※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ガブリアス  

No.445 タイプ:ドラゴン/じめん 特性:すながくれ
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ 氷(4) ドラゴン
108 130 95 80 85 102 半減タイプ 炎 毒 岩 / 電気

ダブルでは微妙といわれ続けてきたガブリアスだが、バンギラス解禁のフラットルールで一躍注目を浴びた。
バンギラスが使えないルールでも電磁波の流行・最速サンダーの増加とガブリアスの需要自体は高まっているのは確か。
ラティオスや威嚇、めざ氷ヤンマなど苦手な相手は多いが、得意な相手もその分多いのでそこを生かしていきたいところ。

サンプル

  • ドラゴンクロー 地震 岩雪崩 守る@気合のタスキ
H184(4)A182(252)B115(0)C94(0)D105(0)S169(252)陽気
ガブリアスの基本構成。ラティオスより遅いドラゴンはタスキが無難。

技構成について

地震と守るは確定で、ドラゴンクローorドラゴンダイブ・岩雪崩orストーンエッジ・身代わりから2つを選択。
パーティ全体がロトムに弱い場合は噛み砕く、また一応逆鱗も選択肢に入る。
ほとんどのガブリアスがこれに当てはまるが、パーティの物理ポケモンが多くなりすぎた場合など、流星群・大地の力・大文字を入れて特殊型や両刀にする場合もある。
カバルドンなど、メタグロスに強いポケモンが多い場合は地面技を外すこともできる。

もちものについて

ラティオスに縛られてしまうので、やはり気合のタスキが安定する。
同じ理由で、ガブリアスに拘りスカーフを持たせて不意を突く人もいます。
ラティオスに強いポケモンを多く採用している場合はそれ以外の持ち物を持たせる余裕ができるので、食べ残しやオボンの実と身代わりを組み合わせたりするパターンも強いです。

ステータス補正について

気合のタスキを持たせる場合は攻撃(両刀の場合は特攻にも)と素早さに極振り。
そうでない場合はとりあえず最速にして、メタグロスを地震2発で倒せるA165まで攻撃に配分、ドラゴンクローを入れる場合はラティオスを確定で倒せるA171が目安。
耐久重視の場合、メタグロスを地震高乱数2発で倒せるA162までなら妥協範囲内。
できれば耐久にも努力値を割きたいが、攻撃とどちらを優先させるかを考えて配分を考える必要がある。

対抗策

浮いているポケモンが少ないパーティはガブリアスに弱くなりすぎないよう注意。
バランスの悪いパーティはガブリアスにいいようにやられる可能性がある。

相性のいいポケモン


使えそうな技

コメント
毒々 どうしてもクレセリアに弱い場合は選択肢。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:80

関連ブログ