※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ヒードラン  

No.485 タイプ:ほのお/はがね 特性:もらいび
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ じめん(4) みず かくとう
91 90 106 130 106 77 半減タイプ 電気岩以外

プラチナから解禁された、ウインディと同じく耐久路線の炎タイプ。
最大の武器は鋼タイプならではの半減タイプの多さで、流星群受けの役割もこなします。
メタグロスを倒せるポケモンはパーティに必ず必要なので、このルールにおけるヒードランのニーズは非常に高いです。

サンプル

  • 熱風 挑発 鬼火 守る@シュカの実
H191(196)A85(0)B127(4)C178(92)D127(4)S124(212)控えめ
管理人が使用しているヒードランの配分です。

技構成について

メインは炎技で、熱風・大文字・オーバーヒートから1つを選びます。
守るは確定として考えるので、残った2枠が選択肢となります。
大地の力・竜の波動・挑発・鬼火からパーティにとって必要なものを選びましょう。

もちものについて

ウインディが目覚めるパワーを仕込んでいたりするなど、地面技を受けることを避けづらいのが現状です。
そのため、ヒードランには基本的にシュカの実を持たせます。
トリックルーム下で使用するのであれば、拘りメガネを持たせて噴火なども選択肢でしょうか。

ステータス補正について

素早さは最低限メタグロスを抜きたいので、よくあるメタグロスを抜けるように110台後半は確保しておきたいところ。
特攻の数値も、メタグロスを意識して設定しましょう。
大地の力を持たせる場合は、相手のヒードランやウインディもいい調整先になりそうです。
耐久はヒードランより早いラティオスやサンダー、ゴウカザル辺りを意識して考えるのが良さそうです。
サンプルのH191(196)A85(0)B127(4)C178(92)D127(4)S124(212)という配分だと、熱風でD122グロスを2/3(オッカ持ち確定2発)・177サンダー10万ボルト+196メタグロス地震シュカ込み94.937541%耐え・最速ユキノオー抜きを同時に満たすことができます。
ちなみにこの配分だとA156ゴウカザルのインファイトを79.5%で耐え、B129(20)にすれば92.3%で耐えます。

対抗策

炎タイプに抵抗のあるポケモンか、弱点をつけるポケモンを選出しましょう。

相性のいいポケモン

ラティオス

使えそうな技

コメント
大爆発 意表を突くには最適。
噴火 冷静限定の超火力技。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:120

関連ブログ