※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

レジスチル  

No.379 タイプ:はがね 特性:クリアボデイ
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ ほのお かくとう じめん
80 75 150 75 150 50 半減タイプ ノーマル くさ こおり ひこう エスパー むし いわ ゴースト ドラゴン / 毒無効

耐久性能が優秀で、流星群や大爆発など強力な技を交換から受けられるのが強みです。
今では有名な要塞型は、ダブルではほとんど見られない「受け」を成立させることも可能です。

サンプル

地球投げ 鉄壁 度忘れ 眠る@食べ残し(図太い HP252防御76特防180)
ダブルバトルでは類を見ない異色の構成ですが、これがレジスチルのスタンダードと言えます。

技構成について

鉄壁・度忘れの両積み技を使ってひたすら耐久性能を上げるのが基本の戦い方。
再生回復技はありませんが、食べ残しだけでは間に合わないので眠るを入れます。
既に技スペースが3つ埋まっているので攻撃技を1つしか入れることができず、ほとんどの場合はPP・ダメージ量が最も安定している地球投げを採用することになります。
パーティの状況を見て鉄壁と度忘れのどちらかを外せるようなら余裕ができるので、その場合は毒々・電磁波・大爆発などの採用も可能になります。
鉄壁の代わりに鈍いを覚えさせて攻撃技をアイアンヘッドにするという手もありますが、鉄壁・地球投げに比べて押し切られる確率が上がってしまうので注意が必要です。

もちものについて

できるだけ優先してたべのこしを持たせたいところです。

ステータス補正について

ほとんどの場合図太い・腕白・慎重・穏やかから選びます。
現在ではプラチナでシンクロが使えるのでかなり厳選しやすくなったといえます。
HP極振りは必須ですが、それ以外は特に調整の必要は見当たりません。
サンプルの配分も一見調整しているように見えますが、実は面倒なので総合的な耐久力が最大になるように振り分けているだけだったりします。
いい調整先がありましたら教えてくださると助かります。

相性のいいポケモン

ラティオス
タイプ相性がいいだけで性能的に相性がいいというわけではない。
ただしラティオスが縛られているときに交換で相手の攻撃を受けることができるのは大きく、相手にとって脅威になりやすいラティオスに意識を向けさせることで安全により多く積むこともできる。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:120

関連ブログ

正常に検索結果を取得できませんでした。