※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ネツに始まりやカペラとブローデンを、
カセにジャコルやゴブフォを、ホルにソーン(ホル玄関だが…)とログマールを、
それぞれ押さえつけられ抵抗虚しくカモにされていく有様をさす。

これについては【ID:8x+2drN1】の項目を参照すると分かり易いが、
要するに養豚場の豚の如く肥え太らされ適当に調理されて食われていくゲブを言う。

一見ただの弱いものいじめのようにみえるが、実際にその通りである。
ただし、クズ国家のゲブは一生このままいじめられ続けるのが義務であり、
常に他国に謝罪と反省の意を示しつつ、いかに他国の栄養素として、
またエンターテイナーとして機嫌を取りながら真摯に家畜として生きていくかが望まれる。

まあ、悔しかったら強くなってやり返してみればいいのだが、
この国にどんな努力や結果が出せるわけがないのでずっとこのままだろう。


ちなみに【ID:8x+2drN1】を参照することでわかるのは
 ・ゲブに対する「豚」関係の表現は、特定個人しか使用していないこと
 ・本記事と参照記事の文体や表現の稚拙さに多数の類似点が見られること
なのだが、編集者(笑)は何か意図を取り違えて本文に引用しているようである。
これは【ID:8x+2drN1】に関する一文が即時削除されたことからも伺える。

余談だが、この項目や【ID:8x+2drN1】の関わった項目が浮上すると、
各国紹介にてネツ翼賛、ゲブ侮辱の内容に書き換わっている事が多い。
ほぼセットで頑張っているのだろうと思われる。
各国紹介から悪意を省く=ゲブのイメージアップという考え方からして確定的。