本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:17/05/10 たにツク奮闘記 追加

  • たにツク奮闘記以降の項目名横の数字は、それが初登場した時間です。
    編集の都合上、一部前後している事もあります。
  • 五十音順はこちら
- 

夜勤明けがツクール実況やらされた

【BANDAI VS CAPCOM】 作品 ツクール2

  • part1の作品。
  • シナリオ KONAMI氏、マップ NAMUKO氏、スペシャルサンクス りょう へい氏。
  • 水没系。唯一あったイベントの隣に初期位置をずらして続行した。
  • 様々な要素から、2002年以降の作品と推測できる。

【バルログ】 キャラクター

  • パーティの先頭。
  • 唯一のカプコン側キャラ。

【X BOX】 キャラクター

  • パーティの2番目。
  • バンダイでもカプコンでもない『マイクロソフト』のハード。
  • 船グラだが、これは発売当時言われた「ゲーム業界の黒船」を表現しているとされる。

【PS2】 キャラクター

  • パーティの3番目。
  • バンダイでもカプコンでもない『SCEI』のハード。
  • グラがイカダだが、これは「XBOX」との性能差を表現しているとされる。

【FAトロZ】 キャラクター

  • パーティの最後尾。
  • バンダイでもカプコンでもない『SCEI』のキャラが元か。
  • フルアーマー化されている理由は不明だが、「トロステ」のノリならあり得なくはない。

【ドラグセイバー】 アイテム

  • 設定のみの武器。
  • スペシャルサンクスの「りょう へい」氏(現:小田井 涼平・元仮面ライダーゾルダ)といい、
    作者は「仮面ライダー龍騎」が好きだったようだ。

【?】 キャラクター

  • 海の上に立つ、本作唯一のイベント。
  • 話すと下記セリフを言われ、『いいえ』を選ぶと戦闘になる。
  • 散見する「龍騎」要素とセリフから推測するに、元ネタは「仮面ライダー龍騎」の神崎士郎と思われる。
「たたかえ!!!!!!」

【ブラックドラゴン】 モンスター

  • ?が繰り出す(ミラー)モンスター。ドラゴン型。
  • 初期状態では敵わなかったため、初期LVを引き上げてリベンジした。
  • 倒すと一言も無くENDを迎える。
  • 元ネタは「SDガンダム外伝」か。


【サツミックデシジョン】 作品 ツクール2

  • part2の一本目。
  • シナリオ・マップ T.MOMOKURI氏、スペシャルサンクス だいザム・まこBE氏(サンプル)。
  • だんきち系。OPカットの他は主人公改変のみ。しかしその改変が最大の効果を生んだ。

【ナカムラ】 キャラクター

  • 主人公。元だんきち。
  • ライスグラでこの名前。たにツクのために改変したかのような存在。


【たにんのつくったTHEファンタジーひょうりゅうアマガミ】 作品 ツクール2

  • part2の二本目。シナリオ B氏、マップ サトウさん氏。
  • 改変された「サツミックデシジョン」。
  • ツクール2ながらフルボイスを実現している。


【-MARREGI-】 作品 ツクール2

  • part3~7の作品。
  • シナリオ -MIN-氏、マップ -NAK-氏、スペシャルサンクス -MNK SOFT-氏。
  • 「DQ5」の結婚から青年編後半までを大幅にアレンジ。
  • ザコ敵が一切出現しないにも関わらず、LVアップ前提のボスと戦わされる無理ゲー。

【HIRO】 キャラクター

  • 主人公。
  • 二十歳の誕生日に「グランバニア城」の王子であると知らされて、婚約者と共に帰郷。
    叔父から王位を譲られ、グランバニア王となる。
  • その後、二人の子宝に恵まれて、親子で「ぼいけん」に出発した。
  • 元ネタの「DQ5」主人公と違い、非常に順風満帆な人生を送る。
「ぼくと、けっこんしてくれないか?」

【MINA】 キャラクター

  • ヒロイン。HIROの幼馴染。
  • HIROのプロポーズを承諾して一緒に「グランバニア城」へ向かう。
  • セリフの大部分が「DQ5」のビアンカと同じ。
「あら、HIRO、…どうしたの?いつもと、なんか、ちがうみたいだけど…」

【MINA(ドッペルゲンガー)】 キャラクター

  • もう1りのMINA。
  • 家にいて、HIROのプロポーズを受けると消える。
「あら、HIRO、…どうしたの?いつもと、なんか、ちがうみたいだけど…」

【MINAの母】 キャラクター

  • MINAの母。
  • 結婚のご祝儀(300G)を無限にくれる。
  • 何度もせびるのが面倒だったため、一気に約30万Gくれるように改変した。
「これをもっていきなさい。」

【HIROの義父】 キャラクター

  • HIROの育ての親。
  • 二十歳になったHIROに真実を伝え、国へ戻るように促す。
  • HIROの結婚後、急激に老ける。
「王子…。わたしは、いつまでもあなたを、ほんとうの子だと心の中でおもい…、生きていきますよ……………。」

【ベル】 アイテム

  • 父が餞別にくれる。
  • 海の乗り物を呼ぶアイテムだが、バグが原因で使っても来ない。
  • 元ネタは「DQ5」の天空のベルか。

【 町1】 地名

  • スタート地点。空白の意図は謎。
  • 本作の町はコピペの如く構造が殆ど一緒。

【どうくつ 1】 地名

  • 「 町1」の北東の島にある。
  • 蛇行した長い通路の先にいる水の神が、水のリングを守っている。

【水の神】 モンスター

  • 水のリングの守護者。
  • LV1では即死する威力の呪文を使ってくる強敵。
  • キャラグラとモンスターグラが「E・E編」のシトネ同じ。
「よわむしなのね。」

【グランバ二ア城】 地名

  • 「 町1」の東の島にあるHIROの故郷。
  • HIROの叔父『パパス』が治めている。

【パパス】 キャラクター

  • 「グランバ二ア城」の王。HIROの叔父。
  • 元ネタ通り、帰郷した甥に王位を譲る。
  • 「DQ5」ではパパスは父親の名で、叔父の名はオジロンだった。
「そうですか。じゃあ、いいきかいだ。王いけいしょうのぎとともに、2人のけっこんしき行なおう!!」

【デビルタワー】 地名

  • 「グランバニア」の北の島にある。
  • 上下に階段があるが、どちらも「なにもないだな、これが。」
  • 本来は、島の中央に建設予定の「魔王の城」への通路になる予定だったと思われる。

【町4】 地名

  • 「 町1」の北の島にある。
  • 「MINAご懐妊」という重要イベントが発生する場所。

【いしゃ】 キャラクター

  • 「町4」の医者。
  • 結婚後に話しかけると、MINAの妊娠が判明する。
  • フラグが立つまでは身分を誇示するのみ。
「わたしは、いしゃです。」

【どうくつ 2】 地名

  • 「町3・4」と同じ島にある。
  • 蛇行した長い通路の先にいる火の神が、炎のリングを守っている。

【火の神】 モンスター

  • 炎のリングの守護者。修造型。
  • 初期LVだと確実に即死する威力のメラミを使ってくる。
「なんだ!きさまは! ほう、炎のリングがほしい…と だが、タダではやれぬ! わたしをたおしてからだ!!」

【やまうちのいかり / ラスパーラーガー】 呪文

  • 元『えいゆう』の怒りと古の禁術。
  • LV1でリングの守護者に勝つことを断念してHIROとMINAに覚えさせた。

【シルクのヴェール】 アイテム

  • 二つのリングを手に入れてパパス王と話した後、「町3」で受け取れる。
  • 元ネタ通り、頭防具になる。

【結婚式】 用語

  • HIROの王位継承式およびMINAとの結婚式。
  • シルクのヴェールを受け取って「グランバニア」に戻ると始まる。
  • 式の途中で「といめいにんげん」が歩き回る。

【といめいにんげん】 キャラクター

  • HIROとMINAの結婚式に出没する。
  • 城内をうろついた後、照れて喋れない新郎新婦を後押しして、式の進行を支えた。

【子供誕生】 用語

  • 結婚式後に「町4」の医者と話すと、MINAの妊娠が判明して双子が生まれる。
  • HIROが喋る以外は「DQ5」殆どそのまま。

【RYOU】 キャラクター

  • 息子。
  • 元ネタと違って、両親に見守られながらすくすく育つ。
「バブ、バブ。」

【NANA】 キャラクター

  • 娘。
  • ルーラを覚えていて、別の島に置き去りになった船を回収しに行ける、孝行娘。
「バブー、バブー。」

【魔王の城】 地名

  • 子供誕生から8年後、HIROの両親がいるという情報を得て向かう事になる。
  • …が、あるはずの島には、城の影も形も無い。


【警部補 古畑任三郎編】 作品 サウンドノベルツクール

  • part7の二本目。
  • 山奥の温泉に行く途中で道に迷ってしまった古畑と今泉。
    雨に打たれながら山道を歩く2りの前に、一軒の山荘が姿を現した。…終わり。


【リチャード編】 作品 ツクール1

  • part8~10の作品。無題。
  • 王のお使いを果たすため「とりあえず南へ」向かう、主人公リチャード。
  • エディット閲覧で秀逸な名前のアイテムが大量に見つかった。

【リチャード】 キャラクター

  • 主人公。「クラーク城」に滞在中の勇者。
  • 王の命で南の街にお使いに行く。
  • LV98の高い実力を持ち、某聖炎の勇者の如く敵を蹴散らす。

【王】 キャラクター

  • 「クラーク城」の王。
  • リチャードにお使いを頼む。
「いけばすぐにわかるはずだ。いきのいいうちにもってきてくれ。」

【エメラルド】 キャラクター

  • 「クラーク城」の姫。
  • リチャードに連れて行けとせがむが、断られて機嫌を損ねる。
  • その際、机の下を通って部屋の隅に行き、姿が「ザベる」。
「ねぇー ねぇー あたしもつれてってよーー!」

【ジェミニ】 キャラクター

  • 仲間。リチャードの知り合い。LV98。
  • 「女に見えるジェミニ」の異名を持つ、耽美な外見の男性。
  • 遠くの国に派遣されていたが、今回の任務に合わせて呼び戻されていた。
  • プレイヤーに選択の余地を与えず、勝手に話を進める性格。
「わかりました!わたしたちがかいけつします!」

【クラークの街】 地名

  • 「クラーク城」の城下町。
  • 図書館や学校がある。

【世界設定】 用語

  • 図書館で読める作品世界の設定。
  • 昔、天界にいた神の1り(ブライトン)が、世界「ブライトンランド」と生き物を創造した。
  • しばらく平和だった世界は、人間社会の巨大化と共に揺らぎ始めた。
  • 500年前、神の使いによって文明は滅ぼされ、新たな時代が始まった。
  • 南の大陸には、かつての文明の遺跡が多く残っているらしい。

【魔法】 用語

  • 本作世界では回復魔法が普及していて、老若男女が使用できる。
  • 一方、攻撃魔法は廃れていて、一部の者が使えるだけのようだ。

【学校】 用語

  • 「クラークの街」にある。
  • 生徒の姿は無く、先生が1り寂しく宮沢賢治の詩を朗読している。

【マウントのつうろ】 地名

  • 「マウントの街」と外界を繋ぐトンネル。
  • 不便なため、地元住民の手で爆破工事の準備が進められている。

【マウントの街】 地名

  • 「クラーク城」の南西。山に囲まれた場所にある。
  • まだ開拓中らしい。

【商店主】 キャラクター

  • 「マウントの街」で何かの店を開いている男性。
  • カウンター越しに話し掛けないと怒るが、カウンター越しに話し掛けようとすると無視する。
「こら! ちゃんとカウンターごしにはなしかけろ!」

【むらおさ】 キャラクター

  • 「マウントの街」の『村』長。
  • お使いを果たしに来たリチャードに、トンネルの爆破工事を依頼する。
「『王』ということは あなたたちはゆうしゃだな!」

【つうろのへや】 用語

  • 「マウントのつうろ」の銅像の間にある隠し部屋。
  • 爆破の仕掛けが施されている。
  • 通路に戻るイベントが設置されていないので、イベントを完遂しないと地上に戻れない。

【スイッチモゲラ】 キャラクター

  • 「つうろのへや」でセーブごろうと並んでいる。
  • 話しかけるとスイッチが入り、唐突にイベントが始まる。
  • 無視すると、話し掛けた際に起こるイベントが発生しない。
  • デバッグ用とも言い切れない、謎の存在。
『スイッチ ON』

【セーブごろう】 キャラクター

  • セーブポイント。「つうろのへや」でスイッチモゲラと並んでいる。
  • デバッグが終わっていない状態でのセーブには注意が必要。
「セーブ?」

【スイッチ】 オブジェクト

  • 爆破装置のスイッチ。
  • 奥の部屋のスイッチを踏むと、手前の部屋の空洞に起爆スイッチが現れる。
  • そして起爆スイッチを踏むと、山が爆破されて道ができる…という構想だったようだ。

【まもの】 キャラクター

  • 洞窟(山)周辺に住んでいるモンスター。
  • 爆破で生活圏が脅かされるため、阻止しようとするが、リチャード達に軽くあしらわれてしまう。
  • …という話の流れだったらしい。
「ムシすんなっっ!」


【カイザークエスト】 作品 ツクール1

  • part11の一本目。作者 YUUKI氏。
  • 水没系。僅かにイベントがあった場所に初期位置をずらして続行した。


【アレクス編】 作品 ツクール1

  • part11の二本目。無題。
  • 何も無いと思った矢先にモンスターと出会う、ミミズク系の作品。


【あああ編】 作品 ツクール2

  • part12の一本目。無題。
  • 主人公あああが、「なにもないだな、これが。」な大陸をひたすら歩く。


【光のD・M】 作品 ツクール2

  • part12の二本目。
  • シナリオ 01氏、マップ 02氏、スペシャルサンクス 03氏。
  • 外界と隔てられた小さな島を、何度も旅している光のD・M君。

【D・Mのおかあささん】 キャラクター

  • 「光の村」にあるD・Mの家にいて、小遣い(1000G)を無限にくれる。
  • 短いセリフ中に3つも誤字があった。
「はいおこづかかい きおつけてね!」


【戦命】 作品 ツクール2

  • part13の一本目。
  • シナリオ ミズノ リョウ氏、マップ、スペシャルサンクス M/XYZ氏。
  • 「FE」のキャラが暗黒空間に放置されていた。


【『アサイ ナガマサのやぼう』】 作品 ツクール2

  • part13~15の作品。
  • シナリオ・マップ NAGUMO氏、スペシャルサンクス CHIHO氏。
  • 弱いシーマ君を必死に育てるゲーム。…終わり。
    …と思ったら、データ閲覧で本来のイベントの存在が判明した。

【シーマ】 キャラクター

  • 第一部の主人公。
  • 強敵蠢く大地で成長し、いつしか大陸最強の存在になる。

【村】 地名

  • 第一部のスタート地点。
  • エディットにあった「はじまりの村」「村1」「村2」のどれかと思われる。
  • 宿と武器防具屋に話せたおかげで、ハウンドドッグに勝つことが出来た。

【ハウンドドッグ】 モンスター

  • 第一部のフィールドに出現する。狼型。
  • 即死する程では無いが、初期状態では勝てない相手。
  • LV2・装備ありで勝てるようになる。

【ヘルハウンド】 モンスター

  • 第一部のフィールドに出現する。ケルベロス型。
  • 与えられるダメージは1だが、全く動かないので時間をかければ必ず倒せる。
  • 得られる僅かな経験値3と10Gを貯めて反撃に望んだ。

【『アサイ ナガマサのやぼう』(真)】 作品

  • 第二部的プレイ(というか、本編)。
  • ハルさん旧Part33「戦火」の志を引き継いだ、西洋グラの和風戦国時代劇。
  • FC版「天地を喰らう」同様、HPを兵士数として扱っている。
  • データ消滅により、志半ばで終了してしまった。 *1

【ナガマサ】 キャラクター

  • 真の主人公。「浅井長政」。
  • 父の制止を振り切って宿敵ロッカクを倒し、家督を譲られる。
「わしが アサイ家のとうしゅじゃ!」

【コタニ城】 地名

  • アサイ家の本城。「小谷城」。
  • 部隊の編成や兵士(HP)の補給を行える。

【ヒサマサ】 キャラクター

  • ナガマサの父。「浅井久政」。
  • 息子がロッカクとの戦に勝利すると、家督を譲って隠居する。
「おろかものめ!」

【部隊編成】 用語

  • 「FF8?」や「E・E編」と同じシステム。
  • 「コタニ城」に集まった部下から、3人(3部隊)を選んで連れて行ける。
  • 当初は部隊を解散するとフリーズするミスがあった。 *2

【アカオ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「赤尾清綱」。
  • 攻撃が得意だが守りが弱い。
「わたしたちは、わかさまにしたがいます。」

【ヨウノ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「丁野 若狭守」。
  • 攻・防ともやや低い。
「わかさま、わたしを戦さにつれていってください。」

【イソノ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「磯野員昌」。
  • ヨウノ以上に攻撃重視。
「この命 わかさまにさしあげます。」

【くにとも村】 地名

  • アサイ家の領内にある村。セリフでは「クニトモ村」。
  • 人口がとても少ない。

【サワヤマ城】 地名

  • アサイ家の城。「佐和山城」。
  • ドドが守っていたが、ロッカク家に攻め落とされる。
  • 取り返した後は、イソノが城主となる。

【ノラダ】 地名

  • 「コタニ城」の南東周辺の地域。
  • 橋の上でロッカク軍と合戦を行う(野良田の合戦)。

【ロッカク】 モンスター

  • ノラダで指揮を執っていたロッカク家の誰か。
  • ナガマサ軍に敗れて、ヨシカタ・ヨシスケ共々撤退する。
「たいきゃくじゃ! ひとまず、カンノンジ城にもどるのじゃ!」

【ドド】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「百々安信」。
  • ナガマサが当主になった後、サワヤマ城に戻るが、ロッカクの奇襲を受けて討ち死にする。
「わたくしは 城のまもりがありますので、サワヤマ城にもどります。」

【イナバヤマ城】 地名

  • 「コタニ城」の東にあるサイトウ家の本城。 
  • 攻め込んだ直後に「サワヤマ城」落城の知らせが入り、侵攻は一旦中止となる。

【ロッカクヨシカタ】 モンスター

  • アサイ家の宿敵。「六角義賢」。
  • 「ノラダ」での敗戦後、「サワヤマ城」を攻め落とすが、ナガマサ軍と戦って敗走する。
「アサイがきただと!そんなはずはない。アサイは今、イナバヤマ城にいるはずじゃ」


【ザ・フー編】 作品 ツクール2

  • part16~18の作品。無題。
  • イングランドの特務部隊「ザ・フー」。彼らの目的は、国家の平和を守る事。
  • 人名に様々なロックバンドメンバーの名前が使われている。

【ピート タウゼンツ】 キャラクター

  • 主人公。ザ・フーの一員。17才。
  • 熱血漢溢れる少年。剣の腕と愛国心は人一倍強い。
  • モデルは「The Who」のピート・タウンゼント氏か。
「おれたちは、つよい!!!」

【ザ・フー】 用語

  • ピートが所属する組織。
  • 国のために影で働く、特殊戦土の団体。
  • 1り1りがずば抜けた力と『愛国心』を持っている。

【ザ・フーほんぶ】 地名

  • スタート地点。
  • 色々な小ネタが仕込まれていた。

【食堂のおばちゃん】 キャラクター

  • 「ザ・フーほんぶ」の食堂に勤める女性。
  • 「しゅじんこうに ちかよる」設定のため、食堂から離れた所で食事を勧めてくる事もある。
「なんに、なさいますか? パスタりょうりなんかがおすすめですけど。」

【ジーズ】 キャラクター

  • 「ザ・フーほんぶ」の食堂の主人。
  • カウンター越しに話しかけないと、軽くあしらわれる。
  • 会議後に話しかけると、剣をくれたようだ。
「おまえ ここに、はいってきてどうしたいの?」

【Hな本】 オブジェクト

  • 「ザ・フーほんぶ」の寝室の本棚にある。
  • 読むと経験値が1アップする。

【墓地】 地名

  • 「ザ・フーほんぶ」の裏庭にある。
  • 26年前の戦争で命を落とした ナガマサ 戦“土”達の墓が並んでいる。
    (本作では何故か「士」ではなく『土』が使われている)

【リッチー ブラックモアズ】 キャラクター

  • ザ・フー4代目リーダー。21才。
  • 冷静な性格。高い実力の魔道士。
  • モデルは元「Deep Purple」のリッチー・ブラックモア氏か。
「それでは… グラスゴーとつにゅうにかんしての、かいぎをはじめる。」

【キース ムーンライト】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。19才。
  • 人並み外れた怪力を持つ。気が短い。
  • モデルは「The Who」のキース・ムーン氏か。
「てめぇ!ころすぞ!」

【スティング ポリスタン】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。18才。
  • 頭脳労働担当。音楽をこよなく愛する神官戦土。
  • モデルは「The Police」のスティング氏か。
「そのために、おれたち ザ・フー は、けっせいしたんだ。のぞむところだぜ!」

【ボブ】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。後方要員。
  • 捨て子だったピートの育ての親。
  • モデルはボブ・デュラン氏か。
「たのんだぞ、みんな! わしはジーズといっしょにここをまもる!」

【グラスゴー】 地名

  • 「ザ・フーほんぶ」の南にある都市。
  • 殺人事件を解決するため訪れる。

【殺人事件】 用語

  • 最近「グラスゴー」で頻発している。
  • 殺害方法が毎回異なり、同一犯かどうかも不明。
  • これを解決するのが、今回の「ザ・フー」の任務。

【じょうほうや】 キャラクター

  • 「グラスゴー」の刃物屋に間借りしている。
  • 怪しげな口調で喋り、遠く離れた東の島国の芸能人に詳しい。
  • スイッチ未設定のため、話すたびに長話をする羽目になる。
「だから、あれだろう?………ひろすえのCD!うちは、レコードやじゃないんだ!わるいな!」

【民家】 地名

  • 殺人事件の被害者家族が住んでいる。
  • 出口に空間の歪みがあり、別の民家の入り口に飛ばされてしまう。

【宿屋】 地名

  • 「グラスゴー」の宿泊施設。
  • 1階で宿泊券を買って2階のベッドで休むという自作宿。
  • 1階の酒場にはザ・フーの真似をしている若者達がいた。

【水モゲラ】 キャラクター

  • 「グラスゴー」の池に浮かんでいる。
  • 「ランダム移動」で水面を泳ぐ水鳥の演出をしたかった様だが、水上は歩行不可なので動けない。
「?!?!?!?!?!?!?!」

【ごろう人形&P・ヘッド人形】 オブジェクト

  • 「グラスゴー」の民家の前に置いてある。
  • 魔よけの人形(ごじさん曰く1体100000G)らしい。

【じいさん】 キャラクター

  • 「グラスゴー」に住む老人。息子が元ザ・フーだった。
  • 根拠は無いが、「各事件の死因は毒殺で、犯人は国王」という推理を披露する。
  • スイッチ未設定のため、話すたびになg(ry
「剣で、きられて死んだヤツも、ねむるように死んだヤツも、かんがえられるのは、どくによる、もんなのじゃ!」

【フカサワ】 キャラクター

  • 「グラスゴー城」の門番。
  • 東の島国出身のような名前だが、そうでもないらしい。
  • 捜査で城内に入ろうとするザ・フーのメンバーを欺き、城壁と城の間の閉鎖空間に閉じ込める。
「アポなしは、だめだよ!」


【もうトリポ】 作品 ツクール2

  • part18の作品。命名者 ごじさん。
  • 水没系。ツクる事の大変さを知るRPG。


【こなたんの げこくじょう】 作品 ツクール2

  • 特別編。
  • シナリオ こな氏、マップ、こな!!氏、スペシャルサンクス カメレオンクラブ氏。
  • 操作:メイヴァさん、解説:こなさん、ガヤ:ごじさん。
  • 「アユラは」作者こなさんのツクール2作品。例によって、たにツクネタ盛りだくさんの内容。

【こなたん】 キャラクター

  • 主人公。こなさんの娘。まないた。
  • ツクールをやるため、パソコンを独占している父を説得する「ぼいけん」に出る。
「おとうさん!!パソコンから はなれてよ!」

【無限ごはん】 用語

  • 「こなたんち」のタンスに詰め込まれている。
  • 何があってもこのイベントは健在!…と、思いきや、実際に手に入るのは「魔剣こなこな」。

【ダニーちゃん】 モンスター

  • こなたんのベッドの中に生息中。スライム型。
  • 「こなたんち」の衛生状態が気にかかる敵。

【ネタバレ はんにん は ヤス】 キャラクター

  • 前のセーブデータのパーティ。
  • 山の真ん中に閉じ込められた赤ちゃん。
  • このネタをしたいがために設定されたらしい。

【こなたんち】 地名

  • スタート地点。こなたんのルーム。
  • 一度出てからまた入ろうとすると「ザベる」。

【ジャンケンマン】 モンスター

  • フィールドに出現する。おかマン型。
  • 呪文「グー」「チョキ」「パー」を使う。
  • ダメージは指の数*10で、「グー」なら勝てるが「パー」なら即死の運勝負。
  • 元ネタは、ハルさん旧Part21「神聖さでぃ」のジャンケンおやじか。

【三馬神】 乗り物

  • 同じグラで並んだ、陸海空の乗り物。
  • このうち、海馬だけはとても危険。

【およぐはんざい者】 モンスター

  • 海に出現する。人魚型。
  • 驚異的な攻撃力を持ので、海に出てはいけない。

【聖なる死んぱん】 呪文

  • こなたんがLV4で覚える。消費48で敵全体9999D。
  • 元ネタは「アユラは」のデバッグ用アイテム。

【ラスボスのステージ】 地名

  • 島中央の山にある洞窟。
  • こなさん作品らしく、奥へ進むための謎解きがある。
  • クリアチェックをしようとすると、こなたんに先を越されてしまう。

【こなパパ】 キャラクター モンスター

  • こなたんの父親。RPGツクーラー。
  • 「聖なる死んぱん」を無効化してこなたんを追い詰めたが、成長した娘に破れ、続編の制作を託して消える。
「ちょっとまて! いま ごじさんが トマトソースをハニワに かけるシーンが できるトコなんだ!!」

【タコあしはいせん】 モンスター

  • こなパパからの刺客。ヒドラ型。
  • 9本の首が絡み合ったコードを演出。
  • LV6だとピッタリHP0にされるため、倒すには「せんたくいた」の購入かLVアップが必要。

【しゅうぞう】 キャラクター?

  • こなパパに「聖なる死んぱん」が効かず、諦めかけたこなたんを励ます謎の声。
  • 励まされたこなたんは、新たなる技「天光剣!氷幻命術(全体5757D)」を編み出して父を超えた。
「あきらめんなよ!」

【FIGHT!】 オブジェクト

  • こなパパとの戦闘前演出。
  • 火のイベントグラで「FIGHT」と表示される。
  • 元ネタは「SUPERオリエRPG」のビストロSMAPで流れた『CM』か。

【ごじさんの セクハラクエスト】 作品

  • こなさんの次回作。…が、こなたんに倒されたためエターナった。


【00編】 作品 ツクール2

  • part19の一本目。無題。
  • 全身を銃火器で武装した犬が、老婆を撃つ!

【00】 キャラクター

  • 主人公。銃器の扱いに長けた犬。
  • 理由は不明だが、老婆を標的に試し撃ちをする。
「そろそろ、おりてこいよ!」

【うめ@】 モンスター

  • 木の上に住む老婆。@はハートの記号。
  • 00に呼ばれて、降りて来た所を撃たれる。
「ぎやゃあああああ!!!!!!~(中略)~!!!!!!」


【ばく死剣士II 幻のスープをたべろ!】 作品 ツクール2

  • part19の二本目。タイトルは作中で表示。
  • 命と引き換えに世界を救った剣士のその後。
  • スープは出てこなかった。

【オープニング】 地名

  • スタート地点。
  • 自動実行でばく死剣士について語られた後、「ラスト」に飛ぶ。

【ばく死剣士】 キャラクター

  • 主人公。本名不明。
  • 魔王を倒すため、神から遣わされた剣士。
  • 「魔王と相打ちして爆死」という壮絶な最後から、この名で呼ばれている。
  • OP終了後、「ラスト」で悪魔王者と永遠に戦い続ける。
「よし、みんな! いくぞ!!」

【ラスト】 地名

  • 「オープニング」の次のマップ。
  • 周りを氷で囲まれた閉鎖空間。

【悪魔王者】 モンスター

  • 「ラスト」の主。大悪魔型。
  • 攻撃力9999なのに、イマイチな呪文ばかり使ってくる。

【城石】 地名

  • エディットで見つかった城。
  • 本来OPから繋がったと思わしき、イベントとキャラがあった。

【タカノリ】 キャラクター

  • 本来の主人公らしきキャラ。
  • 「城石2かい」で無限に喋り続ける。
「ちいせぇ」


【LUMEN LUNAE】 作品 ツクール2

  • part20の一本目。
  • シナリオ GM T・Y氏、マップ T・Y氏、スペシャルサンクス けーむをやってくれたあなた♪氏。
  • 闇の中で行われる「けーむ」なる儀式の記録。


【とある やしきの ものがたり】 作品 ツクール1

  • part20の二本目。作者 TEAM PUMPKIN氏。
  • とある屋敷に閉じ込められた兄妹の姿を描く。
  • 冒頭で「戦闘は無い」と宣言されるADV系の作品。
    アイテムを駆使して屋敷からの脱出を目指し、行動次第でENDが分岐する予定だったらしい。

【ウッド】 キャラクター

  • 主人公。周りから「シスコン」扱いされるほど妹思いの少年。
  • ハイキングの途中で道に迷い、怪しげな屋敷に辿り着く。
「バカいうなよ あんな かわいいおばけが いるかっての」

【リーフ】 キャラクター

  • ウッドの妹。兄の過保護に若干あきれ気味らしい。
「まってよ、おにいちゃん」

【やしき】 地名

  • 山奥にひっそりと建っている。
  • ウッド達が一晩泊めてもらうが、翌日、玄関にカギがかかって閉じ込められる。

【しようにん】 キャラクター

  • 「やしき」のメイド。ウッド曰く「けっこうかわいい」。
  • 兄妹を助けたいと思っているが、主人には逆らえないためどうしようも出来ない。
  • 足音をたてずに歩くらしいが、果たして…。
「また… ぎせいしゃが でる… でも… わたしには…どうすることも………
おねがい… いきて… このやしきから… でて…」

【やしきのあるじ】 キャラクター?

  • セリフのみで姿は見せない。
  • 兄妹を何かに利用するため、使用人に命じて閉じ込めさせる。
「ひさびさの『ざいりょう』だ かえすわけには いかん やしきから ださないように」


【かいよしひろバンドストーリー】 作品 ツクールGB

  • part21の作品。作者 MATUFUJI氏。
  • 甲斐バンドのボーカルよしひろ氏が、妖精に誘惑されて思わず…。
    …この作品はフィクションです。実際の人物・団体とは一切関係ありません。
  • なお、この回最初のGBA(3000円+実況用GC5000円)は全くの空であった。
  • 投稿者ごじ(アンケ)さんのご好意により譲り受けたROMを解析した結果、
    メッセージがほぼ全て残っている事が分かり、そこから物語の全貌が判明した。
    かいよしひろバンドストーリー全文


【といめいSTG編】 作品 デザエモン

  • part22の作品。無題。
  • サンプルそのままの2面を「といめい」の自機が飛んだ。


たにツク奮闘記

  • その0は中身なし。

【イメージ×メルヒェン】 作品 ツクール2 (00:43)

  • その1の作品。
  • シナリオ スズマン氏、マップ まゆみ氏、スペシャルサンクス すずまん氏。
  • 作者の化身達の痴話ゲンカ。
  • とある理由(後述)で数分程度の内容に数時間を費やした。

【すずまん / スズマン】 キャラクター (00:44)

  • 主人公。シナリオ兼スペシャルサンクスの化身。老人型(32番)。
  • ありそうでなかった『パンツがカピカピ』状態でのベッドスタートを果たす。
    (作者の化身でこういう自虐ネタは割と珍しい)
  • 力が「2」で運が『99』という逆であれば…な能力の持ち主。
「たいへんだ! パンツがカピカピだ!」

【かがわまゆみ / まゆみ】 モンスター キャラクター (01:57)

  • 仲間。マップ担当の化身。マップ:グラ42番・戦闘:メデューサ型。
  • すずまんの家にいて話すと無言で戦闘になる。
  • 大して強くないがすずまんが弱すぎてLV20まで上げないと倒せない。
  • 倒すとすずまんに誘われて加わる。…が、直後に『2りを見た者はいない』と語られてENDを迎える。
「びっくりさせないでよっ!!ねぇ、みんなあそんだよね!?」

【しょうがくせい / ちゅうがくせい】 モンスター (03:57)

  • フィールド敵。少女型 / サキュバス型。
  • かがわまゆみを自力で倒すには、彼女達から得られる経験値(1体10P)でLV上げをするしかない。
    (LV20で累計42149なので最大4215回、複数体出る事を考慮しても確実に1000回以上の戦闘が必要)
  • 普通なら諦めるかデータ改変等する所だが、ごじさんは自力でLV上げをした模様。


【いし 11編】 作品 ツクール2

  • その2の作品。無題。
  • 石素材で11画面の無名のマップが1つだけあった。