ポケモン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ポケモン


歴史(超簡易)


1996年2月27日、全てのポケモンシリーズの原点となる
『ポケットモンスター赤・緑』が発売された。
ポケモンはやっている人ならだれでも分かると思うが、捕まえて、図鑑に登録して、強くなるよう育てて、もっていない奴は友達と交換して・・・
というように、どこか採集の喜びみたいなものがあるから売れたといわれている。
1997年4月1日
TVでポケモンが放映開始。
1997年6月
『ポケットモンスター青』が発売される。
CDで、アニメ主題歌『めざせポケモンマスター』、シングル185万枚突破。
あの、「たとえ火の中水の中草の中、森の中~」である。
1998年4月5日
『ポケモンセンター東京』オープン。
今は他に、横浜、仙台、大阪、福岡にある。
1998年7月18日
映画『ミュウツーの逆襲』『ピカチュウのなつやすみ』東宝系同時公開
1998年9月12日
『ポケットモンスターピカチュウ』が発売開始。
今までのシリーズで唯一最初のポケモンが選択できないソフトである。
1999年11月21日
『ポケットモンスター金・銀』発売開始。ここから第2世代といわれるようになった。悪・鋼タイプが追加される。
2000年12月14日
『ポケットモンスタークリスタル』発売開始。最初にバトルタワーが登場したソフトであり、初めて戦闘開始時にポケモンが動くようになった。
2002年11月21日
『ポケットモンスタールビー・サファイア』発売開始。戦闘時の背景が真っ白からその場に応じたグラフィックに変わるなど、一番進化したときでもある。コンテストが登場。ここから第3世代。
2004年1月29日
『ポケットモンスターファイアレッド・リーフグリーン』発売開始。これは最初の、『赤・緑』のリメイク版。とはいえ、技マシン等はルビー・サファイアに合わせてある。
2004年9月16日
『ポケットモンスター・エメラルド』発売開始。クリスタルと同じく戦闘開始時にポケモンが動く。唯一、敵となる悪軍団が2つであるソフトである。バトルフロンティアを制覇するのは非常に難しい。
2006年9月28日
『ポケットモンスターダイヤモンド・パール』発売開始。このソフトは、今までと違い、国境を越えてポケモン交換ができる。第3世代のソフトからポケモンが送れる、という点も魅力。ここからは第4世代。

携帯ゲーム


今ではゲームバージョンでは493種類のポケモンがいて、技の種類も技マシン、秘伝マシンだけで100種類を越え、技全体では1000種類以上ある。
戦略、戦術が山のようにあるため、なかなか面白いと個人的に思う。

アニメ


アニメ版では、今はサトシ、ヒカリ、タケシの3人がシンオウ地方に入り、
2008年正月現在、ジムバッジは2個。手持ちは、
サトシ ピカチュウ、ブイゼル、ヒコザル、ナエトル、ムクバード
ヒカリ ポッチャマ、エテボース、ミミロル
タケシ ウソッキー、グレッグル

ちなみに、タケシの惚れ癖が出たときの突っ込み役は、
カスミ(カントー、ジョウト)→マサト(ハルカの弟、ホウエン)→グレッグル(毒突きを使う。タケシの手持ち、シンオウ)となっている。

カードゲーム


カードゲームでは、初心者向け講座が行われたり近々世界大会が開催されたりと携帯ゲームに負けず劣らずの隆盛振りを見せている。
(ゲンパ)

関連する用語


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。