※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウォリアー

片手ヲリ
ポストプレイヤー。センターフォワード、又はツートップの片方。敵陣に楔を打ち込み、ゴールを決める手助けをする。
彼が不在だと確実な1点をもぎ取ることが出来ずロングシュートに頼るしかなくなる為、点差が広がる一方だと言われている。

両手ヲリ
ストライカー。又はウイング。攻撃時の優れた得点能力に反し、攻め込まれているときには全く役に立たないため、近年では
フォワードにポストプレイヤーを残してミッドフィルダーで点を取ることが検討されているが、やはり優秀な点取り屋がいると強いのは当然である。

大剣ヲリ
ストライカー。又はツートップの片方。基本的に両手ヲリと変わらないが両手ヲリよりもシュート力が増した分、機動力にやや劣る。
ジャイアント並みの強力なシュートと豪快なボレーシュートを持つ反面、両手ヲリと比べると浮き球への飛込みが甘いきらいがある。

News ネツァワルチームにおいては4トップによる轢き殺しが横行しており、各チームは対策を迫られている。

ソーサラー

火ソーサラー
攻撃的ミッドフィルダー。オフェンシブハーフ。攻撃センス溢れるテクニカルな選手であるが、それはやや過去のスタイルになりつつある。
テクニカルな立ち回りと、威力は落ちたがMF随一の威力を誇るファイアーショット。この二つを兼ね備えた彼らは古きよき時代の象徴である。

氷ソーサラー
守備的ミッドフィルダー。ボランチ。敵の猛攻を止め、攻撃の起点を作ることが出来る。あらゆるシーンに対応し、
自らミドルシュートを決める者もいる。優れたボランチがいるチームはボールキープ(優勢)時間が長いと言われている。

雷ソーサラー
サイドプレイヤー。ウィング、ウィングハーフ。ボールに対する反応が早く、空きスペースを利用するのが上手。
強烈なミドル~ロングシュートも得意とするが、中には休憩かロングシュートかの二択である者もいて、味方からも最低だな!と言われている。

石ソーサラー
幽霊プレイヤー。なぜかボールから逃げたり味方の後ろに隠れる選手が多く、ボールを持ってもロングシュートしか打って来ない。
ボールが3つに分裂するミラージュシュートのような必殺シュートを使うが、そのモーションは大きく、得点能力は低いと言う。

重ソーサラー
守備的ミッドフィルダー。ボランチ。フィールド上に泥濘を作り、敵の足を取ることで敵のチャンス/味方のピンチを事前に摘む頭脳派プレイヤー。
当初は、あまりの悪臭のため敵味方とも失神する者が続出、今でも鼻栓無しに出場することは自殺行為であるとされ、試合の緩慢化に一役買っている。

盾ソーサラー
ドリブラー。ミッドフィルダー(ソーサラー)の当たりの弱さを、常時浮き輪を身に付けることで克服した異色のプレイヤー。
一口に浮き輪と言っても、その周囲は剃刀で補強してあり、敵が触れれば大出血は免れないことから、彼のドリブルを止めに入る者は少ない。

スカウト

弓スカウト
センターバック、サイドバック。敵の連携を邪魔して、ゴールを割らせないようにしたり、超ロングシュートを狙ったりもする。
統制が大事であるが、中には全くラインを押し上げないプレイヤーもいて、そう言ったプレイヤーのいるチームは非常に弱いと言われている。

短剣スカウト
反則プレイヤー。審判や敵から隠れるのが上手く、こっそりと敵の目を潰したり、足を潰したり、グラウンドに毒を撒いたりしている。
中にはゴール前に隠れてこっそりゴールを狙う者もいるが、見るものが見れば明らかにオフサイドなのであまり役に立ってはいない。

新職

フェンサー
華麗なる足技と比類なき瞬発力で見る者をを魅了するファンタジスタ。当たり弱いのが玉に瑕。
目を盗んで相手の足を払う事も得意とし、フィールド上で無駄にバクテンを繰り返すがオーバーヘッドでのゴールを見た者はいない。
反動蹴速迅砲の威力が高すぎると言う批判が相次いだため、その威力は修正された。

セスタス
華麗なとび蹴りとパンチングでゴールを守る某ジャパンの守護神的存在。暇を見て傷ついた自軍のゴールを修復などもする。
しかしながら、我道拳・晃龍拳・断空脚と3つの技を使うことから、元の流派は最強流ではないかというもっぱらの噂である。

裏方・召喚

銀行
監督。チームの状況を把握し、支え、統率する。彼の周りには控えの選手が座っているのだが、アップもせず最後まで座っているだけの者もいる。
たまに開幕から反則プレイヤーの襲撃を受けるが、ドラゴン以外の巨大生物は彼が呼ぶともいわれている。

ナイト
審判の召喚。試合開始当初は平和なグラウンドも試合時間の経過につれて巨大生物の跳梁跋扈する異世界へと突入する。
審判が増えれば敵の巨大生物を抑えられるが、中の人によっては審判同士の激しい殺し合いが始まるといわれている。

レイス
巨大反則プレイヤーの召喚。敵プレイヤーに雪つぶてを投げたり、ラリアートでのけぞらせたり、スタジアムの照明を落としたりする。
放っておくと大変なことになるので、いち早く審判(ナイト)の召喚が求められる。

ジャイアント
巨大プレイヤーの召喚。フィールド上に突如として現われ、敵のゴール(オベ)を砲撃し始める、人に似て人とは違う巨大生物である。
レイスと並んで放っておくと大変なことになるので、いち早く審判(ナイト)の召喚が求められる。

チャリオット
選手送迎バスの召喚。本来は選手宿舎とスタジアムの往復用であるが、12/20のルール改正でフィールドに乗り入れることが許された。
ペナルティエリア内では圧倒的な当たりの強さを誇り、敵のフォワードを吹き飛ばす。むしろ轢く。最高時速は80km/h。

ドラゴン
赤い彗星の召喚。チームが大敗しているときにしか現れず、ゴールを決められた際に一定確率で現れる。
地上、上空、宇宙空間を3倍の速さで移動し、シュートを撃ちまくると言われている。実際には3倍ではなくせいぜい2倍強という話である。

キマイラ
巨体アメフト選手の召喚。1チームにつき2回しか現れず、タッチダウンが決まると6点入ると言われている。
フィールド上でも悪臭を放つ3つの息と手を使った吹き飛ばしなどで恐怖の的であるが、多くの場合は審判に見つかって即退場である。

番外

BBS戦士
フーリガン。試合後には決まって特定の選手を使えないだのクズだのとこき下ろすのを得意とする。
「俺なら今のシュートは片手でキャッチ」「俺ならこの試合8ゴール決めていた」等のフーリガン補正を得意とするが、実際にフィールドでどれほど活躍できるかは怪しい。

銃スカウト
ついにフィールドに降り立ったフーリガン。フィールド上で銃をテクニカル()に乱射するが実力はご想像の域を出ない。
敵の反則が特に酷い時に仲間を救うと言われているが、彼自身が反則で潰されるなど散々な結果に。今では忘れられた存在である。



コメント

  • 製作者もほぼ移住したのでこれも乙wikiから輸入してきた。 -- 名無しさん (2009-08-23 19:27:06)
  • クソワロタ -- 名無しさん (2009-08-23 20:20:56)
  • センスを感じるな -- 名無しさん (2009-08-24 00:48:06)
  • 亀頭スタイル -- 名無しさん (2009-09-08 00:08:40)
  • うまいね -- 名無しさん (2009-10-18 21:47:10)
  • キマイラワロタ -- 名無しさん (2009-11-06 17:48:44)
  • 銀行と銃スカ更新。ウィングを大剣から両手に変更。 -- 名無しさん (2010-02-10 20:25:24)
  • これおもしろいな -- 名無しさん (2010-07-17 18:11:59)
  • 乙鯖と同じ仕様に戻した。チャリも追加 -- 作者 (2011-01-14 14:41:50)
名前:
コメント: