※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ボーマンダ  

No.373 タイプ:ドラゴン/ひこう 特性:いかく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ いわ ドラゴン / こおり(4倍)
95 135 80 110 80 100 半減タイプ ほのお みず むし かくとう / くさ4分の1地面無効

抵抗タイプがメジャー寄りで特性の威嚇もあるので弱点さえ突かれなければ耐久面も優秀。
流星群と大文字という組み合わせがラティオスにはない鋼タイプへの突破力を生み出す。
ラティオスより遅いことが最大の難点。

サンプル

  • 流星群 ハイドロポンプ 大文字 龍の波動@スカーフ(控えめ 防御100特攻252素早さ156)
タイプが優秀でかつ攻撃範囲の広い、オーソドックスなスカーフボーマンダです。

技構成について

基本的にダブルバトルのボーマンダはほぼ全てが特殊攻撃を中心に戦います。
「流星群」「大文字」「ハイドロポンプ」「守る」の4つの技を基本に、スカーフ型なら守るを外します。
これといった選択肢はありませんが自由度は高いので、パーティに合わせて技を選びましょう。

プラチナでは教え技に熱風が追加されましたが、基本的に高い威力が求められるドラゴンタイプの炎技には大文字の方が適しているでしょう。
しかしボーマンダには貴重な2匹同時攻撃ということもあって、熱風の採用率自体は大文字にも劣らないレベルだと考えていいのではないでしょうか。

もちものについて

ボーマンダの持ち物にはメジャーな拘りスカーフの他にも様々な選択肢があります。
他に持たせるポケモンがいなければ気合のタスキを持たせると一番安心できます。

ステータス補正について

スカーフ型だと攻撃範囲の広がる控えめ、それ以外だと臆病がほとんどになります。
特攻素早さに極振りしてしまって構いませんが、ヤチェやハバンで半減しても耐えられないことがあるので1発でやられない程度には耐久も気にしておきましょう。
素早さを落としてもいい場合はHPに4、防御に100振るとメタグロスのコメット+バレットを耐えるようになります。素早さには140振れば補正無し85属まで抜けます。
172振れば最速ヒードランを抜けるので、特攻を落とすか乱数耐えにするといいかもしれません。

対抗策

弱点を突かずとも大体のメインウェポン2発で倒せるのでどの技でどちらに攻撃してくるかを読みきることができれば特に対策をしなくとも苦労することはないでしょう。
ボーマンダの攻撃を耐えるポケモンで弱点を突くことができればより確実です。
また、トリックルームや電磁波などを使えば簡単に縛ることができるのでおススメです。

相性のいいポケモン

マニューラ
スターミーやラティオス、ガブリアスなどを縛ることができ、単純に1対1で考えると勝てる相手が多いということもあって猫騙しとの相性も良い。
ゴウカザル
猫騙しを使えて氷に強くボーマンダが飛行持ちなので相手は地震を打ちにくい。
カビゴンにも強く、集中攻撃が決まるならオッカ持ちも余裕になるのがポイント。

使えそうな技

コメント
岩雪崩 追加効果が強力な、2匹同時攻撃物理技。
瓦割り パーティが特殊に偏っている時のハピナス対策に。
地震 物理技の中では攻撃範囲が広め。
目覚めるパワー 飛行の他にも電気や草など4倍狙いが存在。
龍の波動 流星群と違って連発できるのが強み。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:100
後続でも結構見るけどスカーフマンダは先発向きだと思うよ?

関連ブログ