※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギャラドス  

No.130 タイプ:みず/ひこう 特性:いかく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ 電気(4) 岩
95 125 79 60 100 81 半減タイプ 炎 水 格闘 虫 鋼 / 地面

抵抗力が多く弱点の少ないタイプと特性の威嚇がギャラドス最大の長所。
威嚇と優秀なタイプが成す耐久力の高さが安定性を生み、それが攻撃面に生かされる。
電磁波・竜の舞・凍える風と、素早さに関わるサポートが非常に優秀。
トリパを相手にしてもそこそこ戦えるため、雨パでの採用率も高めです。

サンプル

  • 滝登り 電磁波 挑発 守る@ソクノの実
H191(164)A152(52)B104(36)C72(0)D121(4)S146(252)陽気
最速麻痺巻きギャラドスの基本配分。
  • 滝登り 恩返し 竜の舞 守る@ソクノの実
H201(244)A170(76)B100(4)C72(0)D121(4)S124(180)意地っ張り
竜舞配分。エッジ持ちの場合はH191A180D122にするとサンダーに勝てる。

技構成について

滝登りと守るが必須で、ストーンエッジ・電磁波・挑発から2つを選ぶのが基本。
竜の舞を入れる場合は恩返しも選択肢に入り、雨パの場合は雨乞いを入れる。
Pt以降の環境では、電磁波撒きメインのギャラドスが多かったようです。

もちものについて

サンダーやラティオスの10万ボルトを耐えるためのソクノの実がほとんど。
身代わり食べ残し型はほぼ見かけなくなりました。

ステータス補正について

欲しい素早さによって陽気か意地っ張りかを決めます。
相手のギャラドスを意識した最速、ヒードラン抜きの142、最速ユキノオー抜きの124、素早さを切る場合もメタグロスは抜きたいので110以上は欲しいものです。
HPは191あればとりあえずソクノ込みでサンダーの10万ボルトやラティオスの珠流星群は耐えますが、余裕があれば全振り近くまで上げたいところです。
攻撃はサポートメインか攻撃メインかでどの程度振るかを決めると良いでしょう。
攻撃技が滝登りだけのギャラドス等、152までしか振らないパターンもあります。

対抗策

1発で倒すのは難しいので、電磁波を受けたくないときは迂闊に攻められない。
こういう場合は身代わりがあると安心できる。

相性のいいポケモン

ルンパッパ
雨降らし要員としてのギャラドスをルンパッパの猫騙しでサポートします。
ルンパッパが苦手なゴウカザルやクロバットに威嚇が入るのも大きな強みです。
メタグロス
メタグロスの苦手な炎・地面技を受けられるのでメタグロスの後ろに控えさせると交換から出しやすい。サンダーには弱いが、ラティオスに強いのがいい。

使えそうな技

コメント
アクアテール 雨or舞でグロスのコメットパンチ2発耐え調整を崩せます。
地震 メタグロスを攻めるのに役立つが、電磁波の方が汎用性が高い。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:120

関連ブログ