※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ラティオス  

No.381 タイプ:ドラゴン/エスパー 特性:ふゆう
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ むし あく ゴースト ドラゴン こおり
80 90 80 130 110 110 半減タイプ くさ ほのお みず エスパー かくとう じめん無効

最強クラスの特攻と高い素早さを持つ、ダブルバトル最高峰の特殊アタッカー。
物理耐久は高くないものの、並の威力の等倍技なら1回は耐えられます。
パーティを作る際には対策できているかをまず意識しなければならない強力なポケモンです。
155ラティオス(簡易解説参照)の出現によって、これまで苦手としてきた鋼タイプの多くに対しても強くなるなど、その高いポテンシャルはとどまる所を知りません。

サンプル

  • 流星群 10万ボルト 身代わり 守る@命の珠(臆病 特攻252素早さ252)
破壊力抜群の流星群をメインウェポンとする、最もポピュラーなラティオスです。
  • 流星群 目覚めるパワー 身代わり 守る@命の珠(臆病 特攻248素早さ252)
世論は賛否両論ですが、厳選が容易になった155ラティオスの基本型です。

技構成について

メインに「流星群」、サブに「10万ボルト」の2つが基本です。
流星群の破壊力が相手のプレッシャーになるため身代わりを張りやすく、採用率も高いです。
また、ループ解析の発展によって目覚めるパワー地面も選択肢の一つとなりました。
流星群と守るが必須で10万ボルト・めざパ・身代わりから2つを選ぶのが基本になりそうです。

もちものについて

拘ると動かしにくくなるため、命の珠を持たせる場合が多いです。
命の珠が広まりすぎたせいか、プラチナ発売以降気合のタスキが流行しているようです。
また、ラティオスの命の珠持ち流星群は使いやすい上に超高威力であるにもかかわらず命中率90と非常に強力であるために耐久調整先として最も挙げられやすい技となっていて、そのため現在では調整崩しとしての拘りメガネの採用も見直されています。

ステータス補正について

ほとんどが臆病最速で、素早さ個体値には絶対に妥協を許してはいけません。
控えめ妥協の場合はスカーフで攻撃範囲が増えることを生かしましょう。
スカーフ持ちを除く殆どのラティオスが臆病、素早さ特攻252振りです。
最低メタグロスのコメットパンチ程度は耐えられるようにしておきましょう。

対抗策

  • ハガネール
流星群半減、10万無効にジャイロボールの威力が最大144と言うこと無しのキラーポケモン。
  • ドータクン
流星群半減、ジャイロボールの威力は最大131。攻撃特化の勇敢珠ジャイロは高乱数1発。
  • メタグロス
10万ボルトは等倍で入るもののぶつかり合えば断然不利。爆発するので身代わりがないと危険。
  • マニューラ
素早さで負けている上に猫騙しに対してもフリーなので簡単に縛られてしまう。
  • トリックルーム・電磁波・凍える風
素早ささえ奪ってしまえばこっちのもの。自由に流星群を打てなくなるだけで酷く弱体化します。

相性のいいポケモン

ゴウカザル
ラティオスが苦手とするメタグロスやカビゴンに強く、優秀な猫騙しを覚える。
また、ラティオスはゴウカザルの攻撃が効きにくいポケモンに制限をかけやすく安定します。
ウインディ
鋼タイプ、氷タイプに強いだけでなく特性の威嚇で不意討ちプレートミカルゲや勇敢ジャイロドータクンなどといった不安要素をカバーでき、鬼火を覚えるのでカビゴンが相手でも苦にならなくなる。

使えそうな技

コメント
威張る 特攻が下がっていてもサポート役としての仕事ができます。
シャドーボール エスパー・ゴーストタイプやヌケニンに効きます。
日本晴れ 炎技の威力が増し、苦手な鋼タイプに対抗しやすくなります。
龍の波動 連発できるため拘り型ではできるだけ採用したいところ。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:80
流星群の対策さえできてればそれほどでもない・・・と思う。

関連ブログ