本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:16/04/24 若干加筆修正

- 

【賢ちゃん 白】 作品 デザエモン

  • #48の作品。賢治の国で繰り広げられる激闘。
  • 3面はオリジナルで5面は「なにもないだな、これが。」、それ以外はサンプル改変という変わった構成。
  • 6面ボスでGAMEOVERになったところで終了した。

【STAGE3】 用語

  • 唯一のオリジナル面。
  • …が、ボスしか登場しない。

【顔】 キャラクター

  • 3面のボス。顔を思わせる形状の物体。
  • 大量の弾を吐き出して火力は高いが、耐久力は低い。

【ヨヨ井賢治の国へ】 背景

  • 1面の地面に書かれた言葉。観光地の看板の様な文句。
  • 3面は「ヨヨ井」が消えて「賢治の国へ」とだけ書かれていた。


【DAIOH、、、GALE】 作品 デザエモン

  • #49~50の作品。
  • GRAPHIC・MUSIC ひろよ氏、THANKS あにき氏・さくじ氏。
  • 機械文明とファンタジー世界で繰り広げられる緩い戦い。
  • 1・4面はサンプルの改変、2・3・5・6面はオリジナル。…といっていいのか分からないが自作グラ中心。

【自作STAGE】 用語

  • ステージ2・3・5・6。自作グラの背景と敵キャラが登場する。
  • 難度も雰囲気も緩めだが、ステージ6のみEASYでも若干激しい。


【ブロック!ブロック!】 作品 デザエモン

  • #51~52・70の作品。
  • 高性能紙飛行機と大量のブロックが織り成す新世代ブロック崩し。
  • グラフックは全てオリジナル。
  • 2面の高難度に屈して一旦終了。後日テストプレイで3面以降をプレイした。

【STAGE1】 用語

  • 湧き出るブロックがアイテムをばら撒き、あっという間にフル装備になれる。
  • 難度はとても緩いが、異様なほど長い。

【STAGE2】 用語

  • 1面の甘やかしを取り返すが如く、敵が猛攻を仕掛けてくる。
  • ボスまでたどり着けず、エディット閲覧に移った。


【ASANO 1995】 作品 デザエモン

  • #53~54の作品。
  • 1995年。正体不明の侵略者に対し人類は顔型兵器「ASANO」を投入。
    ここに種の存亡をかけた戦いの火蓋が切って落とされた。
  • 1面のみオリジナルで2~5面はほぼサンプル、6面はサンプルの改変。
  • 一部のグラフィックは自作。
  • 最終ボスの弾幕STGとは一味違う弾幕に屈して、エディット閲覧に移行した。

【STAGE1】 用語

  • 唯一のオリジナル面。
  • 荒涼とした大地の上空で奇妙な顔の自機と正体不明の物体が激突する。

【STAGE6】 用語

  • 大きく改変されたサンプル6面。
  • 真っ暗な背景にシルエット化した敵機が浮かぶ。
  • 長さが数倍になっており、延々と続くファイヤーバーの先に強烈な弾幕を張るボスが待ち構えている。


【BIO HAZARD 99】 作品 ツクール2

  • #55の一本目。
  • 地球外惑星で繰り広げられる「バイオハザード」の外伝。…になる予定。

【LV.20ゾンビ】 モンスター

  • 「グスゴー城」周辺を大量にうろついている。
  • ランダムではなくシンボルエンカウント風。
  • 「アンブレラ」によるものと思われるが、明かされるまで作られていなかった。

【グスゴー城】 地名

  • 防衛軍本部。
  • レオンが辿り着いた時には大量のゾンビが城外をうろついていた。
  • 門が堅く閉さざれていて入れない。

【レオン】 キャラクター

  • 主人公。別の星のレオン。防衛軍マグナル町支部所属。
  • 緊急シグナルを受けて向かった「グスゴー城」でゾンビと遭遇する。
「はやくグスゴー城にいかなくては。」

【惑星】 用語

  • 本作の舞台。NASAでさえ発見していない未知の惑星。
  • 「アンブレラ」はこの星で『実験』を開始した。
    (…そんな星間航行技術があるなら、ゾンビ以前にやることもあろうに)。


【どせいさん編】 作品 ツクール2

  • #55の二本目。無題。
  • たにツクでは希少な「MOTHER」ネタ作品。

【どせいさん】 キャラクター

  • 主人公。
  • あの形状を再現する術が無いため、スライムで代用している。
  • 無人の小島に取り残されて、犬と戦い続ける。

【ファースタウン】 地名

  • 唯一の町。無人。
  • 「サターンバレー(どせいだに)」ではないから、他にどせいさんがいないのはまだ分かるが…。


【サタンスレイヤー 魔王サタン】 作品 ツクール2

  • #56の作品。シナリオ・マップ・スペシャルサンクス A.YAMADA氏。
  • 町から出たら6歩で魔王。
  • イベントは殆どないが、データ類は大充実(サタンスレイヤーもデータは存在した)。

【スイッチ店員】 キャラクター

  • スタート地点「カイザの町」唯一の住民。露店経営。
  • カウンターに話しかけるとスイッチが入り、後ろの彼が自動実行で喋る(終わるとOFFになる)。
  • カウンター越しの会話を回りくどく解決している。
「いらっしゃい。」

【魔王サタン】 モンスター

  • どストレートな名前。
  • 開幕バムーラ群に紛れながらフィールドに立ち、話しかけた冒険者に無慈悲な一撃を与える。
「わたしを、たおせるかな?」


【アルス編】 作品 ツクール1

  • #57の一本目。無題。
  • 最強の力を振るう場がない冒険者達。


【1+1=??編】 作品 サウンドノベルツクール

  • #57の二本目。
  • タイトルの計算問題と答えが書かれていない選択肢のみだった。


【ユユこんにちわ さようなら編】 作品 サウンドノベルツクール

  • #57の三本目。
  • 「サウンド」だけで『ノベル』を放棄。
  • エディットにタイトルの文章・他があった。


【無限トイレ編】 作品 サウンドノベルツクール

  • #57の四本目。
  • トイレで永遠に焦り続ける主人公。…終わり。


【恐怖雪山殺人】 作品 サウンドノベルツクール

  • #58の作品。
  • 彼女と親戚のペンションにやって来た主人公は、夕食までのひと時をのんびり過ごした。…終わり。


【アイウ】 作品 ツクール1

  • #59・61の作品。作者 カズミネ氏。
  • 水没系。タイトルのアイウは、呪文や敵にもつけられていた。
  • 各種名称から「DQ7」以降に作られたと思われる。
  • #59の端子クリーニングの実演に本作のROMが使われた。


【DA LE】 作品 デザエモン

  • #60の作品。
  • ほぼサンプル。所々改変…と言えるか分からないが、グラフィックが切り貼りされていた。


【ボスをころせ!】 作品 ツクール1

  • #64の作品。
  • ザコを狩ってボスを倒す。基本に忠実なRPG。
  • サンプルデータをロードしてイベントだけを消し、残ったマップを使わずに
    新マップを作るという、妙に手間のかかるやり方で作られていた。

【 】 地名

  • 島の南西に隠された無名の地。
  • 中央の井戸に話しかけて「はい」を選ぶと、アイテムの購入ができる。

【エーリューズニル】 地名

  • 偽りのボスの城。島の東側。
  • サンプルと同名だが、構造は全く違う。

【ザコ】 モンスター

  • フィールドに出現する。剣士型。
  • 名前通りのザコだが経験値9000もあり、しばらく戦うだけでLVがドンドン上がる。

【ひとし】 モンスター キャラクター

  • 「ふみたかのいえ」の柱に取り付いた、目に見えない怪異。
  • 柱を調べて「はい」を選ぶと戦闘になる(「いいえ」だとHP1にされる)。
  • ザコ相手にLVアップするか、装備を入手しないと勝てない。
  • 倒すと敵時代よりはるかに強くなってふみたかの『パシリ』になる。
「かてたらな。」

【ふみたか】 キャラクター

  • 主人公。
  • 存在理由『ボスを殺す』ために戦い続ける。

【ふみたかのいえ】 地名

  • 島の北西。
  • 回復ポイントと暖炉型の金庫、拳で語り合う仲間と殺すべき「ボス」がいる。

【ボス】 モンスター

  • 「ふみたかのいえ」の窓に棲み潜む異形。ネズミ型。
  • さんざんLVを上げたふみたかを軽くひねる、ひとし加入前提の強さ。
  • 倒すと、そのままENDに直行する。
「ボスです。さて、…。」

【ボス?】 モンスター

  • 「エーリューズニル」に置かれた壷。
  • 問いかけに「はい」と答えると、「ザコ」3連戦の後、ロボに変形して直接戦闘となり、倒すと装備をくれる
  • 「いいえ」と答えると「ふみたかのいえ」まで飛ばしてくれる。
「ク、クセモノー!!」


【パトゾフ編】 作品 ツクール1

  • #65の一本目。無題。
  • 水没系。独特な名称のキャラが設定されていた。


【まいづるし編】 作品 ツクール1

  • #65の二本目。無題。
  • 京都府舞鶴市。故郷に不満を持つ青年は、幻王の支配する世界に旅立つ。


【ひとりといっぴきのものがたり】 作品 ツクール2

  • #66の作品。
  • シナリオ ISAO-Z氏、マップ HAKU-RYU氏、スペシャルサンクス SODOMU氏。
  • 1りの人間と一匹のニワトリは、不可思議な世界を巡り、不可思議な出会いを果たす。
  • タイトルと裏腹に物語性は無く、仕掛けの施された建物があるのみであった。

【海底神殿】 地名

  • 唯一のイベントが配置された場所。
  • 幾つかの仕掛けを解除すると、亡霊船が眠る地下への階段が現れる。

【ダグラス】 キャラクター

  • 主人公その1。
  • 相棒のニワトリと共に世界を巡る。

【フネ(ぼうれいせん)】 キャラクター

  • 仲間。「海底神殿」の最下層にいる「『しゅべる』船」。
  • 問いかけに「はい」と答えると「ふねのけしん」と戦闘になり、勝つと加わる。
    (「いいえ」だと脱出手段の無い孤島に飛ばされて詰む。)
  • 当然、陸上を這って移動する。
「わたしは、ぼうれいせん…… よのねむりをさまたげるのは、 おまえか?」

【ポリシア】 キャラクター

  • 主人公その2。ニワトリ。
  • 幻竜剣の使い手で、戦闘の要。


【いっぴきだけのものがたり編】 作品 ツクール2

  • #67の一本目。無題。
  • 水没系。前回と打って変わって、ニワトリ一匹が浮かんでいた。
  • 様々な項目が設定されていたが、何故かどれも無名だった。


【アリオス編】 作品 ツクール2

  • #67の二本目。無題。
  • 水没系。女性キャラに「クラリス」と「シータ」が設定されていた。


【ラムザ編】 作品 ツクール2

  • #67の三本目。無題。
  • 三度目の正直でようやく地に足が着いたものの、それで何が起こるわけでもなかった。


【殺愛殺愛愛殺愛殺】 作品 デザエモン

  • #68の作品。
  • GRAPHIC F枝NERV氏、MUSIC 久義NERV氏、THANKS 英二NERV氏・三智子氏。
  • 漆黒の虚無を舞う戦闘機。


【DAIOH、、、GALE(01)】 作品 デザエモン

  • #69の作品。
  • ステージ順やグラフック等がデタラメに改変されたサンプル。

【赤モノリス】 キャラクター

  • 1面ボス。横向きで赤色のモノリス。
  • 微弱な弾幕で攻撃してくる。


【DAIOH GALE】 作品 デザエモン

  • #70の作品。
  • 1面はほぼサンプルそのまま。2面以降は地形のみで、ひたすら大地を眺めるゲームと化していた。


【DAIOH GALE(02)】 作品 デザエモン

  • #71の作品。
  • ステージ構成はほぼそのままだが、自機や約半数の敵グラが改変されたサンプル。
  • 高難度の5面が突破出来ず、6面はテストプレイで挑戦した。

【アーバイン】 キャラクター

  • 1面ボス。元ネタは「バハムートラグーン」に登場する敵将。
  • 他に比べて丁寧なドット絵。


【まおう編】 作品 ツクール1

  • #72の一本目。無題。
  • 水没系。「まおう」を名乗る者が海に浮かんでいた。


【シムビレッジ】 作品 ツクール1

  • #72~73の作品。作者 KATSUOU.氏。
  • 「あるひとりの しょうねんが おおがねもちになることをゆめみて たびだつというRPG」(ほぼ原文ママ)
  • 戦闘は殆ど無く、フラグ立てとミニゲーム(?)で話が進むAVG系の内容。
  • 淡々とした独特の雰囲気が特徴的。

【金貸し】 キャラクター

  • 「はちまん」の南東側にいる。
  • 主人公に金を貸しており、返済のために畑の「どくがえる」退治をさせる。
  • 仕事を終えると自由の身にした上、稼ぎの一部を与える。
  • 後に主人公が花畑を所有すると、花屋を開く準備をしてくれる。
「なにやっとるんだ!はやくしごとしてこい!! はたけをあらすカエルを10ぴきころしてこい!!」

【くれたけ】 地名

  • 「はちまん」の北西。
  • 馬(ブライアン)の下に水晶があり、飼い主に代金、馬に「きゅうり」を与えて手に入れる。

【水晶の人】 キャラクター

  • 「はちまん」で花の種を植えると出入り口近くに現れる。
  • 主人公に「ひかるすいしょう」の入手を頼み、代金300Gを渡す。
  • 持ってくると主人公が将来勇者になると言い残して姿を消す。
    (エディットに勇者になった後と思われる主人公が設定されていた)
「おまえは いつかこのくにをすくうゆうしゃとなるだろう
そのとき このいしでおまえをたすけてやろう そのときに あおう」

【チワブライアン】 キャラクター

  • 馬。自称ゲームの進行役。
  • ゲーム開始直後、キャラ選択とゲームの目的説明を行う。
  • 後に「くれたけ」で再登場するが、その際は喋らなかった。
「わたしがこのゲームのしんこうやくをつとめるチワブライアンです。
あなたはだれですか?おしえてください」

【はちまん】 地名

  • スタート地点。3*3の草原チップが置かれた空間。
  • 「畑のどくかえる退治」→「種の入手&植える」等のイベントを経て、「水晶入手」のために外に出る。
  • 水晶の人に水晶を納品した後で出入りすると、マップに花畑がある別マップ「はちまん2」に変わる。

【花屋さん】 用語

  • 水晶の人が去った後、「はちまん」を出入りして「はちまん2」に移動すると始まる。
  • 主人公のまいた種が花畑になったため、金貸し老人に促されて「花屋」を開店する。…終わり。

【まくすけ / ぺろあき】 キャラクター

  • 主人公。ゲーム開始時に選択する(名前以外に違いは無し)。
  • 最初から背負っていた借金を完済して、更なる金儲けのために旅立つ。
「いらっしゃい」

【みさき】 地名

  • 「くれたけ」の北。動物の飼い主がいる。
  • 理由は不明だが、入口まで戻される見えないワープが大量にあり、
    それを避けて飼い主の元まで進む記憶系イベントとなっている。

【よしはま】 地名

  • 大陸の南東。
  • 理由は不明だが、話すと決まった歩数だけ上に進む犬達を動かして
    「きゅうり」が入った壷まで進む、パズル型イベントとなっている。


【SUPER DANTE ガンプの謎編】 作品 ツクール1

  • #73の二本目。無題。
  • 無人の大陸で「ゼリー」と戦い続ける謎の男ガンプ。


【竜王神聖戦 幻魔者の炎】 作品 ツクール2

  • #74の作品。
  • シナリオ 天人氏、マップ 魔王氏、スペシャルサンクス 神士氏。
  • 竜王と魔王が誰もいない世界をお散歩。所々に「らんま1/2」の影響を感じさせる部分があった。


【いを?ん。『『ん。。よめひにつねてへむ むゆ め  だん】 作品 ツクール2

  • #75の一本目。
  • シナリオ・マップ T.MOMOKURI氏、スペシャルサンクス だいザム・まこBE氏(サンプル)。
  • ロードしたサンプルイベントを無視して、身内ネタ全開のテキストだけでENDに直行した。


【ONE PIECE】 作品 ツクール2

  • すーさん#75の二本目。
  • シナリオ A.KIMURA氏、マップ M.NAGAHASHI氏、スペシャルサンクス S.KIMURA氏。
  • 「ONE PIECE」と無関係なイベントと、「ONE PIECE」を元にしたデータ(敵の半分はDQ5)が設定されていた。


【キース編】 作品 ツクール2

  • #76の一本目。
  • 格闘家キースは、ライバルのアンティと組んで賞金稼ぎを始めたが…。


【マジックナイト レイアース】 作品 ツクール2

  • #76の二本目。
  • 「魔法剣士 レイアース」を元にしたキャラ等が設定されていた。


【レヴァリアース編】 作品 ツクール2

  • #77の一本目。
  • 「レヴァリアース」の二次創作を作ろうとした節がある一方、呪文は「女神転生」の魔法であった。


【DAIOH GALE(03)】 作品 デザエモン

  • #77の二本目。
  • 違いを見つけるのが困難なほど、サンプルそのまま。


【DAIOH GALE(04)】 作品 デザエモン

  • #78の作品。
  • 闇を切り裂く、最強のレシプロ機。
  • 自機がオリグラに、6面以外が真っ暗になっている他は、ほぼサンプルそのまま。


【キングクリムゾン編】 作品 デザエモン

  • すーさん#79~80の作品。
  • GRAPHIC □□□(左から小・中・大)氏、MUSIC XΩL氏、THANKS OO(横顔の様な物体2つ)氏・777氏。
  • 「クリムゾン・キングの宮殿」の『顔』が、サイケデリックな世界で死闘を繰り広げる。
  • サンプルはごく一部だけで、後は『形』としか言いようの無い奇妙な物体が画面を乱舞し続けた。


【DAIOH GALE(05)】 作品 デザエモン

  • #80の二本目。
  • 4面までのボスがオリジナルになった他は、サンプルほぼそのまま。


【DRAGON QUEST】 作品 デザエモン

  • #81の作品。
  • あの「DQ」がSTG界に進出!
  • 驚異的な再現度のドット絵と、頑張って耳コピしたBGMが大量に作られていた。

【STAGE1】 用語

  • 「広野を行く」をバックに、勇者がフィールドを駆ける。
  • 陸に「スライム」、海に「しびれくらげ」、空に「リザードフライ」等が登場し、
    砂漠には「じごくのはさみ」がいる凝り様。
  • ボスは飛び道具を覚えたボストロール(BGMは「戦闘のテーマ(DQ3)」)。

【STAGE2】 用語

  • 魔物が蹂躙する町での戦い(でも商店は普通に営業中)。
  • ミニデーモンやグレムリン等が現れる。
  • ボスは怒らないアンクルホーン。

【STAGE3】 用語

  • いきなりBGMがサンプルになり、目の前の逃げないメタルスライムを数回殴ると終了する。

【STAGE4~6】 用語

  • マップまでサンプルに。
  • 当然5面以降は宇宙に飛び出し、「おい、そりゃ『FF』だろ!」と言いたくなる光景が展開する。
  • 4面こそボスはメタルキングだったが、5面ボスはドットの塊、6面に至っては道中・ボス共にサンプルだった。

【勇者】 キャラクター

  • 自機。FC版と逆に終始後姿の「DQ1」勇者。
  • 大量の剣を投げて攻撃(バルカン)し、メラではないホーミングメラやヒャド(デイン系?)を唱える。
  • 「キメラの翼」で素早さが上がり、「LVアップ」で力が上がる。


【Mg】 作品 デザエモン

  • #82の一本目。
  • データ破損により自機(うんこ)が飛んでいたのみ。


【顔X3】 作品 デザエモン

  • #82の二本目。顔っぽい物3つが並ぶタイトル。
  • GRAPHIC 777氏、MUSIC レ7氏、THANKS レ77氏・レ7氏。
  • いきなり6面から始まり、2面以降は虚無が広がっていた。
  • ポケモンSTGを作ろうとしていたらしく、モンスターボールだけショットやアイテムに使われていた。


【DAIOH GALE(06)】 作品 デザエモン

  • #83の作品。
  • 自機が横移動のときだけ「ツインビー」になった他は、サンプルそのまま。


【DAIOH GALE(07)】 作品 デザエモン

  • #84の一本目。
  • 一部を除いてグラ未設定の闇の中を、己の心眼を頼りに戦い抜くSTG。


【DAIOH GALE(08)】 作品 デザエモン

  • #84の二本目。
  • 自機が変更されていた他は、サンプルそのまま。


【DAIOH GALE(09)】 作品 デザエモン

  • #84の三本目。
  • 微妙にアレンジされているが、基本的にはサンプルそのまま。


【GOUKI】 作品 デザエモン

  • #85の一本目。
  • あの「グラディウス」のビッグバイパーがデザエモンに殴りこみ。
  • 自機等が部分的に変更されたサンプルゲーム。…と思ったら、6面だけオリジナルだった。
  • なお、エディットにはタイトルのGOUKI「豪鬼(SFシリーズ)」のグラもあった。


【DAIOH、、、GALE(02)】 作品 デザエモン

  • #85の二本目。
  • 1面のみぐちゃぐちゃに再編されたサンプル。2面以降は虚無。


【伝染るんです】 作品 デザエモン

  • #86の一本目。
  • 1面ボスが「かわうそ」と「しいたけ」等、漫画「伝染るんです」のキャラが若干登場する。
  • 1・2面のマップがシュールな雰囲気である以外は、ほぼサンプルそのまま。


【- THE EARTH -】 作品 ツクール1

  • #87の一本目。作者 M.M/T.M氏。
  • ライネス系。データ類は大量にあったが、イベントはサンプルだった。


【しゅんすけたちのぼうけん】 作品 ツクール1

  • #87の二本目。作者 しゅんすけ氏。
  • 水没系。ざんねん!しゅんすけたちのぼいけんは さいしょからおわっていた!


【ハヤカワ編】 作品 ツクール1

  • #88の作品。無題。
  • 冒険者ハヤカワと謎のカエルのあくなき戦い。
  • 敵と呪文名に「ア」「ラ」が多用されているが、これは「文字入力のカーソル初期位置が『ア』で、
    上に1回動かすと『ラ』に移動する」という、文字配置の影響と思われる。

【カエル】 モンスター

  • ハヤカワの前に現れた謎のカエル。たまに「ば」を『ぱ』と発音する。
  • 「アイスのまち」「城」「洞窟」に現れて、毎回ボコボコにされる。
  • 「洞窟」戦では一矢報いて、ハヤカワをスタート地点から少し南に飛ばした。
「このぱしょには、これないだろう」

【ドラゴン(魔王)】 キャラクター

  • 仲間。「アイスのまち」で加わる。
  • その際、外見が「竜型」から『悪魔型』に、名前が「魔王」から『ドラゴン』に変わる。
「おれをなかまにしてくれ」

【ハヤカワ】 キャラクター

  • 主人公。フルネーム「ウィザ・ハヤカワ」。
  • 偶然訪れた地でカエルと三度戦う。
「王さま、アイスのまちであいましたよね、、、、、。」


【ブラックドラをたおせ!】 作品 ツクール1

  • #89の一本目。作者 検閲により非公開。
  • 「フェンサリルの街」手前から始まる変則型ライネス系。

【ガチャピン】 モンスター (08:07)

  • 元サンプル敵のファング。トド型。
  • 「FF8?編」の蛙型以上にモデルから遠い。

【ケン】 キャラクター (00:40)

  • パーティ先頭の人物。メイドグラの男。
  • 0番と1番に能力違いで「2り」設定されていた。

【ブラックドラ】 モンスター (09:08)

  • 設定のみの倒すべき敵。ロボ型。
  • サンプル以降のイベント敵10番にあるため、イベント未改変の場合は絶対に登場しない。
  • 魔王デューより若干強い程度なので戦えれば勝つことは可能だった。
  • ダンジョン敵28番(元ガーディアン)の「ホワイトドラ」共々、某ネコ型ロボットが元なのだろうか。


【アイラ編】 作品 ツクール1 (#89・10:23)

  • #89~90の作品。無題。
  • 些細なワガママから城を抜け出したお姫さま。
    それは彼女の人生を大きく変える「ぼいけん」の始まりであった。
  • 全体的にセリフや演出が幼いものの、フラグ管理はある程度まとも。

【アーサ城】 地名 (#89・10:56)

  • スタート地点。アイラの居城。
  • アイラが抜け出した後、何らかの原因(魔神が関係しているらしい)で炎上し「ザベる」。

【アーサ王】 キャラクター モンスター (#89・11:34)

  • 「アーサ城」の王。アイラの父。
  • 冒頭で舞踏会の中止をアイラに伝える。
  • 城炎上後の行方は不明。
  • 使用目的不明だが、敵キャラ(イベント敵0番)として設定されていた。
「アイラ、あすのパーティーは、ちゅうしになった。へやでおとなしくしてなさい。」

【アーサ城炎上】 用語 (#89・16:26)

  • 「アーサ城下」で司祭に話しかけると発生する。
  • 振動と共に画面が赤くなり、城の炎上を伝えるメッセージと同時に外へ放り出される。
  • 城に触れて「ザベる」まで、司祭に話しかける度に同じ展開が繰り返される。

【アーサ城下】 地名 (#89・13:03)

  • 「アーサ城」の城下町。
  • アイラの部屋の隠し通路を出た先。
  • 北側にいる司祭に話しかけると「アーサ城」炎上イベントが発生する。

【アイラ】 キャラクター (#89・10:56)

  • 主人公。「アーサ城」の姫。
  • どこぞの姫のような、30番→3番のグラ変化を見せる。
  • 楽しみだった舞踏会が中止になったため、城を抜け出て城下へ遊びに行った所、自分の城が炎上するのを目撃する。
  • 街に現れたユータから身の危険を知らされ、目的も分からぬまま旅へと出る。
  • 世間知らずで純粋無垢。知り合い&下に服着用とはいえ、異性の前でドレスを脱ぎ捨てる辺り、まだまだお子様。
「おねがい、おねがい、おねがーーーーーーい。」

【川渡し】 オブジェクト (#90・02:44)

  • 「アーサ城下」の北『うえ』。40Gで対岸に渡れる。
  • ツクール1はフィールドにキャラを置けないので橋グラのみ。
「むこうぎしまで40Gで、わたりますか?」

【姫神剣】 アイテム (#90・08:30)

  • アイラ専用の最強武器。攻+100。
  • 封印されていて鞘から抜けないが、天使の力で装備可能になる。
  • どんな入手経緯にするつもりだったか不明だが、装備可能になった時点で決戦間際のようなセリフが設定されていた。

【てんし】 キャラクター (#90・04:41)

  • 「ペスタ城下」北西側の隠し部屋に住んでいる。妖精型。
  • アイラが姫神剣を持っていると封印を解いて装備可能にしてくれる。
「姫神剣をもってきなさい。」

【ヒールアー】 呪文 (#90・11:01)

  • 設定のみの呪文。
  • 「ファイムル編」以来の登場。

【ペスタ】 地名 (#90・03:52)

  • 川を渡って南に進むとある城。
  • 既に幻王の手に落ちていた。

【ペスタ城下】 地名 (#90・04:07)

  • 「ペスタ」の城下町。まだ幻王の手は伸びていない。
  • しかし、アイラの物語は『永遠』に呑まれていた。

【マリク】 キャラクター (#89・13:03)

  • 仲間。「アーサ城下」に住むアイラの知人。ふじた型。
  • 城を出たアイラの訪問を受け、案内役として加わる。
  • アイラが着替える際、目の前でドレスを脱がれて驚く。
「びっくりした。」

【ユータ】 キャラクター (#89・17:56)

  • 仲間。マリクの知人。やまうち型。
  • 「アーサ城」炎上後、マリクの家に現れる。
  • 事態の原因である魔神について心当たりがあるらしく、アイラの身を案じて彼女を旅へと導く。
「よし、ぶきをそうびしたら、ひがしのくににしゅっぱつだ。」


【ナナシノライス編】 作品 ツクール2

  • #91の一本目。無題。
  • 名無しのライスグラキャラが幻王に侵略された世界を闊歩。
  • データの多くが名無しの中、敵名だけは設定されていた。


【THIS IS FUNKY!】 作品 ツクール2 (08:41)

  • #91の二本目。
  • シナリオ・マップ うしかつ氏、スペシャルサンクス ぜんじんるいのあい氏
  • 水没系。ファンなるライスグラキャラが浮いていた。彼がFUNKYかどうかは、神のみぞ知る。


【だんきちの バクチンだいさくせん!!】 作品 ツクール2 (12:18)

  • #91の三本目。
  • シナリオ・マップ T.MOMOKURI氏、スペシャルサンクス だいザム・まこBE氏(サンプル)。
  • だんきち系…ではなく、JUNJと仲間たちが闇に閉じ込められていた。


【あああミカエル竜剣士】 作品 ツクール2 (#91・18:13)

  • #91~92の作品。
  • 謎の男ミカエル。彼の行く手には死体の山が築かれる。

【おおひ】 モンスター (#92・01:42)

  • 「ヤブキ城」の『おおひ』。占い師型。
  • 配下同様、戦いを挑んで来るのに無抵抗。
  • 倒すと「スーパーおおひ(トロル型)」→「ミラクルおおひ(水の精霊型)」と変身して、無抵抗で佇む。
  • 「ミラクル(HP9998)」を倒すと断末魔を残して消え、直後に投獄されてしまう。
  • シナリオ上は「死亡」扱いだが、マップを出入りすると他の住民ごと甦っている。
「世界はわたしのもの!」「まだまだー!」「ふん!かゆいわ!」
「ぐぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!」

【女】 モンスター (#91・22:43)

  • 「ヤブキ城」の住民。女性型。
  • 話すとなぜか戦闘になり、倒す度に「聖女(ラミア型)」→「悪女(龍型)」と変化して、3敗目で息絶える。
「ようこそ。」「あまいっ!!」「やりますねぇ。」「ひでぶっ!」

【きん】 地名 (#92・10:29)

  • 金。売値4999Gの換金アイテム。
  • 「まち」の空き地に置かれた箱4つに1つずつ入っている。

【ゲイルのむら】 地名 (#91・18:48)

  • スタート地点。エディット名は「しろ」。
  • 出入り口の兵士と商人以外の住民は見当たらない。
  • 北側(同マップ)に「ヤブキ城」がある。

【どうくつ】 地名 (#92・17:03)

  • 島の中央にある。
  • 8つの小さなフロアが繋がった構造。
  • 最深部に塞がった階段がある。

【ビアンカ】 モンスター キャラクター (#92・11:12)

  • 仲間。「まち」在住の女性。マップ:グラ24番・戦闘:少女型。
  • 家でミカエルを泥棒と勘違いして襲いかかり、倒されるとお詫びに加わる。
  • 家を出入りする度に、同じ行動をとるドッペルゲンガーが現れる。
「え、どろぼうじゃない? ごめんなさい。おわびになかまになりましょう。」

【まち】 地名 (#92・08:47)

  • 島の南側。
  • 商人以外の住民は1りだけだが、やはり戦闘になる。

【ミカエル】 キャラクター (#91・18:48)

  • 主人公。ローリー型。
  • ふらりと訪れた「ヤブキ城」で『おおひ』を殺したとして投獄される。
  • しかし、難なく抜け出して島をめぐり、「まち」で加えた女性と中央の洞窟に挑んだ。
「おれにあけられないとびらはないぜ!」

【むらびと】 モンスター (#92・00:03)

  • 「ヤブキ城」の住民。成人男性型。
  • 話しかけると戦闘になるが無抵抗。
  • 倒すと「むらびとS(ドラゴンゾンビ型)」に変身する…が、やはり無抵抗。
「ようこそ。」「まだまだぁ!」「うけいれるなら死にはしない!」

【ヤブキ王】 キャラクター (#92・01:42)

  • 「ヤブキ城」の主。
  • 話しかけると、隣の『おおひ』への挨拶を要求する(選択肢が出るが、どちらを選んでも何もない)。
  • 『おおひ』に話した結果を考えると、下記の「退屈」の意味を深読みしたくなるが…。
「よくきたな。おおひにも、あいさつをしてあげてくれ。たいくつでたいくつでしかたがないのじゃ。」

【ヤブキ城】 地名 (#91・20:34)

  • 「ゲイルのむら」と同マップ。
  • 話しかけた住民の大半と戦闘になる。


【かさささちちぬぬふむゆる。れるんるるれ めめ め】 作品 ツクール2

  • #93の作品。
  • シナリオ あああああ氏、マップ あああああああああああ氏、スペシャルサンクス あかさたな氏。
  • 水没系。潜水修行中の「あ」さんですよう。


【つつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつつ】 作品 ツクール2

  • #94の作品。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス つつつつつつつつつつつつつつ氏。
  • タイトル・キャラ・モンスター…etc.
    あらゆる名称に決して消えない「つ」が並び、マップグラもぐちゃぐちゃな、ツクール2の破損ROM。