※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ♪てーててーれーれーれーてーれー


冒険の書を作る
_あたいってばさいきょうね


  ピッ


_冒険の書を作る
あたいってばさいきょうね


   CIRNON QUEST   ~そして伝説級のバカへ~


「チルノ、チルノ。もう朝よ、起きなさい」
 母親の優しい声。
 いや、正確にはレティの優しい声。
 勇者チルノは、起きようとして寝返りをうち、ベッドから落下した。


  おお ちるのよ しんでしまうとは なさけない


 生きてた。

「おはよう、チルノ。よく眠れた?」
「たっぷり眠ったよ!」
「それはよかったわ。じゃあ、お城に行きましょうか」
 展開はえぇ。

 気がつけば、チルノは片手に剣、片手にスイカバーを持ち、城の前に立っていた。
 王様だか神主だかに命じられ、魔王を倒しに冒険へと旅立つはめになってしまったのだ。

「あたいってば最強だから、一気に魔王なんてやっつけちゃうんだから!」
 走って街から飛び出すチルノ。
 少し進むと、モンスターが現れた。
「何、このぷよぷよしたヤツ。あたいの敵じゃないことを教えてやるんだから!」
 右手を天にかざして、チルノは叫んだ。
「アイシクルフォール!!」

  MPがたりない!

  スライムの攻撃。

  チルノは死んだ。


  おお ちるのよ しんでしまうとは いかりゃく


「くっそー、あんなぷよぷよしたヤツにやられるなんてー」
 ブツブツ言いながら街を歩く。
 そこで発見したのは、ゆかりんの酒場である。
「そういえば、仲間を集めろとか言ってたわね。よし、ここであたいの仲間を探すわよ!」
 中に入ると、すげえ酒臭かった。
「いらっしゃい、⑨勇者さん」
 カウンターの奥から、少女臭溢れる店主が現れた。
「まるきゅーって何? あたいはチルノだよ」
「まるきゅーはモロキューよ」
「そーなのかー」
 違う。
「それより、ここに何のご用かしら? ご注文は?」
「あたいの仲間を下さい」
「どんなタイプがいいかしら」
「強いのと、強いのと、強いの」
 さすがの店主もこれにはどうしたもんかと考えた。

「はい、お望みの仲間よ」
 チルノの前には、強そうな格闘家と強そうな魔法使いと強そうな盗賊がいる。
「私の名前は紅美鈴! よろしく!」
 強そうな格闘家=紅美鈴。
「私はパチュリー。……よろしく」
 強そうな?魔法使い=パチュリー・ノーレッジ
「私は霧雨魔理沙だぜ」
 強そうな盗賊?=霧雨魔理沙。
「あたいはチルノ! 最強の勇者なのさ!」
 最強のバカ=チルノ。

 なんというへっぽこカルテット。


 バカ四人は、とりあえずローレシアを出た。
 そこで再び、青くてぷよぷよしたヤツ登場。
「あんたは、ぷよぷよしたヤツ! さっきの恨みを思い知るのよ!」
 両手を前に突き出し、チルノは叫んだ。
「パーフェクトフリーズ!!」

  かしこさがたりない!

「何やってんだよ、いくぜ! マスタースパーク!!」

  まだおぼえていない!

「二人ともどいて! JAOOOOOOOOOOOOOOOOO!!」

  スライムはかわした!

「ちょ、ちょっと待って……。もうちょっとゆっくり……」

  いきぎれがひどい!

  スライムの攻撃!

   ズビシ

   ピチューンx4


  おお ちるのよ もう かえって ねろ


「おかえり、チルノ。冒険はどうだった?」
「楽しかった!」
「それはよかったわね」
 よくねぇ。