※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

リザードン  

No.6 タイプ:ほのお/ひこう 特性:もうか
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ 岩(4) 水 電気
78 84 78 109 85 100 半減タイプ 格闘 炎 鋼 / 虫 草 / 地面

同じタイプのファイヤーに比べて素早さ以外の全ての種族値が低い。
技で差別化しようにもこれといったものがないため、リザードンを使うのであれば、サンダーと同等の素早さと特性の猛火を生かしたい。

サンプル

  • オーバーヒート 熱風 エアスラッシュ 守る@気合のタスキ
H153(0)A80(0)B98(0)C161(252)D106(4)S167(252)臆病
できれば最速にしたいので、基本はタスキになりそう。
  • 大文字 熱風 エアスラッシュ 気合球@拘りスカーフ
H171(140)A80(0)B99(4)C172(220)D109(28)S135(116)控えめ
無振りサンダーの10万ボルトまでなら耐えるが若干耐久不足か。

技構成について

ファイヤーと同じくメインの炎技と守るは確定になる。
できればメタグロスを1発で倒したいので、メインはオーバーヒートか大文字。
サブウェポンにもさほど魅力的なものがないのでエアスラッシュもほぼ確定。
最後の技はパーティ全体で見て苦手なポケモンに強い技を選ぶといい。鬼火・竜の波動・気合球・目覚めるパワー(氷・草)辺りが選択肢になる。
特になければ、使いどころの多い熱風を入れるのが良さそうだ。

もちものについて

耐久調整を考えるとどうしてもファイヤーに劣ってしまうので、気合のタスキを持たせて最速にするのが懸命だろう。特性の猛火との相性も悪くない。

ステータス補正について

タスキ持ちなら臆病CS振りで構わないが、スカーフ持ちの場合は素早さを妥協できるので、控えめにして努力値を耐久に割くこともできる。
メインが大文字の場合は控えめでもH185D133グロスを確定1発にできないので、耐久を厚くしたい場合もできる限り特攻を落とさないように。
機会はそうないがステルスロックで半分削られるので、一応HPは奇数にしておこう。

対抗策


相性のいいポケモン


使えそうな技

コメント
竜の舞 相性は悪くなさそうだが、メインが炎のパンチでは威力不足。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:80

関連ブログ