Euler Getter Wiki


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2人用ボードゲーム Euler Getter 情報サイト。
誰でも編集出来ます。

Euler Getter とは


Euler Getter (オイラーゲッター)とは、
プレイヤー同士で取り合った陣地のオイラー数を競うという
全く新しいタイプのボードゲームである。
2010年、日本の数学者である安田健彦氏により考案された。
紹介動画  遊んでみる

ルール


2人のプレイヤーは盤面上のマスに交互に自分の色の石を置いていく。
先手が 、後手が を持つ。
最終的に盤面が埋め尽くされた時、
持ち色の陣地のオイラー数が大きい方の勝ちである。

オイラー数とは


オイラー数とは土地の形に応じて決まるこのゲームの得点である。
大雑把には固まった土地の数をカウントしているが、
正確には「連結した土地の数 - ループの数」がオイラー数である。
オイラー数の計算方法を理解するとより深くゲームを楽しむことが出来る。

盤面について


盤面には特殊な取り決めがある。
すなわち「点対称な位置にある縁のマスは同じマスと見なす。」
この盤面の取り決めと、マスの形が六角形であることにより、
ゲームに引き分けが無いことが保証されている。
詳しくは数学的な説明を参照のこと。

また、盤面の形は四辺形ボードと六角形ボードがあり、
偶数マスと奇数マスの違いもある。