暴れ潰し

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

崩しの豊富なバングだが、どの崩しも発生が遅めで暴れられると辛い。
暴れ潰しを見せ、固まるようになってからが読み合い。

Aor2A>2B

 Aや2Aからのコマ投げに対して割り込もうとする相手に。
 非連続ガードなので暴れ潰しになる。

B>D系、ディレイ2B

 B>5Cor6Aに割り込まれやすいので、その割り込みを潰す選択肢。
 D系のGPはそれほど強くないので、状況をよく見て空蝉を仕込んでおきたい。

2B>前jc>J4C

 上に判定のある技で潰されるが、割り込み狙いで2Aを擦る相手には便利。
 バリアガードを張りつつ飛ぶ事で、昇竜などにも対応できる。
 距離が遠くめくれそうにない位置ならJCで。

適当>前jc>JD

 GPを利用した暴れ潰し。JD自体の判定も良い。
 さらにJD(CH)時のリターンが大きい。
 JDはガードされて微不利?直ガされると反確っぽいので注意。
 GPを取った場合は状況を見て空蝉したい。危なそうならC空蝉で逃げることも重要。

適当>後ろjc>各種釘

 攻め継続にも、暴れを警戒した様子見にも使えるパーツ。
 しかし釘を消費するのがネック。C釘以外なら投げた後行動できるので、
 ガードを確認したら空中ダッシュから攻め込んでもいい。

適当>双掌打

 どこからでも狙える暴れ潰し。双掌打(CH)時のコンボも大ダメージを狙える。
 しかし双掌打は直ガされると反確(通常ガードは不明)なので注意。


コメントフォーム

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る