本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:16/03/27 若干加筆修正

- 

【かなザフパ編】 作品 ツクール1

  • Part101の一本目。無題。
  • 水没系。浮かぶ「かなザフパ(うあんねす型)」と「カナスケ?(兵士型)」。
  • 身内ネタ臭のする敵が数体設定されていた。


【エディー編】 作品 ツクール2 (02:47)

  • Part101の二本目。無題。
  • 幻王が支配しつつある世界を巡るエディーと仲間達。


【なめるのもいいかげんにしやがれ!】 作品 ツクール1

  • Part102~105の作品。作者 ウイスキーみずわりで氏。
  • 謎の男アウチーと仲間達の放浪記。
  • マップと一部NPCはサンプル、固有名詞は「DQ(主に6)」の流用(ピオリム・ボミオス無し)。

【アウチー】 キャラクター (102・01:11)

  • 主人公。ライネス型。
  • 「ライゴットのむら」に流れ着いた謎の男。王族にも名を知られている。
  • 途中で旅の目的(ムドー退治)は判明するが、素性は謎のまま。

【シエーナの街】 地名 (102・04:09)

  • 「ライフゴットのむら」の南東。元フェンサリルの街。
  • 最初の仲間「にしうみ」が加わる(予定)。

【ちていまじょう】 地名 (104・06:26)

  • 「街(3)」と「街(4)」の間。元グニパヘリル&エーリューズニル城。
  • アニキ加入後に現れるムドー(大悪魔型)を倒すと塔の鍵が手に入る。
  • …が、塔は幻王の手に落ちていた。

【街(3)】 地名 (104・01:29)

  • 夢見の洞窟の飛び先付近。元ドヴェルクの街。
  • 魔物が経営する花園があり、そこで「なかにし」が加わる(予定)。

【街(4)】 地名 (104・10:42)

  • 「街(3)」のはるか北東。元ジオルグの街。
  • 入口で「アニキ(といめい型)」が加わり、レオナ(にしうみ)が外れる。
  • その際、主人公の目的が「ムドー退治」と判明する。

【ゆめみのどうくつ】 地名 (103・07:17)

  • 「レイドック城」の南。元ヴェルゲルミル。
  • 王のセリフと外観は「塔」、地名と内部は『洞窟』。
  • 中央のホラービースト(マッスルオーガ型)を倒して宝箱を開けると、何の脈絡もなく西大陸へワープする。

【ライフゴットのむら】 地名 (102・01:11)

  • スタート地点。フィールド1北東の島にある。
  • アウチーは2日前に流されて着いたらしい。

【レイドック城】 地名 (103・02:22)

  • 「シエーナの街」の南の大陸にある。元アスガル城(2Fは改築)。
  • 「えいたに」が加わる(予定の)他、王に魔物退治を頼まれる。

【レオナ・ポップ・チウ】 キャラクター (102・01:14)

  • 仲間。ゆうじんB型と女戦士型と(ネズミなのに)猫型。
  • 本来の仲間「なかにし」達の改変と思われる。


【夕ぐれの小学校】 作品 サウンドノベルツクール (07:14)

  • Part105の二本目。
  • 永遠に繰り返される小学生の日常と時事ネタ。


【ワガツ・マチエのいんぼう】 作品 ツクール1 (01:04)

  • Part106の作品。作者 アツシ AND ケイ氏。
  • 「JAPAN」の住民アツは、井戸の底で弟子にしたコージと外に飛び出すが…。
  • ワガツ・マチエさんは出てこない。


【AROUND THE WORLD】 作品 ツクール1

  • Part107の一本目。作者 イースさとう氏。 *1
  • 冒険者ザナックが世界樹を探して世界を回…れない。
  • 一部のイベントは「公式ガイドブック入門編」の作例に若干近い。
  • 主人公ザナックの他、ゲーム名の敵が数体設定されていた。


【INVISIBLE THE WORLD編】 作品 ツクール1 (10:37)

  • Part107の二本目。無題。
  • 名もなき「といめいにんげん」が何もなき世界を「AROUND THE WORLD」。


【DRAGON QUEST】 作品 ツクール2

  • Part108の作品。
  • シナリオ・マップ きたがわくみこ氏、スペシャルサンクス エニックス氏。
  • 斜め上にアレンジされた「DQ5」。ピオリム・ボミオスなし(元々5にはないが)。

【からさわ】 モンスター (06:10)

  • 「しんじゅく」NO.1ホスト。剣士型。
  • 子供から「猫(ベビーパンサー)」を助ける条件として倒す事になる。
  • 「DQ5(少年編)」に登場する謎の青年に近いセリフも喋る。
「いいだろう!こどもとはいえ、てかげんしないぞ!!」

【しんじゅく】 地名 (01:06)

  • スタート地点。公式ガイドブックの汎用マップ「民家B」とほぼ同じ。
  • 当初は主人公も暮らす「アルカパの町」と思わせて、セリフで地名が出た瞬間に
    本作がただの簡略化「DQ5」ではないと悟らせた。

【まもののどうくつ】 地名 (08:58)

  • 「しんじゅく」の南西(九州)。
  • 汎用マップ「ダンジョンF」とほぼ同じ。
  • 奥で少年編の最後を再現した後、パパス(とプレイヤーに)『さいこうのぜつぼう』が与えられる。
  • 敵が「ゲマ」ではなく『ネクロマンサー』な辺り、作者のネタ理解ぶりが窺える。


【「悪魔の曲殺人事件」】 作品 サウンドノベルツクール

  • Part109の作品。作者 M☆O JAPAN氏。
  • IQ300の天才「大学生」大貫正樹君は、『大学入試』を軽く合格して翌日の卒業旅行の準備をした。…終わり。


【ぎんいろ編】 作品 ツクール1

  • Part110の作品。無題。
  • 相次ぐ王族の変心の原因を探り始めたが、あっさり騙されて閉鎖空間にはまった「ぎんいろ」と「つきひこ」。
  • Part111のおまけで改変作が作られた。


【DAIOH 顔 GALE】 作品 デザエモン

  • Part111作品。
  • 腕の1つがドリルになった赤ヒトデと奇妙な顔軍団の戦い。
  • 1面だけほぼ自作グラで2面以降はサンプル。


【それいけ!ちさぽんど】 作品 ツクール2

  • Part112~114の作品。作者 北原氏。
  • 独特な雰囲気で描かれる「ちさこ姫(犬)」のバンド仲間探し。
  • 内輪ネタだらけのため部外者には理解困難。

【さこんやまだんち】 地名 (113・3:02)

  • 本作では四国にある。やはり内輪ネタだらけ。
  • フラグを立てずに訪れると作者の北原さん(スライム型)に会える。

【さるかい城】 地名 (112・1:20)

  • スタート地点。チサポンドの実家。
  • 家族とペット(?)がいて、フラグを立てると猫のルミコが加わる。

【チサポンド(ちさよ)】 キャラクター (112・1:20)

  • 主人公。ぐんまの国のさるかい城の姫。18歳。
  • 人:ミナヨ型(44番)・犬:犬型。
  • ドラマー志望だったが、反対する父親に犬に変えられ、そのままバンド仲間探しに出発する。
  • 何故か誰にも犬扱いされず、会話も成立する。
「わたし トウキョウにでて、りっぱなドラマーになる!」

【どきはうす】 地名 (113・9:11)

  • 北海道にある。…が、何やら中国の香りがするらしい。
  • アイテムと場所移動がノーヒントで隠されている。

【ぽぴゅらー村】 地名 (112・6:45)

  • 「さるかい城」の近くにある「バンドマンの出会いと別れの場所」。
  • ハゲチマウンダー病(ハゲて死ぬ奇病)と内輪ネタが蔓延している。

【やんば】 モンスター キャラクター (113・1:23)

  • バンド仲間。ベーシスト。マップ・戦闘:ガイコツ型。
  • 「しみずの国」で暴れてやんばパパに封印されていたが、チサポンドと出会い勝手に加わる。
「かっかっかっ! ひっかかったな! まぬけめ!」


【トレジャーハンター クルス】 作品 サウンドノベルツクール (7:50)

  • Part114の二本目。
  • 8つの魔石を探す盗賊クルス。20才。…終わり。


【聖剣士ライト (女神をもとめて)】 作品 ツクール2

  • Part115の作品。
  • シナリオ カマツ氏、マップ カマII~氏、スペシャルサンクス マッキーニ氏。
  • 夢の中で女神ライムに「世界を救う選ばれし穴」と呼ばれた聖剣士ライト。

【センクル】 地名 (04:49)

  • ライトの家がある。
  • 路上で「武器屋」が『愛妻弁当』を売っている。

【メモ像】 オブジェクト (02:36)

  • ライトの部屋の壁にある。
  • 作者の視聴アニメリストと『住所・電話番号』が書かれている。
  • なお、リストの作品が全て放送されていたのは、96/02/07(ドラゴンボールGT開始)~
    96/03/30(勇者指令ダグオン終了)の約2か月(ツクール2発売は96/01/31)。


【せんとちひろのかみかくし】 作品 ツクール1 (00:54)

  • Part116の一本目。作者 アムニタ氏。
  • 水没系。データの大半はサンプル。
  • 題名以外の元ネタ要素が神隠しされた模様。


【2000年のゲーム・キッズ ~仮想科学小説~】 作品 サウンドノベルツクール (116・3:54)

  • Part116~118の作品。
  • 山場で途切れる2つの物語。
  • 題名は渡辺浩弐氏の小説集そのままだが、内容まで同じかは不明。


【たまねこパンや ~はんじょうへのみち~】 作品 ツクール2

  • Part119~120の作品。
  • シナリオ M.K A.S氏、マップ ATUO.SEKI氏、スペシャルサンクス MANABU氏。
  • パン屋の弟子の若者は、主人に頼まれて材料の買い出しに向かうが…。
  • パン屋の繁盛は道半ばだが、テキストの誤字脱字は既に大繁盛。

【イケカワたうん】 地名 (119・5:34)

  • パン屋の北東。
  • 公式ガイドブックの汎用マップ「民家B」の流用(Part108「DRAGON QUEST」の町と同じ)。
  • 他にも出入り口や施設だけ設定されたマップが存在していた。

【チョコボ(チッチ)】  (119・02:00)

  • 主人公。「たまねこパンや」の弟子。少年1型(35番)。
  • キャラ名は「チョコボ」だが、一部セリフでは「チッチ(ちっち)」と呼ばれる。
「わぁい、これでパンをうれるね....」


【R】 作品 ツクール2 (121・02:00)

  • Part121~132の作品。シナリオ・マップ おさだ ゆうすけ氏。
  • 魔族に狙われた少年の、自分の生きる道を探す物語。
  • 録画は12年9月の時点で行われていたが、著作権法改正に配慮したシリーズ休止で一時お蔵入りしていた。
  • 「曖昧な進行」「強大な敵」「理不尽な配置の重要アイテム」等、色んな意味で上級者向けの内容。

【RONDE】 モンスター (132・10:51)

  • 「魔かい」の魔王の間に座する存在。ドラゴンゾンビ型。
  • アール同様タイトルの「R」を冠しており、何らかの関連性が窺える。 (レインも「R」だけど)
  • 戦闘後にイベントが無いため永遠不滅。輪舞曲は終わらない。

【アール】 キャラクター (121・02:35)

  • 主人公。ある島に暮らしていた少年。アルフ型(6番)。
  • 突然魔族に襲われて三途の川に飛ばされ、カロンから「魔族に体を狙われている」事を知らされる。
  • 蘇生後、カロンに「オーブを集めろ」と言われて旅立つ。
  • 平均的な能力と回復・攻撃呪文を持つ。
  • 少々打たれ弱いが、武器と呪文のおかげで安定したダメージを与えられる。
  • 体を狙われる理由は作られていた範囲では語られなかった。
「あー、よくねた ……いえにかえるか。」

【エアフィード】 モンスター (126・02:30)

  • 4聖魔の風。マップ:悪魔型・戦闘:風の精霊型。
  • 忘れた頃に現れたアールの体を狙う敵。
  • 殴りだけなので防具を揃えれば対処可能。倒すと天のゆびわを落とす。
  • 他に「ピラミッド」に地の聖魔が、エディットに火と水の聖魔らしき敵が確認できる。
「オレは4聖魔の風 エアフィードという。 おまえのからだ、いただく!」

【オーブ】 アイテム

  • 由来不明のキーアイテム。「光」「地」「風」「水」「火」の5種。
  • カロンの台詞で存在が、「神木」で大体の種類は分かるが、ありかは完全に『ノーヒント』。
  • 「光」は「神木」入口の、「火」以外はそこの宝箱置き場のカギ(火は不明)。
  • ブラッド曰く「入手する度に旅が楽になる」。確かに乗り物があれば移動は楽になるが…。

【カイリュウ】 モンスター (125・10:04)

  • 「つりぼり」最強の大物。サーペント型。
  • 全体160Dのフリーズで猛威を振るう(同じ理由でニンギョも強敵)。
  • 倒すと水のオーブを落とす他、老人から「釣りの王様」の称号と命の聖石が与えられる。
  • 仮のラスボスとして最後に倒し、未完の本作を閉めた。

【ガリアの町】 地名 (125・05:00)

  • 「さんぞくのアジト」の西、橋を越えた先。
  • いくつかの場所やイベントの情報が得られる他、サレルより強い装備も売っている(…が)。

【カロン】 キャラクター (121・03:31)

  • 三途の川の渡し守。エリー型(68番)。
  • 川を訪れたアールを運ばず、魔族と戦うよう促して送り返す。
  • 蘇生後も「オーブ集めを勧める」「仲間の手配をする」等、渡し守の立場を越えた行動をとった。
「まずは オーブを あつめてごらん。」

【ゲイズ】 モンスター (125・13:22)

  • 「ガリアの町」東の森に出現する。鬼型。
  • 複数のグラ無しイベントによる固定配置。倒すと「幻の聖石」を落とす。
  • 他のボスと違い、リベンジしないまま終わった。

【剣の聖石】 アイテム (128後・13:49)

  • バロンが落とす。1りの力を100上げる(与ダメージ+50)。
  • 入手以降「道具で力を上げて物理で殴る」ゲームに移行する。
  • 呪文設定を見るに他の聖石も多分高性能。本当の意味で「入手する度に旅が楽になる」。

【さんぞくかしら】 モンスター (123・12:07)

  • アジトの奥にいる。マップ:しゃれい型・戦闘:武者型。
  • 力は強いが物理メインなのでLVや装備で対処可能。
  • お供より後に倒すと幻のゆびわを落とす。
「もうありませんよー。」

【さんぞくのアジト】 地名 (122・10:36)

  • 「みなとまちサレル」の西。
  • 物語上は奥まで行って山賊と戦う必要は無い。

【しのびのさと】 地名 (127・00:33)

  • 「フーリやま」の西の森にある(目印なし)。
  • 入口でジンと戦闘になる。

【じぶんのいえ】 地名 (121・04:50)

  • アールの家。島の西側にある。
  • 三途の川から戻った後、体を狙うザコゴースト(ゴースト型)を倒し、魔族との長い戦いの幕を開ける。
  • ここから急速に物語性が薄れ、ゲームは探索型へと移行する。

【ジン(敵)】 モンスター (127・00:42)

  • 「しのびのさと」の忍者。忍者型。
  • カロンにアールの事を聞かされていて、彼が訪れると力試しを挑んでくる。
  • 全体呪文2発でアウトだが、HPは低めなので力押しで倒せる。
「まてっ!」

【ジン(味方)】 キャラクター (130・03:51)

  • 仲間。忍者型(23番)。「しのびのさと」で勝利すると加わる。
  • 賢さと早さ以外は低めだが武器を装備できる上、忍術(呪文)を使えるので火力はレイン・ペロ以上。
  • しかしHPが低すぎるため、相当LVを上げても油断するとあっさり沈む。
「よろしくたのむでござる。」

【神木】 地名 (122・07:59)

  • 「みなとまちサレル」の北。
  • 4本の道の先に謎の人物(像?)がいて、対応するオーブを持っていると宝箱置き場にワープする。
  • 作中では乗り物呼びアイテムが手に入った(「地→陸」「風→海」「水→空」)。
  • ワープすると選ばなかった道が塞がり、宝箱置き場のワープから飛ぶとまた選ばなかった道が…と、
    『移動する事で道順が固定される』という特徴的な作りがされている。
  • 全ての順番に対応するため、5マップと約5000の容量が使われた、異様に手間のかかったイベント。
    (もっと簡素にすれば1マップ&低容量でいけるとか言わない)

【地のオーブ】 アイテム (125・00:27)

  • 陸の乗り物入手のカギ。
  • 「さんぞくのアジト」出入り口近くの行き止まりに『放置』されている。
  • 「重要アイテムのありかがノーヒント」という、某「星をみるひと」並の意地悪さ。
    (あちらは『入手した事すら教えてくれない』が。)

【つどいのば】 地名 (125・03:48)

  • 「ガリアの町」の南にある、パーティ編成の場。
  • 仲間に対応した宝箱を調べると離脱or加入する。
  • レイン以外の仲間は加入時『一切説明なしで自動的』に送られる。
  • 場所のヒントどころか『施設の情報すら無い』ため、偶然見つけない限り仲間が増やせない。

【つりぼり】 地名 (125・09:29)

  • 西大陸の西端。事実上の「闘技場」。
  • 「釣り」の名目で海産物と戦い、勝つとアイテムを入手できる。
  • 相手は「タコ」「タラバガニ」「ニンギョ」「サメ」「カイリュウ」の5種。

【バリーかいきょう】 地名 (126・02:12)

  • 西大陸の西側に架かる橋。
  • 途中の『1マス』を踏むとエアフィードが現れる。
  • 見た目はただの橋なので、乗り物で素通りしてしまう可能性もある。

【バロン】 モンスター (128前・03:32)

  • 「バロンのどうくつ」の主。マップ:レオ型(64番)・戦闘:キマイラ型。
  • 全体呪文の威力はまだ控えめ、堅いので長期戦になるが大陸のボスでは弱い方。
  • 倒しやすさと入手物の優秀さから、他ボス撃破の足がかりになる存在。
  • なお、ガリアの依頼者に討伐報告をしてもイベントは変わらず、また洞窟へ飛ばされる。
「グガァー!」

【バロンのどうくつ】 地名 (125・04:25)

  • 「ガリアの町」の東。
  • 普通に徒歩で行けるが、ガリアで魔物退治を請け負うと自動的に手前まで移動する。
  • 「ファイムルワープ」だらけの場所で出口すらそれに含まれる。
  • 地のオーブ同様、重要アイテムの炎のカギが『何の変哲もない通路』に放置されている。

【光のオーブ】 アイテム (121・16:07)

  • 最初のオーブ。ブラッドから授けられる。
  • 大陸への移動と「神木」の入口を開くのに使った後、砕け散る。

【フーリやま】 地名 (126・08:07)

  • 「ガリアの町」の北西。
  • 『ガリアより強い装備が無条件で買える』ため、ガリアで買っていると損をする。
  • 炎のカギを持っていると中央の部屋で風のオーブと仲間(ペロ)が手に入る。

【ペロ】 キャラクター (127・10:58)

  • 仲間。猫型(57番)。
  • 「フーリやま」の『宝箱』の中にいる「はこいりねこ」。
  • 能力は高めだが、呪文を覚えず武器も装備できないため火力は低め。
「ニャァ」

【ほうき】 アイテム (121・06:28)

  • 漢の武器。アールの(一応)初期装備。
  • 入手直後にもっと強い「ものほしざお」が無限に手に入るため一度も使われない。バーナルさん涙目。

【本作ゲームバランスの主な特徴】 用語

  1. 仲間の加入が遅く、戦力不足の期間が長い。
  2. 味方の成長率に対して敵のインフレ率が高め。
  3. 特にHPの差から、呪文の威力が敵には不足でこちらには致死量。
  4. 故にどれだけ物理防御を高めても呪文数発で戦闘不能。
  5. 上級全体攻撃呪文が連発されない事を祈る運ゲー。
  6. 補助呪文使いがいないため *2 、「LVを上げて物理で殴る」しかない。
  7. たとえ状態異常呪文が使えても、効かなければ無意味(未使用・耐性未閲覧のため未知数)。
  • …これらの要素により、全編に渡って全滅が繰り返される。

【みなとまちサレル】 地名 (122・00:41)

  • 島のワープ先の近く。
  • フィールドに入口が3つあり、入る場所を変えると移動呪文のリストに同じ名前が並んでしまう。
  • 大量の船(イカダ)が泊まっているが、ここの船には最後まで乗れない。

【めざめのどうくつ】 地名 (121・12:11)

  • 家の東、島中央の山にある。
  • 奥のブラッド(不定形)に勝って認められると、光のオーブが手に入る。

【レイン・ウォーラス】 キャラクター (122・02:21)

  • 仲間。オディ型(54番)。
  • 「みなとまちサレル」の酒場にいて、アールが仲間に誘うと加わる。
  • 加入後「つどいのば」に飛ばされない唯一の仲間。
  • 力と体が高めで、習得は遅いが回復呪文も使える。
  • ただし武器が装備できず攻撃呪文も使えないため、総合火力はアールに劣る。


【『仁の仲間達』】 作品 サウンドノベルツクール

  • Part133の一本目。作者(?) 郡司 大助氏、山本 論氏。
  • 仁君の日常。選択次第で「bat end(badに非ず)」になる『実話』。


【ザイス編】 作品 ツクール1 (09:59)

  • Part133の二本目。無題。
  • 無人の荒野を駆ける、屈強な戦士ザイス。


【EL-HAZARD せかいをすくうものたちの】 作品 ツクール2

  • Part134の作品。
  • シナリオ BAIO HAZA-D氏、マップ SUPA MARIO氏、スペシャルサンクス DORAGONBO-RU Z氏。
  • ダカール城の少年ウィンディは、自由と卵を求めて旅に出たが…。


【聖戦術士と魔王 -魔王ふっかつ-】 作品 ツクール2

  • Part135~136の作品。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス T.AKIYAMA氏。
  • 魔法学校を卒業したソフィアの初仕事は魔王退治だった!
  • 作中ライスで有名な「魔力暴走」が発生した(135・09:08)。

【ザッハ】 キャラクター (136・02:24)

  • 仲間。「ザッハ城」の王。王様型。
  • 魔王退治にやって来たソフィアに協力を申し出る。
  • 自ら前線に赴いて魔王と戦う珍しい王様。
  • 「昔は世界1の魔法剣士」の言葉通り、大量の魔法を覚えており、装備のおかげで攻防も高い。
  • 装備が呪いで固定なのを見るに(解呪は設定されているが)、序盤のお助けキャラだった可能性がある。
  • 魔王にも武勇が届いていたのか、彼が来る前に城を捨てて逃げた後だった。
「そこでわしをつれていけ、おいてもこのザッハ、
昔は世界1の魔法剣士といわれたわしじゃ、つれていけ。」


【ワシがせかいのたけはらじゃ】 作品 ツクール2

  • Part137~139の作品。
  • シナリオ うおー!死ねー!氏、マップ ハッハッハッ!死ねー!氏、スペシャルサンクス アンタはここで死ねー!氏。
  • カエルにこき使われる「世界のたけはら」。
  • 主人公の弱さによる高難度と不条理なイベント群が特徴。

【たけはら】 キャラクター (137・01:07)

  • 主人公。武者型(22番)。
  • 題名の威張りっぷりとは逆に「フロッグス族」の王にアゴで使われ、敵対勢力への鉄砲玉にされる。
  • 成長値が著しく低い(体0・早賢運1)ため、LV上げしても苦戦するが、
    力だけまとも(5)なので「LVを上げて物理で殴る」戦法は何とか通じる。


【水無月少年の事件簿 XO湖伝説殺人事件編】 作品 サウンドノベルツクール

  • Part140の一本目。
  • 「金田一少年の事件簿 悲恋湖伝説殺人事件」を、人物名等を変えてサウンドノベル化。
  • 友人の代理でXO湖ツアーに参加した主人公。
    果たしてツアーの目的とは?近くの刑務所から脱走した死刑囚の行方は?…続きは原作で!


【『タケシのおたからII』】 作品 サウンドノベルツクール (08:54)

  • Part140の二本目。
  • おらおら、たろうででこいよ


【かおる編】 作品 ツクール1 (10:11)

  • Part140の三本目。無題。作者 ほうじ氏。
  • 何もない世界を遊覧飛行したかおる。


【GUM MAX ~剣のれきしにエンドマーク~】 作品 ツクール2 (141・00:48)

  • Part141~142の作品。TAKUプロデュースIII
  • シナリオ とかのー氏、マップ たくお氏、スペシャルサンクス トワ ツネヒサ氏。
  • 『ちょと』した事で世界に3つしかない銃(ガン) クリムゾン シュティズガンを手に入れたシュティ。
  • 戦争を終わらせるため傭兵となり、敵国との決戦前にゴブリンの掃討任務を受けて巣へ向かうが…。
  • MPを弾数に見立てたシステム *3 や丁寧なイベント等、作られていた範囲の完成度は高め。


【コルメリヤ】 作品 ツクール2 (04:58)

  • Part142の二本目。
  • シナリオ・マップ KYO氏、スペシャルサンクス TAKU氏。
  • ほぼ何もない世界をのし歩いたジン。
  • キャラと町に酒類の名が付けられていた。
  • 上記作品の「TAKUプロデュースIII」と本作スペシャルサンクスの関係は不明。


【えんどうこうたうんこたべてまずい】 作品 ツクール1 (143・00:27)

  • Part143~144の作品。
  • 横浜っ子「えんどう こうた」君の身内ネタに溢れた「ぼいけん」。
  • …と思われるが、初期パーティが改変されたらしく、主人公えんどう(ジャバオ型)は登場せず、
    タイトルの行為は最初の選択次第で別人(たくや・ライネス型)が行う。
  • 呪文は主にDQの流用(ピオリムあり・ボミオスなし)。


【かき】 作品 ツクール1 (07:52)

  • Part144の二本目。作者 こうた氏。
  • ライネス系。キャラが改変されていた。
  • 上記作品の題名&主人公と本作作者の関係は不明。


【ケ・ブラのたびたち】 作品 ツクール1 (10:49)

  • Part144の三本目。作者 ケンジ氏。「旅立ち」に非ず。
  • ライネス系。キャラと一部イベント敵が改変されていた。
  • 「ケ・ブラ」の詳細は不明。


【しろか゛ねの聖剣】 作品 ツクール2

  • Part145の作品。
  • シナリオ・マップ JAMZUたちは゛な氏、スペシャルサンクス ??????????????氏。
  • この題名だが内容は「ダイの大冒険(デルパイルイル編)」の再現。
  • たにツクダイ大二次創作では希少な「デルムリン島の外に出た」作品。
  • 会話送りだけ行う半自動RPG。「女神こうりん」と違い戦闘は無くキャラもほとんど動かない。
    主に場所移動とスイッチ操作で場面転換していて紙芝居に近い。
  • 題名・キャラ名と本編での入力文字の違い(小文字や濁点の有り無し)から、
    最低でも2りの手が加わっている可能性が考えられる。 *4


【隕石のレイウェン編】 作品 ツクール2

  • Part146~147の作品。無題。シナリオ・マップ SHINJI氏。
  • かつて隕石が落ちた町「セオル」の兵士レイは、友人のウェンに誘われて北の洞窟へ向かうが…。


【THE通学けんない にたみさん編】 作品 サウンドノベルツクール (07:11)

  • Part147の二本目。
  • 問答無用な「にたみさん」と作成中の「にたみさん」の2本立て。


【ANOTHER QUEST …もう1つのせかい…】 作品 ツクール2 (148・00:38)

  • Part148~148.5の作品。
  • シナリオ MANSHO ITO氏、マップ HIROBUMI ITO氏、スペシャルサンクス ITO SOFT氏。
  • 『猫が魔王を封じた』世界「リオネント」に兵士として召喚されたユウキは、
    偶然再会したユカと逃亡を図るが、別世界の魔物はあまりにも強く…。
  • 異常に強い敵と非常に低い経験値と無情な『回復施設無し』が揃った無理ゲー。
    (ハルさん曰く「シナリオだけ続いていたらとか考えたらゾッとするわ。『R』とか超ヌルゲーになるわ」) *5


【GOD ERASER】 作品 ツクール2

  • Part149~150の作品。「EATER」にあらず。
  • シナリオ LOW.ROCKEN氏、マップ SATO・CHANG氏、スペシャルサンクス ROCK STUDIO氏。
  • 小島に暮らす少年マーズは、勇者を探す少女ヨーコと出会い旅立った。
  • 40近いマップに合計容量1万以上のイベントが置かれていた(主に場所移動との事)。
  • キャラやアイテム名にPart086「ライム編」と共通点が多く、何らかの関連を窺わせる(詳細はこちら)

【てんくうへのとう/てんくう城】 地名 (150・00:42)

  • エディット閲覧のみ行った、「DQ」の天空城と天空への塔を再現したマップ。
  • 世界樹の雫のようなアイテムを貰うイベント等もあり、ツクール2としては「驚異の再現率」と言える出来。


【俺は、レジェンド ディストラクティヴ編】 作品 サウンドノベルツクール (00:45)

  • Part151の一本目。
  • ギャル言葉にキレた作者と、自己紹介する臼井 仁君。
  • Part133「『仁の仲間達』」との関係は不明。


【CRISIS・SAVERS ~クライシス・セーバーズ~】 作品 ツクール2 (03:26)

  • Part151の二本目。
  • シナリオ コードネームは XYZ氏、マップ わたしはだれでしょう?氏、
    スペシャルサンクス サヤト・U × ベルル・C氏。
  • 「セルティアシティ」で大量失踪事件が発生!果たしてサヤトとベルルはこの危機を救えるのか!?
  • 無人の町に商人(全員ターバン型・53番)だけ充実。


【ADVENTURE OF “AAAA”!!!】 作品 ツクール2

  • Part152の一本目。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス K.T氏。
  • 時は西れきXXXX年 世界は“ひじょー”に “やばい”ことになってた
    どうしようもないから ゆうしゃがなんとかしよう そんな話 (OPより引用)
  • 題名の“AAAA”は、勇者「ああああ(ライス型)」の事だと思われる。
  • 呪文・アイテムは「DQ」「FF」「メガテン」の流用(ピオリムの代わりにピオラあり)。


【ひぐらしメイカー】 作品 サウンドノベルツクール (09:09)

  • Part152の二本目。
  • BUMP OF CHICKENの曲「ラフ・メイカー」の歌詞前半部。
  • 1番の「ラフ・メイカー」が「竜宮レナ」に変更されていた。


【ガース】 作品 ツクール2

  • Part153~154の作品。
  • マップ ガースとう氏、スペシャルサンクス まえだはやと。氏。
  • 丸腰・所持金100Gで長旅に出ると言い出した主人公。 *6
  • 物語よりイベントのコピペや隠し要素に力が入っている。
  • 呪文は「DQ」の流用(ピオリム・『ボオミス (まさに凡ミス) 』あり)


【ふから ものがたり】 作品 ツクール2 (05:31)

  • Part154の二本目。シナリオ・マップ たかし氏。
  • DVD返却のため「かわらざき たかし」君の家に向かう、だいき君の長き旅。


【トモカズは、はげ!!】 作品 ツクール2 (155・00:43)

  • Part155~161の作品。
  • シナリオ・マップ M.SASAYA氏、スペシャルサンクス ウォーズマンコ氏。
  • だんきち系。セリフの約17%が主に下ネタ・ネガティブ方面に改変されている。 *7
  • セリフ以外のイベントと主人公以外のデータはほぼそのまま(マップ名もセリフのみ改変)だが、
    途中から新規イベントも散見できる(主に状態異常になるor追加敵と戦う)。

【ささやもとむ】 キャラクター (155・03:02)

  • 主人公。作者の分身と化しただんきち。
  • 役割は原作と全く同じ(ただし、ヒロインの趣味変更によって「RPGを作る」意味が失われている)。
  • OPテロップでは自虐しているが、作中では「美顔」「ヤリまくりらしい」
    「ジャニーズ名鑑で2年連続『そいごう』人気No.1」等、自己愛溢れる改変がされている。
「あぁ!おれだ!ことしもか………。まいったな。」

【トモカズ】 キャラクター (156・03:18)

  • 題名通りの外見(老人型・32番)と化したゴリサク。
  • 髪を気にする以外は原作とほぼ同じ。
  • なお、「さとし(タクヤ)」は「イケメンからブサイク扱い」に、
    「にきお(ヌポノスケ)」は「セリフがヌポからニキ」に変わっただけ。
「ヤダぁ! おれ、かみがぬけちゃった。 とうひのケア してるけど やっぱりダメね@」


【おべんとうやクエストII 幻ときえたタコヤキ】 作品 ツクール2

  • Part162~174.5の作品。
  • シナリオ・マップ アッパーしょうりゅうけん氏。
  • 国家の陰謀に立ち向かう若者達の物語。
  • 「フィールドマップ未使用」「味方側がHP30固定の戦闘バランス」等、独特な要素を備えた秀作。
  • 敵名の大半が「ダジャレ」なのも特徴。
「このさくひんは フィクションです。じつざいのじんぶつ
 団たい・じけんなどには、いっさいかんけいありません。」

【3つの大国】 用語

  • 「ナクドナルド」「モフバーガー」「コッテリア」の3国。
  • 少なくとも4年前から利権を争って対立しており、ナクドナルドが夢幻竜を呼び出した事もある。
  • 元ネタが企業故か「店」と「国」が混同された描写で全貌が掴み辛い。
    (実際ディゼアも、最初は「支店」を潰しただけで「国」を潰したと勘違いする。)
  • 支店長クラスより上がまったく描かれないまま、3国ともENDで勝手に滅んでいた。

【3つの道具】 用語

  • 「聖木のつまようじ(以下聖楊枝)」「おうごんのタコ(以下金蛸)」「かがやくこむぎこ(以下輝粉)」。
  • 夢幻竜を封印&復活できる力を持ち、4年前アリマ達が使い、今回3つの大国が集めている。
  • 食材にもなるらしく、ENDでミヤビによって幻のタコヤキにされた。 *8

【END】 用語 (174・08:51)

  • 夢幻竜を倒して「イホン国」に招かれたディゼア達。
  • パーティーを抜け出たディゼアは、仲間に見送られて妹の下へ帰るのだった。
  • その頃、3大国滅亡で勢力拡大したマケンタッキーの設立者、イホン国王ことスーダンサルネーカは、
    世界を牛耳るため「アリマ」と共に動き出そうとしていた。 *9

【TOKYOタワー】 地名 (171・06:00)

  • 「シックスイレブンの町」の南にある。
  • サイボーグ兵のコアがある最重要施設だが管理がずさん。
    (真の黒幕にとっては廃棄前提の実験作、魔王とコッテリアにとっては夢幻竜復活までの繋ぎだった?)
  • 今までと違って敵名が普通。

【TOKYOネズミーランド】 サブタイトル (167・07:10)

  • 第2章。ディゼア達とは別パーティの物語。と、思われたが…。
  • ネズミーランドは登場しない。

【アリマ】 キャラクター (174・09:06)

  • 4年前に夢幻竜を倒した勇者(英雄とも)。
  • ナクドナルドの試験で魔王に弁当を50個売った後、命と引き換えに夢幻竜を倒したらしいが…。
「おおせのままに………」

【イトーヨーカ城】 地名 (169・01:41)

  • コッテリアの本拠地。「チビストップの町」北東。
  • 動物の命と3つの道具とヒロインを奪われる。

【イヌ】 キャラクター (167・07:42)

  • 仲間。セリフに「イヌ」と表示される犬。
  • 海岸で聖楊枝と金蛸を拾い、対人間用に夢幻竜の復活を目論むが志半ばで果てた。
「ペンギンも しんぱいしょうだよな~」

【エイド】 キャラクター (163・06:48)

  • ヒロイン。リョウコ型(15番)。
  • 「コッテリア」の地下牢にいた所をディゼア達に救われる。
  • 4年前に夢幻竜を倒した勇者達の生き残りで、夢幻竜の封印場所を知る唯一の人物。
  • 1章ラストで素性を明かし、ディゼア達の協力を得て「イトーヨーカ城」に忍び込むが、
    サイボーグ兵に敗れた彼らを救うため捕まり、夢幻竜の復活に協力させられる。
  • 復活した夢幻竜に1りで挑みかけた所をディゼア達と再会し、彼らの戦いを見届けた。
  • 何故かディゼアと相思相愛になっていたが、本作では彼の帰郷を見送るにとどまった。
  • 見た目や役柄は清純派なのに、衣服は『ロープとマフラー』だけと、やたら過激。 *10
「…おいしいチキンを たべることはまだ、できないとおもいますよ…」

【エリス】 キャラクター (173・11:06)

  • ディゼアの妹。ラスダンでの回想に登場。少女1型(37番)。
  • 4年前に夢幻竜の影響で昏睡状態になったが、アリマ達が封印した事で目覚めた。
  • 病み上がり直後から4年間も1りで留守番をしているようだ。
「いっしょにフライドチキンを たべるんだからね。」

【カジノ】 地名 (170・01:00)

  • 「シックスイレブンの町」にある。
  • 敵のドロップ率を利用したスロットでコインのランクを上げてランクに応じた景品と交換できる。
  • ダミーアイテムを使った高度な景品交換システムが構築されていた。

【クイーンエリザベヌごう】 地名 (166・08:52)

  • 「シックスイレブン」行きの豪華客船。
  • 聖楊枝入手後に「まるで『作者都合』なタイミング」で入港していて、
    「シックスイレブン」にあるナクナルドへ行くため乗船する。
  • 船内でミヤビに聖楊枝を盗まれる。

【コッテリアカンパニー】 地名 (163・00:51)

  • 「ローソソ」の北。コッテリアの支店。
  • 店長に地下へ落とされてエイドと出会う。

【サークルJの町】 地名 (164・02:41)

  • 「ローソソ」の東。
  • モフバーガー(多分支店)があり、店長に会うため入社試験を受ける事になる。

【サイポーク009】 モンスター (170・06:30)

  • 「コッテリア」のサイボーグ兵。マップ:獣人型(64番)・戦闘:オーク型。
  • 「シックスイレブン」の出入り口を封鎖しており、戦うとALL9999の脅威的性能で屠られる。
  • サイボーグ兵には隊長直属のしゃれい型(28番)もいるが、性能等の違いは不明。
  • ディゼアに「TOKYOタワー」のコアを壊され、全機が停止(爆散)した。
    (最重要な「TOKYOタワー」に配備されていなかった理由は不明)
「『したっぱというものも、ゲームではじゅうようなポジションなんだぞ?」

【シックスイレブンの町】 地名 (169・10:49)

  • 「チビストップの町」の西(タワー攻略まで行き来不可)。
  • 「イトーヨーカ城」での敗退後に何故かここまで来ている。
  • カジノやトレードショップ(特定の品物による物々交換屋)などの特殊な施設がある。

【しらぬがホットケーキ】 サブタイトル (169・10:36)

  • 第3章。「TOKYOタワー」を攻略して夢幻竜との決戦に挑む。
  • タイトル通り、ディゼア達には知らぬが仏な結末を迎える。

【チビストップの町】 地名 (168・12:15)

  • 「ムツジロウ王国」の北西。
  • 物語には関わらない中継地。

【チャン】 キャラクター (162・05:05)

  • 仲間。チャナイの国から来た謎の男。ピエロ型(51番)。
  • ディゼアの決起直後に現れて、「面白そう」という理由で加わる。
  • 最後まで素性不明(むしろENDでの下記セリフで謎を深める)。
  • 年齢に見合う多芸振りで、幾つかの障害物排除に貢献する。
「ハハハ、わかくはないアル ワタシは今年で 100022さいアルネ。」

【ディゼア】 キャラクター (162・03:30)

  • 主人公。シンジ型(49番)。
  • 「マケンタッキー」のチキンのまずさに怒り、原因が3つの大国にあると聞いて潰しにかかる。
  • その過程でエイドと出会い、3つの大国の目的(夢幻竜復活)を知って阻止を目指す。
  • 味方以外には粗暴で好戦的だが女性は敵でも割と優しく、そのギャップ故か妙にモテる。
  • 当初は素性不明だったが、終盤「妹を救ったアリマ達に恩返しするため旅をしていた」と判明する。 *11
  • 関心事しか耳に入らないのか、4年の旅でアリマ達の断片的な情報は得ていても、
    現在進行形の世界的大問題である3つの大国の事は全く知らなかった。
「ていいん! チキンをもってこい! フライドチキンだ!!」

【てんちょう/たいちょう】 モンスター (163・03:24)

  • 「コッテリア」の店長。マップ:ローリー型・戦闘:剣士型。
  • 夢幻竜復活のためエイドを捕らえたが、ディゼアに敗れてクビになる(死亡する)。
  • 2章ラストでサイボーグ化されて再登場し、サイボーグ隊を率いて「ムツジロウ王国」を占領するが、
    3章で「TOKYOタワー」のコアを壊されて二度目の死を迎えた。
「ここからだしゅつさせんぞ ここでゲームオーバーだ!!」

【にげるが勝キン】 サブタイトル (162・03:22)

  • 第1章。世界の運命を左右する私闘の始まり。
  • タイトルと裏腹に主人公側は逃げない。

【ネコ】 キャラクター (167・07:42)

  • 仲間。セリフに「ネコ」と表示される猫。
  • 刀剣と忍術を扱う「忍猫」だが、特に見せ場も無く死亡した。
「だいじょうぶ! これでもさいきょうの にんじゃなのよ!」

【ファミリアマートの町】 地名 (165・09:29)

  • 「サークルJ」の北。モフバーガーの入社試験会場。
  • 北側の墓地の地下で聖楊枝を入手し、現れた店長を倒す。

【ペンギン】 キャラクター (167・07:42)

  • 第2章の主人公(悲)。「ムツジロウ王国」の勇者の孫。ニワトリ型。
  • 南の海岸でミヤビを見つけた後、イヌらと夢幻竜を復活させるため旅立つ。
  • …が、「イトーヨーカ城」にて仲間共々あっさり殺される。
「……にんげんとどうぶつが なかよくすごせる日が いつかこないかなあ…」

【魔王っぽいもの】 モンスター (173・07:17)

  • 自称黒幕。マップ・戦闘:スライム型。
  • 理由は不明だが力を失っていて(作中では「アリマが弁当を売った相手」としか分からない)、
    その回復のため、サイボーグ技術などを餌に3大国をそそのかして夢幻竜の復活を目論んだ。
  • 何故かラスダンの途中に佇み、勝手に真相を喋って倒された(しかも本当は黒幕でも無かった)。
「ムニムニ… 今かいのあらそいごとの くろまくはわれなりムニ。」

【ミヤビ】 キャラクター (166・08:24)

  • 仲間。元メイド。メイド型。
  • 「コッテリア」のスパイとして「3つの道具」を集めていた。
    (ディゼアの「コッテリア」襲撃時はまだ面接中だった)
  • 船内で「おうごんのタコ(以下金蛸)」と聖楊枝を盗んで船首に追い詰められ、
    海に落ちかけてディゼアに助けられるが、彼の手を振りほどいて流される。
  • 「ムツジロウ王国」南の海岸に漂着し、ペンギンによって村に運ばれて介抱(放置)される。
  • コッテリアが村を襲った際にラズィと脱出し、ディゼアを見つけて仲間に加わる。
  • 船の一件からディゼアに気がある様だが、最後はエイドに遠慮して若干身を引いた。
「…あなたにもっとはやく あえていればよかったな…」

【夢幻竜/ムゲンリュウ】 モンスター (174・02:55)

  • ラスボス。龍型。
  • 人々の夢を喰らって力を増し、世界を一夜の夢と化す竜。
  • 遥か古に封印されたが、4年前ナクドナルドによって呼び出され、勇者アリマ達が命と引き換えに再封印した。
  • 魔王の手で復活したが、ディゼア達との激闘の末に倒される(描写は無いが一応封印されたらしい)。
  • 4年前と違って何の犠牲も無く倒せたのは、復活直後で夢を喰っていなかったためか。 *12

【ムツジロウ王国】 地名 (167・07:42)

  • 動物達の村(国)。
  • 元々、領土拡大を目指すコッテリアに狙われていたが、後に夢幻竜の封印場所と判明して占領される。
  • なお、この世界の動物は普通に人間と会話し、刀や銃火器を扱う。

【ラズィ】  (169・14:22)

  • 仲間。「ムツジロウ王国」に複数いる妖精のどれか。
  • ミヤビと村を脱出した後、彼女と共に加わる。
「はーい、わたしがようせいのラズィです。」

【ラストダンジョン】  (172・13:28)

  • 「ムツジロウ王国」の地下。夢幻竜の封印場所。
  • タワーに続いて敵名が普通。

【ローソソの町】 地名 (162・03:30)

  • スタート地点。チキンの老舗「マケンタッキー」がある。
  • 結果的にマケンタッキーのチキンのまずさが世界を救った。 *13


【やみと光と魔法と剣と竜と戦いと風と炎と城と村とぼんおどり】 作品 ツクール2

  • Part175~177の作品。
  • シナリオ MIYAZI SYACHO氏、マップ 村命 イナカスケ氏、スペシャルサンクス KATO CHA氏。
  • 貧乏な家の少年フォレスは『勇者になって金儲け』するため、王の課題を受けるが…。
  • (元々構想にあったか不明だが)盆踊りのシーンは無い。

【ヴァルタル町/城】 地名 (175・09:59/176・00:30)

  • 「フギャラ村」の南東。「ヴァル『ダ』ル」とも。
  • 王に認められると勇者になれるが、今の王に認められた者はいない。
  • それでも志願者は多く、フォレスもその1りとして課題を受ける事になる。
  • 「スイッチミスでフリーズ」「キャラ変更を忘れてといめいで徘徊」等、
    普通にプレイすれば見つかりそうなミスが放置されていた。

【ゴブリンどうくつ】 地名 (176・07:37)

  • 「ヴァルタル城」北の小島にある。
  • 最初の課題として討伐に訪れるが、先に来ていた志願者にボスを倒されてしまう。
  • ボスと戦える分岐を匂わすセリフもあったが、実際には用意されていなかった。

【トマス/ラスティ】 キャラクター (175・07:17/05:23)

  • 仲間。フォレスの友人達。グラ27番/8番。
  • 複数の呪文を使う魔法少年トマスと、メカ(呪文)で戦うメカオタ少女ラスティ。
  • しばらく前からケンカ中らしく、片方しか仲間に出来ない。
「何だかひじょーにラスティにあいたくないんだ。 さっ、いこうぜ!」
「今日はトマスとあいたくないの ささっ、いきましょ!」

【フォレス】 キャラクター (175・01:55)

  • 主人公。「フギャラ村」の少年。グラ18番。
  • 家が貧乏なため、母にむりやり出稼ぎに行かされる。
  • 無口なDQ型主人公。ナレーションによればお金の事しか頭に無いらしい。
  • エディットにクラスチェンジ後らしき同名キャラ(ローリー型・物理重視とライス型・バランス重視)がいた。






*1 実際の題名は、オーと丸記号を間違えた「AR“○”UND(エーアール“まる”ユーエムディー) THE WORLD」。

*2 データ上は補助呪文使いがいたものの、加入イベントがあったのかすら不明。

*3 銃撃(呪文)で消費した弾丸(MP)を予備の弾(アイテム)で補充するという設定。銃使い以外も銃弾でMP回復してしまうためか、戦士用らしき呪文(技)は用意されていたが、加わった仲間は2りともMP0だった。

*4 文字の変換方法を知らない「しろが゛ねの聖剣」作者と、変換方法を知っている「ダイの大冒険」二次創作作者の2り。

*5 基本能力は高いので数LV上がれば戦えそうだが、そもそも1LVも上げられそうにない。 データ不足のため宿や武具屋が揃ったゲーム完成状態での難度は不明だが、ハルさんが言う通り、シナリオ『だけ』続いていた場合、宿や古の禁術の用意は避けられなかっただろう。

*6 登場するのは「ウィン(ライス型)」だが、彼の部屋には「ゼウス(グラ5番)」の日記があり、村にもウィンとゼウス両方の名が登場するという、どちらが本当の主人公なのか不明な状況になっている。

*7 「原作自体が結構キている」ためか、一部を除いて違和感をあまり感じない(改変下ネタだと思ったら「原文ママ」だったり…)。

*8 上述の通り最後にタコヤキは「出る」が「幻と消える」場面は無い。もっとも材料はある意味「幻と消えた」し、後に食べれば「幻と消えた」と言えなくもない?

*9 今回の一件はサイボーグ研究のテストだったらしいが、サイボーグ完成前に夢幻竜が世界を滅ぼす可能性を想定していたのか不明。ENDのアリマが本物として、前回の経験から対処法を用意していたのか、それとも…。

*10 胸と下半身に巻いた上で全身を長髪で覆えば遠目には誤魔化せるか。間近にいて最後まで我慢して去ったディゼアの精神力は凄まじい。

*11 全く面識のない、夢幻竜打倒の結果救われた人々の1りに過ぎない。ある意味、普通のRPGのENDでただ喜ぶNPCに甘んじなかった人物と言える。

*12 もしくは、4年前のアリマとエイド以外の勇者2りの死も『彼』の計画の内だったのか…?

*13 息のかかった店舗内の出来事で黒幕に都合のいい結果をもたらした(「サイボーグのテスト」をしつつ「世界が滅ぶ前に夢幻竜を再封印」)が、これが最初から計画通りだったかは不明。(OPの時点で無名のディゼアを利用するとは考えにくいが…。)