Q:
34 :ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン :2008/02/28(木) 13:27:02 ID:etq7w8A4
ヤマツカミの外観が激しく理不尽です。
どうみてもタコなのに空中に浮かぶわ歯があるわ…
奴は歯を磨いてるのでしょうか?

A:
35 :ヽ(`Д´)ノ ウワァァァン :2008/02/28(木) 13:51:43 ID:QUVjzWrN
 >>34
飛竜種と古龍種は外見的特長似ていますが、別の類と考えられます。

飛竜種は、は虫類からの進化をしコウモリのように翼で羽ばたいて飛びます。
一方古龍種は、羽ばたくといった物理行動によって飛ぶのではなく「飛ぶ能力がある」とでも言うべき超常能力によって飛んでいます。
つまりヤマツカミに限ったことではなく、古龍種は超能力によって飛んでいるのです。

古龍種がどういった目的を経て外見的進化をしたかは不明ですが、翼に当たる部分は飛竜種のそれとは違い飛行機能のためについているわけではないことは間違いないようです。

ヤマツカミは現在確認されている最古の古龍種です。
外見をよく観察すると、後に翼になるであろう部分やカギ爪など、他の古龍種にも見られる特徴の「原型」が含まれています。


歯は磨きません。
虫歯は古代の大型生物の死因の割合を大きく受け持つ病ですが
ヤマツカミに関しては、電光虫が処理しているようです。虫歯だけに。