※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第5世代においてもダブルバトルを解説(もしくは考察・攻略・研究?)していくつもりではありますが、未だ方針が決まっていません。
pdfとtxt形式にしてまとめてダウンロード配布という形にしようという案もあるのですが、デザイン等技術的な問題が多い状況です。

しばらくは、メモ程度にこのページに書き連ねることにします。
想定ルールはレーティングダブル準拠の予定。
第4世代ベースに第4世代との違いを述べるのとまったく一から書くのとではどちらがいいのか。
第4世代をプレイした人にとっては前者の方が有益なものになると予想される。


【個別】
  • ズルズキン
65-90-115-45-115-58:488
ドータクン(67-89-116-79-116-33:500)と種族値が似ていてタイプは悪格闘と攻撃向き。
クレセリア・ラティオス・カビゴン・ナットレイ等厚くしたいポイントをカバーできる。
評価はかなり高め。
噛み砕く けたぐり 猫騙し 見切り@食べ残し
  • ドリュウズ
110-135-60-50-65-88:508
わかりやすい動かしやすさと突破力。初心者がレートを稼ぐのに向いている。
自分で砂嵐を使うのもアリ。
ドリルライナーor地震 岩雪崩 砂嵐 守る@気合のタスキ
ドリルライナー 岩雪崩 砂嵐or身代わりor地震 守る@地面のジュエル
ドリルライナーor地震 岩雪崩 シザークロス 守る@命の珠
  • ウルガモス
85-60-65-135-105-100:550
クレセリア・メタグロスによっぽど薄いのでなければ中心に組まない限り採用しづらそう。
クレセグロスに強いのでラムの実を採用したくなるが、ヨロギやイトケも欲しくなる穴の多いポケモン。
  • ビリジオン
91-90-72-90-129-108:580
ズルズキンと同じく攻撃面でパーティの穴を埋めるタイプ。
ただ物理耐久が低いのと炎弱点なので評価はズルズキンに比べて低め。
ビリジオンでないと埋められない穴はあるはずなので、絶滅はしにくいはず。
リーフブレード 聖なる剣 ストーンエッジorリフレクターor挑発 守る@ラムorオッカorオボン
  • シャンデラ
60-55-90-145-90-80:520
以前に増して格闘タイプが採用されるようになったため、ヒードランの使用率が下がりその分シャンデラが採用されるようになった。
クレセグロスの弱点を突ける上、ウルガモスやカビゴンにも強いなど相手を選ぶが耐久面も悪くはない。
シャドーボール 熱風or大文字orオーバーヒートor鬼火orトリックルームorエナジーボールor目覚めるパワー氷or地面 守る
  • ナットレイ
74-94-131-54-116-20:489
弱点が炎と格闘しかなく、等倍も地面と氷以外は物理技が大半で押し切るのが難しい。
宿木の種を撒いていれば回復が間に合ってしまうくらいで、構築段階での対策は必須。
攻撃特化ジャイロボールはラティオスを乱数で落とせるクラスの火力が出せるので、ポケモン単体としての性能もかなりの上位に位置するだろう。
炎技さえあれば簡単に倒せるので、相手にするときは意識して立ち回らないといけない。

  • カポエラー
50-95-95-35-110-70:455
採用率の上がった格闘タイプの中でも特別な評価を受けているポケモン。
バンギドリュウズの台頭やそれに伴って物理ポケモンが増えたことによる威嚇の需要アップ、格闘タイプの評価アップと前線に出てくるだけの条件は揃っているが、スタンダードが減ったこともあり、より頻繁に見るようになった。
  • ギャラドス
なぜかイッシュの止めにくいポケモンの多くに強い。
パーティバランスを整える能力が高いがラティ・水ロトム・トリトドンと強くなった旧ポケにはまったく有効打がなかったりする。
滝登り ストーンエッジor恩返しor電磁波or毒々or挑発or竜の舞 守る@ソクノの実
  • トリトドン
111-83-68-92-82-39:475
呼び水がパワーアップして脚光を浴びる。止めにくいポケモンというよりは、メタグロス・水ロトムやギャラドスのようなパーティバランスを整えるポケモンに強い。
ルンパ・グドラにはサブで押し切られるので雨パにはそこまで強くないかも。
  • ニョロトノ
90-75-75-90-100-70:500
特性あめふらしを手に入れて初手からすいすいで戦うことが可能に。
滅びの唄でデスラッキーを崩すことができる。
  • キングドラ
ハバンの実やスカーフを持たせて同属対決を強く意識し耐久に振った型も出てきた。
ジュエルや珠の破壊力は相変わらず凄まじい。

【パーティ】
  • サルドーブル
レーティングが催眠制限無しなので考慮する必要あり。
ドリュウズ・雨降らしニョロトノなど突破する手段が増えていることに注意。
  • バンギドリュウズ
ようやく砂パと呼べるパーティができた。苦手が偏るのが辛い。
バンギラスが動かしにくく安定しない印象。
  • デスラッキー
ガードシェアで防御を高めたラッキーで小さくなるを積むトリパ。
PP戦や一撃技対策など、パターンに入ってしまうと大抵の場合崩せない。
  • カポウルガ
ウルガモスで蝶の舞を積むパーティで、サポートにカポエラーを採用している。
カポエラーは猫騙し、威嚇、ワイドガードなどウルガモスの苦手な岩雪崩や滝登りに対するサポート要素が充実している上、カビゴンやヒードランの弱点を突くことができる。