※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪魔の契約書
契約書が一枚。
聖書の隙間から出てきたのだ。
学会への出発前、何カ月も準備してきた学術研究の発表という大事を前に私は心を落ち着けようとホテル備え付けの聖書集をめくった。
マタイ書5節13章気に入ってるページを開く。
地の塩のようにというその一節を読もうとした。
そのページに一枚の紙が挟まっていた。
ヘブライ語だろうか読めない字で書かれていた。
その時はそんなに気に留めず、本の間にはさみなおして出発した。

学会が成功と終わり、拍手と賞賛を浴びてホテルの部屋に帰ってくると。
本の間に挟んだはずの紙がベットの上に置かれていた。
不思議に思って手に取ってみると紙に不思議なことがおこった。
紙の上の文字がとけるように混ざりアルファベットにかわっていった。

その契約書を途中まで読むと。
そこには私の意中の女性の名前が書かれていて、この契約書にサインすればその女性と恋仲になれる。
と書いてあるらしい。

パチン。
背後で指を鳴らす音が聞こえた。
ベットから振り返ると部屋の真ん中に黒服スーツの男が立っていた。
若い、顔も整っている。
不思議なことに気配がない。
呼吸してる感じがしないのだ。
それになによりさっきまでこの部屋は私一人だったはずだ。
ドアが開く音はしないし窓ははめ殺しだ。
この若い男はどこからはいったのだろう?

「まあその契約書を見ていただいてわかるとおり私は悪魔といわれるものです」
「今回は貴方の恋愛成就という商談にきました」



10分でここまで記述
作者 堀江伸一










ご近所の創価学会員 森本さんや藤村さんの意見では私の創作物は1から10まで全部気持ち悪いそうです。
彼らの私への評価を羅列すると。
堀江伸一は小学校の算数までしかできない。
ひたすら気持ち悪い。
き も ち わりーーーーwwwww(とても楽しそうな声で)
喜色割いなおい。
おバカな作品しか掲載しない。
単なるアホ。
等でした。
私の作品ってそんなに気持ち悪いんですかね?
なおしかたがわからないんです、、、