※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大学の授業も終わり、春休みに突入。
ということで整備。
3月8日、国府台キャンパスでEG6のドラシャ修理をしました。

12時集合でしたが、赤石、志水二人とも寝坊するというありがちな展開で1時からスタート。


新聞紙の上におかれたドラシャを前にオペ開始。
今日はアウタージョイント(ハブ側)の交換、インナージョイント(ミッション側)の組み付けを行います。


インナージョイントは外れた状態です。ここからまずは左にあるアウタージョイントを取り外します。


ブーツの金具を外して・・・


ブーツを外すとグッチョリです・・・


ここで祈りをささげます。うそです。
コンコンやると・・・


アウタージョイントにささっていたシャフトが外れました。漢の表情です。


役目を終えたアウタージョイントくん。この子のおかげでVTECパワーがハンドルを鬼のように切られてもタイヤに伝わるのです。えらい。


新品。


洗浄が楽しすぎて恍惚の表情を浮かべる部長赤石。


シャフトのCリングを変える。


アウタージョイントにグリスを詰める。


アウタージョイントにシャフトを挿す。


ブーツを付ける。


赤石がストレートで買った一度やったらやめられないというブーツバンド巻きでバンドを締める。コンビーフが食べたくなる。


完成。


今度はインナージョイントです。ここに組み込んでいきます。


で・・・完成。全長50cmの村田基もびっくりな大物ですねぇ。
二人ともグリスに侵され途中経過が撮れないという、シャブあるあるに陥る。

この後もう一本も直して、帰路に就いた自動車部でしたとさ。