※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

バイオハザード後の世界

  • 分類 近未来 バイオハザード 小説用設定



  • 2080年
バイオ技術の急速な発達は、地球の生物をはるかに超える筋肉、持久力、戦闘力をもった生物を生み出すことなり、それらは即座に軍用へと応用されていった。
低支援で高い戦闘能力、ゲリラにも強いという大活躍を見せたこれら生物兵器は戦場でもてはやされることとなる。

それまで時代の主流を務めていたロボット兵器である。
高性能だが莫大な戦費がかかってしまう。
ロボの代わりを務め、戦費を抑える生物兵器は戦場の救世主ともてはやされていた。

当初は繁殖ができないよう遺伝子レベルに鍵がかけられ厳格に管理され先進国のリーサルウェポンとして活躍する。
だが、敵が持つものを自分たちも持ちたいという欲望は計り知れない。



カギは解読され、繁殖が可能となり各国の軍事組織の奥で生物兵器はどんどん繁殖されていった。
独裁国家やモラルのない組織やマッドサイエンティストが開発に参加した時から時代は異常さを加速する。
少しでも安く量産したいという発想は、生物兵器への安易な生殖能力の付加につながり、安く作られた彼らは気楽に戦場へと投入されていく。
人間をはるかに超える能力は幾多の戦争でもてはやされることとなる。

だが地雷が根絶できないように、生物兵器は戦争後も生き残り、人類のくさびを離れた彼らは地球中に散らばり繁殖してしまう。


戦争には数多くの種が投入された。
今では数多くの種が地球で縄張りを広げている。
生物兵器中には知能を持つ者もおり人類と共存を願うものもいれば、無差別に襲うものもいる。
ただ繁殖して害をなすものもいれば、無害な失敗作も存在する。
もはや彼らは地球の一員なのだ。




この時代に関する世界設定を羅列していこう。

世界設定



都市では生物兵器と人類が共存し、一部の知性体は都市の一角に人類とは異質なコミューンを作っている。
都市から離れ自然に目を向けると、バイオモンスターの群れが闊歩し、これに対抗するためモンスターの群れを追跡調査し時に刈り取る広範な調査専門組織が存在する。


田舎で暮らすということは肉食性のバイオモンスターの群れの動向をこまめに把握するということだ。町の隣のアパラチア山脈に住んでいたブラックドックが川伝いに降りてきている。そういった情報を把握することが田舎で生き残る道だ。



この写真は生物兵器ブラックドックにやられたアーミーのロボット兵士を写したもの。高性能を誇るものの高密度な支援を必要とするロボと、支援の要らない生物兵器。生物兵器の跋扈により補給線の悪化した現在、ロボは性能を発揮できず破壊されることが多い。戦場で一時代を築いたロボ兵器も今では役立たず、時代の移り変わりを象徴する一枚。







国連は世界中のアーミーと協力している。
各大陸のアーミーは大陸中のバイオ生物の動向を把握し、時にバイオ生物同士で争わせて数量調整を行ったり、バイオモンスター排除法に従い危険な生物を刈り取るための作戦行動を行っている。

野生化した生物兵器に対抗するため、歩兵の戦友としての生物兵器を多用しているアーミーもおおい。
毒を持って毒を制している。
野生の生物兵器を手なずけて使用している部隊も存在する。




この混乱の間に人類は人工衛星打ち上げ技術を遺失しまった。
今では低軌道衛星が打ちあがるのみで、それもバイオモンスターの動向把握の用途が半分を占める。
気象衛星は廃れた。

気象把握は山の上の観測所が復活しレーダーが使われている、地域によっては目視と無線が頼りとなる。
米国やロシア、中国やインド、フランスなど幾つかの大国の間では昔打ち上げた衛星のプログラムを書き換えてバイオモンスター対策に使っている。

衛星の種類が限られるこの時代、衛星屋にとって冬の時代である。




大地に目を向けるとヌーの群れのごとき生物兵器の群れがグレートプレーンを動きまわり、強化筋肉と強固な外骨格を持つ大型生物が単独でうろつきまわっている。
彼らを薬品で追い払う地域もあれば、この異常な生態系と共存し始めている地域もおおい.


大陸レベルで生物兵器の個体数のバランスを取ることは難しい。
どれか一種類を殲滅しようとすれば、他の種が増加するからだ。




そのためにどうすれば生物兵器が根絶できるのか誰にも正解がわからない。
これを打開するために大陸規模のモンスター狩りが行われることもある。
その時は空軍を巻き込んだ戦略爆撃から始まる壮大なものだ。
だが大陸は広大であり、その成果はあまりあがっていない。



対策はもっと日常レベルとなる。
生物兵器の跋扈する地域では、その進出を食い止めるために城壁やバリケードが復活している。
都市は城壁に覆われている。
完全に覆えてない都市もあるが、ある方向には壁があるというだけで生活時の安心感が違い、都市に人を集める要因となっている。
欧州やアフリカでは残っていた城壁が復活し、アメリカでは大規模な土木工事が行われ復活している。



山岳部等では移動の容易な谷間に城壁を設け生物兵器の移動を制限。
平野では川を堰き止め、下流にある湿地を減らすことで水生系モンスターの進出を阻止した地域もあれば、純粋に自警団で対抗している地域もある。
全体的にいって乾いたところにいるモンスターはまだ御しやすく人類に有利だ。

方々で生物兵器の対策が行われている。












  • 元ネタ
魔界都市新宿



  • 制作経緯
オ披露目場外掲示板(仮) オリジナルロボットデザイン討論所に2009/06/29 02:28:02著者が投稿したアイディアが発想の原点。

その後アイディアが煮詰まってなかったのですが、Pixivにwhatさんという方が投稿したblack dogというイラストを見て、一気にこのページの設定が作成できました。
イラスト先リンク。
http://search.jword.jp/cns.dll?type=lk&fm=109&agent=9&partner=BIGLOBE&name=pixiv&lang=euc&prop=500&bypass=3&dispconfig=



  • 画像著作権
Pixivに登録しているwhatさんの絵を許可を得て転載。




閲覧者数  -
今日の閲覧者数  -

  • ページ編集方法
画面上部に並んでいる、Wikiメニュー 編集 表示、、、
の中から編集を選び、「このページを編集」を選択してください。
それで編集可能になります。
一緒に創作してくださる方,イラストを画いてくれる方を募集しています。
創作後、末尾に著作者名を付加してください。


  • 著作者一覧
名前 堀江伸一
ハンドルネーム Sina





感想
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る
添付ファイル