僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

今になって、バーの主人があんなに怒っていた理由がわかった。彼は少年に、あの男を信用してはいけない、と言おうとしていたのだ。「僕は他の人と同じなんだ。本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ」