※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特撮コメディ関連】カテゴリです。

ギャグ怪獣怪人考察の8番目では、パロディキャラクターとして登場した怪獣・怪人を取り上げます。

パロディ怪獣怪人の決定版というべきキャラクターは『激走戦隊カーレンジャー』の《SSパマーンと暴走戦隊ゾクレンジャー》で、スーパー戦隊シリーズで戦隊ヒーローのパロディを実現するという暴挙を実現させました。
主題歌のパロディから必殺技のパロディまで、ありとあらゆるパロディのこだわりを見せていました。
同系統のものとして『爆竜戦隊アバレンジャー』の《邪命戦隊エヴォレンジャー》もあります。

『美少女仮面ポワトリン』では《お彼岸ライダー》という仮面ライダーパロディネタもありました。

漫画・アニメのパロディでは『激走戦隊カーレンジャー』の《HHデーオ》が、『巨人の星』の主人公・星飛雄馬に似た顔つきが強烈であります。

ドラマのパロディでは、『ウルトラマンタロウ』の《ガラキング》が『サインはV』の主演女優とバレーボールで勝負するネタがシュールであります。

映画パロディの代表は『炎神戦隊ゴーオンジャー』の《フーセンバンキ》が、『男はつらいよ』の寅さんに似せた風貌で、しかも声が故・渥美清氏のものまね芸人・原一平氏を起用する暴走ぶりが発揮されていました。