※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海洋惑星イルォードで販売されている天使軍系メカや武装は以下の通りである。
海洋と名の付くとおり殆どのロボが海洋や海中での戦闘に特化している。
精力的に開発が進められており、現在も新発明、新型ロボなどが発表されている。

悪魔軍の兵装についてはこちら、惑星/イルォード/悪魔軍

ロボ一覧

海底に敵を沈めろ!!『サブマリニング』:60mt
イルォードの独特な地形に対応すべく開発された可変ロボ
地上では動きが鈍いものの水中では負け無しを誇る。
メインは追尾性が高い魚雷
サブは回転しながらの突撃(爆
水中移動速度は飛行速度と同じなので
空中でもそれなりに戦える



『新型機マリナー』
水中戦闘を目的として開発された高速攻撃機。
二連誘導魚雷が片腕に内蔵されており、中~遠距離をカバーする。
また、アクアライフルとアクアスピアが標準装備として用意されている。
誘導魚雷の誘導は機体の射撃値に依存しており、射撃値の高いマリナーが使用する事により抜群の誘導性を確保した。


『新型機シーファング』
水中での戦闘を想定して開発された重攻撃機。
小型の高速誘導魚雷を最大10発まで同時発射できる背面武装を装備、両肩には広範囲型の爆雷を装備。
手持ちタイプの武器が装備できないが、スラッシュクローやジェットスピアなど、多彩な内蔵武装を有している。
防御力が高いが巡航速度に難があり、状況によっては扱いづらい事がある。



また、特殊通貨メタルによる取引では次の機体も購入可能になる。
『新型機ライコウ』
海洋フィールドでは一撃必殺ともいえる電撃攻撃を可能にした機体。
大容量キャパシターに蓄電された100万ボルトもの高圧電流を敵との接触によって流し、全身の回路を過電流破壊する。
ただし、この攻撃では大量のエネルギーを消費し、なおかつ一回の攻撃を行う度にキャパシターへの充電が必要になるため連発はできない。
とはいえ、電撃による衝撃波の範囲は地上におけるガンダーのカラテビンタに相当し、運悪く発動試験に居合わせた悪魔軍(シーデルビン10体)が全滅したほどだ。
手持ち武器も装備でき、マリナーと同じく汎用機としての性格も有する。


おまけ
当Wikiでは最初に記事を書かれた方の意志を尊重して初版を保存しております。
最初の設定がどうだったのか気になる方はこちらをご覧下さい。
初版/惑星/イルォード/ロボ