本編
+ 1~178
+ 新1~
+ The B関連
派生作品
+ 実況
+ リメイク

最終更新:16/04/27 【INFINITE FOOLS -VXAce version-】追加

  • ネタバレを含むためプレイ後の閲覧を推奨します。
  • 未完成・未配布作品も含まれます。
  • 現在、外部ユーザーの編集は受け付けていません。

- 

【他人ツクール総出演編】 ツクール2000

  • 初のたにツクリメイク作品。作者:面妖さん
  • 複数作品によるクロス系。第1章はやまうち、第2部はアユラが主人公。
  • 第1章が配布された後、PC故障に伴う素材紛失で長期凍結した末に終了宣言がなされた。
  • 配布終了。プレイ動画も削除済み。


【みみずくRPG】 ツクールVX

  • 本編22「ミミズク編」のリメイク。作者:富竹時報さん
  • 原作をほぼ再現した上でネットの様々なネタを加えている。
  • 未配布なし(多分)。作者によるプレイ動画のみ。

【のねずみ】 モンスター

  • ミミズクの獲物。
  • ミミズクの爪に引き裂かれて断末魔と共に生き絶える。

【のねずみの肉】 アイテム

  • 獲物から剥ぎ取った肉。HP500回復。
  • 食べる際によく婿養子と間違われる男性の声が聞こえる。

【ミミズク】 操作キャラ

  • 主人公。のねずみを求めて大地を駆ける獣人少女。
  • 獲物を狩ってカロリーを摂取し、剥ぎ取った肉で生命力を回復する。
  • 本作のRTP猫娘グラと大百科掲示板<48>の絵 *1 が二次創作での彼女の基本イメージとなった。


【『アユラ編』 DESTINY of ANGELS】 ツクール2000

  • 本編33~34「アユラ編」のリメイク。
  • グラフィック:アンゼリコさん / 友人Aさん、妄想・製作:ちよちよさん
  • ツクール1のグラやBGMを出来る限り再現。
  • 顔グラや一枚絵に「アユラ編を描いたみた」のイラストが使われている(作者同士が知り合いとの事)。
  • 序盤は原作通り進み、後半は独自の補完(辻褄あわせ)が行われている。
  • 配布中。作者によるプレイ動画あり。

【「そのしょうこにきみは 魔法がつかえる。」 「つかえないわよ!!」】 セリフ

  • 説明不要の「アユラ編」で最も有名なやり取り。
  • 本作ではアユラの一枚絵が入る。

【END】 用語

  • モーリーを仲間に加えて「水の祠」から脱出したアユラ達。
    だが、魔王の脅威は去ったわけでは無い。
    はたしてアユラ達は、全ての天使と宝石を集めて、魔王を倒す事が出来るのでろうか?
    アユラはようやくのぼりはじめたばかりなのだ、この果てしなく遠い天使坂を…。
    『蜜柑』
  • スタッフロールのイラストは「アユラ編を描いたみた02」の先行公開。
  • 直接の続編は作られなかったが「新説・キューブクエスト」にセルフオマージュ的なイベントが存在する。

【アユラ】 操作キャラ

  • 主人公。「吟遊詩人男?」→「???天使?」。
  • 原作通り、天使を名乗る2りと出会って魔王との戦いに巻き込まれる。
  • 当然最初は魔法を「つかえないわよ!」だが、LV2であっさり覚える。
「その天使の生まれ変わりが私だったりしてね!」

【石の雨】 魔法

  • さふらんが覚えている。消費12で単体約52D。
  • 今作でもLV1では「いしのあめ、でけへん」。

【王様】 NPC

  • 「水の城」の王。カエルの姿は原作通り。
  • 一度「水の祠」に寄った後に謁見すると行方不明の姫を探す代わりに破魔の鏡を授けてくれる。
「天使様! よろしくお願いします!」

【かえってきたしたい】 モンスター

  • 「精霊の町」の墓の一つを調べると出現する。
  • 某『元あくにん』のような事を言いつつ、やる事は女の子イジメ。
  • 通常のしたいより少し強いが、水の竜巻2発で倒せるので、運が良ければLV1無装備でも撃破可能。
  • 街を出入りすれば復活する。
「私は善の心に目覚めたのです!」

【きろくにん】 NPC

  • セーブポイント。
  • 常時セーブ可能な本作では立場が微妙。

【高性能AI】 システム

  • RPGツクール2000製のオート戦闘機能。
  • 「敵をバラバラに攻撃する」「勝手に魔法を使う」「MPが無いのに魔法を使う」という、
    RPGツクール1、2の不具合を改良するために開発された。
  • 敵を一極集中で攻撃してくれる優れモノ。(投稿者メイヴァさん)

【さふらん】 操作キャラ

  • 仲間。「性別無き天使」。
  • ラナルが長文で説明した1000年前の出来事を『寝てた』の一言で済ませる猛者。
  • ラナル同様に魔法の効率が悪い。
「…寝てた」

【したい】 モンスター

  • 序盤の壁。自動MP回復がある分、対応はしやすい。
  • 今作では出現する度に喋る。

【自動MP回復】 システム

  • 追加要素。戦闘中、1T毎にMP1回復する。
  • ガス欠で「つかえないわよ!」は減ったが、最大MPが足りなければやっぱり「つかえないわよ!」。

【人体模型なおこ&骨格標本なおみ】 モンスター

  • 「水の祠」の奥、原作で「魔王の罠」があった部屋にいる。
  • 原作の未登場敵「じんたいもけい(骸骨型)」が元ネタ。
  • 撃破後に魔王が現れて捕まってしまう。

【精霊の街】 地名

  • ぼいけんのスタート地点。原作と大体同じ。

【相談コマンド】 システム

  • 追加要素。
  • 移動中に「Shiht」キーで表示されるパーティチャット。

【天使の街】 地名

  • 物語のスタート地点。原作とほぼ同じ。

【菜切包丁】 装備

  • アユラの主武装。名前に用途を付加。
  • 他にも大量の包丁が設定されていたが、出刃包丁以外は未登場。

【フィールド】 用語

  • ツクール1と同じグラのマップチップで「フィールド1」を完全再現。
  • 大陸の西側は原作未登場の強敵が配置された危険地帯。

【魔王】 NPC

  • 原作通り唐突に復活した魔王。
  • 復活を知らせに来た際、ラナルに『おみやげ』を置いていく。
  • 今回はちゃんと「みずの城のほこら」に現れる。
「とりあえず捕らえておくか。」

【水のオパール】 装備

  • 魔王を封印する力を持つ宝石。
  • 1000年前、さふらんが神から授かった(ラナルは大地のオパール)。
  • ラナル達の封印後も仲間の手元に残って魔王の封印に使われた後に「水の祠」に安置された模様。
  • 原作通り誰でも装備可能で素早さが10上昇する。

【水の城】 地名

  • 「精霊の街」の南、「水の祠」の北西。
  • 原作ではエディット閲覧だけだった場所をほぼ再現。

【水の祠】 地名

  • 「水のオパール」が安置された洞窟。今は魔王の部下に占拠されている。
  • 原作の入口で動けなくなるイベントミスを「魔王の呪い」とし、
    「水の城」で破魔の鏡を入手すると進めるようにしている。

【モーリー】 操作キャラ

  • 仲間。「捕獲されてた」。
  • 原作通り奥の牢屋でアユラの中に入る。
  • 本作でも身分は示唆されるにとどまる。
「水晶球をスイッチに乗せましょう!」

【友人B】 NPC

  • アユラの友人。 相変わらず優しい娘。
  • 今作では彼女の家でもMPが回復する。
「疲れたらいつでも来ていいからね。」

【ラナル】 操作キャラ

  • 仲間。「性別無き天使」。
  • 1000年前の戦いで魔王城の呪いを解いて魔力を使い果たし、魔王の配下によって世界樹に封印されていた。
  • 復活して間もないので魔法はあまり「つかえないわよ!」。
「やっぱりY・Yは吉野家なのか?」

【リザルト百態】 システム

  • 追加要素。大量のリザルト文。
  • 作者さん曰く「The Bが所持しているツクールの本数(当時百数十本)」ぐらいあるとの事。

【リトルムーン】 装備

  • 天使の主武装。今作では曲刀という設定。
  • ちなみに「描いたみた」では『弓』。

【レグルス】 NPC

  • 奥の牢屋に捕まっている。
  • 原作同様、脱出と収監を繰り返す。
「瞬間移動っ!!」

【牢屋】 地名

  • 「水の祠」の一室。魔王に敗れたアユラ達が入れられる。
  • 壁を壊すともう1つの牢への通路が現れる。
    (奥の牢に「水のオパール」があるのを見るに、安置室とその途中の部屋を牢に転用したのかもしれない)


【ファイナルファンタジー8?『いしょく』】 ツクール2000

  • 本編22~32「FF8?編」のリメイク。作者 ベルファーレ長田(゚∀゚)◆AHYAdoiNSIさん
  • BGM・グラ・画面レイアウト・システムと、ツクール1の雰囲気を忠実に再現する一方、
    物語面では不明点や説明不足だった部分が出来る限り補完されている。
  • 配布中。コダ太郎さん&こなさんによる実況プレイ動画あり。

【?ボックス】 アイテム

  • 「アクアキャッスル」で入手できる。敵単体に5000D。
  • 原作では「ゲートジェネレイター」で入手した用途不明アイテムだった。

【END】 用語

  • 黒幕フィーストファ、(ついでにシルバーザダーク)を倒したやまうち。
  • だが、旧友を手にかけ、仲間を失った彼には、もう何も残されていなかった。
  • 荒野を行く彼の瞳に映るのは、旧友と仲間の幻とそして…。

【アイテムショップ(かじボーン城前店)】 地名

  • 「ラムルーアどうくつ」と「かじボーンの城」の間にある。
  • 道具屋はファルミアで宿屋はラーシィ。

【アクアキャッスル】 地名

  • 「ハルの家」の南。
  • かつて島を治めていた人物が住んでいた場所。
  • ハルから『王さま』が買い取ったが、ローンは一度も支払われていない。
  • 様々な作品から呼ばれた本編より若干強めの敵が出現する。

【アルハザード】 モンスター

  • フィーストファの配下。
  • 本作では「ふじた編」にも登場してふじたに各種命令を伝える。
  • その後は原作通り、第2部ラストでやまうち達に敗れる。
「わたくしは、『アルハザード』!」

【あんこく死士】 モンスター

  • 「アクアキャッスル」の『王さま』。ツクール2のデュラハン型。
  • 自分を倒すはずの『わかもの』とその友人を待ち続けていた。
  • 8ターン目に『禁断の大技』を使用してくるので、その前に倒さなければならない。
  • 倒すとハルからお礼(てづくりミサンガ・素早さ+3000)を貰える。
「わたしはある『おとこ』をまっている。」

【いしまる】 操作キャラ モンスター

  • 仲間。『えいゆう』の1り。回復と眠りの呪文を使う。
  • かじボーン討伐後よしいと共に『かんぶ』となる。
  • 原作通り、第2部中盤でやまうち達に敗れる。
  • 戦闘グラがツクール2の魔法使い型に変更された。
「ありがとうございます!『えいゆう』として『はじ』のないようにがんばっていきます!」

【ヴォルカノントラップ】 地名

  • カノンの「かじボーンがいる」という偽情報を元に向かう。
  • 原作の知識があればそれほど苦労しない。

【うらぎられしもの】 メインシナリオ

  • 第2章。
  • 冒頭に1章の3組の合流描写が追加された。
  • 次の目的地がカノンの情報や聖せきの導きなどで示されるようになった。

【えいゆうかん】 地名

  • 『えいゆう』の肖像画の展示施設。
  • 原作同様やまうちの絵が爆発して管理人と戦闘になる(弁償すれば一応回避できる)。

【オヴァンレイ】 地名

  • 最終決戦の地。
  • ブラックマーケットの猫がトノになっている。

【おとこ】 NPC

  • 緑の聖せきの所有者。
  • 原作同様「ふじた編」冒頭で「ぐばぁ…」される。
  • 「殺されて奪われる」繋がりで下記セリフが追加。
「え?わたさなければ『きえてもらう』だって!? ちょ、ちょっと、ま………。」

【かじボーン】 操作キャラ

  • 第1章「かじボーン編」の主人公。元『あくにん』。
  • 原作通り「セレンきょうかい」の地下室で短い出番を終える。
「『せいぎ』にめざめなければ!『みなみ』にある『塔』にいこう!」

【かじボーン(あくとう)】 モンスター

  • 世界を『きょうふ』で支配する『じゃしん』。
  • 子供(けんご)の家を燃やすなどの悪行を働いていた。
  • 強力な打撃や攻撃・眠りの呪文を使うが、「状態異常が効く」という致命的な弱点を持つ。
「『せいぎ』だと……。そ、そうか、これが……。」

【かじボーン(ザコ)】 モンスター

  • 「ヴォルカノントラップ」で一度だけ出現する。
  • 本作では「聖せきの力で生みだされたクローン(ケローン)」という設定。

【かじボーン城】 地名

  • 開始早々『ラスボス』の『ステージ』。
  • 「トノ編」の「ボスのいえ(もののけMAX)」が元。
  • 入口の青年はジークロンになっている。

【かじボーンと『えいゆう』編】 追加シナリオ

  • 第0章。
  • やまうち達とかじボーンとの戦いを描いた前日譚。
  • 出現する敵は「アユラ編」のザコ。

【かじボーン編】 メインシナリオ

  • 第1章「えらばれしもの」の一篇。
  • かじボーンが復活した理由が判明…しない。

【かず】 操作キャラ

  • 「FF9編」の主人公。
  • 例の如く「狩り」「ルーム」「全滅」の三段跳びを行う。
  • 本編のシナリオ選択のキャラにも抜擢された。

【カノン】 操作キャラ モンスター

  • 仲間。「セレンきょうかい」の『きょうそ』。
  • 原作通り、フューネルとかじボーンを殺して聖せきを奪った後でやまうちの仲間になるが、
    「ヴォルカノントラップ」で本性を現して倒される。
  • 2章冒頭で「教会を襲ったかじボーンから逃げてきた」と偽ってやまうちに近づく場面が追加。
  • 変身前のグラがツクール2の占い師型に変更された。
「『にし』の『ヴァルカノントラップ』へいっしょにいきましょう!!」

【神?】 モンスター

  • 全ての聖せきの力を使って変身したフィーストファ。
  • 原作視聴済みならThe Bの時ほどの強さは感じられないかもしれない。

【くれない】 操作キャラ

  • 仲間。本作では『おとこ』。
  • 7人からお金を盗んだ『どろぼう』として、やまうちの入城初日に投獄される。
  • 原作同様やまうちに最後まで付き従い、ラスボス戦で消失(死亡?)する。
「こまっているんだろう? おれをたすければ、おまえの『なかま』になってやる!」

【ゲートジェネレイター】 地名

  • 原作同様カノン戦後に強制的に飛ばされる。
  • よしい&いしまるを倒すと聖せきの力で神殿の近くに飛ばされる。

【こだいのとうぎじょう】 地名

  • 「ゲートジェネレイター」攻略後に向かう場所。
  • 原作同様5回戦って優勝を目指す。たにツク視聴者なら初見殺しは避けられる…はず。

【シルク】 モンスター

  • やまうちを狙う刺客。
  • 戦闘グラがツクール2の長爪戦士型に変更された。
  • 原作同様「やまうち城」の自爆後は未登場。

【シルバーザダーク】 モンスター

  • ラスボス。聖せきに封じられていた『じゃあく』の『けしん』。
  • 「聖なるしんぱん」を原作2戦目と同じ順番(ルシフェル→くれない→やまうち)で放ってくる。
  • 敗北した場合、フィーストファ&神?は撃破扱いとしてリスタートする。

【そんちょう】 NPC

  • 「ライナスシティー」の『村』長。
  • 「かじボーンと誤認してふじたを刺す」という、部下のミスを利用してふじたに恩を売り、部下同然に扱う。
  • 追加場面で大物ぶりが強調された事で、本編での落ちぶれっぷりの落差が大きくなった。
「……あぁ。 『えいゆう』をころそうとした『ばつ』をうけなさい。」

【デ・レ・メタリカ】 地名

  • 海底神殿。
  • 「みなとまちティムニー」から嵐の中を出港して沈没した結果たどり着く。
  • 道中のガーディアンは原作同様の戦闘力と生命力を持つ。
  • 偶然奥で見つけた飛竜をかっぱらって「オヴァンレイ」へ向かう。

【テレポート】 用語

  • 聖せきの力を利用した瞬間移動。
  • 本作ではイベント専用。

【ハルナ】 キャラクター?

  • 名前のみ登場するふじたの恋人。故人。
  • 1~2章間で聖せきを使って蘇生を試みて失敗したらしく、ふじたが聖せきの力に疑問を懐く原因となった。
  • 名前の元ネタは「E・E編」のハルナ・ジェダルーク。

【ハルの家】 地名 追加イベント

  • 飛竜入手後から挑戦可能な隠しイベント。
  • かつて1りの狩人が住んでいた場所。
  • 現在の住人(ハル)から「アクアキャッスル」の王さま退治を頼まれる。

【ファイナルファンタジー9編】 おまけシナリオ

  • ゲーム開始直後にプレイするシナリオ。
  • 「『FF8?』を始めたと思ったら、『FF9』をやっていた。 な… 何をいt(ry」な気分になる事うけあい。
  • ただの1発ネタに見えて隠し要素の伏線でもあった。

【フィーストファ】 モンスター

  • 「オヴァンレイ」の王。
  • シナリオ補完によって黒幕としての存在感が若干増した。
  • 戦闘グラがツクール2のおかマン型に変更された。
「さぁ!『聖せき』をわたしなさい!おとなしくわたせば、
わたしの『みぎうで』としてあつかうことを『やくそく』しましょう!!」

【ふういんされし神でん】 地名

  • 聖せきの飛び先近く。
  • 原作通り「こだいのとうぎじょう」優勝で入れるようになり、内部でふじたが裏切る。
  • ふじたが今わの際に「黒幕はフィーストファ」と語り、「オヴァンレイ」へ行く理由が補完された。

【ふじた】 操作キャラ モンスター

  • 第1章「ふじた編」の主人公。『えいゆう』の1り。
  • かじボーン打倒後に仲間と別れて帰郷しかけた矢先、「ライナスシティー」村長に手違いで倒されてしまう。
  • 村長に救われたと騙されて彼の下で働いていたが、フィーストファの手引きで得た聖せきの力で真実を知る。
  • その後、聖せき収集のためやまうちと合流。第2章ラストで裏切るが敗れ、黒幕の情報を残して息絶える。
  • 戦闘グラがツクール2のバンパイア型に変更された。
「…………いいだろう。すべての『聖せき』をあつめてやる。 どんな『て』をつかってでも……。」

【ふじた(ザコ)】 モンスター

  • オヴァンレイに現れる。
  • もちろんケローン。

【ふじた編】 メインシナリオ

  • 第1章「えらばれしもの」の一篇。
  • 冒頭でふじたが聖せきを集めるようになった理由が語られる。

【ほろびしもの】 メインシナリオ

  • 第3章。
  • ストーリーはほぼ同じで隠しダンジョンが追加された。

【マクダレイン】 モンスター

  • やまうちの執事。最初から裏切る気満々。
  • 原作同様「オヴァンレイ」の入口でやまうちに討たれる。
  • 変身前のグラがツクール2の成人男性型に変更された。
「『やまうち』さま、あの『おとこ』のしょぶんは、わたくしにおまかせを。」

【みなとまちティムニー】 地名

  • 聖せきの飛び先の東。
  • テレポート使用不可な本作で島外に出るには、この街の船が不可欠。

【やまうち】 操作キャラ

  • 主人公。『えいゆう』の1り。
  • かじボーン打倒後に城を賜り…三日後には原作の堕落ぶりに達していた。
  • マクダレインの裏切りで聖せきの力を知り、『あくにん』に渡さないため収集の旅に出る。
  • かつての仲間達を倒した末に黒幕を知って決着をつけるが…。
  • 後半までフィーストファを信頼していたせいか原作より若干純粋な性格の印象を与える。
「おまえが『かじボーン』か! 『じゃしん』め!死ねーーーーー!!」

【やまうち編】 メインシナリオ

  • 第1章「えらばれしもの」の一篇。
  • 冒頭でくれないの投獄理由が判明する。

【よしい】 操作キャラ モンスター

  • 仲間。『えいゆう』の1り。高い攻撃力を誇る戦士。
  • かじボーン討伐後にフィーストファの『このえへい』に任命されて『かんぶ』となる。
  • 原作同様、第1章でふじたに聖せきを奪われた後、第2章でやまうち達と戦って命を落とした。
  • 裏切りの原因については、フィーストファ(不完全型神?)に屈して、
    いしまる共々従わされていたらしき描写が追加されている。
  • 変身前のグラがツクール2の戦士型に変更された。
「や、やった!ほんまにやったんやで!」

【よしい(ザコ)】 モンスター

  • よしいのケローン。
  • 「ヴォルカノントラップ」最深部手前で一度だけ出現する。
  • 多少運も絡むが頑張れば撃破可能。

【ラーシィ系店員】 NPC

  • 世界中で宿を経営するラーシィ系キャラグラの一族。
  • 原作では名無しだったが本作では全員に名前あり。
  1. 「アイテムショップ(かじボーン城前店)」…ラーシィ
  2. 「ライナスシティー」…ミツキ
  3. 「アイテムショップ(ベリーケイブ前店)」…アイス
  4. 「アイテムショップ(エーデルバイド北店)」…ショウコ
  5. 「エーデルバイド」…ジュン
  6. 「アイテムショップ(セレンきょうかい前店)」…ミルク(アイスの妹)
  7. 「アイテムショップ(えいゆうかん2階店)」…レモン(アイスの妹)
  8. 「みなとまちティムニー」…ココ

【ラムルーアどうくつ】 地名

  • 0章のスタート地点。「かじボーンの城」の道中。
  • 地名と内部の会話等は「ガダマンクス編」が元。

【ルシフェル】 操作キャラ

  • 仲間。謎の女魔術師。
  • 原作同様ふじたの聖せきを奪って塔に呼び、彼の実力を見極めてから仲間入りを求めてくる。
  • 断ってもワープゾーンで必ず加わるため、原作の様に第2章で何故かいるという事は無い。
  • ラスボス戦で「聖なるしんぱん」を受けて消失(死亡?)する。
  • 本作でも素性不明だが「知的好奇心から聖せきの力を知りたがっている」という設定が付与された。
「そんなこといわずに。」

【ワープゾーン(ふじた)】 地名

  • 「ふじた編」のワープゾーン。
  • 原作でスルーした左下のワープは、一方通行でこちらからは起動できないという設定になった。


【RPG TKOOL FIGHTERS】 派生作品 MUGEN

  • たにツク1周年記念の対戦格闘ゲーム。作者:メイヴァさん
  • キャラ作成の困難さから「なにもないだな、これが。」「ないよーだ!?」「ざんねんしょう!」な結果になった。
  • 未完成のため配布無し。制作発表(part0.1)動画も削除済み。


【けんご編】 ツクール2000

  • 本編36~41「けんご編」のリメイク。作者:アナンさん
  • ツクール2の雰囲気を忠実に再現。物語後半はオリジナル展開だった模様。
  • 未完成のため配布なし。作者ブログも削除済み。


【キューブ・クエストXP】 ツクールXP

  • 本編58~78『キューブ・クエスト』のリメイク。作者:ヲーヅマンさん
  • 大部分が完成していたものの、PCエラーによるデータ破損で制作凍結となった。
  • 未完成のため配布なし。作者ブログのスクショのみ。


【ノーヴレンの聖剣】 ツクールVX

  • ツクール屋さん16「カツオ編」を元にしたクロス系リメイク。作者:えーいちさん
  • 題名は原作のアイテム設定にあった武器が由来。
  • たにツクリメイク初のサイドビュー戦闘を採用。
  • 初期パーティ改変&主人公設定未閲覧でグラ不明だった主人公イレーネもしっかり登場。
  • 未完成のため配布なし。作者によるプレイ動画のみ。


【あのあんこく死士ものがたり】 ツクールVX

  • 本編21「FF9編」を元にしたクロス系リメイク。作者:あきしょさん
  • 主人公「かず」が9つの世界を巡って様々なたにツクキャラを 拉致監禁 …保護していく。
  • エターなる宣言されたため配布なし。作者によるプレイ動画のみ。
  • 作者が残したツクール1・2の耳コピ&アレンジmidiは後のリメイク作品に受け継がれた。


【愛すべき者たちに捧ぐ】 ツクールXP

  • リメイク版「Q・Q編」(XP)の消滅直後に制作開始されたクロス系作品。作者:ヲーヅマンさん
  • たにツク最弱主人公の一角「トリポ」が、たにツクモンスターと共にぼいけんする。
  • 未完成のため配布なし。作者ブログのスクショのみ。


【テリブルマスター さいはて村のちいさなできごと】 ツクールVX

  • 別枠5~10「テリブルマスター」のリメイク。作者:不明
  • 『ひかり系&まほうじん無双じゃないラルフ編』をコンセプトに掲げ、
    男の子組が活躍できる戦闘バランスに調整されている。
  • 配布中。コダ太郎さんによる実況プレイ動画あり。

【2000G芝】 用語

  • さすがに無限ではなくなった。 *2

【M・サイド】 モンスター

  • 「ライラの城」の城門を守っている。緑竜型。
  • 炎系魔法が得意で火力が高い。
  • 元ネタは「ファイムル編」最後の中ボス。リメイク版でオリ敵に出番を取られた代わりのような起用。

【いせかいの村】 地名

  • ライラが作った世界。
  • 原作とさほど変わらない雰囲気。

【一流剣士】 モンスター

  • 「ライラの城」B1F宝物庫の護衛。
  • 「いちりゅうけんしの剣技」と「よしいの『聖なる審判』」が備わり最強に見える。
  • というか明らかにライラより強い、裏ボス的存在。

【命の石】 アイテム

  • 村長が餞別にくれる。
  • 原作の嘘説明「気絶回復」をイメージした昏倒(戦闘不能)回復効果がある。

【エミリー】 操作キャラ

  • 仲間。村長の娘。
  • ザコ戦はあまり変わらないが、ボス戦では男の子組の躍進でややサポート寄りになった。

【関西スケル】 モンスター

  • 原作では棺で寝ていたが、本作ではおっきっき。
  • 倒すと何故か手に入ったクリスタルドレスは、今作では後ろの宝箱から入手する。

【ごはん】 アイテム

  • たにツクリメイクの基本「無限ごはん」。
  • 名前繋がりでローリーの家の本棚に詰め込まれている。
  • 使用出来ないが1Gで売却可能。原作の道具屋で売っていた謎アイテムの代わりになりえる。

【シェリー】 操作キャラ

  • 仲間。村長の娘。
  • ボス戦ではエミリー以上にサポート寄りの調整。
  • 姉妹揃って攻撃系のSから言葉責めのSにシフトチェンジしたとも言える。

【ダイダロス】 装備

  • 鍛え直して生まれ変わった「でんせつの剣」。
  • バランス調整によって魔剣に相応しい攻撃力を得た。
  • 一応無くてもクリア可能だが、性能向上が著しいだけにやりこみの領域となる。

【たからもり】 モンスター

  • 気さくな性格はそのまま。
  • 本作ではお化け繋がりでごろう(「Q・Q編」)の「シュッシュッシュ」を使ってくる。

【デミフラン】 モンスター

  • ライラの配下。「たからのどうくつ」のボス。
  • 原作通りの強さ。

【テルマサムネ】 装備

  • 「ライラの城」B1F宝物庫で手に入る。攻:125/2回。
  • 男子用だがラルフにはダイダロスがあるので事実上ローリー用。
  • 元ネタは『キューブ・クエスト』の最強武器。

【なぞのまほうじん】 アイテム

  • 原作の男子組の存在意義。
  • 攻撃力は健在だが、500Gに値上がりしたため大人買いは難しくなった。 *3

【ヌムナール】 モンスター

  • ライラの配下。「じめじめどう」のボス。
  • セリフも弱さも原作通り。

【バルバドス】 モンスター

  • ライラの配下。「ひがしのどうくつ」のボス。
  • やはり原作とあまり変わらず。

【ひとにブタ】 モンスター

  • 敵の名前が漢字変換されている中、これだけそのまま。
  • 「クックソ(『人似豚』と『人煮豚』の)どちらを採用すればいいんだ…」となったのかもしれない。

【ライラ】 モンスター

  • ラスボス。魔王四天王が1り。
  • 原作と同じく3連戦で原作と違い積極的に攻撃してくる。
  • 自分を励ました後の攻撃と全体魔法カチンコチンはかなり強力。

【ライラの城】 地名

  • 原作では王の間しかなかったが、本作は地上4階・地下1階の立派なダンジョンに。
  • 増築に合わせて様々なたにツク作品のモンスターが増員された。

【ライラの城(2階)】 地名

  • 光の無い窓を潜り抜けて進んでいく。
  • 元ネタはツクール屋さん21~32「魔術士オーファン編」 *4 に登場した仕掛け。

【ラルフ】 操作キャラ

  • 主人公。
  • 通常攻撃の強化で安心して子守りを任せられるようになった。

【ローリー】 操作キャラ

  • 仲間。ラルフのお隣さん。原作より年上な容姿。
  • 通常攻撃強化と状態回復魔法の習得で、女の子に「カッコイイとこ」見せられるようになった。


【ホモたろう編】 ツクールVX

  • 本編131「ホモたろう編」のリメイク。…には違いない。作者:不明
  • 「テリブルマスター」リメイクのおまけとして『フォルダ内』に収録されている。


【『けーいちろの もっとダイエット』】 ツクールVX

  • 本編159「@けーいちろの@@ダイエット@」(@はハートの記号)のリメイク。作者:こなさん
  • 息抜きの1発ネタのため未配布。作者によるプレイ動画のみ。


【へんなーくえすと パニッシャーしみずのやぼう】 ツクールVX

  • 本編124~125の同名作品のリメイク。作者:hei(たにツクまとめ管理人)
  • 原作の雰囲気をほぼ忠実に再現。
  • 配布中。ごじさんによる実況プレイ動画あり。


【だいめいのない リメイク】 ツクールVX

  • 本編:1~178、別枠:1~17、本編新:1~39の作品を元にしたクロス系リメイク。作者:だまむしさん
  • 海難事故で記憶と仲間を失ったエリー(「マコトの剣.II」)が、様々なたにツクキャラとぼいけんをする。
  • 未完成のため配布なし。プレイ動画も削除済み。


【IBARA VXEdition(IBARAアンサーソング)】 ツクールVX

  • ツクール屋さんが昔作った未完成ツクール3作品の続編。 *5 作者:esakaさん
  • オリジナルのキャラや設定を交えた独自展開でひとまず完結させている。
  • 配布中。


【ササキ まっさつ 大 作 戦 ! 10ぷんで おわり!!?】 ツクールVX

  • 本編88「ささき抹殺編」のリメイク。作者:ユーキャンツクール講座さん
  • 頑張れば題名通りの時間でクリア可能。
  • 配布中。プレイ動画は削除済み。


【スピリット・キラー】 ツクールVX

  • A.G初回~その14.5「スピリット・キラー」のリメイク。作者:ユーキャンツクール講座さん
  • 横戦闘の採用等、なるべくツクールGBAに近い状態を目指している模様。
  • 未完成のため配布なし。プレイ動画も削除済み。


【ちょうしにのるきくちのぼうけん ち に うえた もうじゃ ども @】 ツクールVX

  • 本編104~105「きくち編」のリメイク(@はハートの記号)。作者:ユーキャンツクール講座さん
  • 前半部分(本編104)だけ再現された全自動RPG。
  • 配布中。


【SEARCH THE WORLD Revival】 ツクール2000

  • あーねさんその1~12「サーチ ザ ワールド」のリメイク。作者:K子さん
  • セリフや設定を追加して原作で不明瞭だった部分を補完している。
  • 原作でミスティを無視できたのを飛躍させたのか、仲間を加えず1り旅を貫き通す事も可能。
  • また、あーねさんの動画ネタを反映した内容になる隠しモードも用意されている。
  • 配布中。あーねさんによる実況プレイ動画あり。


【LIGHTBRINGER -VX REMIX-】 ツクールVX

  • 本編新その40~53「LIGHTBRINGER」のリメイク。作者:§ヤカン§さん
  • オリキャラ・システム・イベントの追加等、様々なアレンジが加えられている。
  • また、原作の死亡・離脱キャラが条件を満たすと最終戦まで同行するようになった。
  • §ヤカン§さんの前作「聖魔幻戦」リメイク版と世界観を共有していて *6
    道具や魔法が共通する他、同作のキャラが登場するイベントも用意されている。
  • ラスボス戦まで作られたが、ENDや隠し要素・バランス調整を残して凍結中。
    予定されていた、たにツク初の「ボイス付きver」も中止となっている。
  • 未完成のため配布なし。作者による冒頭のプレイ動画と、輝月零さんによる実況プレイ動画のみ。


【他人ツクールシューティング】 ツクールVX

  • 本編1~16の作品を元にしたクロス系リメイク。作者:esakaさん
  • 題名通り戦闘がSTG風になっている。
  • 主人公(オリキャラ)の性別によって前半の展開と仲間が変化する。
  • 配布中。hei(まとめ管理人)によるプレイ動画あり。


【たもつのぼうけん】 ツクールVX

  • すーさん#15~20「たもつのぼうけん」のリメイク。作者:すーさん
  • オリジナルデータが消えてしまった作品を、実況者自身の手でほぼ忠実に再現。
  • 配布中。


【パラリのたっきゅうびんものがたり -VXAce version-】 ツクールVXAce

  • 本編新17「パラリ編」のリメイク。作者:タマゴノさん
  • シュールな原作をほぼ忠実に再現。
  • 配布中。


【GUN MAX ~剣のれきしにエンドマーク~】 ツクールVX

  • ハルさんPart141~142「GUN MAX」のリメイク。作者:hei
  • 原作の結末までほぼ忠実に再現。
  • 配布中。


【TREASURE HUNTER】 ツクールVX

  • にゅーとんさんpart35~37「TREASURE HUNTER」のリメイク。作者:hei
  • 「任意実行システム」 *7 を廃し、すべて自動実行に置き換えている。
  • 配布中。


【お弁当屋クエスト -幻と消えたタコヤキ-】 ツクールVXAce

  • ハルさんPart162~174.5「おべんとうやクエストII」のリメイク。作者:M99さん
  • 「ヒロインに服を着せる」「一部マップの統合」等のアレンジを加えつつ再現。
  • HP30固定等の尖ったバランスを再現しつつ、遊びやすいイージーモードも搭載している。
  • 配布中。


【MOON GAZER】 ツクールアドバンス

  • ハルさんの 黒歴史 ツクール1作品「つきをみるひと」のリメイク。 *8 作者:MSM-07S(ズゴック)さん
  • 原作を忠実に再現した本編と大幅にアレンジした追加シナリオ「地獄篇」 *9 の2部構成。
  • GBA作品のため動画のみ。


【ラークとティファのとおくにいきたい】 ツクールVX

  • 本編118~119「ラークのとおくにいきたい」を元にしたクロス系リメイク。作者:hei
  • 本編42「ティファ編」のティファとのダブル主役で描かれる「ぼいけん」活劇。
  • 10年の春先から4年以上かけて完成した。
  • 配布中。作者によるプレイ動画あり。


【キューブクエスト -The Episode of Cubes-】 ツクールVX

  • 本編58~78『キューブ・クエスト』のリメイク。作者:Pigicさん
  • 原作の雰囲気を忠実に再現。
  • 未完成のため配布なし。作者によるプレイ動画のみ。


【アランドラREMAKE】 ツクールMV

  • 本編43~46「アランドラ」のリメイク。作者:M99さん
  • 大幅な設定追加・改変を施し、他作品の設定をクロスして独自の結末を迎えている。
  • 同作者の「ザベルは何処へ消えた?」との関連を匂わす部分もあるが、
    「あくまで続編や外伝ではない独立作品」との事。
  • 配布中。輝月零さんによるプレイ動画あり。


【INFINITE FOOLS -VXAce version-】 ツクールVXAce

  • 本編17~19「INFINITE FOOLS」のリメイク。作者:タマゴノさん
  • 笑撃的な原作をほぼ忠実に再現。
  • フラグミスでThe B未到のENDを補完しつつ、周回要素のアナザーENDも作られている。
  • 配布中。


【エクスアランドラ -EXALANDOLA- ~始まりと終わりの英雄記~】 ツクールVXAce

  • リメイク版「ファイムル英雄記」を元にしたクロス系リメイク。略称は「ファイドラ」。
  • 作者:輝月零さん
  • ジークロン主役で再構成した本編+続編の「ファイムルII」として制作していたが、データの消失で中断。
  • 中断中に構想が変化・巨大化し、ファイムル編の純粋な続編と言い難くなったため改題。
    一度「ELYSION LEGEND ~聖樹英雄記~」とした後、再び現在の物に改題した。
    (略称の「ファイドラ(ファイムル+アランドラ)」は「ELYSION」考案前の仮題が元)
  • 二度の改名に至った理由には、『改名したタイトルがしっくりきていなかった』
    『ザベル作者様からザベ何処で構想していた幻の第三部を託された』という様々な事情があるようだ。
  • 『ザベルの後を引き継いだ』ということから、『始まりと終わり』がテーマとなった作品らしい。
    ザベ何処にて消滅の危機にさらされた未完世界たちは果たして救われるのだろうか?
  • 原作ではなくリメイク版の設定を優先した『リメイク作品のクロス系リメイク』という独特の立ち位置が特徴。
  • 未制作のため配布無し。作者による「ファイムルII」時代のプレイ動画のみ。