※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キングドラ  

No.230 タイプ:みず/ドラゴン 特性:すいすい/スナイパー
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ ドラゴン
75 95 95 95 95 85 半減タイプ はがね / ほのお みず(4分の1)

特性すいすいを生かした雨乞いパーティの代名詞であり象徴的存在。
大雨時には大火力のハイドロポンプと凄まじいスピードで狂ったかのように暴れ回る。
サブウェポンも複数のタイプ一致技から選べるため、攻撃面の性能は抜群と言えます。

サンプル

  • ハイドロポンプ 龍の波動 身代わり 守る@命の珠(臆病 特攻252素早さ252)
機動力・破壊力共に抜群の、雨乞いパーティのエース仕様の最速キングドラ。
  • 濁流 流星群 雨乞い 守る@ハバンの実(控えめ HP76特攻252素早さ180)
単独でも天候パーティ対策として使える、自ら雨を降らすタイプのキングドラ。

技構成について

説明は省きますが、基本的にキングドラは守る必須と考えましょう。
金銀で追加された濁流は非常に強力で、新たなメインウェポンとして期待できます。
従来のタイプの雨パであれば威力重視のハイドロポンプが優先されそうです。
サブウェポンには龍の波動か流星群のどちらかを選ぶのが基本です。
4つめのスペースにはパーティに必要ならば雨乞いや濁流、毒々などが入ります。
身代わりは使い勝手がよく、苦手な電磁波や催眠術の無効化もできます。

もちものについて

縛り能力が飛躍的に高まる命の珠、安定性を高めるハバンの実やラムの実が人気です。
催眠術・電磁波の的になりやすいのでラムが無理ならクラボやカゴも選択肢となりえます。
タスキが余っている場合は流星群・大爆発対策として持たせるのもいいでしょう。

ステータス補正について

すいすい発動中は176振りで控えめでも最速スカーフラティを抜くことができます。
耐久をある程度捨ててもいいのであれば、ミラーマッチに強くなれて2回加速した控えめヤンマまでをも抜くことが可能になる臆病最速を推奨します。

対抗策

トリックルームや電磁波など、素早さを奪う戦い方をするのが効果的です。
ハピナスやカビゴンなど、特防の高いポケモンで対抗するのも有効です。
雨さえ降っていなければそう恐れることもないので、狙えるなら挑発などで雨乞いを封じましょう。
ユキノオーの強制天候変化や、ヌケニンの採用も非常に有効な対策と言えます。

相性のいいポケモン

ルンパッパ
猫騙しのサポートによって安定して雨乞いを発動でき、そのまま2匹で攻め込むことが可能です。
グドラルンパでの波乗りは非常に強力で、キングドラが波乗りを持つパターンが多いです。
メタグロス
雨を消しに来るユキノオーに強く、キングドラが突破しにくいハピカビにも強い。
耐久力があり、雨乞いが使えるため雨乞い要員として使うこともできます。

使えそうな技

コメント
滝登り どうしても物理攻撃が必要なら採用を検討する必要があります。
毒々 ヌケニンやハピナスを突破できそうにないなら。
波乗り 全体攻撃なので、縛り範囲がそのまま攻撃範囲になりえます。
吹雪 命中が不安と言えど、91%でどちらかに当たる強力な2体攻撃。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:100
今も控えめ派の方が多いですが、やっぱり最速が一番安定すると思いますよ。

関連ブログ