※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スターミー  

No.121 タイプ:みず/エスパー 特性:はっこう/しぜんかいふく
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ でんき くさ むし ゴースト あく
60 75 85 100 85 115 半減タイプ ほのお みず こおり かくとう エスパー はがね

縛り能力はトップクラスですが、単純な火力が高くないせいかあまり使われていません。
幅広い攻撃範囲を持つ速攻タイプのポケモンで、メインで使いたいポケモンの苦手ポケモンを封じるなどといった「相方」的起用をすることが大半になると思われます。
特別な場合を除けば最初に行動できることがほぼ約束される、素早さ種族値115族。
特殊アタッカーにはライバルが多いので、今使うならサポート技を生かすのが良さそうです。

サンプル

  • ハイドロポンプ 10万ボルト 冷凍ビーム 守る@命の珠(臆病 特攻252素早さ252)
攻撃範囲の広い特殊アタッカーである標準的なスターミー。
  • ハイドロポンプ 10万ボルト トリックルーム 守る@気合のタスキ(臆病 特攻252素早さ252)
トリックルームスイッチを仕込んだ、バレにくいトリックルーム発動要員兼特殊アタッカー。

技構成について

波乗りの仕様変更によってメインウェポンとして使うことが難しくなったため、ハイドロポンプをメインにすることが多く、タイプ不一致技のみで構成されることも多いです。
パーティによっては水技自体を切ってサイコキネシスをメインに添えるのもいいでしょう。
冷凍ビームや10まんボルトなど、「定番」の特殊技で多くのポケモンの弱点を突くことができます。
素早さが高いのでリフレクターや光の壁、身代わりとの相性が良く、電磁波や凍える風も覚えます。

もちものについて

耐久性能が低く、弱点を突かれると厳しいので主に気合のタスキを持たせるのが理想。
また、縛り能力を高めるための命の珠や達人の帯、拘りメガネなども良いでしょう。
相手のスカーフポケモン対策に拘りスカーフを持たせるという手もあり、拘りメガネも同様ですが、プラチナで習得できるようになったトリックで押し付けることが可能です。

ステータス補正について

基本的には臆病の特攻素早さ極振りでOKでしょう。
スカーフ型の場合も、素早さ上昇補正のある性格でない場合は最速スカーフラティやすいすいキングドラに抜かれてしまうので、やはり臆病最速が基本になります。

相性のいいポケモン

ヘラクロス
スターミー自体がほとんどの威嚇ポケモンに強く、互いに相方の苦手なポケモンに強くなれる。
ヘラクロスがスカーフ型の場合はラティオス・ラティアスやタスキ猿をも縛ることができる。
メタグロス
メタグロスが縛られていたり、爆発を誘発されている状況を解除することができる。
ハイドロポンプと電気技(10まんボルトもしくはかみなり)はほぼ必須。

使えそうな技

コメント
威張る 素早さが高いので使い易く、物理アタッカーと組むこと自体有効。
威力120麻痺3割は魅力的。雨パなら採用も視野に。
凍える風 元々早く電磁波の方が有効だが、タスキ潰しやダース意識に。
電磁波 パーティ全体のサポートとして。早いので死に際にも残せます。
トリックルーム 読まれにくい、挑発されにくいのが最大の利点。
吹雪 安定しないが守る読みの必要性が薄く、初心者にも使いやすい。
リフレクター 苦手なメタグロスやカビゴンに対する耐性を手軽に高める。

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:80

関連ブログ