※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ユキメノコ  

No.478 タイプ:こおり/ゴースト 特性:ゆきがくれ
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 弱点タイプ ほのお いわ ゴースト あく はがね
70 80 70 80 70 110 半減タイプ こおり どく むし(ノーマル かくとう無効)

特攻の低いサマヨール、ヨノワールを除けば唯一冷凍ビームが使えるゴーストタイプ。
こう言うとしっくりくる感じがするが、ゴーストタイプに氷技が欲しいなんてことはあまりない。
猫騙しやインファイト、大爆発が効かないこおりタイプと考えるのがいいのではないでしょうか。
素早さは110と高いものの比較的扱いにくく、玄人向けのポケモンだと言えます。

サンプル

  • 吹雪 10万ボルト 電磁波 守る@気合のタスキ(臆病 特攻252素早さ252)
自身で麻痺撒きが可能な霰アタッカーで、ギャラドスなどの負担を小さくできます。

技構成について

シャドーボールや10万ボルトはゲンガーも使えることもあって、メインウェポンはゲンガーが使えない冷凍ビームまたは吹雪にするのが一般的なのだと思われます。
タイプ一致の凍える風は味方へのサポートとタスキ潰し、HP振りラティアスクラスの身代わり破壊等と性能は高いのですが、タスキ潰しは霰でもこなせるため採用率はそうでもありません。
先制技の氷のつぶても覚えることができますが、同じ理由で微妙な立場です。
技の数自体は少ないですが、電磁波や挑発などといった有用なものが使え、素早さが高く特性が雪隠れなので、怪しい光や威張る、身代わりなどとの相性もバッチリです。

もちものについて

耐久が低く、弱点にメジャーなものが多いので気合のタスキを持たせたいところです。
ただし、同じパーティに入ることの多いユキノオーなどに持たせる場合は仕方がないので半減実など他のものを持たせることになりますが、何を持たせても大差ないような気がします。
ユキメノコはダブルバトルで光の粉を最も有効に使えるポケモンなのかもしれません。

ステータス補正について

素早さ110族は激戦区なので臆病最速の特攻素早さ極振りが基本となります。
一応最速ではHPに148、特防に108振った場合が道具補正無しラティオスの流星群を耐える中でHPが最も高くなる配分ですが、ほぼ全てのユキメノコがタスキか身代わりのどちらかを持っているので耐久のステータスはあまり気にしないでもいいでしょう。

対抗策


相性のいいポケモン


使えそうな技

コメント

リンク



備考

けたぐり・草結びの威力:60
管理人はこのポケモンの使用経験に乏しいので詳しい方がいれば意見が欲しいです。

関連ブログ