ああ~あき

【あ】 キャラクター 「ハル編」
主人公。「ヘソゴマりゅう剣法」の後継ぎ。
跡継ぎにふさわしい力を得るため、15才の誕生日に「カウパせんせい」を訪ねる旅に出る。

【あ】 作品 ツクール1
101の一本目。なかいでさん投稿作品3本目。
他人ツクールシリーズ最短の題名。
水没系。イベントがあるマップまで初期位置を移動させて続行した。

【あ】 NPC モンスター 「アユラは」
「ヘソゴマどうじょう」の道場主。シングル5回戦の相手。
料理修行に来ていた関係で、ハルとは親しい間柄。
原作の頼りない姿とは大違いの、ヘソゴマ流を使いこなす実力者。
作者こなさんによると、
「リメイクには、ハルは出ても彼は出ないことが多い」
という意見を見て登場させたらしい。
「ハルの トムヤムクン『あじ』 いまでもわすれられないよ。また つくってくれよな!」

【あ!!】 用語
ツクール1で、呪文を忘れた時に表示されるメッセージ。
単体で出た時はただの間抜けだが「Lv99の罠」時は恐怖の象徴となる。

【あ?おれ?ポカリのんでた!】 名言
正確には「あ?おれ?ポカリのんでた!
なんだかわかんねーけどおれもつれてってくれ!」。
「マコトの剣.II」初回で、主人公との約束をすっぽかした友人のセリフ。
そのあんまりな理由が大ウケし、以後、何かが遅れた時に言い訳として使われる様になった。

【ああ】 キャラクター 「死竜編」
パーティーの先頭にいたキャラ。
他のメンバーは「いい」、「うう」、「かき」
全員、大量の呪文と強力な装備を身に付けた優秀な冒険者。

【あああ】 キャラクター 「いせかいからの魔剣士」
初期状態の操作キャラ。透明。
姿は見えないが、あらゆる人に気配察知されて会話が成立する。
以下、姿が見えないのに会話が成立する事を説明した職人の字幕。
素体留守:すたい・るす
かつて奥州の山奥にて修験者が使用したとされる奥義
思念を体の外に飛ばす事によりあたかも幽体離脱の如く
“素体”を離れる事が出来る技である。
修験を乗り越えたものは思念を周囲に感じさせずに隠密までも
こなす事が出来ると言われているが、未熟な者は他者に空気の流れや
本来あり得ぬ匂い等から存在を感じさせてしまう。
なお、現在レーダー等に映らない技術をStealtn(ステルス)と言うが
この語源は先の素体留守から来ているのは皆、お解かりの通りである。
-民明書房『ねじ曲がった時空』

【ああああ】 キャラクター 「キネマ編」
主人公。伝説の勇者…役の俳優。
まだ演技力が足らないのか、監督にこっ酷く叱られる。

【アアアアアアア】 セリフ 「パーカー編」
最後のセリフ。無限に続くパーカーの叫び。

【あああああ編】 作品 ツクール1
@ハルさんPart14の二本目。無題のため通称のみ。
唯一設定されていた「あああああ」が荒野を行く。
【あああ編】 作品 ツクール2
夜勤明け12の一本目。無題のため通称のみ。
主人公あああが、「なにもないだな、これが。」な大陸をひたすら歩く。

【あああミカエル竜剣士】 作品 ツクール2
すーさん#91~92の作品。
謎の男ミカエル。彼の行く手には死体の山が築かれる。

【アーウィン?】 キャラクター 「ポケモンゲットだぜ!!」
3面と5面のボス。
配色はかなり違うが、シルエットは「スターフォックス」のアーウィンに見えなくも無い。
3面では、黒いうみにんの様なオプションを伴ってくるが、戦闘力は低い。
5面で真の戦闘力を発揮し、単機で弾幕を張ってくる。
6面では量産化されてザコとして登場。

【ああ こじまよ えいえんなれ】 作品 ツクール1
Part004の二本目。制作者 T.KUNIYASUI氏。
母親にどてっ腹を貫かれた踊り子の、断末魔の夢。

【アーガス】 キャラクター 「ゴッドバスター」
主人公。「ウォークレッドの村」の青年。ライス型。
初期LV10で初期装備は『のこぎり』。
世界中の獣がモンスター化した原因を探るため、世界を回る旅に出る。
セリフは下記の一言だけ。
「これじゃこれより前にはすすめないな…」

【アーサー】 キャラクター 「アーサー編」
主人公。「ウインディア」の王子。
起床早々、父王に呼ばれて階下に降りるが、そこには誰もいなかった。
「へいへい、分かったよ!すぐ行くから!」

【アーサー編】 作品 ツクール2 「アーサー編」
スラストさんpart5の作品。無題のため通称のみ。
シナリオ、マップ ひろゆきさん。氏、スペシャルサンクス いろんな悪魔氏。
退屈な日々を過ごす王子が、起床した姿を描く。

【アーサ王】 キャラクター モンスター 「アイラ編」
「アーサ城」の王。アイラの父。
冒頭で舞踏会の中止をアイラに伝える。
城炎上後の行方は不明。
使用目的不明だが、敵キャラ(イベント敵0番)として設定されていた。
「アイラ、あすのパーティーは、ちゅうしになった。へやでおとなしくしてなさい。」

【アーサ城】 地名 「アイラ編」
スタート地点。アイラの居城。
アイラが抜け出した後、何らかの原因(魔神が関係しているらしい)で炎上し「ザベる」。

【アーサ城炎上】 用語 「アイラ編」
「アーサ城下」で司祭に話しかけると発生する。
振動と共に画面が赤くなり、城の炎上を伝えるメッセージと同時に外へ放り出される。
城に触れて「ザベる」まで、司祭に話しかける度に同じ展開が繰り返される。

【アーサ城下】 地名 「アイラ編」
「アーサ城」の城下町。
アイラの部屋の隠し通路を出た先。
北側にいる司祭に話しかけると「アーサ城」炎上イベントが発生する。

【アーシェン】 地名 「戦士たちのレクイエム」
スタート地点。
ベッドスタートバトル前後で、町内の雰囲気がまったく違う。

【アースクリスタル】 アイテム (ヤ)「聖魔幻戦(リメイク)」
4大宝具の一つ。フェアリーは、転生石と呼ぶ。
アースクリスタルは、大地の力を持ち傷を癒す効果がある。
戦闘中のみ使用可能だが、何回でも使える。唯一の全体回復手段。

(注)同一ターンで複数のキャラが使用可能。
多用しないと戦い抜くのは困難。

【あ~ちんかす】 作品 ツクール2
スラストさんpart29の作品。
シナリオ べんじょうさん氏、マップ ぺべんじょうさん氏、スペシャルサンクス ちんこ氏。
毎日ちんかすを取り続けている職人。彼に人生の分起点が訪れる。
実にたにツクらしい「しゅーる?」な内容。

【アーデリア】 キャラクター 「ルナル・サーガ」
仲間。エリー型。原作の「アーデリア・ラプナ」か。
「リャノ神殿」の司祭とカウンター越しに話せば仲間に加わる。
「きっとつくった人がバカなのよ。」

【あーねさん】 人物
たにツク派生実況者。

【アーバイン】 キャラクター 「DAIOH GALE(すーさん02)」
1面ボス。元ネタは「バハムートラグーン」に登場する敵将。
他に比べて丁寧なドット絵。

【ああ無限編】 作品 ツクール1
#32の作品
。無題のため通称のみ。
水ぼt…と思ったら、自動実行で無限に移動し続けて操作不能。
複数の自動場所移動を削除して初めて全貌が明らかになった。
『全貌』能力MAXの「ああ(ライネス型)」が、
能力ALL9999の「ほった(ガルム型)」を倒すとEND。

【アール】 キャラクター 「RPG」
主人公。
故郷の裏山の絶壁で、最強の戦士になるため旅に出ることを決意する。
ツクール1の「公式ガイドブック 入門編」に登場する、
案内役の同名キャラとの関係は不明。
「おれは、たびにでる。いまよりも、もっとつよくなるために。
そして、さいきょうのせんしになるために!!」

【アール】 キャラクター 「R」
主人公。ある島に暮らしていた少年。アルフ型(6番)。
突然魔族に襲われて三途の川に飛ばされ、カロンから「魔族に体を狙われている」事を知らされる。
蘇生後、カロンに「オーブを集めろ」と言われて旅立つ。
平均的な能力と回復・攻撃呪文を持つ。
少々打たれ弱いが、武器と呪文のおかげで安定したダメージを与えられる。
体を狙われる理由は作られていた範囲では語られなかった。
「あー、よくねた ……いえにかえるか。」

【アールの祖父】 キャラクター 「RPG」
複雑な家の内部をうろついている。
孫の旅立ちを快く送り出す。
「そうか、じゃぁたっしゃでな。」

【アールの町】 地名 「RPG」
旅の途中で立ち寄ったように思わせて、実はアールの故郷。
どの建物も無駄に広く、複雑な構造。
フィールドには出られるが「なにもないだな、これが。」だったようだ。

【あい】 キャラクター 「へいわなせかいとは、なんなのか・」
ヘロ…ヒロイン。
「マコトの剣II」のエリーとは、ちょっと違うタバコの愛煙家。
敵対する相手には、実の兄だろうと『つば』を飛ばす。
「ありがと!はやく、きまりたいね!」

【アイ】 キャラクター 「SUPERオリエRPG」
タロウの恋人?
タロウの亡骸の前でひとしきり泣いた後、何処かへ走り去ってしまう。
その際、イヌオオカミに姿を変える(正体なのか、魔王によって変えられたのかはよく判らない)。
「タロウ」と「アイ」の元ネタは、
歌謡曲「愛ちゃんは嫁に」の歌詞からか?(そうなら、ますます作者の年齢が)。
「たろうくん!!!」

【アイウ】 作品 ツクール1
#59
  • 61の作品。制作者 カズミネ氏。
水没系。タイトルのアイウは、呪文や敵にもつけられていた。
各種名称から「DQ7」以降に作られたと思われる。
ROMは、#59で端子クリーニングの実演に使われた。

【アイシャ】 キャラクター 「LIGHTBRINGER」
「ルギールブ」の少女。非ポニテ。
カレンと一緒にカリオス一行と戦い、返り討ちにあっていた所をセシル一行に助けられる。
傷は軽症で、助けられた翌日、セシルに志願して仲間入りする。
カリオスに家族を殺され、兄とは生き別れていた。
「地木の洞窟」で、ジューダスが兄であると気付き、セシルの攻撃から兄をかばって死亡する。
「 ……おねがい…、かれを……にいさんを……殺…さ…ないで……。」

【あいじょうのかず】 アイテム 「REAL REALITY」
かんごふの主人公に対する好感度(?)。
彼女への受け答え次第で増減する。
多いと「かんごふEND」を迎えたりする予定だったのだろうか?

【アイス】 呪文 「BLADE MASTER」
トリポが唯一覚えていた呪文。サンプルデータ。
トリポの最大MP11に対して、消費7とかなりの高コスト。

【アイス】 操作キャラクター 「ザベルは何処へ消えた?」
「ライスの世界」の住民。「不動産屋」。
乗っていた飛行船が墜落し、ゴボウ山へ向かったパーティーと出会う。
彼女のワープで「チバ城」へ向かうが、座標を誤って「オダイバ」近辺に飛んでしまう。
攻撃と上昇率の高い攻撃強化魔法を覚える。魔法使い系で最も重装備が可能。
ココとの仲が絶望的に低い。ただし『イベント戦では逆転して強烈な補正になる』。
ごろうとは相思相愛。サイカを気に入っており、逆にユウタとトマコが気に入らない。
「16243348だけど?」

【アイス】 モンスター キャラクター 「LEGEND LOVE」
「氷の城」の王子。
他の王子同様、シャチと戦った後、過去に飛ばされる。
状況が変化すれば、さっきまで敵対していた相手にもきちんと対応する、冷静な性格。
過去世界を巡った後、「魔の館」でライトと合流する。
ルシファー討伐後、「カナダ村」の『9才の少女』と結婚して国を興す。
ひ孫が物心つくまでは健在だった模様。
「じつは、ぼくもこの世界に、のころうと… カナダ村に、すきな子が…」

【アイス(子孫)】 キャラクター 「LEGEND LOVE」
アイスの子孫。「ドルフィン城」攻略中に出会う。
元の現代のアイスに相当する存在だが、別人。
「えっ!なんで ぼくのなまえをしっているのですか?」

【アイス.ティー】 キャラクター 「キューブ・クエスト」
「北のやま」の麓に住む、3姉妹の長女。不動産屋さん。
イヤンが城のローンを支払わない事に怒っており、
敵に捕まったパンナと交代する形で、ライス達の仲間に加わる。
能力・取得呪文ともに、ほぼパンナの強化型。
名前どおりクールで、ややキツめの性格。でも、イケメンには弱い。
大人の女性的な雰囲気を漂わせているが、実はまだ18才。
第1回ヒロイン投票では、74票を獲得し7位入賞を果たした。

【アイスキャッスル(氷の城)】 地名 「ルナル・サーガ」
フィールド北側の山岳地帯にある。
『いんぐりっしゅ』好きな住民が暮らす(多分)原作外領域。
北西側の宝箱を調べると「タイムスリップ」して
「氷の城」へ移動するが、特に意味はない(地下の宝箱を調べると現代へ戻る)。

【アイス軍団】 キャラクター 「エンド.オブ.デイズ」
「がっこう」一階中央のフロアにいる、アイスグラの集団。
  • カウンターに置いてあるAランチ、Bランチから、
学食で働いているおば…お姉さま方と推測できる。

【アイスソード】 アイテム (ヤ)「聖魔幻戦(リメイク)」
ゲセンツの洞窟に保管されていた4大宝具の一つ。
ゲセンツで悪事を働くモンスターを退治した報酬として、村長から貰い受けた。
その後、ガラハドに奪われてしまう。

(注)原作でのチヌークの初期装備。
ガラハドに「殺されずに うばわれた」のを「殺して うばいかえす」。
  • 威力は高いが命中が低く、防御も低下するため、スキル「集中」との併用が好ましい。

【愛すべき者たち】 アンケート
他人ツクールシリーズに登場したモンスターの人気投票。
開催期間09/11/02~11/30、投票数:2104票、項目数:127。
開幕からトップを独走していたガダマンクスが242票で優勝。
終盤追い上げたとしえは、239票と僅かに及ばず2位。
派生作品では、107票で6位を獲得したランパオパオ「聖剣戦(ツクール屋さん)」が最高位だった。

【アイスランド】 地名 「F・DえいゆうせんきII」
最北端の島の一つ。雪に覆われた島。
入り口で城に帰るよう促される。

【アイズワカマツ】 モンスター 「REAL REALITY」
「ふくしま」に出現する。ミノタウロス型。
ご当地モンスターその2。
「ヅ」ではなくて『ズ』なので、「Eye’s」説がでた。
倒すと回復アイテム「ぎゅうにく」を落とす。

【アイセンのまち】 地名 「だいちの(略)編」
本作品の舞台となる町。

【相田麻那】 キャラクター
PS2ソフト「SIMPLE2000 Vol.34
THE 恋愛ホラーアドベンチャー ~漂流少女~」(通称『漂流(少女)』)の登場人物。
主人公の幼馴染。
「強気で世話焼きだけど、お化けは苦手」というわかりやすいキャラ。
親友の萌里が主人公を好きなのを知っているので、お膳立てしようとする。
特技は「応急手当て」。

【アイテム実名システム】 システム 「ファイムルえいゆうき」
世のRPGの多くが採用しているシステム。
旧版では原作同様「アイテム匿名システム」が採用されていたが、
「DQ式」ならともかく、本作の様な「FF式」では辛いと判断されたのか、
完全版において実名表記するように変更されている。

【アイテムショップ】 地名 「FF8?編」
宿・商店・セーブポイントが一まとめになった施設。
単独の店舗が存在する他、建物内にテナントとして入っている場合もある。
担当ごとに同一キャラグラが使われ、アイテム売り場は全員名前が違う。

【アイテムショップ(かじボーン城前店)】 地名 「FF8?(リメイク)」
「ラムルーアどうくつ」と「かじボーンの城」の間にある。
本編には登場しない、幻の支店。
道具屋はファルミアで宿屋はラーシィ。

【アイテムマチ】 地名 「エメラルドドラゴン」
「ぼうぐまち」の南にある。道具屋のみ。

【アイテム欄がいっぱいだと捨てられる】 システム
ツクール1の仕様の一つ。
全員のアイテム欄が一杯の時に、イベント命令で
アイテムが増えると、物を捨てるよう強制されるのだが、
その時だけ、捨てられない設定をした物でも
捨てることが出来てしまう、という現象。
中村がファイムルソードを捨てたときもこの状態であった。
ツクール2以降は、アイテムを共有するシステムになったので、発生することは無くなった。

【愛と幻ファンタジーI】 用語 「GOKINJYO STORY」
なぞX作のゲーム。略称『アイファンI』(命名ジウリィー)。
魔王に挑む勇者の冒険。この作品で最大の見所。
テキストのみの画面で選択肢を選んで進めていく、ゲームブック形式のイベント。
途中で入手した経験値とお金、アイテムは全てジウリィーの物になる。

【あいのす】 地名 「オパン3せい」
スタート地点。オパンとみねこの愛の巣。
2代目オパンの墓(骨壷)もある。
他者に邪魔されないため、看板でカムフラージュしている。

【アイラ】 キャラクター 「アイラ編」
主人公。「アーサ城」の姫。
どこぞの姫のような、30番→3番のグラ変化を見せる。
楽しみだった舞踏会の中止がきっかけで城を抜け出し、
城下へ遊びに行った所、自分の城が炎上するのを目撃する。
街に現れたユータから身の危険を知らされ、目的も分からぬまま旅へと出る。
世間知らずで純粋無垢。
知り合い&下に服着用とはいえ、異性の前で
ドレスを脱ぎ捨てる辺り、まだまだお子様。
「おねがい、おねがい、おねがーーーーーーい。」

【アイラ編】 作品 ツクール1
すーさん#89~90の作品。無題のため通称のみ。
些細なワガママから城を抜け出したお姫さま。
それは彼女の人生を大きく変える「ぼいけん」の始まりであった。
全体的にセリフや演出が幼いものの、フラグ管理はある程度まとも。

【アイリスの宿】 地名 「~Fairy Tale Story~」
「イソップの町」の宿。
同町の悪徳宿エンパイアに放火されそうになるが、猫の一行の活躍で事なきを得る。

【アイリスの宿の女将】 キャラクター 「~Fairy Tale Story~」
「イソップの町」で亡き夫の宿を守っている。
「茶屋」で悪徳宿の子分に絡まれていた所をニーナに助けられ、自分の宿に招待する。
「いつでも 好きに使っていいからね」

【アイン】 キャラクター 「アランドラ」
主人公。
世界一の剣士を目指して剣神トーレスの元で修行していたが、
謎の男に師匠を殺され、敵討ちの旅に出る。

【アイン】 操作キャラクター 「ザベルは何処へ消えた?」
「アランドラ編」の主人公。「剣術士」。
原作通り、師匠の敵を討つためジョーカーを追う。
メインシナリオでは、モラリス村長によって牢屋に入れられた所を、
アトラス達に助けられて仲間に加わる。
仲間入り後は、アトラスと無口キャラが被るため普通に喋る。
全体的に能力が高く、単体戦闘では最強。
攻撃魔法を覚えるが、MPが低いため多用しにくく殴り専門。
『協調性が欠け気味で、全体的に友好度が低い』。
一部のキャラから強烈に嫌われているため、
ずっと一緒に戦わせて仲を取り持ってやるか、
バーナルやローリーでフォローする必要がある。
(もっとも、肝心のローリーに嫌われているが…)
  • 剣士キャラに興味があり、他流試合を挑む事もある。
特に「一流剣士」のごろうには、尊敬に近い感情を持つ。
「あ、ありなのか……それは」

【アインシュタイン】 モンスター (31・11:58)「ニュートンVSはしもとそうり」
四天王その1。マップやまうち型、戦闘首長竜型。
四天王はニュートン達と対を成しているのだが、
まともにライバルと言えるのは、彼とニュートンだけだったりする。
「へへ…よせよ… ホームズとマープルとコゴローによろしくな…」

【あうあうあうあう・・・・・・?!】 作品 ツクール1
トリポッポさんpart18の二本目。製作者 ひらまつしょうご氏。
ライネス系。無改変でこのタイトルをつける謎。

【あうくん】 キャラクター 「カネモチコものがたり 2」
「ビルセイアタワー」内をはいはいしている赤ちゃん。
話しかけると次のフロアへ移動させてくれる。
「つぎのかいへいく?」

【アウチー】 キャラクター 「なめるのもいいかげんにしやがれ!」
主人公。ライネス型。
「ライゴットのむら」に流れ着いた謎の男。王族にも名を知られている。
途中で旅の目的(ムドー退治)は判明するが、素性は謎のまま。

【アヴドゥル】 モンスター キャラクター 「ジョジョのきみょうなぼうけん!?」
スタンド使い。「モハメド・アヴドゥル」。
詳しい設定はファンサイト等を参照されたし。
マップではミミズク型。戦闘時はローブ魔術師型。
承太郎と共にデュオ打倒に出発する。
「ほのおにやかれてしぬのはくるしかろう、そのたんけんで、じがいするといい…」

【あおいイナズマS】 呪文 「SUPERオリエRPG」
オリエがLV3で覚える。
消費MP5で単体50のダメージ。
元ネタは「野球選手の異名」ではなく、たぶん「歌」の方。
LV5で「L」を覚える。

【あおおに】 モンスター 「城こわし」
「サンタースの町」周辺など出現する。オニ型。
突進による1撃は、しゃれい化後でもかなり痛い。

【アオキ ヨシヒロ】 キャラクター?
『オウム』のコードネームを持つ国際指名手配犯。25才。
目的は不明だが、中学校と電車に爆弾を仕掛ける。

【あおぞらのむら】 地名 「神剣-CLOSEMIND-」
スタート地点。アルスの暮らす村。
無敵のはずのアルスを上回る強敵が存在する。

【青ねずみ(50m)】 モンスター 「ファイムルえいゆうき がいでん」
ネズミ型モンスター「パビックラット」の通称。
見た目がファイムル達の強さと釣り合っていない理由を、
佐藤さんが「50メートルぐらいあるんじゃない?(遠近法で小さく見える)」
と答えた事がきっかけで、こう呼ばれるようになった。

【アオリン】 キャラクター 「カネモチコものがたり 2」
ミツルの同僚。「はいな」が口癖の天然系の女性。
ミツルに好意を寄せているが相手にされず、「アホリン」とバカにされている。
VAKAたちが行方不明なった事を知らせるため
「ミルディア」まで駆けつけ、ミツルに2300G『支払って』仲間に加わる。
「ビルセイア城」で捕まった後、パーティー編成で最終メンバーに選ばれた。
「だからはいなもしごとのてつだいするです。 はいな。」

【赤い竜(竜炎神)】 地名 「ファイムルえいゆうき」
「竜の城」にいる「りゃう」の神。
原作同様、ファイムル達に試練(二手に分かれて4匹の竜と戦う)を与え、
乗り越えると「バーニングサンクリスタル」「ファイムルソード(真)」を授けて
「時空城」まで転送してくれる。
「時間がない 早くディブライザーを倒すのだ!!」

【アカオ】 キャラクター 「『アサイ ナガマサのやぼう』」
アサイ家の家臣。「赤尾清綱」。
攻撃が得意だが守りが弱い。
「わたしたちは、わかさまにしたがいます。」

【アガシュ】 キャラクター 「魔術士オーファン編」
ルーセントの友人。上級魔術士。
同年代ではルーセントに次いで優秀。
「お金持ちの家」に魔もの(マティアラ)が出現した際、数年ぶりに再開する。
学院で鍛錬を続けた結果、オーファンよりかなり強くなっていた。
「ちがうよ、ルーセント。 あれは マティ『だった』ものだよ。
りせいをもたないただの けものだよ。」

【あかずのかぎ】 アイテム 「魔法剣をもとめて」
「たびだちの村」に住む老人の先祖が「そうこ」に隠していた。
用途不明。最後まで使わなかった。

【あかずのま】 地名 「A TEST QUEST」
「アスガル城」地下2階。
「ミズガル城」に続く長い地下通路の入口。
入口を塞ぐ扉は『ショートボウ(武器)』所持で開く。
説明は一切ないが、ここから「ミズガル城」に行かないと話が進まない。

【赤ちゃん】 キャラクター 「ドゥ.アト」
孤島に住む夫婦の一人息子。
喋る。というか、他人ツクールシリーズの赤ちゃんは大抵喋る。
「ガキだとおもって、なめんなよ!」

【あかちゃん】 キャラクター 「アンディ編」
「ラミールの町」の民家に一人でいる。
殴ると不気味に笑う。
「ブキミにわらっている…」

【あかのオーブ】 アイテム 「ちょうしにのるきくちのぼうけん」
ジャバオを倒すためのアイテムの一つ。
これを手に入れると、女王が次の目的地を教えてくれるはずだったのだが…。

【アカネ】 キャラクター モンスター 「でんせつのモンブラン」
パパス王亡き後、魔界を統一して圧制を強いる幻魔士。
『幻』の肩書き通り、世界各地に幻の建物を作り出している。
本編ではOPに名前が出るだけで登場しない。
モンスターとして、「アカネダッシュ」、「スーパーアカネ3」が設定されていた。
エディット閲覧で「魔王の城」内部にいるのが発見されたが、
片言なセリフで意味不明な質問をしてくるだけだった。
「キミハ.ヒロシデハ?!   オオ!!」

【あかふんセンセイ】 モンスター 「カツオくんの戦で魔王を こてんぱにしよう♪のマキ」
リザードマン型。設定のみ。
改変者考案の可能性が高そうだ。

【赤モノリス】 キャラクター 「DAIOH GALE(すーさん01)」
1面ボス。横向きで赤色のモノリス。
微弱な弾幕で攻撃してくる。

【アガルタの町】 地名 「GLORIA」
「カルバレロラリル」の西にある。
ここのRDFとは戦闘にならない。

【アキ】 キャラクター 「アルブルズサーガ」
主人公。
妹ミアをとても大切にしているが、シスコンという程ではない。
妹と共に異世界へ召喚され、救世主候補として
「フローリアス学園」で教育を受ける事になる。…ようだ。
「あ~ミアクン。すこしおちつきたまえ。キミまたミアってる・・」

【あきこ】 キャラクター 「ごはん編」
宿題のため「西の町」へ来ていたローリーの同級生。
マッサージが得意。
第1回ヒロイン投票では、2票を獲得し同率34位。
「あら!もうこんなじかんなの! がっこうへもどらないと!」

【あきこ】 NPC 「ザベルは何処へ消えた?」
ローリーのクラスメイト。原作と違い仲間には加わらない。
「西の村」へ迎えに行った後、学校と共にザベる。
チャレンジマッチの「リストラ組の逆襲」のメンバーに入っている。
「ああ、せんせい怒ってるかな~?」

【あきしょさん】 人物
たにツク支援者。
リメイク作品「あのあんこく死士ものがたり」を制作していた。
公開されたツクール1・2の耳コピmidiは、リメイク版制作者の宝。

【あきのり】 キャラクター 「WORLD」
主人公。ライネス型。
王様から世界中のモンスター殲滅を命じられ旅立つ。
基本値は仲間と同等だが、初期LV99のため戦闘ではほぼ無敵。
あまりの難度に前の持ち主がLVを増やしたと思われるが、その行為にありがたみすら感じられる。

【アキバの村】 地名 「NAOKIN QUEST 2」
「ナオキの小屋」の北にある。
マメ泥棒(ナオキ達)に困っているが、ナオキを一切疑わない。
パーンの攻撃を受けた後、この町で目を覚ます。

【アキラ】 キャラクター 「シッタカファンタジー」
主人公。「涼村 暁」。
私立探偵で、(一応)正義のヒーロー「シャンゼリオン」。
原作同様のお気楽な性格で万年金欠。
はやみの提案で、悪の皇帝「くろいわ」の財産を狙って旅立つ。
キャラに「シャンゼリオン」も設定されており、OPでも「燦然」しているシーンが確認できる。
「あー…ハラへったな はやみ。」

【アキラ・ジェダルーク】 モンスター キャラクター 「ENDLESS EMOTION」
三兄妹の長男。クロスナイト。18才。
反乱軍に先駆けてゾベルド大陸へ移動し、
「カゲオウジの城」で情報入手後、城を爆破しようとしていた。
昔、恋人同士だったチサトが反乱軍に参加している事に悩み、戦闘になっても攻撃するのをためらう。
「マテルリア城」で戦った後、兄妹達と袂を分かち反乱軍に参加した。
パーティー編成時の問いかけとデューの答えは、
小説版「ガンダムW」の登場人物達の会話が元ネタになっているようだ。
三人で戦い抜いて来られたのも頷ける、攻守共に高い能力を持った即戦力。
戦後、剣を捨ててチサトと共に暮らす。…が、弟と妹が家に転がり込んで新婚生活を邪魔される。
(ジュン…ハルナ…すまない… オレは はんらんぐんとして…チサトをまもるために戦う!)

【あきら編】 作品 ツクール2
ゆうぢさん8の六本目。無題のため通称のみ。
冒頭のテロップ「あああ」を除けば、設置されていたイベントは場所移動だけだった。