事件概要


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「初めはうまくいってたんです」と、ラーフがいった、
「でも、そのあとで、いろんなことがあって――」
彼はいうのをやめた。
「ぼくらは初めは一緒に団結してやっていたんです――」

ゴールディング「蝿の王」
(フットサルサークルの練習場所であった総合運動公園と学園都市を結ぶ幹線道路)

2007年7月3日13時50分頃、兵庫県神戸市須磨区の私立滝川高校にて、同校の3学年の男子生徒が「トイレに行く」と言って教室を出て渡り廊下へ行き、遺書をズボンのポケットに入れ、飛び降り自殺を図った。
10分後、校舎脇のコンクリートの地面にて、教諭が、頭から血を流して倒れている被害生徒を発見した。

9月17日、被害生徒が所属していたフットサルサークルのメンバーだった少年Hを県警が恐喝未遂で逮捕される。
同月25日、共犯としてフットサル仲間だった神戸市西区在住の同級生の少年Yと少年Bが恐喝未遂で逮捕される。
翌10月29日、恐喝容疑でフットサルサークルのメンバーではない少年Iが恐喝容疑で逮捕された。

本事件は、以下の点で社会的な関心を集めた。

1. 携帯電話やパソコンからのインターネット、携帯メールを使った「ネットいじめ」が大規模、陰湿に行われ、携帯からの恐喝メールが逮捕の証拠となったこと
2. 2ちゃんねるを舞台に、加害者、在校生、愉快犯と思われる人物が虚偽を含む事件情報、加害者・関係ないと思われる生徒の個人情報を書き込み、ネット上での隠蔽工作、錯乱を行ったこと
3. 学校の事件に対する対応が、事件の矮小化、隠蔽ととられかねない言行が相次ぎ、事件の進展とともに学校側の説明が二転三転したこと

滝川中学・高校

学校責任者・教師たち

逮捕された少年たち

少年H  「財務大臣」と呼ばれたフットサルサークル1の「親友」
少年B  陰湿ないじめの主犯と名指しされた中学からの同級生
少年Y  いじめの場を提供したホームページ管理人
少年I  裁判官に自殺の原因と指弾されたアメフト部員

晒された生徒たち

少年E  唯一の「学校公認」未逮捕の加害者
少年Hz、少年Hy  フットサルサークルの傍観者たち
少年T  彼女も晒され続けたプロ志望の本格派右腕
少年K  担任を守ると決意したクラスの中心「メンバー」
少年Yk  特進組のアメフト部副キャプテンはなぜ晒されたのか?
野球部アメフト部グループ  疑われ続ける特権階級者たち

証言した生徒たち

ながもん、サンダーソン  2ちゃんねらー生徒の証言
なかよっぴ  2人のなかよっぴと4人の中退者
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
添付ファイル