ランドロス

No.645 タイプ:じめん/ひこう
特性(けしん):すなのちから(砂嵐の時に地面、岩、鋼タイプの技の威力が1.3倍になる)
夢特性(けしん):ちからずく(一部の技の追加効果がなくなり、威力が1.3倍になる)
特性(れいじゅう):いかく(相手の攻撃を1段階下げる)
体重:68.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ランドロス 89 125 90 115 80 101
ランドロス(霊獣) 89 145 90 105 80 91
グライオン 75 95 125 45 75 95
ガブリアス 108 130 95 80 85 102

ばつぐん(4倍) こおり
ばつぐん(2倍) みず
いまひとつ(1/2) かくとう/どく/むし
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし でんき/じめん


高い攻撃性能と同時に、受けとして優秀な複合タイプを持つ。同じタイプのグライオンより攻撃寄りの種族値である。
霊獣フォルム、通常特性化身フォルム、夢特性化身フォルムがあり、それぞれまったく異なる性質を持つ。
霊獣フォルムは攻撃種族値145と特性いかくが最大の利点。
通常特性化身フォルムは特性すなのちからを利用した物理型が、夢特性化身フォルムは特性ちからずくを利用した特殊型が特徴。
基本的に霊獣フォルムでの採用が多くなると思われるので、化身フォルムは何らかの差別化が必要である。

技も物理特殊ともに多めで、積み技も豊富だが、自身のタイプであるひこうタイプの技はそらをとぶとめざめるパワーのみ。
耐久は低くはないが氷4倍には注意。



技候補

物理技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考
通常 砂の力 力ずく
じしん 100(150) 130(195) 100(150) 100 -- タイプ一致物理メインウェポン。
ストーンエッジ 100 130 -- 80 -- 命中不安定。地面との相性補間良好。砂の力なら更に強化される。
いわなだれ 75 97 97 90 怯み30% 命中高め。ちからずくなら威力十分。
ばかぢから 120 -- -- 100 攻防↓ 範囲は若干じしんと被る。風船もち鋼やナットレイなどに。
アームハンマー 100 -- -- 90 素早↓ 馬鹿力と違い連発しても威力は落ちないが、素早さダウンはやはり痛い。
かわらわり 75 -- -- 100 壁破壊 威力不足ではあるがデメリットなしで命中も安定。
げきりん 120 -- -- 100 -- 対竜用。地面技との相性もいい。
とんぼがえり 70 -- -- 100 -- 交代読みやスカーフを持たせて先制で使う。いかくとの相性は良い。
だいばくはつ 250 -- -- 100 -- 散り際や最終手段として。ただし仕様変更で前作ほど火力はない
じわれ -- -- -- 30 一撃必殺 強力な役割破壊
特殊技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考
通常 砂の力 力ずく
だいちのちから 90(135) 117(175) 117(175) 100 特防↓10% タイプ一致特殊メインウェポン。
サイコキネシス 90 -- 117 100 特防↓10% 対格闘に。力ずくの場合はめざ飛より高威力。
ヘドロウェーブ 95 -- 123 100 毒10% ルンパなどの草対策。ピンポ気味。
きあいだま 120 -- 156 70 特防↓10% 命中不安定。対浮いている鋼に。
くさむすび -- -- -- 100 -- 自身が呼びやすい水タイプなど有効な相手は多い。
めざめるパワー ~70 -- -- 100 -- 特殊の飛行技はこれしかない。氷も候補。
補助技 タイプ 効果 命中 備考
ステルスロック -- いかく込で逃げる相手が多いので撒く機会は十分にある
つるぎのまい 攻撃↑↑ -- いかくからの流し際に。全抜きをするには素早さ不足
ロックカット 素早さ↑↑ --
ビルドアップ 攻撃↑防御↑ --
みがわり -- --

けしんフォルム

けしんフォルムに関する考察はこの項でどうぞ。

すなのちから物理AS型

性格:ようき/いじっぱり
特性:すなのちから
努力値:攻撃252 素早252
持ち物:じめんのジュエル/やわらかいすな/いのちのたま/こだわりスカーフ/こだわりハチマキ
確定技:じしん/ストーンエッジ
選択攻撃技:ばかぢから/げきりん/とんぼがえり/だいばくはつ/じわれ/めざめるパワー(飛)
選択補助技:つるぎのまい/ビルドアップ/みがわり

スカーフ以外なら激戦区100族を抜ける陽気最速安定、スカーフでも100族を意識して特に耐久調整しないならS全振りでいいだろう。
岩技はほぼ確定、得手不得手がはっきりしているのでとんぼがえりも使いやすい。
逆鱗は意地っ張りA全振りでも無振りガブリアスや威嚇込みのマンダが落ちないので採用する場合は気をつけよう。
格闘技はとんぼがえりと相性のいいばかぢから推奨。アームハンマーは素早さが下がるのであまり相性がよくない、最速+一回減速で実数値112(最速50族、無振り92族相当)
剣舞かじわれで決定力のない相手なら無理矢理突破することも可能。
↑一応、アムハンは後攻トンボができるようになる。
↑耐久に努力値割いてないコイツで後攻トンボはメリットとは思えないんだが。
スカーフでの先制トンボとか、交代読みトンボが使いやすいんじゃないの?ハッサムとは、トンボの使い方が違うと思う。
アムハンを推したいのか、主張したいことが何なのか分からないんだけど。
↑格闘技をトンボ返りと相性のいい馬鹿力を推奨していたんで、アームハンマーの素早さダウンも「後攻トンボ」という形で生かせるんじゃないか?ということを言いたかった。

基本的にバンギラスと組むのが良い感じである。

珠ちからずく特殊型

性格:むじゃき/うっかりや/ひかえめ/おくびょう
特性:ちからずく
努力値:素早さ252 攻撃・特攻調整
持ち物:いのちのたま
確定技:だいちのちから/サイコキネシス
選択攻撃技:きあいだまorばかぢから/いわなだれ/とんぼがえり/くさむすび/めざめるパワー(氷)/じわれ

珠ちからずくの強さを存分に生かした型。追加効果の関係上、特殊主体の方が明らかに運用しやすい。
タイプ一致のメインウエポンで珠ちからずくが適用されるだいちのちから、珠ちからずく込みで
めざ飛より威力が高くなり、等倍相手にゴリ押しできるサイコキネシスは確定。
その他はきあいだまorばかぢから、いわなだれ、めざ氷がやや優先度が高い。

ガチ対戦ではかなり性能の高い特殊地面使いである。霊獣ランドロスの存在で霞んでしまうが、持っているポテンシャルは相当高い。
ランドロスは霊獣フォルムが一番強いので、化身ランドはすなのちから物理AS型や珠ちからずく特殊型以外は微妙となっていくだろう。
↑夢ランドのスカーフって無しなのかな?実際使ってるが珠よりも安定しやすいように感じる。(ちなみに最速で珠とスカーフをスイッチしています)
パーティー次第かもしれないが、100スカーフを抜けるってやっぱり強い。それより上のスカーフはそこそこ限られるわけだし。対策の無いパーティーも無いだろうし。
控えめスカーフの火力はなかなかだった。等倍でも確2でゴリ押せる。
ただ技範囲は広いがメインウェポンにそれぞれ無効技があるのでとんぼ返りをうまく使いたいが技スペが足りないのも事実。

目立ったところでは威力が次のように上がる
  • だいちのちから→威力175、珠補正で威力228
  • きあいだま→威力156、珠補正で威力202
  • サイコキネシス→威力117、珠補正で威力152
めざ飛の威力が105であるため、ちからずくの場合格闘への役割遂行技としてはサイコキネシスの劣化になる。
テラキオンには大地の力、ズルズキンには気合玉が効くため、めざ飛>サイキネとなるのはヘラ、ガッサ、ビリジオンの三体のみ。
このうちヘラガッサはサイキネで事足りるためめざ飛はビリジオンピンポとなるが、ランドロス相手に張ってくるビリジオンは確実にめざ氷持ちのためどの道倒せない。
また、めざ飛では珠の反動も受けてしまう。よって、「ちからずく@命の珠」で運用する場合、めざパは氷が強く推奨される。
数は少ないがマタドガスの存在もあるためサイキネは有力なサブウエポン。
↑めざ氷の必要性からしてサイキネ優先には同意だが、一応エルレイド等のエスパー複合の格闘もめざ飛>サイキネ
↑そいつらは大地の力が通る
C180振りサイコキネシスでH252ローブシン確1

調整例
100族を抜ける素早さのため、打ち合える範囲が広くなる臆病CS252が基本形。
しかし、役割対象の格闘などは最速にしなくても良い場合も多く、その分を耐久に回すことで繰り出しからの遂行が安定する。
以下、その調整例を紹介。

  • 実数値 169-145-141-165-90-135(努力値 うっかりや 36-0-248-116-×-108)
※めざ氷個体のため、攻撃防御はU想定
だいちのちから/サイコキネシス/きあいだまorいわなだれ/めざめるパワー氷@命の珠
H …10n-1
A …H4ウルガモス@ヨロギをいわなだれで確定1発(割合: 101.8%~121.1%)
HB…A210根性ローブシンのからげんき+マッハパンチ高乱数耐え(どちらも最大乱数を引いた場合のみ落ちる)
C …11n
  H252ローブシンをサイコキネシスで確定1発(割合: 104.2%~124%)
  187-135グロスをだいちのちからで確定1発(割合: 112.8%~133.6%)
  H252スイクンをだいちのちからで確定2発(割合: 50.7%~60.3%)
  H252ナットレイをきあいだまで確定1発(割合: 103.3%~122%)
S …最速70族抜き

Bに厚く振ったことで、格闘・地面に安定し、ガブの鉢巻げきりんを耐えるなどの付加価値も生まれる。
ローブシンは交代を読まれて冷凍パンチを食らわない限り、繰り出しから勝てるようになった。
物理型では受けられてしまうスイクンの後出しを許さないのも、特殊型の優位点の一つなので、最速クラスのスイクンが多い環境なら更にSに割いてもよい。

砂パ役割遂行型

性格:むじゃき/せっかち
特性:すなのちからorちからずく(珠とセットで)
努力値:S252 耐久調整残り攻撃/攻撃or特攻調整 素早さ調整残り耐久
持ち物:オボンのみ/ジュエル/ヤチェのみ/いのちのたま
確定技:じしんorだいちのちから/ストーンエッジ
選択攻撃技:げきりん/とんぼがえり/だいばくはつ/サイコキネシス/ヘドロウェーブ/きあいだまorばかぢから/くさむすび/めざめるパワー(飛/氷)
選択補助技:つるぎのまい/ロックカット/ビルドアップ/どくどく/みがわり

砂の力発動時、対象となる技は威力が1.3倍。攻撃個体値がVであれば、じしんやエッジは無補正無振りでも実数値189相当の火力となる。
タイプ的に砂パが苦手としている格闘ポケのメインウェポンとサブウェポンを流しやすいので、耐久を調整することで場に繰り出し、砂の力を借りて高い打撃を与えていくことを目的とした型。
同じような運用をされるゴルーグやグライオンとの最大の違いとして、特殊技をサブウェポンとして採用することによりより受けづらくすることが出来ることと、無振りでも高い火力を繰り出すことが出来るため、耐久を細かく調整することが出来る。

役割破壊の特殊サブウェポンは、くさむすびorめざ氷が優秀。
くさむすびでかなりの範囲の役割破壊が出来るが、めざ氷があればモジャンボやグライオンなどもまとめて突破出来るようになるため、有用性は高い。

素早さは種族値から考えたら最速推奨だが、明確な仮想的がいるのであれば削って耐久に回すのも良い。
耐性から、多くの場合物理に対して繰り出すので、無邪気かせっかちなら無邪気の方が良いだろう。
ロックカットを使う場合はどこまで調整するべきだろうか。一応少し振れば最速バンギまでは通常で抜けるようになるが・・・

れいじゅうフォルム

れいじゅうフォルムの考察はこの項でどうぞ。

霊獣基本型

スカーフ型

性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さ252or素早さ調整残りHP
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:じしん/ストーンエッジorいわなだれ/とんぼがえり
選択技:ばかぢから/げきりん/だいばくはつ/じわれ

中途半端な素早さを補うためにスカーフを使う型。
特性のいかくと相性のいいとんぼがえりは確定で。

90族をギリ抜ける素早さなのでようき最速安定ではないだろうか
↑90族よりは最速80族↑(バシャ、スカーフトゲキッスetc)意識かなようきの利点は
高い後出し性能から大火力で殴っていくスタンスなのでいじっぱりも普通にありとは思うが

いじっぱりスカーフ逆鱗でもガブリアス確1は厳しい
相手もスカーフなら威嚇込みでも逆鱗で2発で落ちる可能性があるし

おくびょうラティオスのりゅうせいぐんは低乱数1、H20D12振れば確2になる
スカーフを持つラティはれいとうビームを持つこともあるが目安として。


ハチマキ型

性格:いじっぱり
努力値:攻撃252 防御252
持ち物:こだわりハチマキ
確定技:じしん/ストーンエッジ
選択技:とんぼがえり/ばかぢから/げきりん/だいばくはつ

高い繰り出し性能+ハチマキの高火力で相手のサイクルを崩していく型。
スカーフと違いタイマンには弱くなるが、相手の受けを成立させなくするほどの火力が出せる。

努力値はAに割くのは勿論のこと、繰り出す対象である物理を受けるため、B方面にも可能な限り振っておきたい。
「流し際に高火力を打ち逃げ」が目的なので、流せるだけの耐久は欲しい。
サイクル崩しが目的なのでSには基本振らないが、準速バンギや最速ラッキーが近くにいるので、多少振るのもアリ。

火力目安(A特化@ハチマキ)
  • じしん
B特化 ヤドラン 確定二発(割合: 50.9%~60.8%)
187-153メタグロス確定一発(割合: 128.3%~151.8%)
B4 オノノクス確定一発(割合: 109.2%~129.1%)
  • ストーンエッジ
H252 サンダー 確定一発(割合: 117.7%~139%)
H4 ギャラドス乱数一発(割合: 97%~114.6%)※威嚇込で81.3%
  • げきりん
171-115ボーマンダ乱数一発(割合: 99.4%~118.1%)※ガブの逆鱗耐え調整、威嚇込で93.8%
207-142ローブシン乱数二発(割合: 49.7%~58.9%)※99.61%の乱数二発
ガブの逆鱗耐え調整を、高確率で崩すことが可能。

耐久目安
  • 無補正H4B252振り、相手威嚇込の場合
A210ローブシンの鉄拳@ハチマキのアームハンマー乱数三発(割合: 30.9%~36.3%)
A特化オノノクスのげきりん確定三発(割合: 41.8%~49.6%)
A特化バシャーモのランク+1のフレアドライブ確定耐え(割合: 81.8%~96.9%、受けだし際に剣の舞をされた場合)

霊獣ロックカット型

性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 HP252or素早さ調整残りHP
持ち物:ヤチェのみ/オボンのみ/いのちのたま/各種ジュエル
確定技:ロックカット/じしん/ストーンエッジorいわなだれ
選択技:ばかぢからorかわらわりorアームハンマー/げきりん/だいばくはつ/じわれ/めざめるパワー氷

思いついたので実際使ってみた結果、充分強いと判断したので勝手ながら作成。

少ない弱点と耐久の高さに加えて威嚇まで入るので、簡単に積める。
無振りでも一度積めば、デオキシスAフォルムと同速、最速アギルダーまで抜ける。
霊獣ランドロスはスカーフがメジャーなため92族以上のスカーフ持ちに負けるが、
この型は調整次第でそれらをも抜けるのが魅力。
また、スカーフ型と違い、性格を迷うことなくいじっぱりに出来る点も〇。
↑陽気もいいと思うよ、すなかきドリュウズ抜けるのは結構強い

素早さ調整する場合、目安とするなら、
○以下いじっぱりの場合
  • 52振りでスカーフ90族抜き
  • 76振りでスカーフヒヒダルマ、最速サメハダーとメガヤンマ加速1積み抜き
  • 116振りでスカーフムクホーク、最速竜舞1積みマンダ、最速蝶舞1積みガモス抜き
  • 124振りでスカーフガブ抜き
  • 180振りでスカーフラティ抜き(残りの78をHPに振ることで最速ラティの流星群が確2)
これらを参考にして欲しい。

90族には、ランドロスにとってどうしても抜いておきたいというポケモンが特にいないため、個人的にはスカーフ90族抜き調整は推奨できない。
素早さ無振りですべてHPに振ったものと、素早さ116振りのこの2つの振り方が、特に使いやすいと感じた。
スカーフガブラティ抜き調整ならば、技は逆鱗必須だろう。

言うまでもないが、相性補完のため岩技は確定。威力重視のストーンエッジか、怯み狙いのいわなだれかは個人の選択で。
残りの一枠は、ドラゴンに打点を持てる逆鱗、ラッキーやサザンドラ等に刺さる馬鹿力などがあるが、
ロッカ積んで交代させづらいこの型にこれらは使いづらいかもしれない。
素早さが下がるアームハンマーも使い勝手は当然悪い。かわらわりは威力不足が目立つ。
↑グライオンで止まらないために性格を特防↓にしてめざ氷はダメかな?せっかく積んだのに起点にされるのももったいないし特攻も悪くないし。
↑悪くないと思う。ただ、こちらが無振りで相手がH振りだけなら性格補正関係なく確2だから性格は特攻↓で問題なし
↑球無補正無振りめざ氷でH振りグライオンが丁度確一。
球持ち且つめざ氷持ちなら無邪気一択になる。

最速70族抜き@珠で使ってるけど、耐久が足りないと感じることが多かった
それよりも地震読みで出てきた相手を一撃で倒せないことが多かったので、ヤケクソで大爆発入れたらそれなりに使えた。
珠大爆発は、ガブリアスくらいなら一撃で落とせる。

対ランドロス

  • 注意すべき点
けしんフォルム・・・サブ技と併せて範囲が広い上にじわれも使えるので非常に受けにくい。攻撃、特攻共に高い。
ドリームボールから出てきた場合は主に命の珠を持ち、ちからずくを活かした特殊型で攻めてくる。

れいじゅうフォルム・・・特性の威嚇とタイプにより物理に対し非常に高い繰り出し性能を持つ。威嚇によりボーマンダ以上に物理耐久が上がっているので氷の礫や冷凍パンチ一発では倒れないことが多い。相性が悪いと蜻蛉で逃げられるためなかなか対面では攻撃を当てさせてもらえない。持ち物としてはスカーフがメジャーであり、序盤は蜻蛉によりダメージを蓄積させ、終盤になるとA145からの一致地震やエッジで抜いてくる。また、Cが下がったとは言えキノガッサやグライオンピンポイントでめざ氷やめざ飛行を忍ばせている可能性もあり油断はできない。

  • 対策方法
氷技や一致水技で攻めたいところだが、とんぼがえりやスカーフ所持が多いため逃げられやすい。
安定して後出しできるポケモンは少ないが、高耐久水タイプや、ランドロスより早いポケモンが複数居れば問題ない。
こいつに限ったことではないが、とんぼがえりで逃げたあとにはその後続にはほぼ間違いなく水に強いポケモンが出てくるのでランドロス自体よりもその後続に負担をかけるように立ち回りたい。
上から殴る場合は出来れば91族以上のスカーフで対処しよう


覚える技

レベルアップ

BW タイプ 分類 PP
1 とおせんぼう - - ノーマル 変化 5
1 マッドショット 55 95 じめん 特殊 15
1 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
7 ふういん - - エスパー 変化 10
13 おしおき - 100 あく 物理 5
19 じならし 60 100 じめん 物理 20
25 いわおとし 50 90 いわ 物理 15
31 じんつうりき 80 100 エスパー 特殊 30
37 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
43 だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
49 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
55 じしん 100 100 じめん 物理 10
61 すなあらし - - いわ 変化 10
67 じわれ - 30 じめん 物理 5
73 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
79 アームハンマー 100 90 かくとう 物理 10
85 げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技04 めいそう - - エスパー 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技08 ビルドアップ - - かくとう 変化 20
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技23 うちおとす 50 100 いわ 物理 15
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技29 サイコキネシス 90 100 エスパー 特殊 10
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技34 ヘドロウェーブ 95 100 どく 特殊 10
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技37 すなあらし - - いわ 変化 10
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技69 ロックカット - - いわ 変化 20
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技75 つるぎのまい - - ノーマル 変化 30
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技89 とんぼがえり 70 100 むし 物理 20
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘02 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15

教え技

BW2 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考
とおせんぼう - - ノーマル 変化 5
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15
だいちのちから 90 100 じめん 特殊 10
ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
じゅうりょく - - エスパー 変化 5
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
なりきり - - エスパー 変化 10
ステルスロック - - いわ 変化 20
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10
ねごと - - ノーマル 変化 10

遺伝

タマゴグループ タマゴ未発見
性別 ふめい

外部リンク