「用語集118~125」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

用語集118~125」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

 -[[時系列順Top>用語集Top]]|[[五十音順Top>用語集(五十音)Top]]|[[項目別Top>項目別Top]]
 #list_by_tagsearch(用語集汎用時系列,sort2=asc,option=nolist,nolistspace=|)
 &strong(){本編}
 #region(close,1~178)
 [[1~7>用語集1~7]]|[[8~16>用語集8~16]]|[[17~21>用語集17~21]]|[[22~32>用語集22~32]]|[[33~41>用語集33~41]]|[[42~48.5>用語集42~48.5]]|[[49~57>用語集49~57]]|[[58~78>用語集58~78]]|[[79~93>用語集79~93]]|[[94~100>用語集 94~100]]
 [[101~106>用語集101~106]]|[[107~117.5>用語集107~117.5]]|118~125|[[126~135>用語集126~135]]|[[136~144>用語集136~144]]|[[145~152>用語集145~152]]|[[153~158>用語集153~158]]|[[159~168>用語集159~168]]|[[169~178>用語集169~178]]
 #endregion
 #region(close,新1~)
 #list_by_tag(用語集新,sort2=asc,50)
 #endregion
 #region(close,The B関連)
 #list_by_tag(用語集The B関連,sort2=asc,50)
 #endregion
 &strong(){派生作品}
 #region(close,実況)
 #list_by_tag(用語集派生,sort2=asc,50)
 #endregion
 #region(close,リメイク)
 #list_by_tag(用語集リメイク,sort2=asc,50)
 #endregion
 ----
 最終更新:16/10/23 若干改訂
 ----
 -五十音順は[[こちら>用語集(五十音)118~125]]
 #region(open)
 #contents(,option=word)
 #endregion
 *【こけ死デンセツ】 作品 ツクール2
 -118の一本目。シナリオ ゲロ氏、マップ メガネ氏。
 -いしまるさん第二次支援三本目(通算八本目)。
 -福本伸行作品のキャラが集う村を黒いこけしが行く。
 
 **【こけし】 キャラクター
 -主人公。かばちゃん型(69番)。
 -牛丼を食べて体力を回復する。
 
 **【げんかい村】 地名
 -本作の舞台。
 -外に出られない閉鎖空間(地下王国との関係は不明)。
 
 **【とねがわ】 モンスター
 -唯一の敵。悪魔型。
 -話すと「世間は、貴様らの母親ではない」のセリフと共に戦闘になり、倒すと下記セリフを言い残して果てる。
 -人気漫画の人気キャラ名を冠した事から、以後同型グラの通称となった。
 -なお「賭博黙示録カイジ」の連載開始は1996年。
 「ぶちこ・・ろすぞ・・ごみ・・・めら・・」
 
 **【やなぎさわ】 キャラクター
 -『………』へんじがないただのしかばねのようだ…
 
 **【?】キャラクター
 -名無しのファルコ型キャラ。
 -話すと下記セリフと共にBGMが変わる。
 「うまにしかのれぬクズども!クズども!」
 
 **【かいちょう】 キャラクター
 -群衆に向かって「もっと金が欲しい」と演説している人物。
 -元ネタは「カイジ」の兵藤和尊か。
 「たらんわ!!!」
 
 **【にわとり】 キャラクター
 -話すと下記セリフの後ENDになる。
 -「銀と金」の西条進也か。
 「なんかいったか そこのセーター!!」
 
 
 *【ラークのとおくにいきたい】 作品 ツクール2
 -118~119の作品。いしまるさん第二次支援四本目(通算九本目)。
 -自称魔法剣士の青年が奪われた秘宝を取り返すため遠くを目指す。
--コメディタッチな雰囲気の作風。事前にプロットを組まずアドリブで話や設定を考えている節がある。
+-ボケ役の主人公とツッコミ役の仲間によるコメディタッチな会話が特徴。
+-後に本作を基にしたクロス系リメイク作品が作られた。
 
 **【ラーク】 キャラクター
 -主人公。自称魔法剣士(チョーつよい)。
 -「ビギン城」にある秘宝の略奪予告を受けて城側に雇われていたが、&br()賊に傷一つ与えられず持ち去られてしまい、国王の怒りを買って奪還に向かわされる。
 -若干お調子者でアホの子気味。知り合いのリーフに借金していて、その額は作中で2回上積みされた。
 -自称だけにゲーム開始時点では呪文が使えないただの剣士だが、&br()仮面の男に「なかなかの攻撃」と言われる腕前はある他、数LV上がると実際に呪文を覚えている。
 「まだようがすんでないな。」
 
 **【ビキン城】 地名
 -スタート地点。とある世界の小王国。「ビ『ギ』ン城」とも。
 -世界唯一の秘宝を所有していたが仮面の男に奪われてしまう。
 -その際にほとんどの兵士が殺されているものの王様以外はあまり気にしていない。
 -王の間に客室や兵舎への階段がある不可思議な構造。
 
 **【王家のひほう】 アイテム?
 -「ビキン城」にある「世界に2つとない凄いアイテム」。
 -物凄い切れ味と大地の加護を受けた武器とされる。&br()武器種は不明だが「切れ味」とあるので刃物系の可能性が高い。&footnote(「モンハン」の鈍器?…気にすんれよ。)
 -仮面の男に盗られて遠くに行ったまま終わってしまった。
 
 **【かめんの男】 キャラクター
 -「ビキン城」を襲撃して秘宝を奪い去った謎の男。
 -わざわざ犯行予告を出す辺りに自信家な面を、&br()城の兵士のほとんどを殺し、ラークの攻撃も全く効かない辺りに実力を窺わせる。
 -ラークから何かを感じ取ったとして、彼には手出しせずに遠くに行ってしまう。
 「お前からは何かをかんじる…またあおう。」
 
 **【エネミーハンター】 アイテム
 -ラークの初期武器。
 -武器種は不明だが「自称魔法剣士」だけに刀剣類の可能性が高い。
 
 **【王様】 キャラクター
 -「ビキン城」の王様。
 -賊を取り逃がしたラークに立腹して彼に奪還を命じる。
 「このボケナスがー!!」
 
 **【リーフ】 キャラクター モンスター
 -仲間。ラークに金を貸している魔道士。
 -ビギン王から話を聞いて、手助け料ラーク持ち(借金上積み)で同行する。
 -アホの子ラークに対するツッコミ兼参報役のような立ち位置。
 -加入した『翌日』、ラークの代わりに国境を越える許可証の費用を稼ぐため離脱してしまう。
 「もちろん、3000ゴールドは あなたのしゃっ金に 上づみしておきます。」
 
 **【アマングメン】 モンスター
 -フィールドに出現する。コボルド型。
 -同名の競走馬との関係は不明。
 
 **【ソードハンター】 モンスター
 -フィールドに出現する。ガイコツ型。
 -「遊戯王」の同名カードとの関係は不明。&footnote(名前以外に「二刀流の剣士」という見た目も共通している。ただし遊戯王の方は「レベル7の最上級モンスター」でこちらは「序盤のザコ」と立場は真逆。)
 
 **【イルクリーン】 呪文
 -リーフがLV4で覚える。未使用のため効果不明。
 -「ill(イル)」+「clean(クリーン)」で毒マヒ回復の効果とも考えられる。
 
 **【橋】 地名
 -「ビキン城」と「ロイヤルシティー」の間にある。
 -通過途中で野盗と戦闘になる。
 
 **【とうぞく】 モンスター
 -「橋」に現れた四人組の野盗。
 -ラーク達を挟撃して通行料を要求するが、某マッスルオーガと違い、&br()「クックソどちらをこうげきすればいいんだ…」とならなかった2りに一蹴されて逆に金を奪われる。
 「へへっ、ここをわたるには金がひつようだぜ。」
 
 **【ロイヤルシティー】 地名
 -「ビギン城」の北。ラークの家がある。
 -秘宝の強奪については伝わっているようだが、話題にする人はほとんどいない。
 -なお、宿はあるものの商店の類はない(宿もイベント用で通常の宿泊はできない)。
 
 **【ラークのママ】 キャラクター?
 -ラークの母親。
 -息子が秘宝の警備で留守した間に家の鍵を持って遠く(世界旅行)に行ってしまっていた。&footnote(これだけだと単なる奔放な人だが、どのみちラークも家を長く開ける上、息子と同じタイミングで旅に出た辺りに真意を想像する余地はある。)
 -ラークへの手紙の文体から明るい(軽い)性格らしい事が窺える。
 
 **【ロイヤルシティーの宿屋】 地名
 -ラークママが話をつけていて、一泊だけタダで泊まれる。
 -宿泊中に犯人情報の整理と次の大まかな目的が(リーフによって)まとめられる。
 -翌日からは満室を理由に普通の宿泊すらできない。
 「これからさきは よやくがいっぱいです。」
 
 **【テレポート】 用語
 -仮面の男が「ビキン城」からの去り際に使用した能力。
 -リーフ曰く「習得には特殊な薬が必要で、作れるのはゲンナイだけ」との事で、&br()そのゲンナイから手がかりが得られる可能性を考え、彼のいるリャオトン領へ向かう事になった。
 -この設定から本作はLVアップで移動系呪文を覚えなかったとも考えられる。&footnote(その場合「習得済みキャラの加入」「習得したという設定で魔法アイテムを入手」等で使えるようにしたのかもしれない。)
 
 **【きょかしょ】 アイテム
 -リャオトン領への通行許可証。「ロイヤルシティー」の領主が3000Gで発行している。
 -到底払えないラーク達に領主が酒場のバイトを紹介し、それをリーフが受けた事で入手する。
 -なお、リーフが代わりに稼ぐ事になった3000Gはラークの借金に上積みされた。
 
 **【つうこうしょ】 地名
 -「ロイヤルシティ―」の北。リャオトン領との国境。
 -傷を回復してくれるボランティアがいる等、旅人の休憩所も兼ねている模様。
 
 **【リャオトンりょう】 地名
 -ビキンの北の地方。領主の家族によれば最近物騒らしい。
 -ゲンナイの情報を得るため、ラークは一番の都市「リワードシティ」を目指す(…が)。
 -地名は中国の遼東半島が元か。
 
 **【フィード】 モンスター
 -フィールドに出現する。利根川型。
 -常にじっとして危害は加えてこない。
 
 **【ムンゾ】 地名
 -「つうこうしょ」の北東にある町(予定地)。
 -理由も用事もないのに、入るとラークが「まだようがすんでないな。」と言いだして出られなくなる。
 
 **【ここはムンゾのまちになるよていだよー。】 セリフ
 -「ムンゾ」にいる少女のセリフ。
 -最初は「開拓中の土地」という意味かと思われたが…。
 
 **【じいさん】 キャラクター
 -「ムンゾ」の地下にいる。
 -話しかけると驚く。…だけ。
 「おお!」
 
 
 *【アツシ編】 作品 ツクール2
 -120~122の作品。無題。
 -いしまるさん第二次支援五本目(通算十本目)。
 -地理部員たちの地理とはまったく関係の無いぼいけん。
 -「内輪ネタ気味なキャラ」「パーティ編成システム」「ザコ敵が出ない」等、&br()偶然にも「E・E編」と共通する部分があったが、こちらはシステム重視でストーリー性は薄め。
 
 **【アツシ】 キャラクター
 -主人公。地理部員。あだ名は「まんじゅう」。
 -目的どころか一言も発さず、部員仲間を連れて旅立つ。
 
 **【ディムロス】 アイテム
 -アツシの武器。コレクションNo.48
 -「テイルズオブデスティニー」に登場するソーディアン(喋る剣)の一振り。
 -80~81「えらばれし魔法剣」以来の登場だが攻撃力はだいぶ下がっている。
 
 **【まち~ちりぶ~】 地名
 -スタート地点にして冒険の拠点。
 -地名は町だが地理部の部室と売店しかない。
 
 **【パーティ編成】 イベント
 -部室の1Fで行える。
 -部員に話して同行を承諾すると加わる(イベントを進めないと加わらないキャラもいる)。
 -キャラ同士に相性があり、誰かを入れると仲が悪いキャラが外れるという形で入れ替える。
 -単独離脱や解散はできないが、そもそも1りだとダンジョンに入れない。
 
 **【スダ】 キャラクター
 -仲間。地理部員。クロウカードに認められた者。
 -最初は他の部員よりLVが低く、使える技(呪文)も少ないが、&br()「クロウカードの塔」を攻略すると同等のLVになり、クロウカードの魔法が使えるようになる。
 「このクロウカードつかいのオレにまかせろ!」
 
 **【タカハシ】 キャラクター
 -仲間。地理部員。あだ名は「ナス」。
 -武器はソーディアンのクレメンテで、ガンダム系の武装(呪文)の他、テイルズ系の魔法も使う。
 「カイチョーより オレのほうが ガンダムファンだ」
 
 **【イックン】 キャラクター
 -仲間。地理部員。「…」の多い無口(内気)キャラ。
 -武器はソーディアンのアトワイトで、テイルズ系の水属性魔法も使う。
 「オレも……つれてって……」
 
 **【カイチョー】 キャラクター
 -仲間。地理部員。サッカーファンで、ガンダムオタクで、鉄道マニア。
 -HPが高めで打たれ強く、強力な攻撃呪文の他、回復呪文も使える万能型。
 「うぉ~サッカーやりてー」
 
 **【マニョ】 キャラクター
 -仲間。地理部員。
 -戦闘機会は無く、使用呪文も不明。
 「どっかいくんなら オレもつれてかなきゃ」
 
 **【トダ】 キャラクター
 -仲間。地理部員。鉄定規を携えた自称人斬り。
 -使用呪文不明だが彼の物らしき技(呪文)が設定されていた。
 「カイチョーよりオレのほうがひときりだ!」
 
 **【ミネ】 キャラクター
 -仲間。地理部員。
 -何かの作業中だったらしく「クロウカードの塔」クリア後まで加わらない。
 -しかし次の「てつどうのとう」とは関係がなく、活躍の機会は無かった。
 「やっとおわったからつれてって!」
 
 **【ヨッシー】 キャラクター
 -仲間。地理部員。鉄ちゃん3人組の1り。
 -反戦を唱えたりハグしたりして攻撃する。
 「ん?たび? おれもいくぞ!」
 
 **【ベン】 キャラクター
 -仲間。地理部員。鉄ちゃん3人組の1り。
 -寒いギャグで場を凍てつかせて攻撃する。
 -「クロウカードの塔」クリアまで加えられなかったが、詳細条件は不明。&br()また、彼ではなくスダが加わる時があるなどイベントに若干の混乱が見られる。
 「いちごオレおごるからつれてって~」
 
 **【クマ】 キャラクター
 -地理部員。
 -話すとMAGICをくれた後、始めは「クロウカードの塔」に行けばいいと教えてくれる。
 -その後は何があってもまったく喋らない。
 「まんじゅうこれあげる」
 
 **【MAGIC】 アイテム
 -クマから貰える指輪。コレクションNo.53
 -説明ではカードゲームとの事で、おそらく「マジック・ザ・ギャザリング」と思われる。
 
 **【ほうもつこ】 地名
 -部室の2~3階にある大量の宝箱が並ぶ部屋。
 -箱ごとに対応するアイテムの説明文が読める。たにツク初のアイテム図鑑(事典)システム。
 -アイテム設定された物だけでなく、宝物庫用のフラグだけの入手物も存在する。
 -2Fに70個、3Fに20個、計90個設置されていた。
 
 **【たまごっち】 アイテム
 -売店にいる女の子から貰える。コレクションNo.47
 -説明文から第一次ブームが去った後と分かる。
 
 **【モーター】 アイテム
 -売店にいる男の子から貰える。
 -使用方法はゲームの終盤(?)明らかになるのだが…。
 
 **【こんにゃくゼリー】 アイテム
 -HP回復アイテム。100回復。
 -売店で買える他、「クロウカードの塔」最上階で妖精から無限に貰える。
 
 **【クロウカードの塔】 地名
 -部室の北。クロウカードが集まっている塔。
 -クロウカードを持つべき者(スダ)を連れていないと入れない。
 -各階のクロウカードを倒しながら登って行くと、最上階でクロウカードを使うための封印の杖が貰える。
 「…クロウカードをもつべき者をつれてこい…」
 
 **【KAMAPURO】 アイテム
 -地理部の部誌。フラグのみ。コレクションNo.17
 -説明文を書いた人物にとっては作る意味がない物らしい。
 
 **【らしんばん】 アイテム
 -スダを仲間にすると貰える。フラグのみ。コレクションNo.56
 -元ネタは「カードキャプターさくら」の、クロウカードの位置を調べるのに使う道具。
 
 **【クロウカード】 モンスター
 -「クロウカードの塔」に挑む者の力を試してくる。
 -1Fはウォーティ、2Fはサンダー、3Fはファイアー、4Fはイレイズで、上の階に行くほど強くなる。
 -倒すと戦った相手+一枚のカードが手に入る(イレイズ以外)。
 -元ネタは「カードキャプターさくら」に登場する魔法のカード。
 「ワレハクロウカードヲモツシカクヲタメスモノ!」
 
 **【ゴッドフィンガー】 呪文
 -カイチョーが使う、真っ赤に燃えて轟き叫ぶ必殺技。
 -消費90で単体370D。
 
 **【しゅうり】 呪文
 -タカハシとカイチョーが覚えている。消費0で単体300回復。
 -元ネタは「スパロボ」の修理コマンドか。
 
 **【ようせい】 キャラクター
 -「クロウカードの塔」の最上階に3匹いる。
 -中央の者はスダに「ふういんのつえ」を授け、右側の者は無限にこんにゃくゼリーをくれる。
 「これでスダはりっぱな クロウカードつかいです」
 
 **【ふういんのつえ】 アイテム
 -「クロウカードの塔」で妖精から貰える。コレクションNo.61
 -パワーアップ版のスダが初期装備している他、何故かアイテム欄にも入っている(後者は使用出来ない)。
 -元ネタは「カードキャプターさくら」の、クロウカードを使用・封印するための道具。
 
 **【てつどうのとう】 地名
 -部室の西。
 -地理部の鉄ちゃん3人組を連れてこないと入れないが、それが誰かは全くのノーヒントで、&br()現実の地理部員達を知らないと入るだけでも一苦労する。
 -「クロウカードの塔」と逆に仕掛けを解いていく知力勝負の場所。
 「…てつどうにくわしいものを つれてこい…」
 
 **【じこくひょう】 アイテム
 -「てつどうのとう」で入手する。コレクションNo.60
 -電車の時刻表。
 
 **【せんそうはんたい】 呪文
 -ヨッシーが覚えている。消費50で全体150D。
 -戦争反対しながら傷つける矛盾。
 
 **【バンパイア】 モンスター
 -「てつどうのとう」2Fにいて話すと戦闘になる。
 -通常攻撃のみだが攻撃力が高く、油断すると全滅の可能性もある。
 -倒しても特に何も無く、不死者だからか消えもしない。
 「ワレトショウブセヨ」
 
 **【さむいギャグ】 呪文
 -ベンが覚えている。消費80で全体300D。
 -その場を凍てつかせるほど壮絶にスベッたギャグ。
 
 **【スイッチの床】 イベント
 -「てつどうのとう」3Fの仕掛け。
 -床に5×5のスイッチが並んでおり、1、2、4Fの看板に書かれた数式が示す座標を押すと先に進める。
 -…ハズなのだが、実際には正解の位置がずれていて計算通り踏むと進めない。&br()作者が間違えたのか、他に理由があるのかは不明。
 
 **【サングラス】 アイテム
 -「てつどうのとう」で入手する。コレクションNo.37
 -「メン・イン・ブラック」の試写会で配られた物らしい。&br()…鉄道と関係ない気もするが、気にすんれよ。
 
 **【さみしい王様】 キャラクター
 -「てつどうのとう」最上階にいる王様グラの人物。
 -人を選ぶ入り口や塔内の仕掛けのせいで訪れる者が少ないらしく、1りなのを寂しがっていた。
 「おお、またあいにきてきれたんだね!!」
 
 **【てつどうファン】 アイテム
 -さみしい王様からもらう。コレクションNo.58
 -鉄道好きのための雑誌で、特にヨッシーには必需品な模様。
 
 **【はかせのいえ】 地名
 -「いえ~ちりぶ~」北西の森の中にある。
 -ヒントも目印も無く、運よく踏むかエディットを見ない限り入れそうもない。
 
 **【はかせ】 キャラクター
 -「はかせのいえ」にいる。
 -モーターとタイヤとキットを持って行くと「でんせつのミニ四駆『ビークスパイダー』&footnote(「爆走兄弟レッツ&ゴー!!」に登場したミニ四駆。車体の周囲に発生させた空気の刃で競争相手のミニ四駆を切り裂くライバルマシン。博士の言うような『でんせつのマシン』かは、1り1りの思い入れによるか。)を作ってくれる。
 -…との事だが、作中ではモーターしか手に入らなかった(どこかで他のパーツも入手できたかは不明)。
 「ちゃんと3ついっぺんにもってこい」
 
 
 *【チャティーのぼうけん ~ツクルンダへん~】 作品 ツクール2
 -122~123の作品。
 -シナリオ・マップ ファミマガ氏、スペシャルサンクスCHISATO氏。
 -いしまるさん第二次支援六本目(通算十一本目)。
 -チャティーとパナの冒険第一部。
 -「ファミリーコンピュータMagazine」に連載されていたRPGツクール講座のマスコットキャラが主人公。&br()(本作のイベント内容も記事の作例そのままという情報がある)。
 -アイテムと敵データはサンプル。マップが更地になっていて&footnote(データの破損とも後からの改変とも言われるが真相は不明。)かなり自由な進行となったが一応完結まで進められた。
 -なお、ツクール講座の作者はツクール95のサンプル「マリアReジェンド」も制作しており、&br()チャティーとパナの2りもゲスト出演しているらしい。
 
 **【チャティー】 キャラクター
 -主人公。妹を捜して「ツクルンダの町」にやって来た。
 -高い戦闘力を持つ戦士。&footnote(なお『別の戦闘力』も高いらしいが、今となってはそれを確認できる画像などはヒットしない。)
 「やるしか ないわね。 いくよ、パナ!」
 
 **【ツクルンダの町】 地名
 -本作の舞台。元気の出る水が名物。
 -何らかの理由により、草原が広がるフラットな空間と化している。
 -ヲンの呪いによって町ごと凍りつく。
 
 **【パナ】 キャラクター?
 -仲間。チャティーの妹。
 -マップフラット化によるイベント順自由化によって、声だけで姿が見えなかったり、突然現れたりする。
 -若干気弱だが変な所で調子に乗ってトラブルを招く事も。
 -高い戦闘力を持つ魔法使い。&footnote(こちらの別の戦闘力については情報不足により不明。)
 「おねーさま、にげよ! コイツ さっきよりつよそう!」
 
 **【ヲン】 モンスター
 -「ツクルンダの町」にいたカボチャ頭の人物(?)。
 -特に何もしていないのに「怪しい」というだけでチャティー達に倒され、その恨みから町に呪いをかける。
 -その後ツクルンダの光が導いた先で弟子もろとも完全に倒された。
 「2たい1とは ひきょうでち!」
 
 **【水】 用語
 -「ツクルンダの町」の名物。飲むと元気が出る。
 -作中では水が無い所で女性が飲ませてくれたため、あらぬ妄想を呼んだ。
 
 **【ツクルンダの光】 アイテム?
 -「ツクルンダの町」の何処かにある「すんっげぇ~たからもの」。
 -「幻想的な木」と「神秘的な木」の間にあり、暗闇に向かって放り投げると、隠された道が現れる。&br()…という設定だったようだが、実際に拾うのはカラオケマイク(サンプル)で、&br()ワープゾーンも突然マップ上に現れたようにしか見えない。
 -ちなみに入手時に経験値が10入る。
 
 **【ヲンのでし】 モンスター
 -ヲンの一番弟子と二番弟子。
 -最終決戦にて「2体1は卑怯」という理由で呼び出された(自分達は相手より多くても構わないらしい)。
 -実際に戦うのはサンプル敵で元々のグラなどは不明。
 -師匠共々倒されて1度ENDを迎えたが、更なるイベント確認のため再プレイされた。
 
 **【受付】 キャラクター
 -会員制の建物の受付だったと思われる人物。
 -塞ぐべき通路がないので、ただカニ歩きしている様にしか見えない。
 「おやおや? かいいんの人でしたっけ?」
 
 **【ナグナソード】 アイテム
 -呪い前の町の宝箱から入手できる。
 -…が、実際に手に入るのは「せいとてちょう(サンプル)」。
 「さっそくそうびをしなくちゃ!」
 
 **【ダンサー】 キャラクター
 -会員制の建物にいる踊り子。
 -お約束通り話しかけると踊るが、踊り終えると立ち位置が一歩南にずれている。
 -建物がそのままだった場合、数回踊ると壁にめり込むと思われるが、作例通りなのかミスなのかは不明。
 「わたしのビューティホーなおどりをみてってよ!」
 
 **【きぐるみ】 用語
 -マップ上に配置された透明イベント。
 -踏むとチャティー達のグラがモンスターに入れ替わり、別の透明イベントを踏むと元に戻る。
 -本来は「敵が塞ぐ通路を楽に通るため、着ぐるみで騙す」というイベントだったようだ。
 
 
 *【へんなーくえすと パニッシャーしみずのやぼう】 作品 ツクール2
 -124~125の作品。シナリオ・マップ・スペシャルサンクス べんさん氏。
 -いしまるさん第二次支援七本目(通算十二本目)。
 -へんなー星の危機を救うため、つー王をさらった乱暴者おかマンを殺しに行くへんなーさん達。
 -内輪ネタらしきものが散見できるが、それを除いても十分すぎるカオスさを内包している。
+-後にリメイク作品が作られた。
 
 **【へんなーせい】 地名
 -本作の舞台。主人公と同名だが関連性は不明。
 -馬が海を走り、ホバークラフトが空を飛ぶ、明らかに地球とは違う環境の星。
 
 **【へんなー】 キャラクター
 -主人公。外見は赤ん坊だが、通り名は『いなかのせいねん』。
 -メガドライブとそのカセットを装備して戦う、メガドライバー。
 -攻守ともにバランスが取れた能力で、使える呪文は全て補助系。
 「なんでおれが『いなかのせいねん』なんだよ! おうさまをかえせ!!」
 
 **【はまり】 キャラクター
 -仲間。通り名は『じごくきょうだい』。
 -TNTを投げ、ドラムとスティックで攻撃をはじく猛者。
 -パーティで攻防の数値が一番高く、正体不明の呪文を使う。
 -戦いの果てに彼を待っていたのは、過酷な運命であった。
 「べん!!おれにはなんにもねえのかよ!!!」
 
 **【とぅー】 キャラクター
 -仲間。通り名は『じごくきょうだい』。
 -モビルスーツ『ザクII』のパイロット。
 -攻撃力は「はまり」と並ぶが、守備力はやや低め。
 -回復呪文を二つ覚えている。
 
 **【しきおか】 キャラクター
 -仲間。彼だけ通り名が無い。
 -タクトと楽譜を持ち歩く指揮者で、音楽家の名前が付いた呪文を大量に覚えている。
 -仲間内で一番攻撃力と守備力が低い。
 
 **【ザクII】 アイテム
 -とぅーが装備(搭乗?)している体防具。
 -ビームライフルやファンネルを搭載できるカスタム機。
 
 **【ハゲ】 キャラクター
 -「つー王城」にいる記録人。
 -身も蓋もない名前である。
 「セーブできるぞ。」
 
 **【Z戦士】 キャラクター
 -「つー王城」にいるニワトリ。
 -話すと「かめはめ波」を放って1000Dを与えてくる。
 「くらえ!かめはめはーーーーーーーー!!!!!!!」
 
 **【道具屋】 キャラクター
 -「つー王城」内にある道具屋。
 -店主がどう見ても『船』で、売り物も何かがおかしい。
 「えざきは、やくにたつぞ。」
 
 **【えざきしんのすけ】 アイテム
 -道具屋の主人が勧めてくる品。
 -…ただの地図だが。
 
 **【ミスターT】 アイテム
 -魔薬系アイテム。
 -「城」の道具屋で売られている他、ザコ敵パンジーが必ず落とす。
 -元ネタは「特攻野郎Aチーム」のコング(飛行機だけは勘弁なの人)役の俳優の名前か。
 
 **【ホバークラフト】 乗り物
 -空の乗り物。
 -相当凄まじい風力で飛んでいるのだろう。
 
 **【パンジー】 モンスター
 -フィールドと「おかまんタワー」に出現する。スライム型。
 -花の事なのかそれ以外の意味があるかは不明。
 
 **【パ / ル / プ / ン / テ】 呪文
 -へんなーが覚えている『5つ』の呪文。毒/マヒ/混乱/魔封じ/気絶の効果。
 -毒以外はタワーでの戦いでわりと重要。
 
 **【おやぶんゲーム】 呪文
 -はまりが覚えている。消費20で全体1000D。
 -どんなゲームかは謎に包まれている。
 
 **【ガンダム】 呪文
 -とぅーが覚えている。消費15で全体2000以上回復。
 -主に置きヒールならぬ置きガンダムとして使われた。
 
 **【ハチャトゥリヤン】 呪文
 -しきおかが覚えている。攻撃力1000上昇。
 -代表曲は「剣の舞」。
 
 **【ベートーベン】 呪文
 -しきおかが覚えている。消費20で全体1000D。
 -どういう理由でこの効果かは不明。
 
 **【おかマンタワー】 地名
 -「つー王城」の北。つー王を誘拐した、おかマンの居場所。
 -各階に1りいる「おかマン」の手下を倒しながら登って行く。
 -セーブポイントが無いため、全滅した場合は一階からやり直しになる。
 
 **【て3つせいじん】 モンスター
 -「おかマンタワー」1階の敵。老婆型。
 -「3つめのて」を唱えてくる(封じられていたので効果不明)。
 「やあ!よくきたねえ。エッヘン!!」
 
 **【みやみやIIIせい】 モンスター
 -「おかマンタワー」2階の敵。バンパイア型。
 -人から「よゐこの有野に似ている」と言われる事を快く思っていない。
 「おれって、ありのににてる?」
 
 **【のだ のりを】 モンスター
 -「おかマンタワー」3階の敵。火の精霊型。
 -攻撃力と守備力が高い。
 「ドゥッ!!」
 
 **【デンズ】 モンスター
 -「おかマンタワー」4階の敵。デュラハン型。
 -戦闘前は「まうし」という名前。
 「パンジーザコすぎ。」
 
 **【さいディング】 モンスター
 -「おかマンタワー」5階の敵。地の精霊型。
 -戦闘前は「さいど」という名前。
 -クロ(黒?)が嫌いな人を許さない。
 -入手経験値が9631(クロサイor黒最高?)。
 「クロは、すきか?」
 
 **【おかマン】 モンスター
 -王様を誘拐した乱暴者。6階の敵。
 -「おかマンビーム」「おかマンチョップ」と、名前の付いた技(呪文)を使う。
 -倒すと「自分は黒幕に洗脳されていただけ」と語って許しを求めてくる。&br()断わってもしつこく頼んでくるが、最後には逆切れして「通常の10倍の威力」のおかマンビームを放ち、&br()全員をHP1にしてから襲ってくる(その戦闘で倒すと完全消滅する)。
 -許した場合は道を開けるが、フラグ類は立たないため、話すと同じイベントが繰り返される。&br()(そのためもう1度許すと壁にめり込むと思われる)
 「そこをなんとか!たのむ!!」
 
 **【おかマンビーム】 呪文
 -おかマンが使う。全体555D。
 -逆切れ時は最大出力なのか、不意打ちなのか、10倍の5555D与えてきた。
 「ならば死ね!お・か・マ・ン・ビィィーーーームッッッ!!!」
 
 **【すむく】 モンスター
 -最上階の敵。
 -王様誘拐事件の黒幕だがその目的は一切不明。
 -へんなーさんと売り言葉に買い言葉で戦闘になり、倒すと正体を現す。
 「よくきたな…。」
 
 **【はんざい者しみず】 モンスター
 -ラスボス。すむくの正体。&footnote(正体を現す前からおかマンには「しみ」と呼ばれていた。)双頭ワーム型。
 -サブタイの「パニッシャーしみず」と思われる。
 -呪文しか使わないのに魔封じが効く。
 
 **【つー王】 キャラクター
 -「へんなーせい」の王様。
 -おかマンにさらわれていたが、しみず打倒後に描写はないが救出された。
 -恩人の1りである「はまり」に何故か厳しい。
 -EDで「べん」と呼ばれており、作者「べんさん」の化身の可能性が高い。
 「あるわけねえだろ!! おまえは死ね!!!!!!!!」
 
 
 &link_up(ページの上にいきたい)
 
 
 [[もどる>用語集Top]]