国籍法改正案まとめWIKI 平沼赳夫衆議院議員への書簡

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

合計: - 今日: - 昨日: -

平沼赳夫衆議院議員への書簡

「国籍問題を検証する議員連盟」に関して。

■送付状況(ポスティング)              



■文面

内容は以下の通りです。

平沼赳夫先生
拝啓

 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

 日頃、平沼先生の「国民の生活と国益を守る会」のご活躍を陰ながら応援させて頂いております。

 ところで、突然ご連絡を差し上げる失礼の段、何卒お許し下さい。

 私は、主として以下のサイトで国籍法に関する活動をしております、○○と申します。

http://www14.atwiki.jp/shinkokuseki/(まとめサイト)

 私どもは、昨年末の国籍法改正の際には、参議院議員西田昌司先生に陳情書をご紹介頂いたり、前衆議院議員馬渡龍治先生に請願書をご紹介頂いたり、また、衆議院議員城内実先生に重国籍問題に関する陳情書をご紹介頂いたり致しました。国籍法改正に伴う偽装認知問題や重国籍問題に関しまして、何とか日本の国益を損ねないような方策を考え、その実現に向けて、諸先生方にもご多忙中に関わらず大変お世話になって参りました次第でございます。

 平沼先生におかれましては、その際「国籍問題を検証する議員連盟」の会長として多大なご尽力を頂きました。まずは、一国民と致しまして心より厚くお礼申し上げます。

 ところで、本日勝手ながらこのようなお手紙を差し上げましたのは、8月の衆議院選挙以来、「国籍問題を検証する議員連盟」のご活動の方はどのようになっていらっしゃるか、先生にお伺い申し上げたかったからでございます。

 既にご存知かと存じますけれども、つい先日も改正国籍法違反による逮捕者が出たことで、私どもは国籍法問題に関する危惧を深めている次第でございます。

 残念ながら、国籍法議連の事務局を務めていらっしゃいました赤池誠章先生は、先の第45回衆議院議員総選挙において善戦むなしく惜敗されてしまいました。私どもは、国籍法再改正を進める大きな戦略的拠点を見失い、大変困惑しております。

 どうか、平沼先生のご指導の下、国籍法議連を再構築して頂き、赤池誠章先生が国政復帰されるその日まで、新たな国籍法議連の事務局をお決めになり、私どもにご紹介賜りますようお願い申し上げます。

 臨時国会の最中ご多忙きわまりない時に誠に恐れ入りますが、これらの点につきましてお教え頂ければ大変幸甚に存じます。何卒よろしくお願い申し上げます。



 末筆ではございますが、平沼先生のご健康と「国民の生活と国益を守る会」の一層のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
 勝手ながら、取急ぎまずはお伺いまで申し上げます。

敬具

平成21年 11月 4日

(署名)

これに対し、11月 6日付けで以下の通りの返信を頂きました。

■平沼赳夫先生からの返信
「御手紙、有難度うございました。いつも憂国の運動を展開していただき心より御礼申し上げます。議連は落選議員も多く、来週、役員人事を含め、強力に再会(ママ)させて頂きます。宜しくお願いを申し上げます。不一」


      (表面)                                (裏面)  

以上、報告いたします。

文責:164◆aGZgb/DTYc