本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:17/03/26 MSM-07S(ズゴック)さん追加

- 

中古のRPGツクールをプレイするオフ会

【BLUE SAPPHIREII だいてんしのさばき】 作品 ツクール2

  • シナリオ M.YAZAWA氏、マップ OGATA,KURIHARA氏。
  • 1997 PRODUCED BY マーちゃんと ゆかいななかまたち
+ スタッフ
  • 前作の戦いから10年後、人間に興味を持った魔界の王アスターロートは、人間を知るため地上に出た。
  • 様々な神話を混ぜた世界観が特徴。イベント演出の技術は高い。
  • 複数データによる連作 *1 だったのか、ほとんどセリフだけの第1章でENDを迎えた。

【BLUE SAPPHIRE I】 用語 (07:30)

  • 前作のあらすじ。床にある本を調べると見られる。
  • 6分のOPが終わって操作可能になった直後に存在する、4分半の自動実行イベント(こちらは任意だが)。
  • 場面の取捨選択が独特なため、肝心な所は何もわからない。 *2


【幻の剣が剣士をうらぎりヘッドそのときAITSUは死んでた】 作品 ツクール2

  • シナリオ としこは、幻をみた氏、マップ としおは、さされた氏、スペシャルサンクス としろうは、もくげきしゃ氏。
  • ばばぁに謀られっぱなしのライアン。
  • 中身はタイトルほど長くなかった。


エクと愉快な仲間達さんのたにツク動画

【正宗編】 作品 サウンドノベルツクール

  • 中古で買って来たサウンドノベルツクールを実況の作品。無題。
  • 女子と旅行に行くチャンスを逃す高1の夏。


【シ゛シンサク ヨ】 作品 音楽ツクールかなでーる

  • かなでーる 『自信作よ』 を きいてみた 【実況?】の作品。
  • 作者の「自信作」が紹介された。 *3
  • 他に見えた曲「エエイ」「ココハト゛コタ゛」「001ハ゛ンケケ」は紹介されず。


午前零時さんのたにツク動画

  • シリーズ名とpart数がないため番号は仮。

【FATE(1)】 作品 ツクール1 (04:20)

  • 初回の一本目。ライネス系。LV99になっていた。


【ぷ(仮)】 作品 ツクール1 (09:39)

  • 初回の二本目及び二回目の作品。命名 午前零時さん。
  • 城の中にイベントがとりとめなく配置されていた。


【ラルフ編】 作品 ツクール1 (11:58)

  • 初回の三本目。水没系。ラルフの水走り。


【FATE(2)】 作品 ツクール1 (14:34)

  • 初回の四本目。
  • 「といめいにんげん」が魔物と戦ってもいいかな? いいともー!


【はなげじま編】 作品 ツクール1 (17:48)

  • 初回の五本目。水没系。浮かぶ「はなげじま(ドワーフ型)」。


【DEVIL BASTER】 作品 ツクールGBA (18:43)

  • 初回の六本目。作者 Tooru TAMADA氏。
  • 王の命令で魔界の悪魔復活を目論むリオデザンボ王の説得に向かう、王宮の剣士アベル。
  • 続きはニコ生でプレイされた模様。


【チュートリアル ~おつかいクエスト~】 作品 ツクールGBA (23:50)

  • 初回の七本目。おつかい系。プレイの名残の追加データが残っていた。 *4


【STAR SOLDIER】 作品 デザエモン

  • 三回目の作品。
  • 同名ゲームは即座に忘却され、動画は「エロスの殿堂」で染まった。


【HID】 作品 デザエモン (08:27)

  • 三回目の二本目。
  • ニコ生での上記作のプレイをためらってこちらに変えたが、すぐに戻った。


【ロマンチックSAGA】 作品 ツクール2

  • 四回目の作品。題名は作品内で表示。
  • 英雄の子孫サガは、偶然落ちた穴の中で木の精霊ユグドラシルと出会い…。
  • 「FF」「聖剣伝説」「スレイヤーズ」「ドラえもん」等の影響を感じさせる一方、「ロマサガ」要素は題名のみ。
  • 『冒頭で正体をばらされる』記憶喪失ヒロインも特徴的。 *5


【実況】初心者ツクラーがツクール狩りしてみた。【SFC】

【タカトシ編】 作品 ツクール1 (04:41)

  • PART.01の一本目。無題。水没か!


【『オヤジをもとめて!!』】 作品 ツクール1 (07:24)

  • PART.01の二本目。作者 トライアングルうえだ氏。
  • 普通じゃないごく普通の子供『ホネッコ』。そんな、ごく普通の少年のごく普通の物語。…終わり。


【クラウドのだいすいぼつ編】 作品 ツクール1

  • PART.02の一本目。無題。
  • 水没系。「FF7」のキャラが沈んでいた。


【しょういち編】 作品 ツクール1 (02:54)

  • PART.02の二本目。無題。水没系。


【CREATION HEABEN】 作品 ツクール1 (02・05:52)

  • PART.02~03の作品。作者 みの氏。
  • 魔物が跋扈する自分の城で、兵士と一勝負して屠られる、作者の化身ミノ様。


【ファイナルファンタジー0】 作品 ツクール2 (02:15)

  • PART.04の作品。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス KOUJIROU氏。
  • 孤島でアクエリアスやエロスと戦う「FF零式」。


【ヤスノリヒロ編】 作品 ツクール2

  • PART.05の一本目。無題。
  • 無人の町にいたヤスヒロとノリヒロ。呪文は「DQ系(ピオリム・ボミオスなし)」。


【さいきょうのAVだんゆうへのみち】 作品 ツクール2 (05・04:56)

  • PART.05~06の作品。
  • 題名通り、 中学生LVの 下ネタが設定されていた。


【だからそのてをはなして】 作品 ツクール2

  • PART.07の一本目。
  • 「いなば」さんの無限説教。B'zの楽曲名の呪文が数点あった。


【寺田憲史サウンドノベル劇場 森の樹に棲む妖精(ニンフ)】 作品 サウンドノベルツクール (06:32)

  • PART.07の二本目。
  • サンプル改変。タイトルのコピーライト表記が誰かの生年(月日なし)に変わっていた。


【瞬獄殺編】 作品 サウンドノベルツクール (12:14)

  • PART.07の三本目。
  • 一瞬の暗転後に転がるツクールの死体。


【絶命奥義編】 作品 サウンドノベルツクール (14:29)

  • PART.07の四本目。
  • 一太刀で転がるツクールの死体。


【えがしら2:50ぱぱになる!?】 作品 ツクール1 (07:37)

  • PART.08の一本目。作者 えがしらのかんぞう氏。
  • 水没系。「えがしら2:50(敵・トロル型)」と「エガシラバスター(武器・攻9999)」が設定されていた。


【--FOREST GREEN--】 作品 ツクール1 (08・10:23)

  • PART.08~09の作品。
  • 「きらのせいれいおう」きらちゃん(オリエ型)の、「ふうじゅ(ベッド)」を探す旅。


【MuthaFucka】 作品 デザエモン (01:04)

  • PART.10の作品。MUSIC・THANKS 解読不能(横向きのバイクとベルっぽい物体)。
  • 空飛ぶバイクの破壊活動。
  • 自機などの一部グラは自作。他は色が変更されたサンプル。


たにツク動画に触発されて他人が作った中古RPGツクールをプレイ

【たたかえやうしや】 作品 ツクール2

  • 初回の作品。シナリオ まおーをたおせ!?氏。
  • 旅立ちを決意した「なおき タカシ」君。友人達も力ずくで連れて行こうとするが…。


【ルイスのだいぼうけん@】 作品 ツクール2

  • part2の作品(@はハートの記号)。
  • シナリオ レックス.キング氏、マップ クリス.バード氏、スペシャルサンクス ミートホープ氏。
  • 珍獣ヒナドリの毛皮でパンツを作るため、パンツ職人(兼マニア)のレノックス.ルイスが旅立…てない。 *6
  • スペシャルサンクスなどから、比較的最近(2000年代半ば以降)の作品と思われる。


【ドラクエ】 作品 ツクールDS

  • part3の一本目。下と同一ROMのファイル1。
  • 最終更新:2013/06/13・制作時間:41分・使用メモリ:37668(空88216)。 *7
  • メラ以外にドラクエ要素無し。
  • 仲間キャラを見るに作者は元AKBの板野友美推しのようだ。


【美少女戦士セーラームーン編】 作品 ツクールDS (11:46)

  • part3の二本目。無題。上と同一ROMのファイル2。
  • 最終更新:2010/04/18・制作時間:2時間19分・使用メモリ:1060(空124824)。
  • 「セーラームーン」のキャラが設定されていた。
  • 制作時間の大半は「ちびツクDS(ツクールDSに標準搭載されたキャラグラ作成ツール)」に使ったと思われる。


【ドラゴン キューブ】 作品 ツクール1

  • part4(3)の一本目。作者 マサカズ氏。
  • 水没系。キャラだけ「DB」の登場人物風にしたサンプル。


【ドラクエもどき】 作品 ツクール1 (04:01)

  • part4(3)の二本目。作者 ニアール3セイ氏。
  • もどきすぎて原形をとどめていないドラクエ(ピオリムあり・ボミオスなし)。


【神聖なる術者】 作品 ツクール2

  • part5の作品。
  • シナリオ H,TABATA氏、マップ HIROTO,T氏、スペシャルサンクス HITOSHI氏。
  • (存在しない)悪の王討伐に向かわされるテルミン。
  • スタート地点にいる内輪ネタ臭のする仲間達が、本編120~122「アツシ編」を思い出させる。


【かにわ編】 作品 ツクール2

  • part6の作品。無題。
  • 父王のシゴキに耐えかねて城を出た(もしくは修行のため放り出された)かにわ君。
  • 選択肢で入手物が異なる等、マルチシナリオを目指していたように見えなくもない。


【酔っ払い達の】今更ながらやってみた【他人ツク】

【1、2のさん死ろう】 作品 ツクール1 (01:25)

  • その001の作品。作者 さんしろう氏。
  • 水没系。サンプルでもないのにうあんねす型が浮いていた。


【だんきちの バクチンだいさくせん!!】 作品 ツクール2 (00:55)

  • その002の作品。
  • シナリオ・マップ T.MOMOKURI氏、スペシャルサンクス だいザム・まこBE氏(サンプル)。
  • 世界を支配する自称魔王を倒すため自称勇者が旅立ち、数日後『魔王倒れる!』という噂が飛び交った。…終わり。
  • 一部データはサンプル改変。


【イーグル編】 作品 ツクール1 (03:24)

  • その003の作品。無題。
  • 素性不明の冒険者イーグル一行。無名の洞窟の奥で彼らが得た物とは…!?


【スターダスト.クルセイダーズ】 作品 ツクール2

  • その004~006・009~010の作品。「クルセイダー“ス”」に非ず。
  • シナリオ チンワ氏、マップ ササキ氏、スペシャルサンクス ゴクウ氏。
  • 悪の侵略軍と戦う、ネイルの奇妙なぼいけん。
  • 題名を始め、様々な作品から名称を流用しているが、内容はほぼオリジナル。
  • ボスが軒並み高火力&低体力な、殺られる前に殺る戦闘バランス。

【ネイル】 キャラクター (004・01:41)

  • 主人公。ナメック団の団長。ライス型。
  • 『D・B』に襲われた城を守れず死にかけた後、何故か遠地に飛ばされ、そこから『D・B』討伐の旅を始める。
  • 「『D・B』と見れば即殺しにかかる」「自ら名乗ったのに、相手に名前を呼ばれて驚く」
    「変装している訳でもないのに、相手が名乗るまで知人と気付かない」天然脳筋。
  • 終盤、風魔から聖神の子だと明かされるが、真偽は不明。
「では殺すしかないみたいだな!」

【『D・B』(デーモン・ブラッド)】 用語

  • 世界征服を目論む集団。
  • 複数の「魔王」(種族か通称かは不明)の他、魔物や一部の人間が所属している。

【ピッコロ】 キャラクター (004・05:12)

  • 仲間。マップ:グラ27番・戦闘:剣士型。
  • スタート地点近くの森にいた謎の男。
    (ネイルはピッコロの顔を知っていたが、ピッコロはネイルの名前しか知らなかった)
  • 王を守れなかったネイルを責めて口論になり、殴り飛ばされて仲間に加わる。
  • 消費0の「Xキック(単30D)」と高いHPで、戦闘ではネイルより活躍する。
「では、キサマだけ死ね!」

【みんな村】 地名 (004・10:21)

  • ピッコロがいた森の北。
  • 村なのに何故か王がいる(作中でもツッコミ有)が、データ名は「王こく」となってはいる。
  • 宿はあるが店は無い。

【風魔】 キャラクター? (004・13:41)

  • 『D・B』の最高魔王。魔王の中の魔王。
  • 声だけの登場のため姿は不明(敵にも未設定)。
  • 「弱い奴を殺すのは面白くない」という理由でネイル達を殺さず、時々挑発してくる。
  • 終盤ネイルが魔竜復活に邪魔な聖神の子で、自分が父の聖神を殺したと語る。
「はじめまして、風魔ともうす!」

【イフリート城城】 地名 (005・13:41)

  • イフリートのアジト。「みんな村」の北。
  • まったく体感できないが、実は高層建築らしい。

【イフリート】 モンスター (005・17:47)

  • 『D・B』の炎魔人。
  • マップ:センスJ型(60番)・戦闘:悪魔型(初戦)/ミノタウロス型(2戦目)。
  • 最初のボス戦から変身を披露して倒される。
  • 後にポルナレフの幻魔法で復活してまた倒される。
  • 何故か主人公キャラにも設定されていた。
「よくここまでこれたな!ほめてやる」

【魔女の村】 地名 (006・11:51)

  • 女性だけの村。「イフリート城城」の北。
  • 本来は「みんな村」の王にイフリート撃破の報告をしてから来る場所だったと思われる。
  • 魔女が風魔の話をしただけで殺されているにも関わらず、他の住民は風魔に好意的で、風魔の話も躊躇しない。
  • 武具屋はあるが宿は無い。

【サファイア】 キャラクター (006・11:08)

  • 仲間。「魔女の村」の魔女。せんせい型(13番)。
  • 本人曰く「魔法術最後の使い手」。
  • ネイル達の事はイフリート戦を見て知っていたが、何故か最初は彼らを知らないフリをした。
    (彼らが信用に足るか試した…と、解釈するにはあっさり信じすぎか…。)
  • 死を覚悟でネイルに風魔の事を話した所、風魔に「旅に出ろ」と言われたため仲間に加わる。 *8
  • ピッコロ曰く「可愛い」が、口調は基本的に男言葉(ギャップ萌え?)。
「風魔のナカマは死んでもらう!」

【ポルナレフ】 モンスター (009・00:27)

  • 『D・B』の魔剣戦士。マップ・戦闘:ガイコツ型。
  • 「魔女の村」の真北に立っていた所、ネイルにケンカを売られて戦闘になり、
    幻魔法を披露しつつ、 *9 からかい気味に去って行く。
  • 口調などの表面的な部分は元ネタに近い。
「きみたちぃ~、命はだいじにしなきゃぁ!」

【おそわれたまち】 地名 (009・10:03)

  • 「魔女の村」の北。
  • 初めて店と宿が揃った。

【そのた】 地名 (009・05:02)

  • 通称「炎王の家」。「魔女の村」の北西。
  • 玄関入って5秒で連戦。

【ブチャラティー】 モンスター (009・08:13)

  • 『D・B』に寝返った元ナメック団員。マップ:マッシュ型(7番)・戦闘:剣士型。
  • 「そのた」でネイルと戦い、敗走する。
  • 「即死威力の全体攻撃を使うが、HPは僅か100」という、本作のバランスを象徴するような敵。
「炎王を殺させないぞ!」

【炎王】 モンスター (010・1:25)

  • 『D・B』の魔王の1り。火の精霊型。
  • 昔、自分(の幻)を倒したネイルを怨んでいる。
  • 「みんな村」の王の体を乗っ取るが騙し討ち等はせず、ネイルに正面から挑んで敗れる。
  • 死に際に相打ち狙いで『ブラックホールクラスター』を放つが、ピッコロらの犠牲で失敗した。
「やっとうらみがかえせる!」

【ブルマ】 キャラクター (010・05:59)

  • 仲間。(多分OPの城の)姫。何故か神父型(45番)。
  • 炎王戦後の移動先に何故かいて、ピッコロらの最期も知っていた。
  • サファイア程ではないが、やはり男口調が目立つ。
「あなたが『D・B』なのはしってんの! 殺してあげるよ!」

【ヨーヨーマッ】 モンスター (010・11:06)

  • 「ダンジョン」にいた『D・B』。マップ:Pヘッド型(65番)・戦闘:トカゲ型。
  • ネイルに敗れた後、風魔に体を乗っ取られて電話代わりにされる。
  • 風魔の憑依が解けた後も健在のまま放置される。 *10
  • この後、風魔の城らしき場所を前に『エターなったッ!第3部未完!』となった。
「ミニモニテレフォンしなきゃ!」


【ZERO DRIVE】 作品 デザエモン

  • その007の作品。
  • 自機が黒い人型機動兵器になったサンプル。
  • データに「ゼビウス」のグラ(アンドアジェネシス等)が残っており、
    投稿者がデータ(音楽等)を追加して1面を再現した。
  • 同ROMは008・011等で版権STGの再現用に使われた。


【せんじょうにかけるはし】 作品 ツクール2 (012・01:45)

  • その012の作品。
  • 兵舎に無断侵入して捕まった自称冒険者達。
    町で起きている失踪事件の調査と引き換えに釈放されたが…。
  • 消費容量19474と、プレイ中に全部見たとは思えない量のイベントが作られていた。
    (一見イベントが無いマップでも4000以上消費している。)


【命をかけた戦い】 作品 ツクール2

  • その014~015の作品。
  • シナリオ 天竜光術氏、マップ 火風死氏、スペシャルサンクス 炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎炎氏。
  • 謎の男ハシリュウの目的なき「命をかけた戦い」。

【ローラン】 地名 (014・00:39)

  • スタート地点。
  • 「独特な口調の住人」「時空の歪んだ井戸」等にたにツクらしさが溢れる。

【井戸】 地名 (014・00:49)

  • 長老の家or古井戸の1つから入れる。
  • 最初の町にあるとは思えないほど広いダンジョン。
  • 最奥のタワーデーモン(大悪魔型)を倒して「ローラン」に戻るだけの、存在意図不明な場所。


【ソードOFファンタジア】 作品 ツクール1 (03:30)

  • その016の作品。
  • ふと入った洞窟で魔物を倒し、謎の男に勇者の力を託されたアルス。
    そして……アルスの戦いが今……幕を開け …なかった。


他人が作ったRPG「AJTD」をプレイ

【あやうし!ジュンのたちのたび たおせ!だい魔王ベルゼブブ】 作品 ツクール2 (1・01:43)

  • PART-1~13・延長戦1~2の作品。
  • スペシャルサンクス T.K AND K.K氏。 *11
  • 偶然にも魔王の復活を知った旅人ジュンの魔王を倒す旅。
  • 「FF5」を大幅に簡略化したような内容(以降、元ネタは「FF5」を前提に記述)。
  • 誤字の目立つテキスト、一部の戦闘バランスやダンジョンが冗長などの荒削りさはあるが、
    演出、ダンジョンギミック、隠し要素など、イベント面は比較的作りこまれている。

【100ばいマイク】 アイテム (2・04:21)

  • 船呼びアイテム。カポン加入時に渡される。 *12
  • 『1回使い捨て』のため最初の島の内海で使うと詰む恐れがある。
    (内海の小島に建物があるため、下手に気づくと興味を抱いて使いかねない)

【MU?】 モンスター (13・12:07)

  • マップ・戦闘:グラフィックなし。
  • 本物のベルゼブブと対峙した際に飛ばされた空間にいた存在(空間そのもの?)。
  • 放っとけば死ぬジュン達を『1分でも早く死なす』ために襲うものの、
    終盤のボスとしては格段に弱く、あっさり倒されて脱出されてしまう。
  • 「ベルゼブブの奥の手」とはこれの事である可能性が高いが、正否は不明。
  • 「無」に相当するが「自意識を持つ」「ジュン達が自力で脱出する」等、だいぶ違う。
「戦うじゅんびができたら、話かけろ!」

【OP】 用語

  • 「4人の王がベルゼブブを封印した」事、「その後約半年で3人の王が死去した」事、
    「3番目に亡くなった王の妻が城を出奔した」事などが描かれる。

【アージア中しんりん】 地名 (3・13:20)

  • 「ワーム町」の北。
  • 「ピラミッド」から一転して1マップ&一本道の簡易構造。
  • 風魔王(風の精霊型)を倒して「ワーム町」に戻ると「隣町のそばに別な怪物が出た」と聞ける。

【悪魔のおこのみ】 地名 (8・06:32)

  • 「ワーム町」西の小島にある。
  • 場所の目星すらない上、一度ラスダン入口で鍵の不一致を確かめないと入れない。
  • 「なぞのダンジョン」同様の環状構造。距離が延びて自動歩行イベントもあるなど複雑化している。
  • 一周すると悪魔王(大悪魔型)と戦闘になり、倒すと「カギ241006」号が手に入る。

【悪魔のこぶん】 モンスター (11・08:40)

  • 「ラスダン7」のボス。マップ・戦闘:スライム型。
  • ベルゼブブの子分9人が「ピキーンとなりショパーンと」合体した姿。
    (子分ではない『水しゃう竜』も数に入っているが、作者の勘違いなのか設定上の理由があるのかは不明)
  • これまでのボスより異様にHPが高く、撃破に10分以上要した模様。
「おそいぞ!いつまでまたせんだよ。」

【イケスト城】 地名 (7・14:08)

  • 「ヒマヌ町」の西。フィールド南中央の島にある。
  • 「ラストダンジョン」の位置と、そこに入るには鍵が必要な事を教わる。
  • ククルの城だが兵達は変装した彼女に気づかず、ククルも「...」を並べるだけでイベントは特にない。

【石魔人のどうくつ】 地名 (4・08:02)

  • 「マカイ村」の東。
  • 終盤の5叉路までは一本道で簡易。
  • がん石魔人(地の精霊型)を倒して「マカイ村」に戻ると
    「『ナッタ城』の人がジュン達を呼んでいた」と教わり、洞窟の手前にある飛行船が使用可能になる。

【火炎魔人の森】 地名 (6・08:24)

  • 「リース町」北東の森(目印なし)。
  • 制作者の声にあった「マップを削る」を実行したかの如く、直線の通路&一部屋と超簡潔。
  • 火炎魔人(火の精霊型)を倒して「リース町」に戻ると「『ターリコ城』の人がジュン達を呼んでいた」と教わる。
  • 「森に火炎魔人」でツッコまれたが、戦闘後に案の定火事となった(ムーアの大森林のイベントに相当?)。

【カポン】 キャラクター (1・05:39)

  • 仲間。「カポンのみなと」の親分(海賊かは不明)。ローリー型。
  • 洞窟を抜けてきたジュン達と出会い、そのまま旅に加わる。
  • 「ファリス」に相当するが、船主以外の設定はカットされている。
  • なお、彼の加入と同時にジュン達のデータが初期LV3の物に差し替わる(LV3未満なら得、3以上なら損)。 *13
「旅にいくなら西にあるピラミッドにきまってる。」

【きょ大ピラミッド】 地名 (2・10:56)

  • フィールド南西のクユメ大陸にある。ベルゼブブが封印された場所。
  • カポン加入時に「旅に行くならピラミッドに決まってる」と言われて訪れる。
  • かなり長い上、事前準備なしで挑まされるため序盤のダンジョンなのに難度は高め。
  • 5Fの「ピラミッド城」という居住空間に4王の最後の1りがいた。
  • 地名は「ピラミッド」だが「最後の封印の所在」という点は「ロンカ遺跡」に近い。

【ククル / ルルカ】 キャラクター (1・04:12)

  • 仲間。「イケスト城」の女王。ココ型(4番)/グラ42番。
  • 亡き夫に城を託されてわずか2カ月後に『城はつまらない』という理由で変装&改名して出奔してしまう。
  • 直後に何故か「なぞ?のしんりん」を訪れて *14 バケネコに襲われた所をジュンに救われ、そのまま旅に加わる。
  • 最後まで仲間達に正体を知られないまま、ハッピーENDではルルカ女王として城に戻っている。
  • 「レナ+クルル」に相当すると思われるが『人妻(未亡人)』設定の付与などでほぼ別物と化している。
「もう、こんな生かつは、やだわ。そとで、のびのびできないし....。」

【クレイジーマシン / ダークドラゴン】 モンスター

  • 「オメガ」と「神竜」に相当する隠しボス。ミミック型/ドラゴンゾンビ型。
  • 配置(部屋を徘徊&最強武器の宝箱の中)や撃破の証明アイテム等もしっかりと再現。
  • 本作では証明アイテムを持って「ゆうしゃのとう」に行くと特別なアイテムを得る事ができる。

【ゲームコーナー】 イベント (4・08:56)

  • 「石魔人のどうくつ」にあるサブイベント。挑戦はPART-5。
  • 風魔王までのザコ・ボスと10連戦を行い、勝つと経験値と賞金が貰える。
  • 何の告知もなくダンジョンに置かれ、いきなり挑戦するか問われる上に、断ると2度と挑戦できない。
  • ラスダンには26連戦の『II』が登場した(「II」クリア後に『IIIは無い』と言われるが…)。

【氷魔人のすみか】 地名 (5・11:32)

  • 「ナッタ城」の南西。山に囲まれた場所にある。
  • 動画では仕掛け類に触れずにボスまで直行したため詳細不明。
  • 氷魔人(水の精霊型)を倒して「ナッタ城」に戻ると「東のラヌフ島の怪物を倒せ」と言われる。

【サハタ町】 地名 (3・00:42)

  • アージア大陸の南西端。「ピラミッド」からの飛び先近く。
  • 「北の『アージア中しんりん』の方に何か飛んでいった」という情報が得られる。
  • 北東側に鍵のかかった建物があり、ハッピーENDでレオンの家と判明する。

【ジュン】 キャラクター (1・06:24)

  • 主人公。旅人。ライス型。
  • 偶然が重なって3人の仲間と出会い「ピラミッド」でベルゼブブの復活を知って討伐に向かう。
  • ハッピーENDでは無事ベルゼブブを倒してターリコの国王となった。
  • かなりのお人好しらしく、どんな頼みもほぼ2つ返事で承諾する。
  • 「バッツ」に相当するが、父親の設定がカットされて完全に一般人と化した。
    (ちなみに「ボコ」に相当する馬もいたが序盤で忘れ去られる)
  • なお、本作はパーティの能力差が少ない上、同ジョブ縛りでもしたかのように
    『装備も習得呪文も全員一緒』なため、戦力面でキャラの個性が薄い。
「おれのなは『ジュン』 旅をしているとちゅう。」

【水しょう竜の城】 地名 (7・01:17)

  • 「ピラミッド」の南。
  • ボス部屋2つが並んでいるだけの簡素な構造。
  • 最初に水しう竜を倒すと、障害物が消えて奥の水しう竜(共にサーペント型)と戦える。
    (水しゃう竜はベルゼブブの子分ではなく、水しょう竜が独自に雇った存在との事)
  • 水しょう竜を倒して外に出ると「ベルゼブブの奥の手」イベントが始まる。

【ターリコ城】 地名 (6・16:10)

  • 「リース町」南東の島にある。
  • 「子分の残り1体は『クユメ大陸』の砂漠の南にいる」と教わる。
  • ハッピーENDにてジュンを王に迎えた。

【なぞ?のしんりん】 地名 (1・08:04)

  • ジュンの野宿場所の南西。
  • 悲鳴を聞いたジュンが訪れてククルと出会う他、カポン加入後に再訪して地図を入手する。
  • 「ガラフの隕石落下地点」に相当するが、隕石のカットで文字通り謎の場所と化した。

【なぞのダンジョン】 地名 (8・00:41)

  • 「イケスト城」の西。内海の小島にある。
  • 場所こそノーヒントだが「イケスト城」の近所な上、序盤から一応見えてはいる。
  • 環状の内部を一周するとグリーンドラゴン(ヒドラ型)と戦闘になり、倒すと「カギ042563」号が手に入る。
  • 「なぞ?のしんりん」と同じ島にあるが関連性は不明。

【ナッタ城】 地名 (5・10:01)

  • 「マカイ村」の南東。山に囲まれた場所にある。
  • 兵士から「怪物は他に3体いる」と教わり、退治を頼まれる。
  • なお、兵士の1りによれば「世界がだいぶ変で、もう、凄い状態」との事。

【バットエンド】 用語

  • ベルゼブブ“を倒したジュン達は、それぞれの平和な日々を送っていた。
    しかし、本物(?)のベルゼブブによってアージア大陸(or全世界?)が海に沈められてしまうのであった。
  • なお、SPクリア時では隠し要素として紹介されている。

【ハッピーエンド】 用語

  • ベルゼブブを倒したジュン達は、それぞれの城の王になる事を頼まれ、
    『やりたいことがある』と断わった後、『城の王ではなく国の王としていきます』と言って家に帰った。
  • そしてジュンは「ターリコ城」の王となり、ククルは「イケスト城」のルルカ王女に戻り、
    レオンは「サハタ町」に帰ってのんびりと過ごし、カポンは港に戻って早々、
    また船で『ひとっ走り』「サハタ町」に向かうのであった。

【ヒマヌ町】 地名 (7・09:04)

  • 「ターリコ城」北西の小島にある。
  • 宿と店しかない。

【ピラミッド王の死~ベルゼブブ復活】 イベント (2・18:59)

  • 「ピラミッド城」で王の日記を呼んだ後、王に話すと発生する。
  • ジュン達が話しかけた途端に王が死亡し、4王の死によってベルゼブブが復活してしまう。 *15
  • 王の従者は『たまたまそこにいた』ジュン達に魔王討伐を頼み、
    彼らが引き受けるとLV13位までの経験値を与えた上、アージア大陸までワープさせる。
  • 一方それを察知したベルゼブブは各地に子分を派遣するのだった。

【ベルゼブブ】 モンスター (13・13:32)

  • ラスボス。最強の悪魔であり大魔王。マップ:センスJ型(60番)・戦闘:大悪魔型。
  • 数百年前から存在しており、約1年前に4王によって封印されたが4王の死により復活する。
  • 性格も口調も粗暴で子供じみていて威厳は感じられない(偽者を用意する辺りは若干狡猾だが)。
  • 下記セリフのようなもっとう(ママ)を持つ一方、激昂時やバットエンドでは無差別攻撃も行っている。
  • 偽者ルートを通らず部屋に辿り着いたジュン達に「MU?」を差し向けるが脱出され、直接戦闘を挑んで倒された。
  • 「エクスデス」に相当すると思われるが、共通点はほとんどない。
「やつらがくる前は、ほかのやつらをくるしめ、きたらころす。それがおれのもっとうだ。
それに、ゲームのせいしつじょうしかたがない...。」

【ベルゼブブ“】 モンスター (12・03:58)

  • ベルゼブブの偽者。マップ:センスJ型(60番)・戦闘:大悪魔型。
  • 「ラスダン8」の『何でもない分かれ道を左に進む』と行けるフロアにおり、倒すと「バッエンド」を迎える。
「よくここまできたな、おまえらもここまでだ。くたばれ!!そして、ここがはかばだ!!!」

【ベルゼブブの奥の手】 イベント (7・07:30)

  • 水しょう竜を倒して外に出ると発生する。
  • 子分5体を倒されたベルゼブブが「奥の手」を使って「ピラミッド」「ナッタ城」
    「サハタ町」「ターリコ城」を消滅させる(跡地に木が立つ)。
  • 凶行自体には無反応なジュン達だが「ターリコ城」に戻るのではなく
    「イケスト城」に行くと言いだすため、一応気づいていた可能性もある。
  • 「エクスデスが『無』で町などを消すシーン」に相当するが、本作ではどんな力で行ったのか説明はない。
  • なお、ハッピーENDに「サハタ町」と「ターリコ城」が登場するため、
    本作もラスボス撃破後に消滅した土地が復活したと思われる。

【ベルゼブブの子分】 用語

  • ベルゼブブ配下の怪物達。マップ:スライム型。
  • 各地に派遣された5体とラスダンに配置された3体の計8人。
  • ベルゼブブのもっとう(ママ・【ベルゼブブ】の項参照)に従って待ちに徹する。
  • なお、ラスダンへの鍵を守る怪物2体も子分と思われるが何故か数に入っていない。 *16
  • 「次元の魔物」に相当する存在か。
「へんしん~!!」

【ボス.オンパレード】 イベント

  • ハッピーENDのエピローグ後に挑戦できる『スペシャルステージ』。
  • 「風魔王」から「MU?」までのボスと13連戦する事実上の「ゲームコーナーIII」。
    (ベルゼブブ2体は『間にあわないのでいない』として未登場)
  • 挑戦しないとENDに直行し、挑戦してクリアすると隠し要素を説明するテロップの後、ENDを迎える。

【マカイ村】 地名 (4・04:41)

  • 「ワーム町」の東。
  • 東の洞窟に子分が現れたため『怖くて子供を安心して寝させられない』被害が出ていた。

【みなとのどうくつ】 地名 (1・11:38)

  • 「なぞ?のしんりん」の北。「海賊の洞窟」に相当。
  • 地震で出来た出入口から入って「カポンのみなと」に至る。
  • 最初のダンジョンなのに敵が強めでLV上げをしたくなるが…。

【ヤクナ町】 地名 (13・05:44)

  • ラスダン西の島にある。
  • ベルゼブブによって310年前に住民が不死化され、287年前に魔法で消し飛ばされて封印されていた。
  • 「ラスダン3」の『最初は下がっているがいつの間にか上がっているレバー』を下げると入れるようになる。
  • 大量の回復の水が貰える他、武具の店もある。
  • 「蜃気楼の町」に相当し「NPCが動かないラスダンフロア」「入る際の戦闘開始風の演出」等が再現されている。

【ゆうしゃのとう】 地名 (6・17:46)

  • 偽物:クユメ大陸の西の島・本物:「アージア中しんりん」東の海上。
  • 偽物は「なにもないだな、これが。」だが、本物は隠しボスを倒してから訪れると特別なアイテムが手に入る。
    (データ上は同じマップなため、条件を満たせば偽物側から入っても問題ない模様)。

【ラスダン3~7】 地名

  • 「ラスダン2」の5叉路の先。
  • 「ゲームコーナーII(ラスダン5)」以外の4フロアを左から順に攻略すると「ラスダン8」へのワープが出現する。
ラスダン3 10・00:25 種類:氷 正解ルート以外は戻される格子状エリアと
最悪の場合『フィールドまで飛ばされる』5択ワープ。
ラスダン4 10・06:32 種類:外 大量のドアからボス部屋の入口を探す。
ハズレは画面色の変更やワープ等の地味な嫌がらせ。
ラスダン6 11・00:31 種類:土 つづら折りの縦長な一本道をひたすら進む。
こういう時に限って帰路に便利なワープ類は無い。
ラスダン7 11・04:41 種類:木 渦巻き状の一本道をひたs(ry。
こういう時に限って帰路n(ry。
  • ボスは「ラスダン3・4・6」が『ロボトくんDX(II / III・ミミック型)』、「ラスダン7」が『悪魔のこぶん』。

【ラスダン9】 地名 (13・03:32)

  • 「ラスダン8」の『何でもない分かれ道を下に進む』と行けるフロア。
  • 直進するとベルゼブブの部屋が、左右に武具「戦士シリーズ」の店と隠しボスの部屋がある。 *17

【ラストダンジョン】 地名 (8・05:12)

  • ラスダン。クユメ大陸の北東の島にある。本格探索はPART-9以降。
  • 全13マップに罠と仕掛けが詰め込まれた難所。
  • 「リース町」の本によれば墓場であり、システム上の呼び名ではなく『本当にこういう地名』である模様。
  • フロア毎にマップの種類が違う辺りに「次元の狭間」の影響が窺える。

【リース町】 地名 (6・03:05)

  • 「ナッタ城」東のラヌフ島にある。
  • 北の森林に子分が現れたため『異常な気温上昇』という、これまでで最もまともな被害が出ていた。
  • 本棚に封印された町やラスダンの情報の他、『制作者の声』という
    主に「イベントバグ」で容量が無駄になった事へのグチが残されていた。

【レオン】 キャラクター (1・10:48)

  • 仲間。旅人。ドワーフ型(26番)。
  • ククル加入後「みち」で起きた地震で転んだ(?)所をジュン達と出会い、そのまま旅に加わる。
  • 「ガラフ」に相当するが「おっさん」以外の共通点は無く、ただの一般人と化している。
「なにUUUUんだ。」

【ワーム町】 地名 (3・11:26)

  • 「サハタ町」の遥か北東。
  • 「アージア中しんりん」に現れた子分の影響で『強風が吹き、子供がボール遊びできない』被害が出ていた。


他人がお作りになったツクールをゆっくり実況させていただいた

【アルバス編】 作品 ツクール1 (03:37)

  • #1の一本目。無題。
  • 城から締め出される運命の冒険者アルバス一行。

【リーヴラ城】 地名 (05:26)

  • 平屋の城。広場で会議や『パータィー』をするらしい。
  • 唯一入れるマップだが、入った時の移動先が『出口イベントの外側』にあるため、正攻法では城内を歩けない。


【無名のドワーフ編】 作品 ツクール2 (01:44)

  • #2の一本目。無題。
  • 無名のドワーフグラ(26番)が城「2」を歩いた。


【授業が終わると、友達が話しかけてきた。編】 作品 サウンドノベルツクール (05:08)

  • #2の二本目。題名が全文。


【『ガリアとうせんき!!』】 作品 ツクール1

  • #3~の作品。初出は#1の二本目(20:54)。作者未確認。
  • 「ガリア島」で行われる王子と王女だけのパーティーに呼ばれた王子「レイル」。
    何らかの理由で聖なるコインとフリーパスを求めて「ガリア塔」に乗り込んだ彼は、
    後から来てモンスターに捕まっていたツンデレ姫「レミィ」 *18 と、おっとり姫「セリナ」を助けて上階に進むが…。
  • 冒頭の「疑似コマンド入力」システムが最大の見どころ。
    (プレイヤーの上下左右にイベントを置く事で「はい/いいえ」以外の選択文と3択以上の選択肢を用意している)。


迫真サウンドノベル部 黒歴史の裏技

【もう大学生編】 作品 サウンドノベルツクール (1・00:25)

  • 初回の一本目。無題。
  • 目の前の大学生活に心躍らせる主人公。…終わり。


【CHANGE MY LIFE ~キムタクへの道~】 作品 サウンドノベルツクール (1・01:09)

  • 初回~2の作品。
  • DIRECTED BY KenjiKawashima、PRODUCED BY Y・DarthVader・Kawashima
  • 「キムタク」になればイケてない人生が変わるかもと思った主人公。まずは髪型を変えに床屋へ出かけたが…。


中古RPGツクール作品 「MUSIC QUEST」

【MUSIC QUEST】 作品 ツクール1

  • 作者 まにあ氏。
  • 洞窟で倒れていた所を助けられた過去を持つ、王宮の兵士ソプラノ。…終わり。
  • キャラや地名は題名通りの音楽関係、その他は「DQ」系の名称が使われていた。
    (ピオリム・ボミオスなし。代わりに「ピオ“ル”ム」「ピオムラ」あり)









*1 ターボファイル・8Mメモリーカード・カセット複数本のどれか。

*2 「親友のスパイ容疑の真相」「森のシーンを残した理由」「デュラルの殺人と陰謀の関係」「記憶喪失ヒロインの正体」「魔王4天王の最期」「ラスボスっぽいネルソン司祭って何者?」等。一部は推測できなくもないが…。

*3 資料不足のため曲がプリセットかオリジナルかは不明。歌詞は間違いなくオリジナルだが…。

*4 「未完制作を補完して制作法を学ぶ」という構成のため、普通にプレイしただけで追加・改変データが残る。

*5 本作の女性キャラは、たにツクでは珍しいスリーサイズ持ち。ヒロインは推定18才でB83/W59/H85、もう1りは16才でB80W56H82との事。

*6 主人公・マップデザインとシナリオデザインにそれぞれ同名の人物とキン肉マン2世の超人がいるが、関連性は不明

*7 内容の割に減っているが、これはツクールDSが『サンプルのフィールドマップを使う』だけで『容量を3割も消費』するため。

*8 彼女が殺されなかった理由は不明。 「風魔がネイル達をずっと見ている」という、他の住民と大差ない内容だからなのか、彼女が他の魔女より「弱い奴」だったのか。 何にせよ風魔に生殺与奪権があると実感出来なくもない場面ではある。

*9 幻で死者を蘇らせたり、戦闘空間を形成したりする、よく分からないが凄い魔法。 脅威を感じたネイル達だが、その後も対策無しで『D・B』に突っ込んで行く。

*10 出生の秘密などで動揺したとはいえ、最初の殺る気満々からの放置ぶりに、ネイルの脳筋さが窺える。

*11 初回と最終回のタイトル設定閲覧時は全て無名だったが、PART-13ではENDロールのスペシャルサンクスにこの名前があった。

*12 これを持っていながら「仲間の船が帰ってこない」と港で待っていた理由は不明。

*13 パーティが揃った時点でLVと経験値を揃えたかったのかもしれない。

*14 曰く「調べてた」との事だが、何を調べていたかは不明。

*15 4王が封印から1年足らずで全滅した理由は最後まで説明されない。

*16 「マップグラがスライム型ではない=別カテゴリ」という扱い?

*17 店に入るには別途「『すごつぼ』のま」を4周して「カギ310234」号を入手し、それでさらに「カギ137410」号を入手して、扉の先のレバーを下げる必要がある。

*18 「ゾイドジェネシス(2005/04~2006/03)」のレ・ミィと名前やキャラが丸かぶりだが、多分偶然と思われる。