vsジン-CS2

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ページ内目次

注意事項

・昇竜を警戒するように
・GPに頼りすぎないように
・相手にゲージがある時は6Aも警戒するように

忍法雑談スレより

167 :名無しさん:2011/01/20(木) 14:41:05 ID:kicXxLvsO
スルーされてて可哀想だから俺も書いてみるか、ジン対策。

まずジンの固めだが、5Dで逃げることも考えた方がいい。じゃないと相手はJB被せ放題でいつまでも固めが続いてしまう。
もちろんGP取らせないために様子見してくるだろうが、そうしたらJAなんかでこっちのターンにも出来る。つまりまずjcを読み合いにさせなきゃいけない。他は大体同意かな。

次に立ち回りだが、なるべく空対空は行わないってのには同意。だが、飛ぶことも重要。
ジンの主力牽制である5Cを飛び越え固めに移行できるのは大きい。
とはいえ、前ジャンプからのJAやJBで勝てる行動はほぼ無いので、あくまでも5C飛び越え用。
ちなみに空対空でジンから見てバングが下、横にいる場合は、JAで発生勝ちするくらいしか勝ち目無い。
よってジン相手の空対空では上とっての置きJB被せ、A釘位しかやることない。
飛んだとき引きずり下ろされる時もかなりあると思うけど、直ガJA、JDなんかを見せておくと良い。
まぁ分かってるジンは5A擦ってくると思うけど、アクセント程度に。

地上では、自分から攻めるのはまず無理。
地対地の牽制で勝てる要素は無い。
とはいえ、飛ばれると落とせない。よって中距離で地上から攻める選択肢は無い。
しかし、中~遠距離の待ちならば地対空の5Bが機能する事もあるので、様子見含めてうろうろしておくのもあり。

纏めると、攻める場合は中距離からのジャンプでこちらのペースに持ち込む。(前ジャンプなら5C飛び越えたり、JAやJBなんかをきっちり直ガして暴れてみたり。垂直、後ろは空ダや置きJB、置きA釘とか。D釘で無理矢理固めに持っていくのもあり。)
ジン側がこちらのジャンプを咎める動きをしだしたら、こちらの対空が生きてくる。
そうやって相手のペースを崩して細かく削っていく。



コメントフォーム

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る