲しいものがわからないのか…ああ、身体だけでなく心も寒いよ…うーんうーん」
    男「あんまし困らせるなよ…」
    女「もう…風邪引いた娘が欲しいのはぬくもr… 男「あ!戸棚に紀州の梅干あったけな…それでお粥でも…ん?なんか言った?」
    女「!…わかってるじゃないか、まさにそれだよ」
    男「え?いや今なんか言いかけてなかったか?」
    女「ううん、そんなことないよ///お粥をおくれ、じーさまや」
    男「…なんかごまかしてないか?」
    女「うーんうーん、くるしいよー…おかゆぅぅ…」
    男「…ま、ゆっくりやすんどけよ。今作ってくるから。」
    女「…さんきゅ…」

    -- 名無しさん (2007-01-14 18:53:44)
  • 227 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/08/20(日) 18:37:40.56 ID:yV9IHLvn0
    女「…つまり…」
    男「結論から会話がスタートとな?」
    女「タマネギを切ったら涙が出る」
    男「…まぁそうだね…」
    女「君がいなくなったらと思うと涙が出る」
    男「…え?」
    女「君はタマネギ…」 -- 名無しさん (2007-01-19 11:44:05)
  • 61 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2006/06/21(水) 23:42:07.17 ID:VG3rWD+VO
    女「『ぶえっくしゅんちくしょーい』ってくしゃみあるよね。」
    男「あるといえばあるね。」
    女「よろしい、ならば対抗だ。」
    男「誰の真似?」
    女「…。」
    男「…?」
    女「くちゅんっ。」
    男「…。」
    女「…。」
    男「…。」
    女「…ごめん、今の素だった。」
    男「…そか。」 -- 名無しさん (2007-01-22 10:23:23)


  • 30 :不法侵入、だが断わる、やっぱり断わらない (1/3):2007/01/26(金) 23:02:54.77 ID:t34m6ffx0
    【帰宅】一人暮らししている部屋に男が帰宅したようです。

    男「ただいまー、っても誰もいn」
    女「ただいま」
    男「おかえり」
    女「おかえり」
    男「ただいま。いつからそこにいたんだ?」
    女「2時間ぐらい前から」
    男「……待たせてごめんな」
    女「餅焼きながら」
    男「……」


    31 :不法侵入、だが断わる、やっぱり断わらない (2/3):2007/01/26(金) 23:03:12.60 ID:t34m6ffx0
    【夕食】女は一人で餅を食べているようです。

    女「こたつ」(ヌクヌク
    男「……」
    女「餅」(ウマウマ
    男「俺の分は?」
    女「はい」
    男「……」(ウマウマ
    女「……」(ウマウマ
    男「……」(ウマウマ
    女「120円ね」
    男「有料!?」


    32 :不法侵入、だが断わる、やっぱり断わらない (3/3):2007/01/26(金) 23:04:16.13 ID:t34m6ffx0
    【就寝】男は眠くなってきたようです。

    男「さて寝るか」
    女「きゃー。【禁則事項】されるー。いやー。そんなところはらめー。
    なかはらめー。そとに、おねがい、そとにだしてー。」 ← 全部棒読み
    男「……」
    女「……」
    男「部屋の中が駄目ならそこから外行くといい」
    女「だが断る」
    男「えっちなのはいけないと思います」
    女「お 断 り だ」
    男「ぐへへっ、今日の俺はお前を寝かさないぞ!」
    女「……」
    男「……」
    女「……」
    男「ごめん」
    女「ちょっとときめいた」
    男「……」
    -- 名無しさん (2007-01-27 17:40:45)
  • 女「世の中にはメガマックなるものがあるという」
    男「らしいね」
    女「対抗してみた」
    男「ふむ」
    女「メガライス」
    男「なにが四倍なんだ?」
    女「水」
    男「どうみてもおかゆです、本当に」
    女「じゃあメガ素直シュール」
    男「今度は何が四倍なんだ」
    女「君への想い(ぴたりすりすり)」
    男「なっ……///」
    女「男ぉ……(潤んだ瞳で)」
    男「シ、シュー……」
    女「残念数量限定。今日はここまで(ぱっ」
    男「……そんなところまで再現しなくても」 -- 名無しさん (2007-01-29 08:51:23)
  • 50 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/25(土) 02:09:20.22 ID:u4SORqgoO
    女「男
    きいてくれ」
    男「…」
    女「おれはふろにはいったんだ
    あたまやらかおやらてきとうにあらってぬるぬるのふろつかってのんびりしてたんだ」
    男「…」

    女「そしたらだ

    けつがなんかへんなんだ
    わかるか?
    へんなんだよ



    そう


    あんたのそうぞーどーりだ



    おれはへがこきたくなったんだ」
    男「…」


    51 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/25(土) 02:12:29.65 ID:u4SORqgoO
    女「そう
    ぞくにいうおならだ
    のちのびっぐばん
    うちゅうのはじまり、へをふろでこきたくなったわけだ
    もちろんおれはまよわねー
    しろーとはここでへをがまんしがちだがおれはくろーと、つまりぷろだ
    へをこくことにためらいはねぇ
    おれはこうもんをゆるめ、へのほうしゅつをうながした
    けつになにかが
    そう
    たとえるならべいびー、あかんぼうがうまれてくるような
    いやむしろおれがうまれるような
    そんなやすらぎにちかいかんかくにおちいりそうになりながらもおれはけつのこんとろーるにきをくばった
    ぜつみょうなけつのひらきぐあい
    われながらかんぺきだ
    かんたんそうにみえるがじつはこれはなかなかなんいどがたかい
    しめすぎるとへはすむーずにでねぇ
    だがひらきすぎるとちゃいろいあかんぼうがうまれちまう
    このあいだ
    このびみょうなちからかげんをわかってこそぷろってもんだ…

    おっと
    すまねぇな
    ちょっとかたりすぎちまった
    へへ…ほんだいにもどろうか」
    男「…」


    52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/25(土) 02:14:06.02 ID:u4SORqgoO
    女「つまりはそのかみわざともおもえるぎりぎりのちからかげんでおれはきもちよくへをこいたんだ
    きれいなあわがけつからうかんでくる…
    それはまるでてんしのように…
    ふふ…ちょっとなるしずむがすぎたようだな…


    そしてそのきれいなあわをみてふとおもったわけだ


    おれさいきんやさいおおめにくってるからいいにおいがするのではないか

    おれはすかさずあわのちゃくりくちてんにはなをあわせた
    まよいなんてねぇ
    おれはぷろだ
    ぷろはじぶんのへをしんじるものだ


    くる…
    あわがくる…
    わたしのぶんしんともいえようあわがまたわたしのなかにはいろうとおゆのなかをのぼってくる…」
    男「…」


    53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/02/25(土) 02:23:49.96 ID:u4SORqgoO
    女「だがじけんはおきた
    はなにへがはいったそのしゅんかん
    おれはないた
    なんてにおいはっしってやがんだ
    そう
    たとえるならへがくさかったのだ

    もちろんおれはなっとくがいかねぇ
    ぷろのおれのへがくさいわけがねぇ
    ふるーてぃなにおいがするはずだ
    だがくせぇ
    せかいへこききんぐとたたえられたこのおれの…このおれのへがくさいだとっ!?
    ありえねぇいやありえるわけがねぇ

    だがなぜだ?
    このかなしみは…いや…このすがすがしさは…

    そう…おれはきづいたのだ

    よのなかのしんじつに

    これはのちにうまれくるこどもたちにでんせつのおとことしてつたえられたひとりのしょうねんのあいとへいわのものがたり

    そしていまゆっくりと

    でんせつはうごきはじめた」
    男「…」
    女「…」
    男「…そんな本売れないと思うよ」
    女「男、きいてくr(ry
    -- 名無しさん (2007-02-26 02:50:21)
  • 76 :愛のVIP戦士:2007/02/17(土)08:37:16.30 ID:0rne1FBgQ
    男「犬、猿、雉が仲間になったからって、果たして鬼をやっつけることができるのか?」
    女「……」
    男「かたや若造一人とケモノ三匹、かたや屈強な鬼の衆…無理だろ、常識的に考えて…」
    女「……無理じゃない」
    男「…どうやって戦う?」
    女「普通に戦ってお釣りが来る。」
    男「んなこたない」
    女「いいか、桃が衆には吉備団子があるんだぞ?」
    男「だからなんだよ」
    女「それを喰った奴らはとても強くなるんだぞ。犬、猿、雉も半端じゃなくパワーアップだ」
    男「…それで…何が変わるんだ」
    女「犬は…イヌゾルゲに!」
    男「イヌゾルゲ!?」
    女「猿は…サルバインに!」
    男「サルバイン!?」
    女「雉は…キジリゲスに!」
    男「かっこよすぎ!強そうだ!」
    女「桃太郎は…モモゾルゲに!」
    男「ゾルゲ二回目だ!」
    女「鬼は…オニゾルゲに!」
    男「それ勝ち目ないじゃん」
    女「お爺さんは…山へシバカルゲ!お婆さんは…川にセンタカルゲ!」
    男「川から大きな桃が…ドンブルゲ!ドンブルゲ!!」
    女「…何を言ってるんだ君は」
    男「……」
    -- 名無しさん (2007-03-05 19:19:35)
  • 男「もうやめてくれ……シュー、どうしてお前がそんな薬なんかに……」
    女「フフフ……縛り上げたりしてすまない。だがどうしても、君にもこの快楽を分けてあげたくてね」
    男「やめろ! それは悪魔の快楽だぞ!」
    女「最初は私もそう思っていた……だが、なあに慣れればどうということはないよ。さあ……私と共に地獄に堕ちよう」



    男「うわああああああああ!!! 焼けるうううぅぅう!!! スースーするうぅうううぅ!! でもちょっと気持ちいいいぃいいぃいい!!!」
    女「ククク……風呂上がりのアンメルツヨコ○コ全身塗布はキクだろう?」 -- 名無しさん (2007-03-05 19:20:12)
  • 445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/12/31(土) 00:34:12.88 ID:6Ts4u/150
    まぁ男と女でいいんでね?

    女「たけのこの里・・・。」
    男「?」
    女「きのこの山・・・。」
    男「あぁ・・・あれうまいよな・・・。」
    女「・・・。」
    男「・・・。」
    女「そこで新商品を考えた。」
    男「何?」
    女「・・・・・・・八ツ墓の村。」
    男「・・・・怖。」
    女「・・・。」
    男「・・・。」
    女「墓石型チョコ・・・。」
    男「・・・絶対売れないと思うぞ。」
    -- 名無しさん (2007-04-26 12:59:02)
  • 260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/12/27(火) 00:16:08 ID:b5Tj/mC70

    女「なあ。そのかさぶた剥がしていいか?」
    男「交通事故の見舞いで言う台詞か?」

    -- 名無しさん (2007-04-26 13:02:38)


  • 16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2006/08/04(金) 20:48:09.32 ID:GLKluXGJ0
    女「こちらスネーク、男宅に侵入した」
    男「…一つ言っていいか?」
    女「こちらスネーク、どうぞ」
    男「なんでダンボールに入ってんの?]
    女「スネークだから」
    男「スネークはそんな捨てられた子猫みたいな真似しないから。かぶって隠れるんだよスネークは
    女「!?…なんてことだ」
    男「わかったら、さっさとそこから出ろよ」
    女「拾ってくれるの?」
    男「そもそも捨てた覚えは無い」
    女「♪」 -- 名無しさん (2007-06-02 20:37:10)


  • 406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2005/12/30(金) 22:44:51.70 ID:RTrl345c0
    男「・・・」
    女「・・・」
    男「・・・ちょっとトイレに行ってくる」
    女「・・・トイレにいっといれ」
    男「・・・うん」
    (五分後)
    女「・・・」
    男「・・・」
    女「・・・さっき何で無視した?」
    男「・・・ごめん」
    女「・・・」
    男「・・・」
    -- 名無しさん (2007-06-02 20:39:20)