※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メガヤンマ  

No.469 タイプ:むし/ひこう 特性:かそく/いろめがね
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ ほのお ひこう こおり でんき / いわ(4倍)
86 76 86 116 56 95 半減タイプ くさ むし かくとう / じめん(無効)

特性の加速でサンダースだろうとスカーフグロスだろうと何でも抜いてしまう。
2回加速すれば、すいすいを発動したポケモンですらほぼ抜くことが可能。
メガヤンマがいれば、雨パやスカーフなどの対策を考えるのが非常に楽になる。
単体では苦手なポケモンも多いが、苦手なポケモンに対して有効なポケモンと組ませることによってより高い縛り能力を発揮する。

サンプル

  • 虫のさざめき エアスラッシュ 目覚めるパワー 見切り@気合のタスキH162(4)A72(0)B91(0)C168(252)D76(0)S161(252)臆病
メガヤンマの基本型。目覚めるパワーはサンダーやボーマンダに抜群の氷。
  • 虫のさざめき エアスラッシュ 身代わり 見切り@命の珠H162(4)A72(0)B91(0)C184(252)D76(0)S147(252)控えめ
火力重視の身代わりメガヤンマ。威力そこそこの特殊技で一撃なので注意。

技構成について

まず虫のさざめき・エアスラッシュ・見切りの3つはほぼ確定になります。
最後の枠はさほど使用頻度は高くないので目覚めるパワー(氷・電気・岩・地面)・催眠術・日本晴れ・身代わりなどどれを選んでもOK。
パーティを考える際は後回しにして最後に決めるといい。

もちものについて

耐久性能が低いため、基本的には気合のタスキ1択になります。
銀の粉などで火力を上げると強そうですが、上手く扱うのは非常に難しいでしょう。

ステータス補正について

基本的にはCS振りでひかえめかおくびょうの2択。
相手のメガヤンマに対してメガヤンマで対応するのであれば臆病、そうでなければ控えめ。
物理耐久を厚くするとメタグロスのコメバレを耐えるようになるので、耐久振りを検討する余地はあります。

対抗策

  • あられパーティ
特殊技で全体攻撃である吹雪が抜群、霰でタスキ潰し。
  • トリックルーム
これさえ決めれば驚くほど弱体化します。
  • 先制技
気合のタスキを持っていることが多いので先制技を入れておくと安心。
  • ウインディ・ヒードラン・サンダー・ギャラドス・ボーマンダ
虫のさざめき半減で有効打になる技が無理なく入る。めざパには注意。
  • カバルドン
砂嵐のタスキ潰しと岩攻撃の決定打で見せ合い時点でプレッシャー。

相性のいいポケモン

ヒードラン
炎技や鬼火があるので鋼タイプやカビゴンに強い。
メガヤンマがいれば雨パ対策を考えやすくなるのもマル。
ラティオス
メガヤンマが苦手なポケモンの多くに強い。
対メタグロスを考えると命の珠or拘りメガネのめざパ地面持ちがベター。

使えそうな技

コメント
威張る 素早い物理ポケモンとの相性がよく、加速からのいばキーは脅威。
日本晴れ 晴れ要員、雨対策をこなしつつ、砂塵霰のタスキ潰しを防ぐ。
フェイント 身代わりに比べ攻撃的で、自らタスキを潰すこともない。
身代わり タスキを無力化してくる相手は多いため、使用機会も中々多い。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:80

関連ブログ