本編
+1~178
+新1~
+The B関連
派生作品
+実況
+リメイク

最終更新:18/04/07 若干改訂、【ゆうすけでんせつ】追加

  • たにツク奮闘記以降の項目名横の数字は、それが初登場した時間です。編集の都合上、一部前後しています。
  • 五十音順はこちら
-...

夜勤明けがツクール実況やらされた

【BANDAI VS CAPCOM】 作品 ツクール2

  • part1の作品。
  • シナリオ KONAMI氏、マップ NAMUKO氏、スペシャルサンクス りょう へい氏。*1
  • 水没系。唯一あったイベントの隣に初期位置を変えて続行した。
  • 一部の名詞などから2002年以降の作品と推測できる。

【バルログ】 キャラクター

  • パーティ先頭。
  • 唯一のカプコン側キャラ。

【X BOX】 キャラクター

  • パーティ2番目。
  • バンダイでもカプコンでもない『マイクロソフト』のハード。
  • グラが船なのは発売当時に言われた「ゲーム業界の黒船」を表現しているとされる。

【PS2】 キャラクター

  • パーティ3番目。
  • バンダイでもカプコンでもない『ソニー』のハード。
  • グラがイカダなのは「XBOX」との性能差を表現しているとされる。

【FAトロZ】 キャラクター

  • パーティ最後尾。
  • バンダイでもカプコンでもない『ソニー』のキャラが元か。
  • 「FA」や「Z」が何かは不明。

【?】 キャラクター

  • 海上にいた本作唯一のイベント。
  • 話すと下記セリフを言われ、『いいえ』を選ぶと戦闘になる。
  • セリフや散見する「仮面ライダー龍騎」要素から元ネタは「龍騎」の神崎士郎と思われる。
「たたかえ!!!!!!」

【ブラックドラゴン】 モンスター

  • ?が繰り出す(ミラー)モンスター。ドラゴン型。
  • 初期状態では敵わないため勝つには初期LVを上げざるを得ない。
  • 倒すと一言も無くENDを迎える。
  • 元ネタは「騎士ガンダム」の同名キャラもしくは「龍騎」のドラグブラッカー*2か。


【サツミックデシジョン】 作品 ツクール2

  • part2の一本目。
  • シナリオ・マップ T.MOMOKURI氏、スペシャルサンクス だいザム・まこBE氏(サンプル)。
  • だんきち系。OPカットの他は主人公改変のみ…だったが。

【ナカムラ】 キャラクター

  • 主人公。元だんきち。
  • ライスグラでこの名前。たにツクのために改変したような存在。


【たにんのつくったTHEファンタジーひょうりゅうアマガミ】 作品 ツクール2

  • part2の二本目。シナリオ B氏、マップ サトウさん氏。
  • 改変された「サツミックデシジョン」。
  • ツクール2ながらフルボイスを実現している。


【-MARREGI-】 作品 ツクール2

  • part3~7の作品。
  • シナリオ -MIN-氏、マップ -NAK-氏、スペシャルサンクス -MNK SOFT-氏。
  • 「DQ5」の中盤以降の展開を大幅にアレンジ。
  • ザコ敵が出ないのにLV上げ前提のボスが登場する無理ゲー。

【HIRO】 キャラクター

  • 主人公。
  • 二十歳の誕生日に「グランバニア城」の王子と知らされ、婚約者と帰郷して叔父から王位を譲られる。
  • その後2りの子宝に恵まれて親子で「ぼいけん」に出発した。
  • 元ネタの「DQ5」主人公と違い、非常に順風満帆な人生を送る。
「ぼくと、けっこんしてくれないか?」

【MINA】 キャラクター

  • ヒロイン。HIROの幼なじみ→婚約者→妻。
  • セリフの大部分が「DQ5」のビアンカと同じ。
「わたしも… すきだよ@」@はハートの記号

【MINA(ドッペルゲンガー)】 キャラクター

  • MINAの家にいたもう1りのMINA。
  • HIROにプロポーズされて承諾しながら消える。
  • 本来MINAはこの会話の後に加わる予定だったと思われる。
「あら、HIRO、…どうしたの?いつもと、なんか、ちがうみたいだけど…」

【MINAの母】 キャラクター

  • MINAの母。
  • 結婚のご祝儀(300G)を無限にくれる。
  • 何度もせびるのが面倒だったため、一気に約30万Gくれるように改変された。
「これをもっていきなさい。」

【HIROの義父】 キャラクター

  • HIROの育ての親。
  • 二十歳になったHIROに真実を伝えて帰郷を促す。
  • HIROの結婚後、急激に老ける。
「王子…。わたしは、いつまでもあなたを、ほんとうの子だと心の中でおもい…、生きていきますよ……………。」

【ベル】 アイテム

  • 義父が餞別にくれる。
  • 船呼びアイテムだがバグが原因で使っても来ない。
  • 元ネタは「DQ5」の天空のベルか。

【 町1】 地名

  • スタート地点。空白の意図は謎。
  • 本作の町はコピペの如く構造が殆ど一緒。

【どうくつ 1】 地名

  • 「 町1」の北東の島にある。
  • 蛇行した長い通路の先にいる水の神が水のリングを守っている。

【水の神】 モンスター

  • 水のリングの守護者。
  • LV1では即死級の呪文を放つ。
  • グラが移動・戦闘共に「E・E編」のシトネと同じ。
「よわむしなのね。」

【グランバ二ア城】 地名

  • 「 町1」の東の島にあるHIROの故郷。
  • HIROの叔父『パパス』が治めている。

【パパス】 キャラクター

  • 「グランバ二ア城」の王。HIROの叔父。
  • 元ネタ通り、帰郷した甥に王位を譲る。
  • 名前が「DQ5」のオジロンではない理由は不明。
「そうですか。じゃあ、いいきかいだ。王いけいしょうのぎとともに、2人のけっこんしき行なおう!!」

【デビルタワー】 地名

  • 「グランバニア」の北の島にある。
  • 場所移動イベント以外は「なにもないだな、これが。」
  • 本来は島の中央に「魔王城」を置き、そこへの通路する予定だったと思われる。

【町4】 地名

  • 「 町1」の北の島にある。
  • 結婚後に訪れて医者と話すとNINAの妊娠が判明する。

【どうくつ 2】 地名

  • 「町3・4」と同じ島にある。
  • 蛇行した長い通路の先にいる火の神が炎のリングを守っている。

【火の神】 モンスター

  • 炎のリングの守護者。修造型。
  • LV1では瞬殺必至の相手。
「なんだ!きさまは! ほう、炎のリングがほしい…と だが、タダではやれぬ! わたしをたおしてからだ!!」

【やまうちのいかり / ラスパーラーガー】 呪文

  • 元『えいゆう』の怒りと古の禁術。
  • 水と火の神に勝つためHIROとMINAに覚えさせた。

【結婚式】 用語

  • HIROの王位継承式兼結婚式。
  • 2つのリング入手後「町3」でシルクのヴェールを受け取って「グランバニア」に戻ると始まる。
  • 自動実行でイベントを繋げなかったのか途中でイベントが止まり、
    「といめいにんげん」を操作して新郎新婦に話しかけないと進行しない。

【子供誕生】 用語

  • 結婚後に「町4」の医者と話すとMINAの妊娠が判明して双子が生まれる。
  • HIROが喋る以外は「DQ5」とほぼ同じ。

【RYOU / NANA】 キャラクター

  • HIROとMINAの子供達。
  • 元ネタと違って両親に見守られながらすくすく育つ。
R「バブ、バブ。」N「バブー、バブー。」

【魔王の城】 地名

  • 子供誕生から8年後、HIROの両親がいるという情報を得て向かう事になる。
  • …が、あるはずの島には、城の影も形も無い。


【警部補 古畑任三郎編】 作品 サウンドノベルツクール

  • part7の二本目。
  • 山奥の温泉に行く途中で道に迷ってしまった古畑と今泉。
    雨に打たれながら山道を歩く2りの前に、一軒の山荘が姿を現した。…終わり。


【リチャード編】 作品 ツクール1

  • part8~10の作品。無題。
  • 王のお使いで「とりあえず南へ」向かうリチャード。
  • エディット閲覧で秀逸な名前のアイテムが大量に見つかった。

【リチャード】 キャラクター

  • 主人公。「クラーク城」に滞在中の勇者。LV98。
  • 王のお使いで南の街に向かう。
「こまったもんだ。」

【王】 キャラクター

  • 「クラーク城」の王。
  • リチャードにお使いを命じる。
「いけばすぐにわかるはずだ。いきのいいうちにもってきてくれ。」

【エメラルド】 キャラクター

  • 「クラーク城」の姫。
  • リチャードに同行したがるが断られて機嫌を損ねる。
  • その際、机の下を通って部屋の隅に行き「ザベる」。
「ねぇー ねぇー あたしもつれてってよーー!」

【ジェミニ】 キャラクター

  • 仲間。リチャードの知人。LV98。
  • 「女に見えるジェミニ」の異名を持つ。
  • 遠くの国に派遣されていたが今回の任務のために呼び戻されていた。
  • プレイヤーに選択の余地を与えずに話を進める性格。
「わかりました!わたしたちがかいけつします!」

【クラークの街】 地名

  • 「クラーク城」の城下町。
  • 図書館や学校がある。

【せかいのはじまり】 用語

  • 図書館で読める作品世界の設定。上中下の全3巻。
    • 上:昔、天界にいた神「ブライトン」が世界『ブライトンランド』を創った。
    • 中:神は生物を造り、しばらくは平和な日々が続いたが、人間社会が巨大化して崩れ、神は遣いを出した。
    • 下:500年前に神の遣いが文明を破壊し、現在に続く新たな時代が始まった。
  • 南の陸地には古代文明の遺跡が多く残っているらしい。

【魔法について】 用語

  • 図書館で読める本作の魔法の設定。
  • 現在は回復魔法が広く普及している一方、攻撃魔法はセンスの良いごく稀な人々しか使えない。
  • 500年前までは魔法が貴重で使い手が少なかった一方、攻撃魔法もたくさんあったという。

【学校】 用語

  • 「クラークの街」にある。
  • 先生が1り寂しく宮沢賢治の詩を朗読している。

【マウントのつうろ】 地名

  • 「クラーク城」南西の山岳にある。
  • 「マウントの街」と外界を繋ぐトンネル。
  • 不便なため爆破工事が進められている。

【マウントの街】 地名

  • 「マウントのつうろ」の先にある開拓街。

【男】 キャラクター

  • 「マウントの街」の住民。
  • カウンター越しに話しかけないと怒るが、カウンター越しに話しかけると無視する。
「こら! ちゃんとカウンターごしにはなしかけろ!」

【むらおさ】 キャラクター

  • 「マウントの街」の長。
  • リチャードに爆破工事の起爆を依頼し、ジェミニが勝手に引き受ける。
「『王』ということは あなたたちはゆうしゃだな!」

【つうろのへや】 用語

  • 「マウントのつうろ」の隠し部屋。
  • 工事の起爆装置が設置されている。
  • 通路への場所移動が無いため、イベントを完遂しないと出られない。

【スイッチモゲラ】 キャラクター

  • 「つうろのへや」にいる鶏。
  • 話しかけるとスイッチが入って唐突にイベントが始まる。
  • 無視すると話しかけた際に起こるイベントが発生しない。
  • デバッグ用とも言い切れない謎の存在。
『スイッチ ON』

【セーブごろう】 キャラクター

  • 「つうろのへや」のセーブポイント。
  • 完成後も残す予定だったのかデバッグ用かは不明。
「セーブ?」

【スイッチ】 オブジェクト

  • 起爆装置。
  1. 奥の部屋のスイッチを踏む
  2. 手前に部屋に起爆スイッチ出現
  3. 起爆スイッチを踏む
  4. 山が爆破されて道ができる
  • …という構想だったと思われる。

【まもの】 キャラクター

  • 「マウントのつうろ」の住民。
  • 棲家を守るため抗議に現れるが、リチャードに無視されてスイッチを踏まれてしまう。
  • …という話の流れだったのだろう。
「ムシすんなっっ!」


【カイザークエスト】 作品 ツクール1

  • part11の一本目。作者 YUUKI氏。
  • 水没系。僅かにイベントがあった場所に初期位置を変えて続行した。


【アレクス編】 作品 ツクール1

  • part11の二本目。無題。
  • 何も無いと思った矢先にモンスターと出会う「ミミズク編」系の作品。


【あああ編】 作品 ツクール2

  • part12の一本目。無題。
  • 主人公あああが「なにもないだな、これが。」な大陸をひたすら歩く。


【光のD・M】 作品 ツクール2

  • part12の二本目。
  • シナリオ 01氏、マップ 02氏、スペシャルサンクス 03氏。
  • 外界と隔てられた孤島を何度も旅している光のD・M君。

【D・Mのおかあさん】 キャラクター

  • D・Mの家にいて小遣い(1000G)を無限にくれる。
  • 短いセリフ中に3つも誤字があった。
「D・Mのおかあさん:はいおこづかい(中略)きつけてね!」


【戦命】 作品 ツクール2

  • part13の一本目。
  • シナリオ ミズノ リョウ氏、マップ、スペシャルサンクス M/XYZ氏。
  • 「FE」のキャラが暗黒空間に放置されていた。


【『アサイ ナガマサのやぼう』】 作品 ツクール2

  • part13~15の作品。
  • シナリオ・マップ NAGUMO氏、スペシャルサンクス CHIHO氏。
  • 弱いシーマ君を必死に育てるゲーム。…終わり。
    …と思ったらデータ閲覧で本来のイベントの存在が判明した。

【シーマ】 キャラクター

  • 第一部の主人公。
  • 強敵蠢く大地で成長し、いつしか大陸最強の存在になる。

【村】 地名

  • 第一部唯一のマップ。
  • エディットにあった「はじまりの村」「村1」「村2」のどれかと思われる。

【ハウンドドッグ】 モンスター

  • 第一部のフィールド敵。狼型。
  • 初期状態では辛うじて勝てない相手。

【ヘルハウンド】 モンスター

  • 第一部のフィールド敵。ケルベロス型。
  • 動かないのでLV1のシーマでも必ず倒せる。
  • 得られる経験値3と10Gを貯めてハウンドドッグにリベンジした。

【『アサイ ナガマサのやぼう』(真)】 作品

  • 第二部的プレイ(というか、本編)。
  • グラ素材の都合による西洋グラの和風時代劇。
  • FC版「天地を喰らう」同様、HPを兵士数として扱っている。
  • データ消滅のため結末不明で終了した(エディットから推測するにもうあまり続かなかった可能性は高い)。

【ナガマサ】 キャラクター

  • 真の主人公。「浅井長政」。
  • 父の制止を振り切って宿敵ロッカクを倒し、家督を譲られる。
「わしが アサイ家のとうしゅじゃ!」

【コタニ城】 地名

  • アサイ家の本城。「小谷城」。
  • 部隊の編成や兵士(HP)の補給を行える。

【ヒサマサ】 キャラクター

  • ナガマサの父。「浅井久政」。
  • 息子がロッカクに勝利すると家督を譲って隠居する。
「おろかものめ!」

【部隊編成】 用語

  • 「コタニ城」に集まった部下から、3人(3部隊)を選んで連れて行ける(「FF8?」や「E・E編」と同じ)。
  • 当初は部隊を解散するとフリーズするミスがあった。*3

【アカオ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「赤尾清綱」。
  • 攻撃が得意だが守りが弱い。
「わたしたちは、わかさまにしたがいます。」

【ヨウノ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「丁野 若狭守」。
  • 攻・防ともやや低い。
「わかさま、わたしを戦さにつれていってください。」

【イソノ】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「磯野員昌」。
  • ヨウノ以上に攻撃重視。
「この命 わかさまにさしあげます。」

【くにとも村】 地名

  • アサイ家の領内にある村。セリフでは「クニトモ村」。
  • 人口がとても少ない。

【サワヤマ城】 地名

  • アサイ家の城。「佐和山城」。
  • ドドが守っていたがロッカク家に攻め落とされる。
  • 奪還後はイソノが城主となる。

【ノラダ】 地名

  • 「コタニ城」の南東周辺の地域。
  • 橋の上でロッカク軍と合戦を行う(野良田の合戦)。

【ロッカク】 モンスター

  • ノラダで指揮を執っていたロッカク家の誰か。
  • ナガマサ軍に敗れてヨシカタ・ヨシスケと共に撤退する。
「たいきゃくじゃ! ひとまず、カンノンジ城にもどるのじゃ!」

【ドド】 キャラクター

  • アサイ家の家臣。「百々安信」。
  • ナガマサが当主になった後「サワヤマ城」に戻るが、ロッカクの奇襲を受けて討ち死にする。
「わたくしは 城のまもりがありますので、サワヤマ城にもどります。」

【イナバヤマ城】 地名

  • 「コタニ城」の東にあるサイトウ家の本城。 
  • 攻め込んだ直後に「サワヤマ城」落城の知らせが入り、トンボ返りする事になる。

【ロッカクヨシカタ】 モンスター

  • アサイ家の宿敵。「六角義賢」。
  • 「ノラダ」での敗戦後「サワヤマ城」を攻め落とすが、ナガマサ軍と戦って敗走する。
「アサイがきただと!そんなはずはない。アサイは今、イナバヤマ城にいるはずじゃ」


【ザ・フー編】 作品 ツクール2

  • part16~18の作品。無題。
  • イングランドの特務部隊「ザ・フー」。彼らの目的は国家の平和を守る事。
  • 人名に様々なロックバンドメンバーの名前が使われている。

【ピート タウゼンツ】 キャラクター

  • 主人公。ザ・フーの一員。17才。
  • 熱血漢溢れる戦
    (本作は何故か一貫して「士」ではなく『土』が使われている。)若いが剣の腕と愛国心は人一倍強い。
  • モデルは「The Who」のピート・タウンゼント氏か。
「おれたちは、つよい!!!」

【ザ・フー】 用語

  • ピートが所属する組織。
  • 国の平和のために影で働く、特殊戦の団体。
  • 1り1りがずば抜けた力と『愛国心』を持っている。

【ザ・フーほんぶ】 地名

  • スタート地点。
  • 色々な小ネタが仕込まれていた。

【食堂のおばちゃん】 キャラクター

  • 「ザ・フーほんぶ」の食堂に勤める女性。
  • 「しゅじんこうに ちかよる」設定のため食堂以外の場所まで追いかけて食事を勧めてくる。
「なんに、なさいますか? パスタりょうりなんかがおすすめですけど。」

【ジーズ】 キャラクター

  • 「ザ・フーほんぶ」の食堂の主人。
  • カウンター越しに話しかけないと軽くあしらわれる。
  • 会議後に話しかけると剣をくれたようだ。
「おまえ ここに、はいってきてどうしたいの?」

【Hな本】 オブジェクト

  • 「ザ・フーほんぶ」の寝室の本棚にある。
  • 読むと経験値が1アップする。

【墓地】 地名

  • 「ザ・フーほんぶ」の裏庭にある。
  • 26年前の戦争で命を落としたナガマサ達の墓が並んでいる。

【リッチー ブラックモアズ】 キャラクター

  • ザ・フー4代目リーダー。21才。
  • 冷静な性格。幼少から魔法を研究し高い実力を持つ。
  • モデルは元「Deep Purple」のリッチー・ブラックモア氏か。
「それでは… グラスゴーとつにゅうにかんしての、かいぎをはじめる。」

【キース ムーンライト】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。19才。
  • 頭は固いが怪力は並ではない。
  • モデルは「The Who」のキース・ムーン氏か。
「てめぇ!ころすぞ!」

【スティング ポリスタン】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。18才。
  • 頭の切れる神官戦。音楽をこよなく愛する。
  • モデルは「The Police」のスティング氏か。
「そのために、おれたち ザ・フー は、けっせいしたんだ。のぞむところだぜ!」

【ボブ】 キャラクター

  • ザ・フーの一員。後方要員。
  • 捨て子だったピートの育ての親。
  • モデルはボブ・デュラン氏か。
「たのんだぞ、みんな! わしはジーズといっしょにここをまもる!」

【グラスゴー】 地名

  • 「ザ・フーほんぶ」の南にある都市。
  • 殺人事件を解決するため訪れる。

【殺人事件】 用語

  • 最近「グラスゴー」で頻発している。
  • 殺害方法が毎回異なり同一犯かも不明。

【じょうほうや】 キャラクター

  • 「グラスゴー」の刃物屋に間借りしている。
  • 怪しげな口調で喋り、遠く離れた東の島国の芸能人に詳しい。
  • スイッチ未設定のため話すたびに長話をする羽目になる。
「だから、あれだろう?………ひろすえのCD!うちは、レコードやじゃないんだ!わるいな!」

【民家(被害者宅)】 地名

  • 殺人事件の被害者の家。
  • 出口に空間の歪みがあり、別の民家の入り口に飛ばされてしまう。

【宿屋】 地名

  • 「グラスゴー」の宿泊施設。
  • 1階で宿泊券を買って2階のベッドで休むという自作宿。
  • 1階の酒場にはザ・フーの真似をしている若者達がいた。

【水モゲラ】 キャラクター

  • 「グラスゴー」の池に浮かんでいる。
  • 「ランダム移動」で水面を泳ぐ水鳥を演出したかった様だが、水上は歩行不可なので動けない。
「?!?!?!?!?!?!?!」

【ごろう人形&P・ヘッド人形】 オブジェクト

  • 「グラスゴー」の民家の前に置いてある。
  • 魔よけの人形(ごじさん曰く1体100000G)らしい。

【じいさん】 キャラクター

  • 「グラスゴー」の住民。戦死したザ・フー隊員の父親。
  • 「各事件の死因は毒殺で、犯人は国王」という根拠のない推理を披露する。
  • スイッチ未設定のため話すたびに長ばなs(ry
「剣で、きられて死んだヤツも、ねむるように死んだヤツも、かんがえられるのは、どくによる、もんなのじゃ!」

【フカサワ】 キャラクター

  • 「グラスゴー城」の門番。
  • 東の島国出身のような名前だが、本人曰く「ボーロの片田舎」出身らしい。
  • 捜査で城内に入ろうとするザ・フーのメンバーを欺き、城前の閉鎖空間に閉じ込める。
「アポなしは、だめだよ!」


【もうトリポ】 作品 ツクール2

  • part18の二本目。無題(命名ごじさん)。
  • 水没系。アスベル君が浮かぶ『ツクる事の大変さを知るRPG』。


【こなたんの げこくじょう】 作品 ツクール2

  • 特別編の作品。
  • シナリオ こな氏、マップ、こな!!氏、スペシャルサンクス カメレオンクラブ氏。
  • 操作:メイヴァさん、解説:こなさん、ガヤ:ごじさん。
  • 「アユラは」作者こなさんによるたにツクネタ盛り沢山の作品。

【こなたん】 キャラクター

  • 主人公。こなさんの娘。まないた。
  • ツクールをやるためパソコンを独占している父を説得する「ぼいけん」に出る。
「おとうさん!!パソコンから はなれてよ!」

【無限ごはん】 用語

  • 「こなたんち」のタンスに詰め込まれている。
  • …と、思いきや、実際に手に入るのは「魔剣こなこな」。

【ダニーちゃん】 モンスター

  • こなたんのベッドに生息中。スライム型。
  • 「こなたんち」の衛生状態が気にかかる敵。

【ネタバレ はんにん は ヤス】 キャラクター

  • 前のセーブデータのパーティ。
  • 「山の中にいる!」赤ちゃん一行。
  • 名前が全ての一発ネタ。

【こなたんち】 地名

  • スタート地点。こなたんのルーム。
  • 一度出てからまた入ろうとすると「ザベる」。

【ジャンケンマン】 モンスター

  • フィールド敵。おかマン型。
  • 呪文「グー」「チョキ」「パー」を使う。
  • ダメージは指の数*10で、「グー」なら無傷、「パー」なら即死の運勝負。
  • 元ネタはハルさん旧Part21「神聖さでぃ」のジャンケンおやじか。

【三馬神】 乗り物

  • 全て馬グラな陸海空の乗り物。
  • 敵が出る海馬だけは注意が必要。

【およぐはんざい者】 モンスター

  • 海に出現する。人魚型。
  • 脅威的な攻撃力で迂闊に海馬に乗った者を屠る。

【聖なる死んぱん】 呪文

  • こなたんがLV4で覚える。消費48で敵全体9999D。
  • 元ネタは「アユラは」のデバッグ用アイテム。

【ラスボスのステージ】 地名

  • 島中央の山にある洞窟。
  • クリアチェックをしようとするとこなたんに先を越されてしまう。
  • こなさん作品らしく謎解きが用意されている…と思いきや?

【こなパパ】 キャラクター モンスター

  • ラスボス。こなたんの父親。ツクラー。
  • 「聖なる死んぱん」を無効化してこなたんを追い詰めたが、成長した娘に破れ、作品制作を託して消える。
「ちょっとまて! いま ごじさんが トマトソースをハニワに かけるシーンが できるトコなんだ!!」

【タコあしはいせん】 モンスター

  • こなパパからの刺客。ヒドラ型。
  • 9本の首が絡み合ったコードを演出。
  • LV6だとピッタリHP0にされるため、倒すには「せんたくいた」の購入かLV上げが必要。

【しゅうぞう】 キャラクター?

  • こなパパに「聖なる死んぱん」が効かず、諦めかけたこなたんを励ます謎の声。
  • 励まされたこなたんは、新たなる技「天光剣!氷幻命術(全体5757D)」を編み出して父を超えた。
「あきらめんなよ!」

【FIGHT】 オブジェクト

  • こなパパとの戦闘前演出。
  • 火の物グラで「FIGHT」と表示される。
  • 元ネタは「SUPERオリエRPG」のビストロSMAPの『CM』か。

【ごじさんの セクハラクエスト】 作品

  • こなさんの次回作。…が、こなたんに倒されたためエターナった。


【00編】 作品 ツクール2

  • part19の一本目。無題。
  • 全身火器の武装犬が、老婆を撃つ!

【00】 キャラクター

  • 主人公。銃器の扱いに長けた犬。
  • 理由は不明だが老婆を的にする。
「そろそろ、おりてこいよ!」

【うめ@】 モンスター

  • 木の上に住む老婆。@はハートの記号。
  • 00に呼ばれて降りて来た所を撃たれる。
「ぎやゃあああああ!!!!!!~(中略)~!!!!!!」


【ばく死剣士II 幻のスープをたべろ!】 作品 ツクール2

  • part19の二本目。タイトルは作中で表示。
  • 命と引き換えに世界を救った剣士のその後。
  • スープは出てこなかった。

【ばく死剣士】 キャラクター

  • 主人公。魔王を倒すため神から遣わされた剣士。
  • 「魔王と相討ちして爆死」したためこの名で伝わっている(本名不明)。
  • 「オープニング」の後『ラスト』で悪魔王者と永遠に戦い続ける。
「よし、みんな! いくぞ!!」

【ラスト】 地名

  • ばく死剣士編のマップ。
  • 氷で囲まれた閉鎖空間。

【悪魔王者】 モンスター

  • 「ラスト」の主。大悪魔型。
  • 攻撃力9999なのにイマイチな呪文ばかり使ってくる。

【城石】 地名

  • エディットで見つかった城。
  • ばく死剣士との繋がり不明なイベントがあった。

【タカノリ】 キャラクター

  • 本来の主人公らしきキャラ。
  • 「城石2かい」で無限に喋り続ける。
「ちいせぇ」


【LUMEN LUNAE】 作品 ツクール2

  • part20の一本目。
  • シナリオ GM T・Y氏、マップ T・Y氏、スペシャルサンクス けーむをやってくれたあなた♪氏。
  • 闇の中で行われる「けーむ」なる儀式の記録。


【とある やしきの ものがたり】 作品 ツクール1

  • part20の二本目。作者 TEAM PUMPKIN氏。
  • とある屋敷に閉じ込められた兄妹の姿を描く。
  • 冒頭で「戦闘は無い」と宣言されるADV系の作品。
    アイテムを駆使して屋敷からの脱出を目指し、行動次第でENDが分岐する予定だったらしい。

【ウッド】 キャラクター

  • 主人公。周りから「シスコン」扱いされるほど妹思いの少年。
  • ハイキングの途中で道に迷い、怪しげな屋敷に辿り着く。
「バカいうなよ あんな かわいいおばけが いるかっての」

【リーフ】 キャラクター

  • ウッドの妹。兄の過保護に若干あきれ気味らしい。
「まってよ、おにいちゃん」

【やしき】 地名

  • 山奥にひっそりと建っている。
  • ウッド達が一晩泊めてもらうが、翌日、玄関に鍵がかかって閉じ込められる。

【しようにん】 キャラクター

  • 「やしき」のメイド。ウッド曰く「けっこうかわいい」。
  • 兄妹を助けたいと思っているが、主人には逆らえずに苦しむ。
  • 足音をたてずに歩くらしいが、果たして…。
「また… ぎせいしゃが でる… でも… わたしには…どうすることも………
おねがい… いきて… このやしきから… でて…」

【やしきのあるじ】 キャラクター?

  • セリフのみ。
  • 何らかの目的で兄妹を屋敷に閉じ込めた。
「ひさびさの『ざいりょう』だ かえすわけには いかん やしきから ださないように」


【かいよしひろバンドストーリー】 作品 ツクールGB

  • part21の作品。作者 MATUFUJI氏。
  • 甲斐バンドのボーカルよしひろ氏が、妖精に誘惑されて思わず…。
    …この作品はフィクションです。実際の人物・団体とは一切関係ありません。
  • なお、この回最初のGBA(3000円+実況用GC5000円)は全くの空であった。
  • 投稿者ごじさんから譲られたROMを解析した結果、メッセージがほぼ全て残っている事が判明した。
    『かいよしひろバンドストーリー全文』


【といめいSTG編】 作品 デザエモン

  • part22の作品。無題。
  • サンプルそのままの2面を「といめい」の自機が飛んだ。


たにツク奮闘記

  • その0は中身なし。

【イメージ×メルヒェン】 作品 ツクール2 (00:43)

  • その1の作品。
  • シナリオ スズマン氏、マップ まゆみ氏、スペシャルサンクス すずまん氏。
  • 作者の化身達の痴話ゲンカ。
  • 後述の理由で数分程度の内容に数時間を費やした。

【すずまん / スズマン】 キャラクター (00:44)

  • 主人公。シナリオ兼スペシャルサンクスの化身。老人型(32番)。
  • ありそうでなかった『パンツがカピカピ』状態でベッドスタートを果たす。
    (作者が自分の化身で自虐するのはたにツクだと割と珍しい)
  • 力が「2」で運が『99』という逆であれば…な能力の持ち主。
「たいへんだ! パンツがカピカピだ!」

【かがわまゆみ / まゆみ】 モンスター キャラクター (01:57)

  • 仲間。マップ担当の化身。マップ:グラ42番・戦闘:メデューサ型。
  • すずまんの家にいて話すと戦闘になる。
  • 大して強くないがすずまんが弱すぎてLV20まで上げないと倒せない。
  • 倒すとすずまんに誘われて加わる。…が、直後に『2りを見た者はいない』と語られてENDを迎える。
「びっくりさせないでよっ!!ねぇ、みんなあそんだよね!?」

【しょうがくせい / ちゅうがくせい】 モンスター (03:57)

  • フィールド敵。少女型 / サキュバス型。
  • かがわまゆみを自力で倒すには彼女達(1体EXP10)でレベル上げするしかない。
    (LV20で累計42149なので最大4215回、複数体出る事を考慮しても確実に1000回以上の戦闘が必要)
  • 普通なら諦めるかデータ改変する所だが、ごじさんは自力でLV上げをした模様。


【いし 11編】 作品 ツクール2

  • その2の作品。無題。
  • タイプ:石・使用画面:11の無名のマップが1つだけあった。


【おんだたいきたびにでる!】 作品 ツクール2

  • その3~3.5の作品。
  • 題名通り旅に出たのであろう「たいき」君の激闘。
  • イベントは皆無なのに軽い達成感を得てENDを迎えられる、たにツクらしい作品。


【SOUL EROSION】 作品 ツクール2

  • その4~7.5の作品。
  • シナリオ・マップ・スペシャルサンクス アカイライ氏。
  • 記憶をなくした男女の自分探しの旅。
  • 作者がツクール2に限界を感じたため、謎だらけのまま序盤で打ち切られていた。

【? / ヴァイス(仮)】 キャラクター (4・01:04)

  • 主人公。記憶喪失の幽霊。ごろう型(霊体)/3種(憑依後)。
  • 『ヴァイス』の墓前に現れた後、墓地で倒れていた人物に憑りつき、『ヴァイス』を名乗って活動を始める。*4
  • 気絶している所を見ただけでその人物の性格をほぼ完璧に見抜ける洞察力を持つ。
  • なお、データには憑依後の3人の他、4人目のヴァイス(グラ20番)も設定されていた。
「…ここは、どこだ?」

【アフマル / ロサ / ザイン】 キャラクター (4・02:30)

  • 仲間。ライス型 / グラ11番 / グラ7番。
  • 墓場で倒れていた記憶喪失の男女。
  • 1りがヴァイスに憑りつかれ、残り2りはそれを知らぬまま仲間に加わる。
  • パーティが3パターンになるため、一部の会話も3パターン用意されている。
    (セリフが一言でも違えば分けているため、該当する会話は通常の3倍の容量を消費している)
ア「ボクはアフマルです」、ロ「ロサです」、ザ「オレはザインだ」

【レグストル】 地名 (5・01:52)

  • 墓地の北西。
  • 『学者のヴァイス』や「金は獣から得た素材を売って稼ぐ」などの情報が得られる。
  • 道具屋に本編104~105「きくち編」のツンデレ横町を彷彿させるツンデレ女店員がいた。

【悪しき者】 用語

  • 凶暴化した獣を退治すると口から出てくる靄の様な物に『学者のヴァイス』が付けた名称。
  • 『学者のヴァイス』は、獣の凶暴化の原因を調べて世界中を渡り歩き、
    「凶暴化は悪しき者に魂を喰われたため」という説を立て、獣を殺さずに救う方法や悪しき者の目的を考えていたが、
    7日前に「レグストル」周辺で獣の集団に襲われて死亡し、町近くの墓地に埋葬されたという。

【とうぞくのねぐら】 地名 (6・02:52)

  • 「レグストル」の北。義賊レイドファミリーのアジト。
  • 門前払いされるためデータを改変して侵入したが、皆フレンドリーで戦闘などは起こらない。
  • なお、町で「山賊退治も金稼ぎの手段」と聞けるが、敵に「とうぞく」はいても山賊はいなかった。

【れんらくろ】 地名 (6・04:35)

  • 「レグストル」の北西。大陸と繋がる洞窟。
  • 出入り口しか作られておらず、そこにいた作者の化身*5が、
    『このペースだと容量が足りずツクール2ではもう限界なので、近日発売のツクール3で作り直す』という
    友人メーダ氏*6への『連絡』を伝えてENDを迎える。


【ACID RAIN】 作品 ツクールGB

  • その8の作品。作者 SHOICHI NAMBA氏。
  • 奪われた武器を取り戻して祭壇の奥の敵を倒しに向かうオニキス達。…終わり。


【ゆうすけでんせつ】 作品 ツクール2

  • その9~16の作品。シナリオ・マップ J・NOZAKI氏、スペシャルサンクス ブラウンかんのまえのキミ氏。
  • 若者の命を消耗品にするブラックバイトの実態を描く、現代風ギャグ作品。
  • ノリは軟派だがイベントは手堅く作られている。
  • 一部名詞から04年以降に作られた(手が加えられた)と推測できる。

【ラストダンジョン】 地名 (9・00:50)

  • 最初のマップ。
  • ゆうすけを操作して魔王を倒すと『END』を迎える。
  • その後エンディングに行くか聞かれて「いいえ」を選ぶと『オープニング』に移行する。
  • この他、本編用の「ワープゾーン」や管理用のスイッチ表イベントも設置されていた。

【ゆうすけ】 キャラクター モンスター (9・00:50)

  • 主人公(裏)。マップ:ローリー型(2番)・戦闘:戦士型。
  • 魔王を倒して世界を救った勇者。
  • 国から貰った大金(血税による年金)で『幸せな暮らし(豪遊生活)』を送っており、
    そのせいか『勇者は何をしてもいい』と考える自己中になっている。
  • ある日殺人を犯して収監されるが、反省する所か逆恨みして脱走し、お尋ね者となる。
  • 脱走後は各地の国長を恐喝しようとしていた(「アオモーリ」は断られて殺害し、「アギータ」は未遂)。
  • 未使用イベントや敵を見るに最後は『ゆうすけだった』存在と化す予定だったようだ。
「ぁあ? おれをゆうしゃとわかっていってんのか?」

【シュウ】 キャラクター (10・05:03)

  • 主人公(表)。グラ27番。
  • 警備員の職を得ていたが突如『ゆうすけ討伐』に変更され、「無職になると母親が悲しむ」と脅されて渋々承諾する。*7
  • ゆうすけほどではないがこちらも大概な性格。
「げんきですかーー!」

【シュウのハウス】 地名 (10・05:03)

  • スタート地点。実家。
  • 他の地域との位置関係から岩手県の東部にあると思われる。

【ハローワーク】 地名 (11・01:43)

  • 職安。
  • 所長からゆうすけ討伐のブラックバイトを強要される。

【もりもり】 地名 (11・05:44)

  • 4つの町(国)を繋ぐ疑似フィールド。
  • 内部マップだけの構造はハルさん実況の「おべんとうクエストII」を彷彿させる。
  • 名称は盛岡市と森をかけたものか。

【アオモーリ】 地名 (11・09:29)

  • 北の国。
  • ゆうすけと初遭遇して国長の殺害を目撃する(選択次第では戦闘になる)。

【ポディ・マハッタヤ】 キャラクター (11・11:45)

  • 仲間。「アオモーリ」の国長の息子。ドワーフ型(26番)。
  • 国長の死後に現われ、「父がゆうすけに殺された」事を即座に悟って敵討ちのために加わる。
  • 元ネタは国語の教科書に載っていたというスリランカ人の「ポディマハッタヤ」氏か。
「おのれ!!ゆうすけのしわざだ!!」

【アギータつうろ】 地名 (12・02:06)

  • 「アギータ」への通路。
  • 「アオモーリ」で『ゆうすけがアギータに向かった』と聞いて訪れる。
  • 一見複雑そうだが通過するだけなら割と単純。
  • 怪物がいるという台詞に反してザコ敵は出ない。また、ここから全ての敵が能力未設定になる。
  • 宝箱で「キリタンソード」を入手できるが「超人ネイガー」*8との関係は不明。

【アギータ】 地名 (12・05:04)

  • 西の国。
  • 『エラ(ー)イ人』の部屋でゆうすけと戦闘になり撃退する(選択次第ではマハッタヤ1りで戦う)。*9

【センダイン】 地名 (13・00:38)

  • 南の大都会。占拠時のマップ名は「ニセンダイン」。
  • ゆうすけ撃退後、NPCの「自分なら大都会に行く」という個人的意見を聞いて訪れる。
  • ヤンキー軍団に占拠されていて住民は町外や隠し部屋に避難している。*10
  • 不良のシンボル敵の他、夜勤明けざんぎょうがえりなどのランダム敵が出る。
  • 町を救おうと隠し部屋を出た所でイベントが尽きていた。

【やすこ】 キャラクター (14・01:01)

  • 未登場キャラ。グラ13番。
  • 資格を身に付けて戦う紅一点。
  • 未登場ながら「マジラスダン」でセリフが見られた。
「えーっと…… おとなしく殺られてください」

【スタッフハウス】 地名 (15・19:15)

  • 未登場マップ。
  • 作者の化身がいるいわゆる開発室。

【マジラスダン】 地名 (15・19:51)

  • 未登場マップ。
  • 作りかけのゆうすけとの決戦イベントが残っていた。