混線バグ

本来ターゲットになるはずのない、判定の無いヘルパーがターゲットにされてしまうバグ
これで相手のヘルパーを奪いトムキラーの要領で相手を相手自身の即死ステートに送り
自滅させるというもの、これにより神オロチやデススターが撃破可能になった



  • やり方

proj型(これ以外にもやり方があるそうです。)

1.本体はReveralDefを(その攻撃ステートで)常時有効にしておく。
2.自分のヘルパーにaffectteam=Fのprojを吐かせてそのヘルパー自身に当てる。
3.この時ヘルパーはターゲットを取られることになるが、
 projが本体管理になっているのでそのヘルパーのターゲットはプレイヤーのものとなる。
4.ターゲットを取ったヘルパーをDestroySelfする。
5.ReversalDefが有効になっているので永続ターゲットの要領で
 ヘルパーは消えるが空のターゲットのみが残る。
6.相手がヘルパーを出す。
7.空のターゲットに相手のヘルパーが勝手に入ってくる。
8.ターゲット取得完了。ターゲットステートでこちらのステートに引き込む。
9.ParentVarsetによる変数リセットか、トムキラーと同じ要領で相手の即死ステートに送り込む。

hitdef型

1.まず当て判定のあるhelperを呼び出し、hitdefを打たせる
2.次に食らい判定のあるhelperを呼び出し、1.で出した当て判定に当てる
3.当てたらそのhelperをhitdefのp2statenoなどでステ移動させ、destroyselfする
  この時、helperは消えるまでmovetype=Hを維持しなければならない
  何故なら、targetはmovetype=Hである間は維持される、というMUGENの仕様があるためである
  逆から言うと、「movetype=H以外ではtargetの保持は出来ない」※永続targetは例外

上記のことを行えば空のtargetが残留する
基本はproj型と同じである。利点として、本体の関与しない混線が出来ることが挙げられる
しかしその反面、全てhelperで行うのでproj型よりも難易度は高めである
また、きちんとhelperの保護を施さなかった場合、そこから即死させられる危険がある



  • 開幕混線

まあ要するに、相手が開幕(roundstate=[0,1])でヘルパーを出す前に混線を完成させちまおう
という混線の1つのやり方のコト
MUGENの仕様から、1P側が圧倒的に有利である
また、2P側だと開幕混線をしても常時混線にしかならない

①キャラの処理順  1P → 2P → 出た順番にヘルパー
②ステートの処理順 -3 → -2 → -1 → common → その他

つまり処理順の最初の段階でヘルパーを埋め尽くしてやると2Pはヘルパーを出せず
この状態で1Pが混線バグを発動すると2Pは最初に出すヘルパーですらターゲットにされてしまう。

  • 対処法
1.ヘルパーを出さない
2.ヘルパーのタイプをplayerにしてSelfstateする
3.即死攻撃を持たない
4.即死攻撃のトリガーにname指定を入れるなどの対策をとる
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。