vsΛ-11-CS

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最終更新日:2010-08-28

  • ページ内目次


注意事項

  • 相手のDDは見てから大噴火が入る。ただし端同士だと無理なので注意。
  • リバサ重力に注意。

13スレ目より

170 :名無しさん:2010/08/25(水) 17:01:27 ID:7QHWtWtIO
Λに勝てない…
少しでもスペース空けるとシューティングに持ち込まれる
釘で牽制して近付こうにもサマナーで相殺され
なんとかサマナーを置きDでGP取って転移してもむこうは既に硬直解けててガードされるし
上手く行くのはC転移で裏回れたときぐらい
起き攻めは無敵重力で拒否されるし
みんなはどんな対策とってる?

173 :名無しさん:2010/08/25(水) 20:29:50 ID:Ng9iASY20
Λ5D、6Dは隙がでかいからガンダッシュorダッシュジャンプで手痛いコンボを見舞ってやる。
でもダッシュジャンプはガード仕込みながら近づけるので基本はジャンプで接近するのがローリスク
空中ダッシュは素早く接近できるけどガードができないから一点読み行動ですね

ΛJD系はだいたい引っかかるからガードする。
慣れてきたら空中直ガした後空中ダッシュとかD釘で攻め込めるとベター

D釘はできればポイント絞って投げたい。スパイクチェイサー見えたら投げて間違いない。
どのキャラでもそうだけどジャンプ後着地しそうなときとか多少は隙を狙わんと軽く逃げられる。

Λの各種Dはダッシュの出掛りが引っかかるくらいしか当たっちゃダメ。くらいの気持ち
近づくまでは技振らずにガード仕込めるとこでは全部仕込む。

175 :名無しさん:2010/08/26(木) 04:30:42 ID:Mr3Exsk60
基本的な立ち回りとしては空中からキャバと空投げを警戒しながらサマナーの内側もぐりこむように動く。
地上ダッシュは5Dや後空ダJ2Dに引っかかりやすいので6D、2Dを振ってくるようになってからでいい。
あとサマナーは派生部分だけでも直ガできるようになると動きやすい。

釘が相殺されるっていうのは投げる位置が悪い。
D釘ならラムダに手前のほうの釘を相殺させて1本は届く位置で投げる。
A釘なら着地間際か後空ダから胴体~足元辺りに投げる。

ラムダの5Dを取ろうとGPをぶっぱするのはあまりよろしくない。
ただラムダはノーゲージだと中下段が安く上段属性の攻撃が多いから、
取れる部分を理解しておけばリターン差がでかいため狙う機会はそれなりにある。
狙い目としてはJ2DDからのJ2Dやクレセント、ガークラ狙いの低空クレやキャバリエ辺り。
GPはプライマを削られないのでプライマがやばかったらできるだけGP。
投げようとしてきたら5Aのカモ。

重力は2A、5B先端辺りを重ねとけばガードしてればガード、重力ならスカな状況にいける。
それとJ4Bはラムダが落としづらいので割と狙っていける

対ラムダはリターン差で基本ガン有利だと思ってるから頑張れ



コメントフォーム

名前:
コメント:

すべてのコメントを見る