コンボの〆と受身狩り-CP

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンボの〆と詐欺重ねと受身狩り


DD技〆について


運び・状況重視→大噴火〆 ダメージ最低保障608
完走ダメージ重視→阿修羅〆 ダメージ最低保障990
OD(風林火山)時→OD大噴火〆 ダメージ最低保障912(火点灯時)

阿修羅の最低保障ダメージは大噴火より約400程高く、
阿修羅の方が相手のODゲージが回復する量が大噴火より若干少ない為、倒しきれるのが分かっているなら阿修羅〆にする方が良い。
中央では画面端まで連行して状況を重視したいなら大噴火〆もあり。
大噴火はコンボの早い段階で〆に組み込むとダメージ面では優秀。
画面端では5A>5B>阿修羅〆や5C>6D>阿修羅〆や2B>(5B)>阿修羅〆などのコンボパーツが安定。
OD倒しきり時はOD大噴火〆が安定(というより〆パーツとして使いやすいので)

コンボの〆パーツについて


1:(地上)5D〆
CPより地上HITで浮かなくなり、よろけ状態になるよう変更。
前作のラグナのまだお〆が、地上屈くらいならどこでも可能になったような感じ。
いわゆる安全起き攻めにいける。
画面端空中HITだと壁張り付きになる。

長所:受身狩りやリバサ無敵技を警戒するなどの読み合いを一切なくせる
短所:ダメージがあまり伸びない(rcすればダメージは伸ばせる)。屈くらいでしか繋がらない。

2:(地上)2C〆
安全に釘設置できる。ダウンした相手よりかなり早く動き出せる為、起き攻めのバリエーションが豊富。

長所:起き攻めの有利時間が長い。
   キャンセル釘設置が間に合う、傘をキャンセルで出せる、jc可能(jcから9JB、8jc or 9jc低ダJB、9jcすかし2Aなど色々)
   画面端であれば2C>低空C釘設置が間に合う。画面端B設置も一応可能(邪魔になる可能性もあるが)
短所:ダメージが伸びない。

3:(地上)双〆
相手を端に吹き飛ばせる+ダメージ重視の選択肢。
中央からの双〆であれば釘設置を2つできるくらいの余裕はある。

長所:ダメージが伸びる、相手を吹き飛ばせる、釘設置可能、双をrcして傘を重ねることも可能(画面端限)
短所:中央の場合、距離を離してしまう為、ダウン後の起き攻めにいけない。
   端付近なら問題なく起き攻めへ。

4:(地上)5C>6D〆

長所:中央だとB釘設置がお手軽、jc可能(2C〆の項目と同様)
短所:ダメージが伸びない


5:(エリアル)JA>JB>JC>jc>JC>J2C〆
最もオーソドックスなエリアル〆。
ダウンを取れるのでJ2Cで落としたあと起き攻めへ。

長所:安定のエリアル
短所:画面端の場合、着地後に密着してしまう
   画面端だと受身狩りしにくい


6:(エリアル)JB>JC>jc>JB>JC>J2C〆
5のエリアルより若干ダメージが高い。

長所:ダメージが高い
短所:高度やキャラによっては最後のJ2Cがスカる。

7:(エリアル)(JAorJB>)JC>jc低ダJC>J2C(>A釘)〆

長所:割と起き攻めの有利は長い、A釘〆で受身狩りができる、運搬距離が伸びる
短所:画面端だと密着してしまう

8:(エリアル)JA>JB>JC>jc(画面端の場合8jc)>J2C〆
空中行動を一回残したエリアル〆
ムササビなども使える。

長所:画面端で8jc>J2Cとすることでダウンをとった相手の距離が離れ受身狩りがしやすくなる
   J2C後に空中ダッシュが1度だけ可能。低ダJBなどから最速受身の相手に奇襲可能
   エリアルの高度調整でJCが当らないと判断した時にも有効
短所:特になし


9:(エリアル)hjcJA>JB>J2C〆
やや使いどころを限定するエリアル〆
J2C〆後>ムサ>バリガ>空中ダッシュなど、ややネタに富んだ行動が可能。
活用例としてはムサ>バリガ>前後空ダD釘 or JBなど。

10:(エリアル)(JA)>JB>JC>jc>(JA)>JB>JC>空双〆
ダメージ重視の〆。倒しきりなどはこちら。
中央なら相手を端方向に吹き飛ばすだけだが、画面端付近の空双〆なら張り付き効果でそこそこ有利をとれる。
コンボ時間が残ってないと空双当てた後すぐ復帰されるので注意。

11:(端エリアル)2B>6C>JC>J2C〆
あまりコンボ時間が残ってない時用の双後の安定の端〆。
画面端だとダウン後に密着してしまうので、密着した状態から起き攻めにいくのが苦手なら
A釘〆で受身狩りを狙ったり、↓の空コマ投げスカC釘も併用するといいかもしれない。

12:(端エリアル)2B>6C>(JB)>JC>空双〆
ダメージ重視の〆。コンボ時間が残ってないと空双当てた後すぐ復帰されるので注意。

13:(端エリアル)2B>5B>jc>JA>JB>JC>jc>JC>J2C〆
コンボ時間が結構残っている時のダメージ重視の〆。
コンボ時間余らせてる時はJB>JC>JB>JC>空双〆が一番ダメージが良い。

その他1:(端エリアル)J2C〆>空コマ投げスカ>着地する前にC釘
過去作からある、ねっぱ狩り・前転狩り。ボタン受身を取らないと補正の切れたC釘が刺さるネタ。
おしっぱ受身ガードだとC釘ガードになる。
2B>6C>JC>J2C後だと前転狩りにも対応しやすい。

※端C釘始動はダメージ2000前後~阿修羅〆で最大2000後半
噛み合えば前転を狩ることも可能。

その他2:(端エリアル)(双>2B>5Bor5B空中ヒット)hjcJA>JB>JC>J2C〆>J2Cダウン追い討ち
過去作からある、遅らせ受身、前転・ねっぱなし対策。
受身を遅らせる相手にJ2Cを一発多く当てることが出来る。 

その他3:(端エリアル)JA>JB>JC>JC>J2C〆>B釘
B釘の爆発をヒットさせる前転狩り(の釣り行動)
相手前転(バング画面端に着地)→相手前転にB釘爆発ヒットで相手浮く→5B拾い等から爆発始動コン
大体だが、爆発ヒット>5B>(2B)>JC>低ダJC>J2C>A釘>5A>~などのアドリブコンボへ繋ぐ。
難点は中央方向に逃がしてしまうことと、前転に噛み合わなかった際、画面端起き攻めのチャンスをあっさり逃してしまう二点。
バングがB釘で着地遅れるのを見て、端の前転逃げを誘うただのネタ。 

その他4:(画面端)双>2B>5D〆(壁はりつき)>ダッシュ裏周り
5Dはりつき後にダッシュで裏回れることを利用したネタ。おしっぱ受身・N受身に有効。
7jcJ4Bで裏、8JCor9JCで表、7JCで裏(たまに表になることもある)
やや難しいが受身に対して微ダッシュ2Aをすると低姿勢で相手をすり抜けることも可能。

その他5:(画面端)JD>C釘>5D空中ヒット(壁はりつき)>6C>jc>J2C〆~
J2C〆後に再び空中行動が可能
低ダJBなど

その他6:(画面端)5A>6C>jc>JD>C釘>5D>6C>C釘>高め当て5C空中ヒット>傘
5Cを高めで当てると若干有利が増える。
ノーゲージでできる端傘重ねの一発ネタ。

その他7:(画面端)~双>rc>傘
50%+釘4本消費するが、安全に傘を重ねることが可能。
手間はかかるが、初見殺しとしては強力な部類。リターンは大きくないので
画面端まで追い詰めた時など、あと1回崩せば勝ちという場面で使うといいかも。

その他8:(中央エリアル)~J2C〆>ディレイ(降り際)A釘
相手の後転やねっぱ・遅らせ受身に対しA釘を刺すことが可能。
利点としては空中受身を取られない。中央の後転読みで使ったりする。

その他9:(端エリアル)~J2C〆>空中C釘設置>降りJB
相手の受身動作に降りJBが刺さる、リバサ無敵技に対しての詐欺重ねになり、遅らせ受身・ねっぱなしや前転狩りにもなる画面端では有効な起き攻め。
安全にて端維持できることと、
様子見されてもあまり目立ったリスクがないのが利点。最速でリバサ無敵技を出されてもガードが間に合う
JA>JB>JC>jc>(JC)>J2C〆、2B>6C>jc>JC>J2C〆などから。
C設置>降りJBを出せる高度があれば別に多少パーツが違っても問題ない。
刺さった際は大体でJBヒット>5B(入れ込み)>JC>dlJ2C>A釘>5A>6C>jcJD>C釘>5C>6D>双>2B>6C>JC>J2Cなどを使おう。(約2900+毒)
一本釘消費するのとおしっぱ受身だとJBが上手く重ならない点がネック。
おしっぱ受身で対策してくる相手にはA釘〆の受身狩りと併用するのが良いかも。

受身狩り


中央の前後転・ねっぱ狩り

安定重視1:2A>5B~
安定重視2:前転見て5A>5B~
リターン重視:(後転読みダッシュ)2B>5B入れ込み、3C(rc)


画面端の前転・ねっぱ狩り

安定重視1:やや離れた位置か密着で2A>5B(前転狩りは安定するが、密着してる場合リバサも警戒)
安定重視2:やや離れた位置で様子見。前転に5A>浮いたところに5B(あくまで端維持のプレッシャーかけたいならこっち)
リターン重視1:2B>5B入れ込み(補正切れるタイミングでねっぱ狩も兼。抜けられたり、リバサ無敵技をくらいやすい)
リターン重視2:ねっぱ狩り兼。前転に6Aから双や6Cに繋ぎコンボへ。ほぼ入れ込みでないと繋がらないのであまりやる機会はない

中央・画面端端A釘〆後の選択


相手ボタンのみおしっぱで最速受身をとっていた場合
1:5C
2:投げ
3:コマ投げ

相手がボタン受身取らない場合
1:5C>2C>双くらいまで入れてダメージを少しでも伸ばす
2:5C>6D>大噴火or阿修羅などでダメージを伸ばす手段もある

相手が空中おしっぱ前受身を取った場合
空中前受身読みで裏から空投げor空コマ投げ→リターン大

相手が空中おしっぱ後ろ受身を取った場合
一点読み空コマ投げ、JAから地上へ落としに行く
地上ダッシュ→相手の裏から空投げor空コマ投げ